猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2009年 10月 11日 ( 1 )


2009年 10月 11日

シムノン「霧の港のメグレ」「メグレとワイン商」「メグレと賭博師の死」読了

e0030187_14223760.jpg






click to enlarge.


 写真は、旧乃木邸のキャットハウス。

 メグレ警視シリーズの文末には大抵、執筆場所と日付が
記されているが、「霧の港のメグレ」にはない。

 記憶喪失の男が元船長だったと分かり、メグレ氏は彼を
港町に送って行き、そこで更なる事件が・・・という物語だが、
もしかして戦前の作品だろうか?
 どうも時代背景がはっきりしない。アクション・シーンが
あるので昔の作品かと考えたのだが。

     (メグレ警視シリーズ47 河出書房新社 84新装初 帯 J)

 「メグレとワイン商」には1969年と書かれている。裸一貫から
成り上がったワイン卸商人が、高級連込みホテルから出た瞬間に
射殺される。会社の女事務員には全員手をつけ、ブルジョア階級の
女たちにも手を出す、忙しい男であるが、妻を含めて女たちは、
彼をやさしく理解している。自分の力を信じるために女を征服した
がっているのね、と。

 彼の最新の愛人は、<ばった.>と渾名されている。背が高く痩せて、
手足が長いからだ。メグレの尋問にも率直に答える。
<「[略]あの人は、あたしを欲しいときにはその合図をしましたけど、
 愛だの恋だのといったことは一度も口にしません。あたしもあの人を
 恋人とは思ってませんでした......」>(p26)

 渾名といい、もの言いといい、なんだか「ガリア」の頃のミレイユ・
ダルクのイメージだ。

     (メグレ警視シリーズ33 河出書房新社 78初 帯 VJ欠)

 「メグレ警視シリーズ」を読んでいると、メグレ警視の目を
通して、パリの(フランスの)全階級と知合いになった気が
してくる。

 パリに住むのはフランス人だけでなく、外国人も多い。
「メグレと賭博師の死」で殺されるのは、大金持ちのレバノン人だ。
彼はプロの賭博師で、妻と折合いが悪くなり、同じアパルトマンでは
あるが、彼女とは没交渉。同国人の秘書兼何でも屋の男と、過ごす
時間の方が多い。

 賭博師の妻も負傷するが、彼女はオランダ人、妻の愛人は
コロンビア人で、妻の女中はオランダ人、といった異国人陣営に
メグレ警視は捜査に赴く。このブルジョア一家に仕える唯一の
フランス人が、亭主が刑務所に入っている家政婦である。
 全員、口が重く、あるいはフランス語がうまくなく、非協力的で、
捜査に手こずる。
 1966年の作品だ。
 
     (メグレ警視シリーズ34 河出書房新社 79初 帯 VJ欠)
[PR]

by byogakudo | 2009-10-11 13:54 | Comments(2)