猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2011年 06月 08日 ( 1 )


2011年 06月 08日

蔵前,my love! (2)

e0030187_12321870.jpg






click to enlarge

~6月7日より続く

 まだ川が見足りない(?)ので、旧安田庭園前のテラスに降りる。
日向側である。短時間だけれど、前にここから水上バスに乗った。
 ともかく大川だけ見せておけば、おとなしくしている。

 両国橋から柳橋方向を振り返り、左角に亀清の建物を見る辺りの
水の流れを目にすると、レオン・スピリアールトが荒川土手も大川も
見ないで、あの風景画を描いたのが不思議に思われるし、蔵前の
大通りからひとつ入っただけで、ある夕方、バルテュス空間が出現
した。
 蔵前から柳橋にかけては、町の記憶がみなぎっている。よそ者だから
見える風景かもしれないが。

 また蔵前橋を渡り、下水道局の前を通って蔵前駅に戻る。あと一ヶ所
寄りたい。帰りの地下鉄で読む本を求めて、御蔵前書房を探す。

 大通りの並び方が解らなくなって、逆方向に渡ってしまったおかげで、
うつくしい裏通りに遇えた。鉢植えとダイヤガラスの窓。東京色が濃く
残っている。

 行きに通った「元犬」の稲荷神社横にあったお寿司屋さんも、店の
前の植木の手入れが、きりっと、きれいで眺めていたら、準備中だが
少し戸口が開いていて、常連客か近所の方だか、老人と目が合う。
 「開いてますよ」と声をかけられた。言外に「昼間っから呑んでて、
ごめんね」とテレた空気があった。
 柳橋の立ち話の様子といい、町の暮しはすてきだ。東京はこんな町
だったと、わたしは信じる。蔵前はうつくしい。

 文房具店・祥文堂と御蔵前書房に寄って7pm頃、帰宅。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-06-08 12:32 | 雑録 | Comments(0)