猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2011年 06月 15日 ( 1 )


2011年 06月 15日

ジェイムズ・P・ホーガン「時間泥棒」読了

e0030187_1233492.jpg









click to enlarge


 ハードSF系だろうと思って、ずっと敬遠して来たが、薄いし(文庫本で
約170頁)、Sが愉しそうに読んでいたので、わたしも試みる。
 面白かった!

 ある日、ニューヨークで時間の混乱が始まる。
 同時刻の筈の時間が地域によって異なるから、飛行機の発着はできない、
TV放送に周波数を合わせるのも難しくなる等々、街が混乱状態に陥る。
 これは誰か(何か)が時間を盗んでいるからではないか、ということで、
ニューヨーク市警の刑事が捜査を担当する。
 なぜNYPDって思うけれど、そういう設定なので読んで行くと、アリストテレス
以来の時間論がざっと紹介され、刑事は学者や神学者たちに聞き込みに回る。

 アナログは強いよ、という教訓も含まれているようだが(原作発表は1994年)、
登場人物のキャラクター設定が愉快で、すいすい読める。
 何か聞かれると瞬時に直感的に、身も蓋もない反応を示す(刑事の)女秘書と、
アイルランド系神父が好きだ。
 神父によれば、アイルランド人はキリストを生活の規範としているそうで、なぜ
ならキリストは、
<三十になってまだ家にごろごろしていて、十二人の誠実な大酒飲みを従え、
 しかも彼が神であることを、彼自身もその母親も疑っていない・・・・・・>
(p146)から。

 愉しく読みながら、読者も自ずと時間について考え始める、すてきなSFだ。
     (創元SF文庫 95初 J)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2011-06-15 12:34 | 読書ノート | Comments(0)