猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2015年 09月 27日 ( 1 )


2015年 09月 27日

地下鉄南北線/文京区向丘二丁目界隈

e0030187_23321836.jpg












 地下鉄・南北線は便利だ。8月18日の初・南北線に続き、昨日も
丸ノ内線を四谷で乗り換え、南北線・東大前下車。まず東大農学部
を歩いた。

 病院や多数の学部がある本郷三丁目の方と違って、コンパクトな
ところがいい。入って左に、木造・アールデコと言いたくなるような
「弥生講堂アネックス」。「農学部2号館」は、裏側の配管がスチーム・
パンクにうつくしい。(農学部キャンパス(弥生キャンパス)概要地図
を見ながら書いている。)

 おとといは雨、曇りだがときに晴れる日は歩かなきゃ。だが、雨上がりの
夏や秋は、蚊やブヨの書き入れ時でもある。
 Sは出かける前に虫除けスプレイを噴霧し、Sよりは刺されにくいわたしは
何も準備せず、ただかゆみ止めを持って出た。Sに代わって刺されることに
なり、せっせと持参薬を塗る。

 キャンパスは緑豊か、新建材なんてケチくさい材料を使ってない、本物の
スクラッチ・タイルの建物が並び、間然するところがないが、虫類にとっても
いい環境なのである。立ち止まって写真を撮る度に、いや、歩きながらも、手で
蚊柱やブヨ柱をかき回し、追い払わなくてはならない。いそがしい。

 いちおう撮りたいところは撮れたようなので本郷通りに戻る。ひと休みしたい
が喫茶店が見当たらない。足はすでに本駒込方向である。
 コンヴィニエンス・ストアのカフェラテを飲んで、もう少し歩く。表通りは
つまらないので内側に入ると、ここもまた、新建材・住宅に覆われつつある。

 けれども、戦火を免れたような古い住宅が、ときに目に飛び込む。写真の曇り
ガラスの窓(廊下に沿って直角に続く)の木造二階建て住宅など。

 向丘二丁目24辺りの路地はうねっていて見通せない。右に行こうか左を取る
べきか迷っていたら、自転車で通りかかった男性が右方向を示し、
 「こっちは大通りに行けますよ」と教えながら過ぎ去って行かれた。
 雑司が谷も複雑な路地だが、向丘は初めて歩くこともあり、迷宮感覚が強い。

 南北線・本駒込駅にたどり着き、順路を逆に戻る。つい歩き過ぎる...。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-09-27 21:08 | 雑録 | Comments(2)