猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 02日 ( 1 )


2017年 04月 02日

三人で西荻窪へ

e0030187_191237.jpg












 晴れた日曜日、桜も咲いている。人ごみ嫌いはどうすればいいのか。
ともかく出かける支度をして行き先を考えていたら、電話が鳴った。
伊呂波文庫」さんである。
 三人で西荻窪散歩しましょうか。

 蚕糸の森公園・正門で待ち合わせる。桜が満開だとTVでは言うが、
昨日一昨日の雨模様のせいで五、六分咲きがいいところだ。けれども
公園内の芝生の斜面では、一本だけ、ほぼ満開の桜の木の周りに
人々がつどう。ブルーシートを敷き、小さなテントを張り、して。
 風が冷たく感じるが、子どもたちは裸足になって水の流れで遊んで
いる! わたしは老人だ、コートに薄手のマフラーが外せない。

 吉祥寺行きバスを春日神社前・下車。ひとけのない住宅地を歩く。
晴れて閑散としてティム・バートン映画の郊外住宅風景みたいだと
いつも思う、東京西郊。

 駅が近づく。歩いているひとと、すれ違うようになる。「ねこの手」
に立ち寄る。荻窪「象のあし」姉妹店だ。『芸術新潮 1998年3月号』
を買う。
 こけし屋別館でお茶を飲む。話題はもちろん本の話。

 恥ずかしがる伊呂波さんを誘って、「盛林堂書房」へ。
 均一台に群がる中高年男性数名、という変わらぬ、しかし今では
貴重な店頭風景を目にする驚きと喜びを、伊呂波さんと分かち合い
たかった。

 店頭と店内で文庫本4冊。D・M・ディヴァイン『ウォリス家の殺人』
(創元推理文庫)、久生十蘭『魔都』(朝日文庫)と『真説・鉄仮面』
(講談社 大衆文学館文庫コレクション)、鴨下信一『忘れられた名文たち』
(文春文庫)。

 駅の辺りを一周してJR・荻窪、地下鉄・新中野と戻る。帰りは寒くなってる。



呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 共謀罪」の創設に反対する緊急統一署名に署名したいけれど、Facebookの
アカウントがないと、できないのかしら? 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-04-02 21:41 | 雑録 | Comments(0)