猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2017年 09月 23日 ( 1 )


2017年 09月 23日

コッパード/南條竹則 訳『天来の美酒/消えちゃった』読了

e0030187_19521957.jpg












 最後の1篇は中篇だけど、あと10作はすべて短篇。
怪談は怪談なりに、ファンタジーはファンタジーとして、
話の行く末は大体見えるものなのに、コッパードは話の
転がりよう、行く先が妙だ。因果のつながりがヘンテコ
で、思いがけない方向に話が向かう。

 また、感傷的な物語を軽快に語って見せる。『去りし
王国の姫君』がそれだ。地下鉄の中で読みながら、泣き
そうになる。

 地上の恋人たちは、すれ違いを繰り返すのが常とはいえ、
生きているうちは愛してるの一言が言えず/言わず、死んで
幽霊になって、やっと愛してることを伝える、天の邪鬼で
ピュアな詩人の魂。
 1921年に書かれたらしいが、当時の若い恋人たちのじゃれ
合いを、昔話の形式の中に落とし込んだかのようだ。
 永遠の恋人たちの肖像が刻まれる。

 最後の『天国の鐘を鳴らせ』も、うつくしい、芸術家の肖像。


     (コッパード/南條竹則 訳『天来の美酒/消えちゃった』
     光文社古典新訳文庫 2009初 帯 J)





呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-09-23 20:54 | 読書ノート | Comments(0)