猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 24日 ( 1 )


2017年 10月 24日

多面体・吉田謙吉(1897-1982)展~ミモザ~森岡書店~ギャラリー椿

e0030187_219419.jpg













 銀座のにぎわいを避けて京橋・明治屋ビル口から地上に出る。
今日は曇り日。昨日の秋は一瞬のできごとだったみたい。
 ここから出ると、Mindbenders&&Classicsに迷わず行ける。

 銀座・奥野ビルへ入ろうとしたら、声をかけられた。画家・
楠森總一郎氏が、降って湧いたように出現される。彼は反対
方向から来て、わたしたちが歩いているのに気づいた、という。

 三人で、奥野ビル205号室「ギャラリー ラ・メール」へ。
 ここでは、装幀家・吉田謙吉の姿が見られる。展示された本の
ほとんどは見るだけだが、中央の卓に置かれた『絵本ヨーロッパ』
や『女性の風俗』などは開いて見ることができる。
 吉田謙吉はこの205号室を事務所に使ったそうで、それを示す
葉書が展示されていた。

 411号室「ギャラリー 銀座1丁目」へは、定員4名の二重扉の
エレヴェータで。
 こちらは舞台装置図や、"舞台のある12坪の自宅模型(新作)"、
斎藤達雄・経営の「バー機関車」内装写真など。斎藤達雄が鉄道
ファンと、初めて知った。

 吉田謙吉や木村威夫・デザインのバーやレストランの写真集は
作られていないだろうか。設計図やパースだけでも、わくわくする
と思うけれど。

 この411号室もまた、吉田謙吉の事務所であったことが、葉書の
宛先から分かる。尖端的な人々が集まった銀座アパートメント(奥野
ビル)だ。
 そういえば、歌手の佐藤千夜子が住んでいた部屋は何号室?

 吉田謙吉生誕120年記念として企画された展覧会だ。
 『父・吉田謙吉と昭和モダン 築地小劇場から「愉快な家」まで』
(草思社)の著者、吉田謙吉の長女である塩澤珠江氏がいられて、
残された品々のごくごく一部の展示であることなどを伺う。

 明日25日(水) 14:00~16:00 と、
 28日(土) 14:00~16:00 、
 306号室で(定員13名ほど)、
 「奥野ビルものがたり 銀座アパートの住人~吉田謙吉~」の
ヴィデオ上映と、塩澤珠江氏のトークがあります。


     (多面体・吉田謙吉(1897-1982)展 @銀座・奥野ビル
     411号室・205号室・306号室)


 喫茶ミモザで休む。楠森氏はじつは、週末に始まる廣瀬忠司氏の
写真展、搬入の手伝いにいらして作品到着を待っているところ。

 森岡書店や、今日は定休日だが銀座レトロギャラリーMUSEEを
覗いて、ギャラリー椿へ。
 廣瀬氏は、作業真っ最中である。長居すると、全展示作品を見て
しまいそうなので、ここでお別れする。

 廣瀬忠司氏の個展は、10月28日(土)~11月11日(土)、ギャラリー椿
で開催される。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-10-24 23:23 | アート | Comments(0)