猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 08日 ( 1 )


2017年 11月 08日

日本語への時差

e0030187_2213717.jpg













 言葉がヒトに寄生するウィルスだとしたら、宿主の時間経過につれて
ウィルスたる言葉も変化する。

 中学生のころ、「すごく好き」と言おうとすると、いつも「すごい好き」
にになってしまう。どうして文法的に正しい言い方で発声できないのかと
自分に苛立っていたけれど、近ごろ、TVニュースでインタヴューされる
人たちは、「すごい好き」派が多い。
 たとえば、そういう変化である。

 言葉が変わってゆく方が自然ではあるけれど、ときどき、あまりの変貌
ぶりに着いてゆけない。わたしの知っている、使ってきた用法と、ズレを
感じることが目につくようになった。年を取ったというだけの話か..。

 「誰のためのおためごかし?」という、タイトルからして意味が分から
ない文章を見た。TVドラマについて書いてあるが、
<出演した俳優たちの実力をまったく活かせず、おためごかしに終わる
 とは。>と言われては、途方に暮れる。

 安倍晋三・シンパに対する、
<安倍を支持している人たちがあまりにも下世話で耐えられない>という
発言も目にした。"下世話"の使い方が不可解だ。

 <小綺麗なアトリエ>というのも見た。たぶん"小洒落(こじゃれ)た"が
頭にあって"小綺麗な"が出てきて、"小馬鹿に"してしまう結果になったの
だろうが、"瀟洒"は廃語なのか。

 "血腥い"以外の使い方を知らないが、"腥"を"月+星"、膀胱の"胱"を
"月+光"と解釈して子どもの名前につけようとするヒトの話を読むと、
これはむしろ言葉ウィルスの衰頽と解すべきなのか、と思ったりする。





 安倍晋三の滑舌の悪い、キャンキャン口調も耳に障るが、吐爛腐の、
明らかにひとを見下してる、如何にも偉ぶった口調(しかも口中に飴玉
でも含んでいるのではないか?)、どちらも不愉快極まりない。


呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-08 20:47 | 雑録 | Comments(2)