「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:山崎阿弥( 14 )


2014年 04月 29日

山崎阿弥「マイビークル|ホワイト カラード ブラックホール」展

e0030187_2305861.jpg










e0030187_231830.jpg










e0030187_2312267.jpg










 昨日はふたりで三鷹の「ギャラリー由芽」へ、山崎阿弥さんの個展
「マイビークル|ホワイト カラード ブラックホール」を見に行く。

 阿弥さんのツイッターにもSが撮った写真があります。

 JR三鷹駅南口からぶらぶらと歩いてくると、「ギャラリー由芽」の
ガラス窓に阿弥さんの作品が目に入る。さらに進むと小さな庭と、
窓に対面してガラスの入口がある。

 木枠の中に密生する紙の羽根。ほとんどが手でちぎられた、白か
オフホワイトの紙切れが生命を持ったかのように、そこに存在する。
 生のざわめきや揺らぎが交錯する紙片の光と影の中から聴こえて
くるようだ、とても静なのに。

 ギャラリーの中仕切りを開き、シャープな三角形のコーナーを設け、
そこにも展示される。蔭になるので、ちょっと祈りの空間にも思える。

 入って右壁面にふたつある小さなアルコーヴを活かして、木枠の片側
だけ固定し、展示する。阿弥さんの個展やパフォーマンスは、いつも
空間との対話が行われるが、今回も空間把握と構成が見事だ。

 力の感じられる作品が並ぶ。繊細なきれいさに留まらない、強さが
伝わってきて感動的だ。

 いい個展です。5月7日(水)まで(ふだんは19:00まで、最終日は
17:00まで)開かれています。5月の連休は晴れるようなので、ぜひ
お見逃しなく。

     (2014年4月28日@ギャラリー由芽) 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-04-29 19:00 | 山崎阿弥 | Comments(0)
2014年 04月 22日

山崎阿弥さんの個展が始まる

e0030187_20165463.jpg








 お知らせするのが遅くなって失礼! 今日から山崎阿弥さんの
個展「マイビークル|ホワイト カラード ブラックホール」が三鷹の
「ぎゃらりー由芽(ゆめ)」で始まりました。

 木曜休廊、12:00-19:00、5月7日(水)まで(最終日は
17:00まで)。2週間くらいやってるのねと油断してると
あっという間に最終日ですよ! お早めに、お忘れなく。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-04-22 20:09 | 山崎阿弥 | Comments(0)
2013年 05月 11日

山崎阿弥/イヤーカフ

 アーティスト・山崎阿弥さんの新作、飛行補助具・イヤーカフ。


e0030187_160599.jpg












 着装すると__


e0030187_15425439.jpg










 

 イヤーカフはあくまでも補助具なので、飛行には着装者の意志と想像力が
必要であろう。
 お問合せは、山崎阿弥さんまで。但し、販売されてるのかどうか不明ですが。


 今週の新着欄も、よろしく。
 新着欄 
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-05-11 14:04 | 山崎阿弥 | Comments(2)
2011年 08月 03日

編み物オーケストラ 「じしんのこと」

e0030187_1494777.jpg









click to enlarge


 山崎阿弥さんが9月にニューヨークに行く前の、東京での
パフォーマンス案内を転載します。

_____________________________


8/17(水)渋谷で、久々に「編み物オーケストラ」というユニットを



オリジナルメンバーで復活させます。



このパフォーマンスでは、私は“指示者”として参加していて、



他のメンバーにいろんなことを尋ね、



話の内容ではなく音の嘘と本当を聞き分け、



彼女たちの声と共に音を出したり歌ったりします。







今まではタイトルも無かったのですが、今回はあえてつけました。



でも私個人としては、地震に何らかの影響を受けつつも、



地震の前も後も関係なく、自分が美しいと信じるものを作ることだけが



唯一したいこと/すべきことだと思っています。







そうして私にとって普通のことを続けていくことで、



私の知っている人も、知らない誰かも、



その人にとっての“普通にあること”を



普通に続けていく小さなきっかけになれたらいいな、



と、遠く、思ったりもします。







あまり頻繁にはできないパフォーマンスです。



ぜひお越し頂ければと思います。


また、ご興味のありそうな方にご転送頂けると幸いです。







===============

編み物オーケストラ 

「じしんのこと」

===============







@SARAVAH東京(渋谷、Bunkamuraから徒歩1分)



http://www.saravah.jp/tokyo/





8月17日(水)19:30open 20:30start



予約2000円(+1drink order)/当日2500円(+1drink order)



予約&詳細



http://www.saravah.jp/tokyo/schedule/log/20110817.php







★編み物オーケストラとは??



http://amingerz.exblog.jp/i10/











<出演>



山崎阿弥(voice & visual artist http://amingerz.exblog.jp/)



クロイワユミコフ(絵描き http://yumikofu.fc2web.com/)



島田梢(GwaGwa http://www.gwagwa.jp/)



長坂敦子(gallery LOTTA http://gallerylotta.com/)











編み物オーケストラは言葉と歌、音のパフォーマンス。



4人の“編む人”が登場し、そのうちの一人(指示者)が



いろんな“お願い”を言葉で伝え、後の3人がそれに応えていきます。



3人が話すのは、その場で繰り出されるお話、事実、嘘。



編み物をしながらなので、時おり言い間違ったり聞き逃したり。



そして、3人の言葉の渦から指示者が何かを拾い上げて一緒に歌い出す。







今回はゆっくりと、地震のことにも触れていきます。



けれどいつもの編み物オーケストラよろしく、じしんは“地震”であり“自身”のこと。



あの日から話したかったこと、話せなかったこと、あの日の前から思っていたこと、



ここにいない大切な誰かのこと・・・全てを普通に、けれど自分自身という特別を通じて



あなたと私の境界が消えていく時間。







日常と心の中、言葉と言葉になる前、ステージともっと向こうの場所、



いろんな呼吸が聞こえる時間が、きっと流れていきます。



ぜひお越し下さい。

_____________________________





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-08-03 14:10 | 山崎阿弥 | Comments(0)
2010年 09月 21日

山崎阿弥さんのライヴ「BONE & PAGES」、追加

e0030187_16473184.jpg









click to enlarge.


 
 <ひとつの行為にもうひとつのヴァリアント>があるのは、正と反の対では
なく、ひとつの事象の見え方・存在のありようは複数である、という意味での
二個目、であろう。

 また、第二部での蠟燭の使い方を書き落としていた。
 マッチをすり、小さな蠟燭に火をともし、蠟を掌に垂らして蠟燭を固定する。
下からのほのかな灯りに照らされて歌い出し、歌い終わるとともに吹き消す。

 第二部の途中に入る拍手の音は、第一部が終わったときの拍手を録って
いたのだろうか。

 出した音を録り、delayで複合追走させ、いわば時間のホログラフィを
観客の目の前で創って見せるパフォーマンスだ。





..... Ads by Excite .......
[PR]

by byogakudo | 2010-09-21 13:39 | 山崎阿弥 | Comments(0)
2010年 09月 20日

山崎阿弥さんのライヴ「BONE & PAGES」を見に行った

e0030187_1482997.jpg












e0030187_15165451.jpg









click to enlarge.


 阿弥さんのヴォイス・パフォーマンスをライヴで聴くのは、数年前の
ダンス・パフォーマーとの競演時以来だ。
 ヴォイスと映像のソロ・パフォーマンスを見に、下北沢LADY JANEに
行く。Sにわたし、香水デザイナのL、亜湖さんと、若いお客さまで亜湖
さんの劇団員・I 君、総勢5名である。

 ステージは狭い。小卓上に様々な小物が置いてある。マイクを前にした
阿弥さんは、落ちついた様子で静かに、次々にそれらを取り上げ、音を
出してゆく。

 いや、順序立てて言おう。まず長いマッチに火をつけ、吹き消す。
次に小さめのマッチで同じ行為を繰り返す。火と空気(風)、四大の
ふたつが聴覚と視覚とに示されるオープニングだ。
 あとのふたつ、水はボトルに入っている。地は、阿弥さんの身体
そのものであろうか。

 行為にともなう音だけで、空間が創られる。マッチをする音、鉛筆を
手回し削り器で削る音、スケッチブックにさらさらとデッサンするときの
鉛筆の音、ページをめくる音、音がしない行為なんて存在しない。

 音叉が置いてある。太腿に打ちつけた音叉をマイクに近づけると、
音が発生する。同じ行為の後、音叉をカメラの金属部分にくっつけると、
より強力なノイズになる。
 ボトルから水をグラスに注ぐ音、揺らす音。それをさらに貝殻に注ぎ
入れ、揺らす。

 ひとつの行為にもうひとつのヴァリアント、という構造なのか。正が
あれば反も同時存在する、ということだろうか。

 シンプルな音源は(仕組みがよく解らなかったが)同時録音して
貯蔵され、delayされる。残響音の精製とその複合音は、最後に、
彼女がアカペラで歌う「The Crying Light」からの曲のバックに
なる。見事な構成だ。

 第二部は、室内やオブジェの映像を背景に彼女のヴォイス・パフォー
ミングが全開する。
 うなり声、うめき声、胸を叩いて胸郭に共鳴させる歌声、グレゴリア
聖歌調のラインなど様々である。歌詞は贋の言語あり、クリアな日本語
あり。わたしは死と再生の物語のように解釈したが。

 山崎阿弥さんは昔から力のあるパフォーマーだったが、さらに着実に、
余力ある姿を見せてくれた。偉そうに聞えたらお許し願いたい。安心して
彼女の音空間に身を委ねられた、という意味である。
 阿弥さん、愉しい一夜をどうもありがとう!

     (2010年9月19日 於 下北沢レディジェーン)





..... Ads by Excite .......
[PR]

by byogakudo | 2010-09-20 14:09 | 山崎阿弥 | Comments(0)
2010年 04月 06日

山崎阿弥さんのラジオ・パーソナリティ!

 山崎阿弥さんが今日から毎週火曜日、「かつしかFM」でラジオのパーソナリティとして
登場します!

 「音楽は風に乗って」かつしかFM16:20〜18:00 の火曜日が、阿弥さんの担当です。
 かつしかFM トップページ下部、ストリーミング画面の再生ボタンを押すとWEBでも
聴かれますが、権利上、音楽は聴かれないので、ラジオでどうぞ。

 第一回はブリジット・フォンテーヌ「ラジオのように」で始まり、ブリジットで終った。
[PR]

by byogakudo | 2010-04-06 17:55 | 山崎阿弥 | Comments(0)
2009年 02月 07日

山崎阿弥個展 [風の仕事場] 消えゆく線をたどるように

e0030187_1671647.jpg











e0030187_1673347.jpg











e0030187_1642264.jpg









click to enlarge.


 小田急線・東北沢の駅から数分のところに、山崎阿弥(やまさき・あみ)
さんの個展会場、現代HEIGHTSはある。地図で確認してからお出かけ
下さい。

 地下への階段を下りると、手前はキャフェ、奥がギャラリーである。
阿弥さんは昨日、せっせとヒゴをつないではテープで巻く作業を
していた。さっき電話したら、不思議なループ状作品になっている
らしいが、電話では見られない。ほとんど毎日、会場に詰めて作り
続けている。増殖し変貌し続ける個展である。

 神保町での個展のときも感じたが、空間への感受性の強さが
よく窺われる展示だ。光量を落としたライティングの裡に、手のひら
サイズのオブジェや、匣の中の宇宙が静かに息づく。

 小さくても、どれも果てしなく、気が遠くなるほどの繰り返しで
作られた結果が、作品として立ち現れている。
 床の隅や天井にも目をやると、そこも彼女の棲息空間。
丁寧にゆっくり見回って愉しめる個展です。10日(火)までなので、
お見逃しなく。


 今週の新着欄もよろしく。「スクラップ帳」はとても1938年製とは
思えない、すばらしい編集とレイアウトです。自分の好きなテーマ別に
切抜きを溜め、一年分を編集したのでしょう。すごい。
 新着欄
[PR]

by byogakudo | 2009-02-07 16:11 | 山崎阿弥 | Comments(0)
2009年 01月 24日

山崎阿弥さんの個展、もうじき

e0030187_1813924.jpg









click to enlarge.


 写真は昨日の東大構内の一枚。

 今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄

 アーティスト・山崎阿弥さんの個展が、来週から始まります。

     [風の仕事場]  消えゆく線をたどるように
     2009年1/29(木)-2/10(火) 水曜定休
     13:00-22:00  29日のみ19:00-22:00
     155-0031世田谷区北沢1-45-36 現代HEIGHTS Gallery DEN 
     phone/fax 03-3469-1659

 オブジェと絵画によるインスタレーションだそうです。よろしく。
[PR]

by byogakudo | 2009-01-24 18:13 | 山崎阿弥 | Comments(0)
2008年 03月 19日

山崎阿弥・美術展+パフォーマンス『光 hikari』

e0030187_12512749.jpg











 まず、17日(月)付けブログのお詫びと訂正を。フライヤを
見ながら書いていたのに、18日(火)夜のパフォーマンスも
今日19日夜の編み物オーケストラのお知らせも、書き落として
いました。申訳ありません。
 なお、最終日23日(日)のパフォーマンスは未定です。
詳細は3月6日付けの山崎阿弥さんのブログをご覧下さい。

 普段モダーンアートに触れたことのない、たまたま散歩中に
見つけて入った方が、
 「うわあ、素敵なところね!」と、思わず声を発していたと
聞きます。観念的でない、けれども何かを感じさせ、思考を促し、
感動させる美術展です。よろしく!
[PR]

by byogakudo | 2008-03-19 12:51 | 山崎阿弥 | Comments(0)