猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:読書ノート( 2384 )


2017年 07月 11日

(2)種村季弘「雨の日はソファで散歩』読了

e0030187_19551263.jpg












~7月10日より続く

 『高下駄を履いた弱』(『III 雨の日はソファで散歩篇』)は、
2002年5月に筑摩書房『牧野信一全集 第3巻』月報に寄せられた。

 牧野信一は普段は無口でおとなしいが、お酒を飲むと一変したらしい。

<アルコールのせいで天狗の高下駄を履いた気分になり、あげくは
 天狗の大団扇に煽(あお)られて空に舞い上がったりする。>(p185)

 宇野浩二がある日、牧野信一が酔って、歌舞伎役者の口調で
「ソクラテスの弁明」を暗唱しているのを見て驚いた、という
話から__

<しらふではろくに口もきけない赤面恐怖症患者が高下駄を履いて
 人並み以上に見せようとして、歌舞伎役者の声色の仮面をかぶって
 みせた。でも仮面がうまく素顔をカバーしきれない。小粋な声色を
 演じたつもりが応援団並みの蛮声にしかならない。仮面をかぶる
 ほどに、仮面と素顔の落差がかえって露(あら)わになってしまうのだ。>
(p186)

__この辺り、とくに、
<でも仮面がうまく>から、最期の行<かえって露(あら)わになってしまう
のだ。>への展開、誰かの文章を思い出させる。池内紀。

 池内紀が種村季弘の文体に影響を受けた、ということか。わたしは逃避的
な姿勢を好むけれど、池内紀の逃げっぷりとは、どうも合わない。なんだか、
 「逃避、おしゃれでしょう」と言われているようで具合が悪い。あたしの
逃避はもっと切実なんだよと、言い返したくなる。

 『IV 聞き書き篇』の『江戸と怪談 敗残者が回帰する表層の世界』
では岡本綺堂を中心に、種村季弘の日本近代文学史観が語られる。

 明治の言文一致運動について、
<要するに近代国家の文体論でしょう。国家論の文学版なんです。>
(p204)と、口を切る。

<江戸の文化の構造というのは、いちばん上に漢文脈の人がいて、
 その次は俳人層で俳句をひねる人。いちばん下が相撲層といって、
 ボディーランゲージで生きている人。相撲とか女郎とか、ボディー
 ランゲージで生きている人間が、そのへんで生身で採集した話を
 もって帰ってくるわけです。それを下手な言葉で喋ると、俳人層と
 いうのが必ず村にひとりふたりいて、それが話をまとめてやる。
 まとめたものを、そこの領主の祐筆か何かのところに持って行くと
 ちゃんと漢文にしてくれて、それを治領の江戸幕府に「こういう
 事件がございました」と上げていく。
 [略]
  要するに明治の言文一致というのは、その一番上の連中の漢文脈と
 いうか、漢語的な文体をどうするかということで始めた問題でしょう。>
(p207)

 岡本綺堂は、敗残の江戸っ子という
<メンタリティの中のひとりでしょう。明治の文学者は、そういう人たちが
 かなりいますけれども、それが大正になると荷風ですね。昭和になると、
 そういう人はほとんどいなくなってしまう。でも少しはいて、大衆小説家
 というのがそれになるわけです。>(p207)

<鷗外とか地方から来た知識人は、地方の人を差別するわけでは
 ないんだけれども、地方から来ると東京が初めてで基盤がないから、
 __鷗外なんかも史伝物に手を染めるまでは__その中で生活して
 旧江戸の人たちと一緒になって江戸文化を楽しむとか生活を楽しむと
 いうよりは、むしろ新たにつくられた明治以後のステータスの階段を
 のぼるということで必死になってしまうわけでしょう。それをやると、
 文士であろうが何であろうが、
 [略]
 あとの余裕がないんですよ。自然主義文学の人たちというのは、
 その余裕のないところで、しかも漢籍とか英語の素養もないような人が、
 ゆっくり文学を楽しむとかいうものとはまったく違う、実用本意と
 言っては悪いけれども、自分の身の回りを観察して表現することで、
 要するにステータスを最短距離で上り詰めなければいけないという、
 そういう文学手段を追いかけた。果たして小説家の場合に、具体的に
 そういうコースがあったかどうかということは別問題として。
  自然主義というのは、疑似国家論とか、国家論の裏返し、反体制も
 体制の裏返しでしょうが、まあ、自然主義の変種の私小説も、一種の
 ハンディーなミニ・ユートピアを自分で苦しんで書いているわけですね。
  文学史というものが、そういうものを中心にまとめられていったので、
 そうでないものは大衆文学として切り捨てちゃったんだね。>
(p214-215)
 
 種村季弘と澁澤龍彦とは、ほぼ同時期のスター作家だと、思ってきた。
澁澤龍彦は一大ブームを引き起こしたのに、種村季弘にはなかったし、
いまだにブームは起きてない。忘れ去られてもいないが。
 澁澤の山の手性は、高度経済成長下での日本の"普通"(正しくは、自分
も行けるかもしれない、より上層の"普通"幻想)として、ミドルクラスの
子女の琴線に触れ得たが、町っ子・種村は東京ローカリズムを代表する。
 東京という特殊が広がりを持ち得なかった、ということだろうか。
地域性が強く、憧れを抱いたとしても、"地続き"になり得ないのだ。


     (種村季弘「雨の日はソファで散歩』 ちくま文庫 2010初 J)




呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-11 20:05 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 07月 10日

(1)種村季弘「雨の日はソファで散歩』半分強

e0030187_21123293.jpg








 今日も朝から暑い。日射しが威嚇的に強烈だ。九州北部で
豪雨に襲われた人々が避難している体育館にはエアコンがない
参議院・閉会中審査「加計学園」問題質疑を逃げた安倍晋三が
明日、帰ってきて、防災服姿で記者会見するのか。

 種村季弘が
<生前自ら編んだ、最後のエッセイ集>(p252 桑原茂夫『あとがき』)
の『寺のない町』(『III 雨の日はソファで散歩篇』)から引用。

< 大松さん[注:種村が子どものころの近所のお坊さん]はお説教は
 しなかった。ただニコニコ笑っているだけだった。問題児だった
 わたしが理髪店や歯医者に行きたくないので路上で母に駄々を
 こねているのをみつけると、さりげなく頭をなでてニコニコ笑顔を
 浮かべている。それだけ。だがそれだけでこちらの不安や恐怖を
 水に流してしまうふしぎな笑顔だった。
  大松さんも[略]しかるべきお寺で修業を積んだことがあるのだろう。
 教学もしっかり身につけておられたのだろう。しかしそんな気配は
 露ほども見せたことはない。教養やことばを通じて人を説教するの
 ではなかった。じかに身体や表情を使って意のあるところを伝える。
 いや、伝わらなくてもかまわない。
 [略]
 妙好人(みょうこうにん)のように、教典や教義の媒介なしに直接ジカに
 仏の声を耳にして自足する、得もいわれぬ法悦にたえまなく浴している
 人のようだった。>(p129-130)

 まだ葬式仏教になる前、
<ただ法事を済ませお経を読んで、はいさよならではない。家族の
 進学問題、親子や兄弟姉妹間の葛藤、偏屈な性格の問題児(わが家
 ではもっぱらわたし)の扱いまで、何事につけ相談に乗ってくれる>
(p128)
お坊さんがいた、むかしむかしの話である。


     (種村季弘「雨の日はソファで散歩』 ちくま文庫 2010初 J)

7月11日に続く~



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 今朝の「東京新聞」1面の見出しは
<「共謀罪」法 あす施行>である。
 そして同日の12面は"全面広告"で、
上は「第44回 現代舞踊展」であるが、
その下を、上段より広く「政府公報|内閣府」による、
<国際PKOへの参加を通じ、世界平和に貢献しています。
 __世界の笑顔のために__>という広告が占める。

 PKO活動地点を示した世界地図の下に、
<日本はこれまでに、国際平和協力法の下で、延べ12,500人の
 要員を派遣してきました。>。
 下段左にアントニオ・グテーレス国連事務総長のメッセージ、
右が
<今後も「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、貢献を続けていきます。
 国際平和協力本部長 内閣総理大臣 安倍晋三>のメッセージ。

 いちばん下に、
<詳しくは▷国際平和協力本部事務局ホームページ PKO検索>。

 「東京新聞」の記者たちと営業部とはスタンスが違う、ということか?


 南スーダンの戦闘日報は廃棄されたといいながら(【全文】自衛隊は
南スーダンで「戦闘」していたのか。黒塗りの日報、公開します
)、
メディア対策に税金を投じる(政府広報費は民主党政権の2倍、メディア
押さえ込む効果
)。
 都合が悪くなると、綻びを繕うどころか綻びがなかったことにする
行政文書のルール変更を検討 歴史を冒涜している暗黒政権(日刊ゲンダイ))、
近代の日本史上、最低の安倍晋三・独裁政権だ。
 わたしは法治国家に住みたい。


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-10 19:32 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 07月 08日

(2)エリザベス・ヘイ/柴田京子 訳『ガルボ、笑う』読了

e0030187_12412297.jpg












~7月7日より続く

 映画ファンというより映画ジャンキーであるヒロイン、
ハリエットは、毎日のできごとすべてに、いちいち映画の
シーンを思い出す。できごとはすべて映画によって前以て
表現されており、映画ジャンキーの日常は、映画の各シーン
の再現に過ぎないかのようにさえ見える。
 自然は芸術を模倣するってテーゼか?

 それはまあ冗談だが、この線でコメディにしてしまってもよかった
のではないか...しかしヒロインは(著者も?)チェーホフが好きらしく、
あくまでも小さなトラジコメディの集合する群像劇である。アルトマン
作品みたいな群像劇のイメージが、読後感としていちばんしっくりくる、
かしら?
 そしてわたしは、あんまりアルトマンの映画にノレない。多重視点の
ありさま/ありようを見せているのだろうけれど、あれって、そんなに
面白い?

 『ガルボ、笑う』は、日常が小さな動きの連続であること自体を描き
たかったのかなあ? だからって、小説の行こうとする方向が、読み手
に見え辛くて、いいのかという疑問も湧くが。
 細部が配置され、物語として進んでは行くけれど、編集があまり...と、
読者もつい、映画のように考える。


     (エリザベス・ヘイ/柴田京子 訳『ガルボ、笑う』
     文春文庫 2004初 J)




呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 <夫婦揃って・・>昭恵氏(総理夫人)が「『安倍辞めろコール』は
プロの活動家による妨害」投稿に「いいね!」

__どこまでも馬鹿を貫く安倍昭恵(あ、五七五、になっちゃった。)

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-08 12:43 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 07月 07日

(1)エリザベス・ヘイ/柴田京子 訳『ガルボ、笑う』もう少し

e0030187_2151441.jpg













 悪くはないんだけれど長過ぎて、いささか飽きる。

 1997年ころのカナダ、オタワに暮らすインテリ・ミドル
クラスの家庭のほぼ主婦(47歳だったかな? ヒット作では
なさそうな小説を出している、たまに講座も受け持つ)が、
いちおう、ヒロイン。彼女は映画と映画評論家、ポーリン・
ケイルのファンだ。本文中にポーリン・ケイルに宛てた(投函
されることも、作品として出版されることもなさそうな)手紙が、
字体を変えて、意識の流れ風に、ときどき挿入される。
 夫と娘と息子の4人暮らし、夫以外の全員が映画ファンと
いう設定。
 物語の始りのころ10歳だった(かな?)の息子が近所の
中年女性(55歳、独身、ジャーナリスト、映画好き)と
知り合い、家族ぐるみのつき合いが始まる。

 とくに導入部のストーリー捌きがあまり流暢とはいえなくて、
著者も/ヒロインも/ポーリン・ケイルも(? じつは読んでない)
ファンではなさそうなクリント・イーストウッド映画みたように、
冒頭の10分間で、背景と登場人物の配置が最小限、成されて
いればなあと思う。

 登場人物がみんな、本を読んでいる。近所の中年女性、ダイナが
ヒロイン・ハリエットの息子と知り合ったその週に訪ねてみると

<挨拶にたち寄ったら、四人家族[略]がそろって裏のポーチで
 本を読んでいた。ポーチは広くて風通しがよく、[略]
  ハリエットとリュー[注:夫]は、いくつもの夏を経て色
 あせたシャツとショーツを着ていた。彼らの膝にある本は
 図書館の本だった。
 [略]
 終身雇用されることのない大学教授たちのように見える。
 ダイナはすぐさま、無条件にこの家族を好きになった。>
(p45-46『ダイナ』)
 
 ダイナと彼らの息子、ケニーとのなれそめ(?)は、新顔の少年が
他の子どもたち__通りを歩きながらサッカーボールを回し合う__
を縁石にしゃがみこんで眺めているので、ダイナが彼らに紹介して
あげようかと声をかけたときに始まる。

 彼はサッカーをプレイするのは好きじゃなくて、
<「ぼく、スポーツライターになるんだ」>という。
 それなら、お酒の飲み方とトランプもできなくちゃと、大人のダイナが
からかうと、ジンラミーができるよ、と答える。フレッド・アステアと
ジーン・ケリーとフランク・シナトラの話になってゆく。1997年ころの
10歳が、すらすらと話についてくる。

<「どうしてフランク・シナトラなんか知ってるの?」
  「家族で彼の映画を観るから。家族で彼の音楽を聴くから」>
(p43-45『ダイナ』)

 しかし、このケニーとダイナが知り合う場面で、一カ所、状況が
理解できない。

 7月の夕方、親子連れが通りを歩いている。
<ダイナは家の横手を回って表の花壇まで行き、[略]人々を眺めた。>
 そのとき、縁石にしゃがみこむケニーを見て、声をかけようとするが、

< ダイナは、痛くないようにフォームラバーの上に膝をついた。両手で
 あおいでミントの香りをかぐ。>
 そしてケニーとの距離が数十センチのところまで進んだときに声を
かける(p42-43『ダイナ』)のだが、この"フォームラバー"は何を示す
のだろう? 庭の花壇にフォームラバーを置いていたら日光や雨で劣化
すると思うけれど、わたしの知っているフォームラバーとは違う何か、
なのだろうか? この一行に引っかかる。


     (エリザベス・ヘイ/柴田京子 訳『ガルボ、笑う』
     文春文庫 2004初 J)

7月8日に続く~

 明日はいよいよEP-4ライヴ



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-07 16:36 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 07月 05日

鈴木創士氏のコラム『第88回 ミイラのように』

e0030187_2058351.jpg












 今月の鈴木創士氏のコラムは『第88回 ミイラのように』

 ミイラもお母さんもフランス語だとmaman?





呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/ 

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-05 13:21 |