猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:読書ノート( 2361 )


2005年 11月 05日

「ハリスおばさんニューヨークへ行く」

e0030187_1623836.jpg








 書き忘れていたが、文庫版のジャケット画・挿絵・カットは 上田とし子である。
愛らしい。途中から飛ばし読み。もう少し違うタッチを期待していたのだけれど__
タイトルを例によって忘れているオグデン・ナッシュ(?これも自信がない)の
アメリカ人一家のパリ旅行ものみたいな感じかと予想していたが、やや教訓調?

 ミステリのお師匠さんがいらっしゃる。ブリーン「もう生きてはいまい」の話を
したら、やっぱり他のブリーン作品も持っておいでだ。今度貸して頂くことになった。
最初の3~4作はしっかり書かれて面白いけれど、あとはユルくなるそうです。パズルを
作るみたいな本格派は、そうそう秀作ばかりは続かない、ということだろうか。

 今日は晴れて散歩日和。静かな日々が続きすぎて くたびれ果てている、
週の始まりの亜種古本屋です。モチヴェイションを探せ!


新着本

クリックをお願いいたします!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-11-05 14:42 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 31日

「東京の地霊(ゲニウス・ロキ)」読了

e0030187_16354887.jpg









 面白かったけれど装幀に疑問。平置きしたときを考えたデザインだろうが、
菊池信義風?に「ひらの文字」下に影が付けてあったり、「ひら」四隅が
ジャポニスムめいた意匠で縁取られていたりするのが、果たしてふさわしいかしら?
 何か違うという感じがする。

 後記に「ゲニウス・ロキ」と「アニマ・テラーエ」の概念の違いについて
述べられている。
 「ファウスト」第一部 冒頭に現れる「地霊」はErdgeistであり、錬金術的な思想に
連なる 大地そのものの力のことであり、この概念はAnima terraeに結びつく。つまり
Erdgeist「地霊」は場所・locusではなく、大地・terraに至る概念だそうである。
 これに対し「ゲニウス・ロキ」は、
 「ある場所の『雰囲気』がそのまわりと異なっており、ある場所が神秘的な特性を
持っており、そして何か神秘的なできごとや悲劇的なできごとが近くの岩や木や
水の流れに感性的な影響をとどめており、そして特別な場所性がそれ自体の『精神』を
もつとき」、そこに「ゲニウス・ロキ」の存在が認められるそうなのです。

 シャンとしない要約・引用で申訳ない。要は、日本の翻訳の歴史上、大地の力を
意味する「地霊」がまず作られたので、同じく「地霊」と訳すしかなさそうな
場所性の概念・「ゲニウス・ロキ」は、「地霊」と書いて「ゲニウス.ロキ」と読んで
下さい__って要約でいいのでしょうか? どうも頭が廻らない。

 装幀だけ見ると、わたしには大地性の「地霊」が感じられて仕方ないのです。たぶん
タイトル文字の影のせいで。


クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-31 15:55 | 読書ノート | Comments(2)
2005年 10月 29日

「東京の地霊(ゲニウス・ロキ)」

e0030187_15174981.jpg











 (鈴木博之 文藝春秋 90初)は、店にあったと思うが見当たらない。売れてしまった
ような気もする。買い直して昨夜から読み始める。従って短篇ミステリ集は中断。

 まだ半分くらいだが、第3章「文京区 護国寺」を読みながら思いつく。
 護国寺が都内の茶道のメッカ?になったのは、関東大震災以後、由緒ある茶室を
移してからのことだそうだ。この遣り口を学んで、商店街に人気(ひとけ)を取り戻す
ことはできまいか。

 街が、人とものとが流通する場所としてあるのなら、きっかけになる何かをそこに
設置することで、新たな方向性が与えられないだろうか。新しいビルを作るような
再開発の話ではなく、現にそこにある建物・設備を違った角度で使用することで、
街にみずみずしさが取り戻せないかと、思ったのだ。

 「むかしながらの」をアピールするだけでは「売り」が弱い。若い外部の人たちが
2、3店舗でも加わったら、街は確実に活性化できると、わたしは思う。開かれてこそ
街、と。


新着本

クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-29 15:17 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 26日

「密室大集合」

e0030187_13483499.jpg








(ホック編 ハヤカワ文庫 87年3刷)、第1編「山羊の影」(カーのバンコランもの)が
終わらない内に睡魔に襲われた昨夜。
 昏々と眠り、きょうは眼が痛くない。体調も悪くなく、しかし雨がふり出した。
 「わがこと終んぬ」の暗黙の了解裡にネットに載せる本を選び、アップしては
付箋をつけ、棚に戻し、ふたりで時を殺す。

 「密室大集合」の前に読んだのが(「銀座ミステリー傑作選」に続き)「横浜
ミステリー傑作選」(三好徹編 河出文庫 86再)だが、長部日出雄と日影丈吉しか
結局読まなかった。
 日影丈吉の「赤い輪」は70年頃、学生運動とヒッピー・ムーヴメントの混じった
空気が、すっきり静かに伝わってくる。
 長部日出雄は「蓬莱山に消えた・・・」、同じ河出文庫に入っている「ハード
ボイルド志願」からだ。「ハードボイルド志願」の「志願」というところが泣かせる、
なかなかの冗談ミステリだと思うが、まだ同好者に会ったことがない。


クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-26 13:47 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 24日

「もう生きてはいまい」読了

 原題が HARDLY A MAN IS NOW ALIVEだが、結局 誰のことを指しているのだろう?
よく解らない。翻訳者・西田政治はたしか、横溝正史の友人の探偵小説家だった。

 もし復刊されるなら、新訳で出した方が売れると思うのだけれど。西田訳は決して
悪くはないが、「部屋」が全頁「部室」表記であったり__何か信念あっての表記かも
知れないが__、未婚女性は全員「・・・嬢」付きだったりだから、カーの継承者で
売るにしても新訳の方が、若い読者には読みやすくないだろうか?
 ルイザ・メイ・オルコットやホーソンもコンコードの住人だとか、米国史__
アメリカ独立戦争時のエピソード__が、ちゃんとミステリ中に組み込まれていて、
同じカーの継承者と呼ばれても、ポール・アルテより遥かに手際よく書かれている。
               「もう生きてはいまい」(ブリーン HPB 56年3刷)

 荒俣宏編「大都会隠居術」(光文社文庫 96初)を再度 入れた。荷風と平井呈一との
関係についてや、河原晉也「幽霊船長」抄録があって好きなアンソロジーだ。
 「幽霊船長」は、絶対に持っている筈のお客さまにお聞きしたら、
「あったけど、売っちゃったか、入り込んじゃったかだよ」とのお答えに悲しんだ
ことがあって、まだそれ以来、手にしていないのが悔しい。


クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-24 15:36 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 20日

昨日に追加訂正

 昨日の川村二郎?評論集について、もしかして確認が取れるかも知れないと思い、
友人に連絡しているところ。彼も覚えていない可能性もあるけれど、もし詳しいことが
解ったら書きます。

 ペーパームーンのヴィスコンティは目録08aに入れました。

 気がつけば近頃、短篇ミステリをよく読んでいる。「詐欺師ミステリー傑作選」
(小鷹信光編 河出文庫 90初)の次は「銀座ミステリー傑作選」(三好徹他 河出文庫
87初)と。どちらも気持よく読める。

 詐欺師の話は大抵ほほえましい。その努力をカタギの仕事に向ければ、結果的に
もっと稼げるのではないかと思われるのが現実の詐欺事件だが、物語の中の
詐欺師たちも努力の人だ。涙ぐましい。
 似たようなことでも国家や大企業が手がければ、バックに信用があるということで
国家的事業なり経済行為と認められるのに、フリーランスの個人や小人数で行うと
犯罪に問われるのは、不思議である。
 国だって信用を失えば通貨危機に陥り、その時点では国が偽札を発行しているに
等しい状態になっているというのに、不公平な気がする。

 「銀座ミステリー」は巻頭の横溝正史「銀座小景 或は、貧しきクリスマス・
プレゼント」がよかった。ミステリーではなく戦前の銀座スケッチ。
 できたての「新青年」増刊号を持った横溝と水谷準が、カフェ・ライオンの窓辺で
銀座の夜店の様子を見ながらの話で、きっちりクリスマス・ストーリーになっている。


クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-20 14:58 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 15日

「聖なる怪物」読了?

e0030187_15205094.jpg










 後半を飛ばし読みしたので、「読了?」である。しっかり書かれているけれど、
めんどくさくなった。

 「ノーマン・デズモンドの悲劇/すべての男はホモセクシュアルである」みたいな
物語だ。つまり男優版「サンセット大通り」であり、いまや酒とドラッグで廃人化
した演技派スターと、その幼なじみの男友だちとの長い長い付き合いの様子が、
インタヴューに答えるモノローグ形式でしぶとく描かれている。バビロンとしての
ハリウッド風景も、あんまり しつこいと飽きてくる。悪い作品ではないが。

 一昨日の「死霊の叫び~古賀新一恐怖傑作集~」は、「エコエコアザラク」の漫画家
だそうだけれど(「エコエコ・・・」は読んでいない。題名は聞いたことがある。)
貸本漫画風というのか、古風な絵が効果的だった。「妖虫」連作が好きだ。


新着本

本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-15 15:20 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 13日

「炎に消えた名画」

(チャールズ・ウィルフォード 扶桑社 04初帯)読了。日本語タイトルがいかさない
__「名画」にアートとルビを振って、古典絵画ではなくモダーンアートを示唆した
つもりかなあ?__けれど、くすくす笑いながら一晩で読む。

 主人公は若く野心的な美術批評家、まるでデュシャンみたいな伝説的アーティスト
のインタヴューついでに作品を盗むよう、コレクターから依頼されるが・・・。

 伝説のフランス人画家は、ダダとシュルレアリスムとをつなぐ、ニヒリスティック・
シュルレアリスト! 彼についての長い解説が、モダーンアート痴のガールフレンドや
読者のために展開される。画家はその画業の始まりからコンセプチュアルで、額縁で
壁の一部を透かし見させる個展を催したきり、沈黙を守っている。
 ここが一番の読みどころだが、その前のフロリダ地方の画家と画商と批評家の
閉鎖生態系描写も笑える。愉しい一夜だったおかげで睡眠不足が続くのが難点だ。


クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-13 18:31 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 12日

「ファスビンダー」がらみで?

e0030187_1421589.jpg








「わがマレーネ・ディートリヒ伝」(鈴木明 小学館ライブラリー 91初帯)を読む。
ドイツについて、まともに考えたことがなかった。

 そもそもドイツ語の響きが苦手で__例外はD・ボウイーがドイツ語で歌う
「ヒーローズ」。これは恰好よかった。英語盤より更に痛切なイメージが聞こえる。
__、一生 自分には縁のない世界と信じて生きてきた挙句、建築関係の洋書には
素敵なドイツ語ものが多いのに気付き、後悔する破目に至ったのだが、さて、ドイツ
の歴史である。
 わたしの頭の中では、神聖ローマ帝国から いきなりビスマルクのプロシアに飛んで
ヒトラー、アデナウアーと続く、ドイツ史です。無茶苦茶だ。

 ずっと、日本の戦後処理に比べてドイツはまともだと考えていたけれど、よく考えて
みれば、かなり五十歩百歩なところがある。両国とも、戦後の冷戦体制をよいことに
経済発展の道を突き進み、ファシズム考察を怠ってきた点では、同罪ではないか。
 勿論ドイツはユダヤ人への補償を誠実に行ってきたし、翻って日本では、という
重大な違いがあるけれども、アデナウアーと岸信介とが同期に存在していた事実が
意味するのは、人々がファシズムへの忘却と責任回避の意志をもって 戦後を
生きてきたということではないか。
 あまり大きな言葉で思考したくはないけれど、でもケリなんて一度もつけて
こなかったじゃあないかと、ディートリヒと共に考えた一晩だった。


クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-12 14:22 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 11日

山田風太郎・明治ものの

仏語訳はないだろうか? あったらポール・アルテに読ませたい。時代背景や
登場人物の説明つきで。

 「赤い霧」(HPB 04再帯)読了。第一章の村での殺人事件が一応 解決して、
第二章 ロンドンでの事件に移るのだが、実際の事件(切り裂きジャック)や
虚構の有名人(ホームズとワトスン)のはめ込み方が拙で辛い。風太郎を一度
読んでごらんなさいと、思ったのだ。事実も虚構も物語の中に流麗に織り込まれて
いますよ、と。
 もう一つ気になったのは、一章で謎の人物とされる かつての殺人事件の遺児
について、その後何にも言及されてないこと。赤い鰊として使われるだけとはいえ、
顛末はどこかに記されるべきではないか。第二章では関係ないから忘れられたのかも
知れないが、エンタテインメントでそれはまずいだろう。

 本の帯に「原書房の『2005年本格ミステリ・ベスト10 第1位』」と大きく
謳われている。本当でしょうか? このゆるさが、いまの時代にフィットしている
とかいうなら、何もいうことはありませんけれど。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-11 15:37 | 読書ノート | Comments(0)