猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アート( 153 )


2017年 12月 13日

宇野亞喜良展「夢想論」を見に行く

e0030187_17511371.jpg













 新宿伊勢丹での宇野亞喜良展「夢想論」は15日・金曜日
までだ。今日(他の用事もあったので)、行ってきた。
 2階でも面白そうな展示があったようだが、昨日までだった。

 5階のアートギャラリー入口、左右に写真撮影可の2点が
飾られている。写真は右側の絵の一部__寺山修司の句、
<ランボオを五行とびこす恋猫や>が記されている箇所
(クリックして拡大すると、きわどく読めます)。
 ジーン・セバーグは切りとってあるが、馬の鼻の先、
『裁かるゝジャンヌ』のルイーズ・ルネ・ファルコネッティ
は入らなかった。失礼。

 右側の壁から見ていく。
 白い下地が厚く塗られた正方形のキャンヴァスに、鉛筆や
アクリルで絵や文字が描かれ(時にはシールや小さな天使の
オブジェも貼られ)、正方形の額縁にボックス・アート風に
収められている。
 額縁、小さめの額は、マットな渋い金色で統一されている。
正面になると大きい作品もある。
 左側に近づくと、"ジクレー"作品が並ぶ。版画のようだ。
いま検索すると、ジクレー版画とは、そういうことらしい。
 
 絵画とともにある言葉は、イマージュの始まりを示すのかしら。
 絵画作品では『泉』、ジクレーでは『くねくね』が好きだ。
描かれた猫が、どれも、ほんとに猫!


     (宇野亞喜良展「夢想論」 2017年12月13日
     @伊勢丹新宿 5F アートスペース)





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-12-13 22:09 | アート | Comments(0)
2017年 11月 17日

合田ノブヨ「箱庭の娘たち」作品集出版記念展へ

e0030187_1931777.jpg













 11月26日(日)までの合田ノブヨ「箱庭の娘たち」
作品集出版記念展
だ。そろそろ行かなくっちゃ。
 週末や祝日は近所に逼塞する身だし、シス書店は月・
火が定休日だから、行ける日は今日を入れて、実質
3日間しかない。


 明るいベージュの額入りが新作、黒縁の額入りがそれ
以前に描かれた作品。マッチオブジェも出展されている。

 マッチオブジェ、なつかしい。1980年代初めだろうか、 
青山のギャラリーでマッチ箱の表面を『マザーグース』の
コラージュで覆う作品を見た、と言った途端、シス書店の
方が間髪を容れず、
 「スペースユイ!」と応えてくださる。

 そうだった。窓の近くだったか、狭い壁面を活かして、縦に
作品を並べて見せる展示方法だった。そんなことまで思い出す。

 シス書店ではガラスケースに横並びに置かれている。今回の
マッチオブジェはマッチ箱を覆うのではなく、マッチ箱サイズの
ボックスアートだ。
 たとえば『雪の朝』と題される作品では、少年がマッチのお家の
戸口に立っている。扉を開け、外を見まわす少年に朝日が射し、
影が室内(箱の背面)に落ちるという造りである。

 マッチ箱の両横を切って、左右に開けてある。それを閉ざすと
オブジェたちの眠る箱になる。マッチの箱の、カリガリ博士の
キャビネット? 不思議な夢や甘い夢の底には、博士の息も流れ
込むのかもしれない。

 平面作品は、コラージュではあるけれど、どれが切り抜きで、
どこからが地の絵なのか、境目がはっきりしない。よく見れば、
かすかに浮いているので、切り抜きと分かる。
 シス書店の女性によれば、パステルや水彩で境目をぼかして
あるようだ、とのこと。スフマートという手法かしら?
 卵の殻を剥いて中に描かれた少女たちを見せる、イースター
エッグみたいな作品(『少女の頃』)では境目は、はっきりして
いる。卵の殻との差異を見せるために。

 タイトルもすてきな『厭世家なの』では、少女の周りに蜻蛉
が飛び交い、『ハデスからの贈り物』を見上げる少女の顔は
影になって見えない。『沼の女』の足もとには蝙蝠が控え、
『雪明りの夜』の娘たちは、風に吹き上げられて中空に踊り
続ける。

 反射光に輝くスワロフスキー・ガラスと影を描いた作品が、
モデルになったガラスと一緒に真ん中の箱に展示されている。
 この絵は「箱庭の娘たち」の表紙に使われている。
 17.7×13.5×1cmのハードカヴァが絶妙な硬さのトレーシング
ペーパーの筒箱に覆われる。筒箱には日本語のタイトル、作者名、
出版社名の間を縫って、フランス語タイトルが白字で記される、
という濃やかな造本だ。

 いい展覧会。楽しかった。

     (合田ノブヨ「箱庭の娘たち」作品集出版記念展
     @シス書店 2017/11/17)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-17 22:19 | アート | Comments(0)
2017年 11月 02日

「廣瀬忠司 個展 時間と痕跡 - 楔 kusabi」「恒松 正敏 展」に行く(2017/11/01)

e0030187_13512111.jpg













 昨日は半日、出ていた。3pmに銀座Appleで待ち合わせの前に、
大江戸線で築地市場へ。S、撮りまくるが、この話と写真は後日
の予定。

 銀座で調香師 L 楠森氏と落ち合い、ギャラリー椿の廣瀬忠司
個展 時間と痕跡 - 楔 kusabi
へ。
 大きい方の会場では廣瀬氏の写真、奥の小さい方では恒松正敏
の絵画展が開かれている。

 搬入時に左半分の展示を見てしまったが、右側はサイズもより大きく、
見た目もなんというか、グラマラス。見ているひとや後ろの壁と作品も
映り込む、超光沢。
 ちょうど印刷を担当された方が来ていらして、派手やかな印刷は
"クリスタルペーパー"という仕様、左側のマットな風合いは"ネオ
シルクプリント"という印刷だと教えていただく。前者はプラスティック
を溶かした乳剤にレーザーでデータを投射する、だったか、かつての
写真現像みたいな(?)手法だそうである。

 基本的に、マットでしっとりした色調の写真が好きだけれど、今回の
被写体__焼き入れた鉄板や鉄の楔(どちらも錆びて腐食している)
__の場合、ビカッとした"クリスタルペーパー"の方が軽快で面白い。
ヒトを強引に、軽快さに持ってゆくようなパワーがある。
 まあ、右壁も左壁もビカッ、ビカッでは、乱反射し合って落着いて見て
いられなくなるので、左右で印刷方法を変えたのだろう、と思う。

 奥が恒松正敏氏の絵画だ。ミュージシャンとしての恒松氏だけ知って
いて、彼が画家でもあるのは知っていたけれど、見るのは初めてかも
しれない。
 入ってすぐ右、エビハラキノスケ、というような名前が大昔に見た「芸術
新潮」(判型が小さいころ)の記憶とともに浮上したが、青と緑のミックス
した「埋葬」というタイトルの絵が好きだ。

 いちばん奥の内壁は引き戸になった襖式・二重壁だ。外壁につながる
全面ガラス窓の手前に少し空間があり、白い襖状の内壁が、たぶん4枚。
 外光をシャットして全面・白壁をつくるときは襖(パネル?)を全部
つなぎ合わせ、今回のように、絵画と外の風景を交互に見せたいときは、
2枚(?)ずつ重ねて、外が見えるように空きをつくる。
 前に、桑原弘明を見たときは全部、白い壁面だった。二重窓の一種だが、
うまい方法だ。

 銀座に長居して、部屋に戻ったら8pmを過ぎていた。写真は、夜の銀座。




呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-11-02 15:29 | アート | Comments(0)
2017年 10月 27日

近代香粧品なぞらえ博覧会@伊勢半本店 紅ミュージアム

e0030187_11384780.jpg













 今日は青山。伊勢半本店 紅ミュージアムに、近代香粧品
なぞらえ博覧会
を見に行った。

 入館料、実質500円に全14頁の小冊子(簡潔にして詳細な
カタログ)付きである。
 東京って、こういう贅沢が味わえるんだなあ...。大きな
展覧会なら日本各地を回ったりするけれど、コンパクトで
しっかりした構成の展示が気軽に見られるのは、東京だから。
 一極集中のせいなのだが。

 江戸時代の化粧品は自然素材のものであり、化粧水の容器も
磁器の小さな壺だったりするが、明治に入ると西洋文明が流入
する。
 ガラス瓶に入って中の色が見える舶来の化粧品は、栓を取ると
香りがする。香りそのものを閉じこめた香水も輸入される。

<調香の知識乏しく技術も未熟ながら、明治20年代後半には
 輸入香料の合成ムスクを付香した石鹸や白粉などが見え始める。
 以後、明治40年(1907)代まで、化粧品広告や商品ラベルには
 「麝香入り」「人造麝香」「ムスク」の文字が頻出する。>
(p03)

 つまり、西洋文明の模倣である。しかし、真似と言い切れるか。
小冊子の表紙には、その辺りを思考(試行錯誤?)するコピーライト
が見える。

<パクり?コピー?
 いいえ、これは
 リスペクトです!>

 1階は伊勢半の製品、小町紅のコーナー。体験もできる。
 地下が会場。西洋からの輸入品、江戸から明治・大正・戦前昭和の
日本の香粧品ブース、そして香粧品の普及に力があった印刷物のコーナー
である。

 可憐に愛おしい。"可愛い"とは、こういうコトでありモノである。
 江戸期に完成された色づかいや小物づかいのセンスが、西洋に出会って
崩れそうになり、その後、ジャポニスムのヨーロッパのセンスを取り入れて、
江戸を再び消化/昇華する過程とも見られるのではないか...。
 このところ、日本の近代について考えるのが、晩年のテーマ(?)なのか
と思うことが多いので、つい、そんな風に考えてしまう。

 1階で見せていただいた小町紅は玉虫色をしている。
 むかしむかし祖母が、彼女の祖母が水で溶いた玉虫色の口紅を
つけていて、きらっと光ってきれいだった、という話をしてくれた。
 玉虫色と赤い口紅との関係が分からなくて、お歯黒のことかしら
とも考えたが、よく分からない。ようやく謎が解けた。

 紅花から作られた小町は個体ではなぜか(光学的な理由か?)
赤の補色、緑がかった玉虫色をしている。
 玉虫色の小町紅に湿らせた筆で触れると、紅が取れる。手の甲に
つけてみると、水の量によって異なる赤色になる。しかも、つけた人の
肌の色を透かした、赤色である。
 アナログな製品が、個体別オーダーメイド・口紅を実現する。マジカル。

 祖母が子どものころ見た、遠いむかしの彼女の祖母の化粧風景が、
ようやく実感として、わたしにも見えたのだった。

     (近代香粧品なぞらえ博覧会 @伊勢半本店 紅ミュージアム
     2017年10.21-12.10 月曜休館)





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-10-27 21:37 | アート | Comments(0)
2017年 10月 24日

多面体・吉田謙吉(1897-1982)展~ミモザ~森岡書店~ギャラリー椿

e0030187_219419.jpg













 銀座のにぎわいを避けて京橋・明治屋ビル口から地上に出る。
今日は曇り日。昨日の秋は一瞬のできごとだったみたい。
 ここから出ると、Mindbenders&&Classicsに迷わず行ける。

 銀座・奥野ビルへ入ろうとしたら、声をかけられた。画家・
楠森總一郎氏が、降って湧いたように出現される。彼は反対
方向から来て、わたしたちが歩いているのに気づいた、という。

 三人で、奥野ビル205号室「ギャラリー ラ・メール」へ。
 ここでは、装幀家・吉田謙吉の姿が見られる。展示された本の
ほとんどは見るだけだが、中央の卓に置かれた『絵本ヨーロッパ』
や『女性の風俗』などは開いて見ることができる。
 吉田謙吉はこの205号室を事務所に使ったそうで、それを示す
葉書が展示されていた。

 411号室「ギャラリー 銀座1丁目」へは、定員4名の二重扉の
エレヴェータで。
 こちらは舞台装置図や、"舞台のある12坪の自宅模型(新作)"、
斎藤達雄・経営の「バー機関車」内装写真など。斎藤達雄が鉄道
ファンと、初めて知った。

 吉田謙吉や木村威夫・デザインのバーやレストランの写真集は
作られていないだろうか。設計図やパースだけでも、わくわくする
と思うけれど。

 この411号室もまた、吉田謙吉の事務所であったことが、葉書の
宛先から分かる。尖端的な人々が集まった銀座アパートメント(奥野
ビル)だ。
 そういえば、歌手の佐藤千夜子が住んでいた部屋は何号室?

 吉田謙吉生誕120年記念として企画された展覧会だ。
 『父・吉田謙吉と昭和モダン 築地小劇場から「愉快な家」まで』
(草思社)の著者、吉田謙吉の長女である塩澤珠江氏がいられて、
残された品々のごくごく一部の展示であることなどを伺う。

 明日25日(水) 14:00~16:00 と、
 28日(土) 14:00~16:00 、
 306号室で(定員13名ほど)、
 「奥野ビルものがたり 銀座アパートの住人~吉田謙吉~」の
ヴィデオ上映と、塩澤珠江氏のトークがあります。


     (多面体・吉田謙吉(1897-1982)展 @銀座・奥野ビル
     411号室・205号室・306号室)


 喫茶ミモザで休む。楠森氏はじつは、週末に始まる廣瀬忠司氏の
写真展、搬入の手伝いにいらして作品到着を待っているところ。

 森岡書店や、今日は定休日だが銀座レトロギャラリーMUSEEを
覗いて、ギャラリー椿へ。
 廣瀬氏は、作業真っ最中である。長居すると、全展示作品を見て
しまいそうなので、ここでお別れする。

 廣瀬忠司氏の個展は、10月28日(土)~11月11日(土)、ギャラリー椿
で開催される。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-10-24 23:23 | アート | Comments(0)
2017年 10月 09日

新納 翔 写真集『PEELING CITY —都市を剥ぐ—』刊行記念写真展(2017/10/05)

e0030187_2015662.jpg













 写真は10月5日(木)、築地・ふげん社新納 翔 写真集
『PEELING CITY —都市を剥ぐ—』刊行記念写真展 を見に
行った帰り。

 築地2丁目8番辺りには路地の跡が見られる。枇杷の木が
残された二階建ての廃屋とか。2丁目10番、大通りに面した
ところにも、銅板葺きの建物が無人で建ち残る。
 いま残る築地は築地市場ともども、オリンピックで殺される。

 関東大震災、第二次大戦の米軍による空爆、1964年のオリン
ピックによる破壊、1980年代・バブル経済下での破壊、そして
2020年度・オリンピックによる東京・殲滅。

 写真展の感想を手帖から書き写すと__

 圧倒的に静かな、音が切断された世界。人々が写っているのに、
シャッターが切られる直前までは、ひとの声でざわついていたり
街の物音があふれていたことは明らかなのに、写真家が時空を
切り撮った瞬間、音は断たれ、活人画の世界が始まる。
 人影のない、建物だけの風景写真であっても、風景が停止して
ポーズを取っているような、活人画に見える。

__印刷から来る印象もあるだろう。かなり強いタッチの色彩
なのに、目は、むしろマットな色調に感じる。

 夏に見に行った空間現代の音を思い出す、といえば、写真展の
イメージが伝わるだろうか。


     (新納 翔 写真集『PEELING CITY —都市を剥ぐ—』
     刊行記念写真展@ふげん社 2017/10/05)


[同日追記:
 ふげん社は新刊書店でもある。東京関係の本の中から、
今尾恵介『カラー版 東京凸凹(でこぼこ)散歩』(平凡社新書)
を買った。
 ふげん社は喫茶もできる。コーヒーを頼んだら、どのカップで
飲みたいか、聞いてくれる。本を買ったら、三種類あるカヴァの
どれを掛けたいか、聞いてくれる。]





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-10-09 21:09 | アート | Comments(0)
2017年 09月 08日

森岡書店 銀座店の「合田佐和子 90度のまなざし」展へ

e0030187_19381649.jpg












e0030187_19384462.jpg













 森岡書店 銀座店での「合田佐和子 90度のまなざし」展
今日行かないと、明後日までだ。土日の銀座は苦手だ。

 さらに、ブランド・ビルに占拠された、近頃の銀座を避ける
ために日比谷線・東銀座で地下鉄を降りる。

 歌舞伎座の裏手を(Sが)撮りながら歩いて、銀座2丁目に
近づく。ミモザでお昼を食べたい。
 2pm前だったか、珍しく空いていると思ったら、一瞬にして
席が埋まる。次から次へと男性客やカップルが入ってくる。
町の銀座の喫茶店風景だ。
 本棚脇に、『東京渋カフェ地図』(交通新聞社)が置いてある。
付箋があるのが、ミモザの紹介頁。

 ファサードは知っている銀座1丁目・鈴木ビルだが、森岡書店
銀座店に入るのは初めて。白く、やや荒れた壁面に合田佐和子の
目玉を描いた作品が並び、中央の卓上に彼女のエッセイ集「90度
のまなざし」(港の人)の列がある。
 列の隣のガラス箱に、彼女が使っていた色鉛筆が鉛筆立てに入った
まま、横たえてある。モノの記憶が直接に伝わってくる。
 合田佐和子にぴったりな空間だ。彼女の展覧会に行く度(2月8日
に感じる、一時的な不在感は、なぜなのだろう。


     (「合田佐和子 90度のまなざし」展
     @森岡書店 銀座店 2017/09/08)

 新富町、入船町、湊町と歩いて、大川端から佃島へ。大江戸線・
月島から戻る。すぐ歩き過ぎてしまう...。




呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-09-08 21:25 | アート | Comments(0)
2017年 09月 04日

ジャコメッティ展・最終日に滑りこむ

e0030187_1925334.jpg












 展覧会・最終日に行くのは原則、避けたいが、そうなって
しまったからには、しかたない。滑りこんだ。

 身動きは取れるけれど、最終日らしい混雑の中で立体を見る。
落着いて見るのがむずかしい混み方だ。観客はお互い、向かい
側から来る視線の延長や、両隣の気配を気にしつつ作品に対する。

 デッサンが多く来ているのがいい。紙面に枠組みを描き、その中
にデッサンする。空間と作品(立体)との関係が見える。細長い枠
いっぱいに人体が描かれると、まるで棺の中の風景だ。
 「書物のための下絵」シリーズの動きなど、フランシス・ベーコン
(1909年生まれ)より年上(ジャコメッティ、1901年生まれ)だ
けれど、同じような時間を生きてきたのだろうと感じさせる。

 六本木ではないところで、こんな大型・貸し画廊みたような建物
ではない空間で見られたら、もっとよかっただろうな。人嫌いが
亢進している。


     (ジャコメッティ展@国立新美術館/The National Art
     Center, Tokyo 2017/09/04)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-09-04 20:32 | アート | Comments(0)
2017年 08月 27日

(2)「馬越寿展」に追記:いけばなに於けるアクトとリアクト

e0030187_1973096.jpg












~8月26日より続く

 昨日の「馬越寿展」ではガラスの花器に、槻屋氏によるお花が
生けられていた。

 むかし『カット』誌でショーン・ペンのインタヴュー記事を読んだ。
彼は演じるとき、アクトではなくリアクトするよう心がけると言って
いた。生け花を見ながら、その話を思い出す。

 例によって、怖いもの知らずの物知らず感想文になるが、生け花にも
アクティヴとリアクティヴがあるのではないか。立体(三次元)を意識
して生ける槻屋氏のような手法をアクトと呼ぶなら、以前カラニスで
拝見した木村節子氏の生け方は、むしろリアクトの感じがする。

 前者の花が、いわば彫刻的意思を見せて空間に在るなら、後者は
空間全体の気配に反応して、その結果、花を生ける行為が成された
かのように、いわば時間的行為と感じられたのだった。

 お花の生け方の素養なぞ皆目ない、物知らずの感想だ。

[8月28日追記:
 アクトとリアクトでなくて、空間的と時間的、だろうか?]


 今日は西荻窪まで、ちょっと。盛林堂の店頭で2冊。
 フレーザー『エイブヤード事件簿 死利私欲』(講談社文庫)と
長谷川伸『上杉太平記』(徳間文庫)。




呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-08-27 20:09 | アート | Comments(0)
2017年 08月 26日

(1)グラスギャラリー・カラニスの「馬越寿展」へ

e0030187_15192233.jpg













 久しぶりに外出する。体調が戻って馬越寿展、最終日に
間に合った。

 馬越寿氏のガラス器、槻屋氏のいけばな、調香師・L こと、
香肆・きざし乃氏の香水。

 最新作は、仁清「色絵瓔珞文花生」のフォルムにヒントを得た
ガラス器だ。馬越氏の手で、アールデコ・タッチに変貌する。
 透かし模様入りの白いトップが天に向けて開き、真ん中の球体
部分の赤、黒いボトム、と着地する。
 このフォルムは墨黒やプラチナ彩でも用いられ、それぞれ違う
表情で存在する。

 口が菱形に開いた墨黒の花器は、わたしは初めて見た。
 ブルーやアンバーを混ぜて黒を作ると、仰っていた。大きな
墨黒の花器の内側に見える空色は、そういうわけか。

 壁に掛けられる小さなキューブや細長い直方体の花器、数々の
ビーダマ。白色を流し込んだビーダマのひとつは、『類推の山』
と名づけたくなるし、それより白の濃いビーダマは、『2001年
宇宙の旅』を思い出す。より透明度の高いものも、透明と見えて
アンバーが垂らし込んであったりする。ミクロコスモスなビーダマ
である。

 馬越作品の記号として、表面に刻まれた十字がある。大皿にも
やや小ぶりな壜のボディにも見られる。
 壁に香肆・きざし乃氏のデザインであろうポスターが貼ってある。
フライヤの拡大版であるが、フライヤと異なり、縁に版下用・レジ
スターマークが残してあるのが、馬越氏の十字と呼応しているみたい
で楽しい。

 見に行けてよかった。


     (「馬越寿展 いけばな・槻屋*香肆・きざし乃」
     @グラスギャラリー・カラニス 2017/08/26)

8月27日に追記~







呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-08-26 20:30 | アート | Comments(0)