カテゴリ:アート( 136 )


2014年 09月 15日

Iggy Pop Après/KARANIS Exhibition 3日目のおみやげ

e0030187_22542097.jpg












 クロアチア国旗の青色版みたいな靴に目が行ったけれど、写真に
なったら左後ろの壁と手すりの様子がマリスカルのコビーに見える。
二次元になりフレーム取りされて見えてくる。
 (ところでハロー・キティってどこを味わう? ミッフィーの
愛らしさはわかるが、キティは頭の弱そうなところを愛でるの
だろうか?)

 Iggy Pop Après 何を歌っても説得力がある。何を説得してる
か知らないが。フランス語に向いた発声だ、ブライアン・フェリー
よりも。ブライアン・フェリーのあれは、わざわざ棒読みしてるの
かしら?

 三連休の最後、Frankenstein と Kicks のころの友だち・W が
kARANIS に来ているので、S は急いで出て行った。当時のヴォー
カル・Y の消息もわかったが、3、4年前の時点までだ。
 昔、中野サンプラザでのルー・リードのライヴ(見渡せば同窓会
みたいな客席だった)のとき、舞台に向かって右側の壁にぴったり
背をつけて、眠り男・チェーザレみたような動きをしていた、いつも
"堕ちた天使" という名詞が浮かぶ Y。

 おみやげは、まるでパルミジアニーノの世界、マニエリスト・馬越寿氏
のガラス球だった。透明なガラス球の内部に、薄い淡いグレイの立方体が
封じ込められているので、手に取って透かしてみると、風景に途中で切れ目
が入って続いていく。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-09-15 21:14 | アート | Comments(0)
2014年 09月 13日

Hermine /KARANIS Exhibition/「世に倦む日々」

e0030187_10434912.jpg












 また名前が思い出せない。80年代の女性ヴォーカルなのだけど...
2、3時間考えても思い出せない。諦めてお風呂に入ると浴槽内で
アルキメデスの原理が働き(?)、「Hermine !」と思い出す。
 Hermine - TV Lovers

 表参道KARANISでのグループ展は今日から20日まで。
 馬越氏のガラス器がまた拝見できる。表参道駅にはエレヴェータがある
ので、いまの体力でも、たぶん行けるだろう。短時間の往復なら。

 世に倦む日々 2014-09-12
 朝日新聞を取っていないしTVも見ないので知らなかったが、歴史修正
主義者につけこまれる事態になっているのか。
 安倍晋三政権のスキャンダル・ビッチズの件は意図的に忘れさせようと
いうのだろう。彼女たちを喜ぶ連中もweb上に見られる。雪崩を打って
自主的に大政翼賛会に入ろうとしている。
 麻生太郎が「ナチスの手口を学んだらどうか」発言をしたのが2013年7月。
まだ1年ちょっとである。あれがうやむやに放置されたせいで、ビッチ・高市
早苗は、
 「一緒に記念撮影したのがどんな人だか知らなかったんだからしょうがない
でしょ。選挙のこともあるし」で済ませようとする。
 同じくビッチ・稲田朋美は「私は日本を守りたい」なる本を出してるそうで、
まったくもう悪夢である。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-09-13 13:58 | アート | Comments(0)
2014年 09月 07日

「秋ノ作品展」(芥川三千代 他) 9日まで

e0030187_2346643.jpg












 グラビュール作家・芥川三千代さん他が出品されている
「秋ノ作品展」(Autumn in Glass 8/25-9/9)がKaranisで開催中。
(フライヤの写真、Sです。)

 昨午後に芥川さんの講演と木村節子さんの花いけパフォーマンスが
あり、Sが伺った。

 盛況である。満員の会場のすきまを縫って撮影してきた。
 芥川さんの作品は相変わらず繊細にして大胆不敵、木村節子さんは、
KaranisやギャラリーまぁるでのSが参加したグループ展にもいらして
お花を活けた、というか、瞬時に空間把握して植物を配置していく
パフォーマーである(と、わたしは理解している)。

 今日は日曜日なので休廊、明日・8日(月)は午後6時まで、
最終日・9日(火)は5時終了です。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2014-09-07 13:50 | アート | Comments(0)
2014年 08月 18日

EP-4 / elementary Poem

e0030187_11581185.jpg












 名残の残暑お見舞申上げます。

 EP-4 / elementary Poem

 5分25秒頃に入るピアノの鮮やかな一刷毛、7分少し前から
ギアを変えるように上がるテンポ、BANANA UG氏の腕の冴え
が味わえるEP-4 " elementary Poem " の後味は、表現主義
映画みたいだ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-08-18 16:29 | アート | Comments(0)
2014年 08月 14日

Alex Chilton/Holocaust (live at CBGB's 1978)

e0030187_18192992.jpg












 I 文庫さん・M 堂さん・A 堂さんの三人掛かりで店から本を撤去して
いただいたが、本以外のいろいろなものが出てくる。

 隙間に落ちたまま、すっかり忘れていたカセットテープを2本、発掘して
パソコン作業机の上に置いてくださっていた。タイトル文字の拙劣さから、
わたしのものだったと分かる" Alex Chilton live at CBGB's "のジャケット
はミレーユ・ダルクの切り抜きだ。赤いサイハイソックスを履いたヌード写真
で、たぶん、" Lui "初出、「週刊プレイボーイ」転載、ではなかったかしら?

 山成すカセットテープはどれも年代物だ。絡まりそうで怖くてかけられない。
部屋を移るときにヴィデオテープは断固処分、カセットテープも、SがM 画伯
やナポと演った数本を除いて捨てたが、店にもこんなに持ってきていたのだ。

 テープが駄目でも今はYouTubeがある。試しにタイトルを打ち込んでみると、
出ている。
 Alex Chilton & The Cossacks - Holocaust (live at CBGB's 1978)

 Sはあまり聴き覚えがなかったようだが、Peter Perrettにも、Sが昔バンド
" Frankenstein "を組んでいたヨシにも似た声だと言う。そう言われれば
そうだ。チェット・ベイカーだとか、不幸な声質の伝統がある。滲み出る
不幸感が聴き手の身体を浸食し、同調させる。愛さずにいられない声。
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-08-14 13:02 | アート | Comments(2)
2014年 06月 28日

「楠森總一郎 Exhibition エンシェント ジプシー キャラヴァン」に行った

e0030187_1975234.jpg










 友人Bishopと会うSが先に恵比寿に行き、わたしは4時に出た。
GALERIE Malleでの「楠森總一郎 Exhibition エンシェント 
ジプシー キャラヴァン」
である。5pmからLapizのソロ。
 今回のためにT.REXを毎日聴き直した、と言う。一度ブレイク
してから、再開。雨もよいの夕方、一本のギターとひとつの声で
奏でられる、ある時空への追悼歌だ。

 「楠森總一郎 Exhibition エンシェント ジプシー 
キャラヴァン」は、明日4pmまでです。

     (2014/06/28 @GALERIE Malle)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-06-28 22:08 | アート | Comments(0)
2014年 06月 24日

「楠森總一郎 Exhibition エンシェント ジプシー キャラヴァン」始まる

e0030187_2048219.jpg












 楠森總一郎氏の個展
「楠森總一郎 Exhibition エンシェント ジプシー キャラヴァン」
が恵比寿のギャラリーまぁるで今日から始まった。シャツやTshirtが
展示及び販売される。

 12:00-19:00まで、但し最終日・6月29日(日曜日)は16:00まで。
 28日(土曜日)17:00-19:00にレセプション・パーティが行われ、
Lapizのプレイも少しあるそうです。

 あいにくな季節ですが、雨の止み間に、あるいは雨の日の散歩が好きな
方は傘をさして、お出かけください。(大雨が降ったって遭難する、わけ
ではありません!)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-06-24 19:30 | アート | Comments(0)
2014年 06月 19日

SHE... charles aznavour & bryan ferry+Huaska

e0030187_2139177.jpg










 SHE... charles aznavour & bryan ferryと、
Huaska - Foi-se が好き。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-06-19 22:27 | アート | Comments(0)
2014年 06月 01日

it's my party/desperate straighs

e0030187_2246346.jpg










 Bryan Ferry It's My Party (HQ)

 Slapp Happy / Henry Cow - Desperate Straights





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-06-01 21:35 | アート | Comments(0)
2014年 05月 31日

「アルトー24時++再び」の手前で

e0030187_23384797.jpg










 昨午後、都電荒川線・鬼子母神駅前で鈴木創士氏と待ち合わせる。
池袋「東京芸術劇場」の「アルトー24時++再び」の前座というのか
イントロダクションというのか、ロビーでピアノを弾く仕事を頼まれた
彼は、いま東京にいる。この日なら時間が取れるよ、ということで。

 暑くなかったら鬼子母神散歩をするところだが、陽射しが強烈だ。
近くの雑司が谷「さむしんぐ」でお喋り。住人がマリー・セレスト号
みたような消え方をした跡があってね、と京都に実在した廃病院の
話などに耳を傾けていると、佐藤薫氏から電話がある。もう4時。
そろそろ池袋に戻らなければならない。

 演劇を見る体力まではないが、鈴木氏の仕事場を拝見できないか。
一緒にタクシーで「東京芸術劇場」へ。二、三度行ったことはあるが
池袋を知らない。いつできたのか駅前(であろう)広場と劇場がある。
佐藤薫氏とBANANA UG氏が缶ビールを手に日陰に坐っている。
 まだ陽は高い。

 みんなで劇場に入る。天井の高い建物の中でさらに小分けされた
空間が、今回の会場だ。入口、エントランスホール、ドア、ロビー、
そして公演会場と続く。ロビーに敷物を敷き、客を誘導する。会場
手前に赤く塗られたグランドピアノが置かれている。

 鈴木氏がBANANA UG氏に弾いてみない?と誘う。BANANAが軽く
華やかに弾く。鈴木創士氏が替って坐る。鈴木氏が弾いているとき、
BANANAが高音部で加わるという場面がある。

 雑司が谷で喋っていたとき、大昔の神戸で酒場に飛び込んでピアノを
弾かせてもらったというアルバイト話をされたけれど、カクテルピアノと
いうのかラウンジピアノというのかしら、ときどきノイジックになったり
現代音楽調になったりしながらの、見事なレパートリーとアレンジ、腕前
を拝聴する。「宵待草」も" as time goes by "も" mac the knife "も。
極めつけは楽譜まで持ってこられて、まだ実際には弾いていないバッハ
「フランス組曲」!

 これも大昔、雑誌の吉田秀和のエッセイで読んで、きっと好きだろうと
見当をつけて買い、愛聴版になったグールドの「フランス組曲」以来の
感激と喜びだった。

 佐藤薫氏の案内で公演会場を少し見せていただく。赤坂のときの
空間とはかなり違う。横幅があって客席の縦列が短く、梁が交差した
天井が高い。役者の声は響くかもしれないが、EP-4の音はどう聴こえる
かしら?
 客席奥にパイプの台に載せた彼らの機材があるが、台が低いので
備品の箱に乗せて脚を高くしてある。いろいろ使えて便利そうな箱
だけれど、むかしのリンゴ箱やみかん箱風・白木の箱で、黒く墨文字
調で「東京芸術劇場」と記してある野暮ったさが愛嬌だ。

 またロビーに戻る。コンサート(?)もそろそろ終わり、伊東篤宏氏
が現れる。「今日は客としてです」
 全員で外の喫煙スペースに移動。伊東篤宏氏の参加された「ノイズ
列車とノイズ温泉」の話がおかしい。ノイズ系も高齢化が進み、客も
マイルドになってるそうだ。

 鈴木創士氏やEP-4 UNIT3は、本番の時間だ。「ありがとう、またね!」





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2014-05-31 13:44 | アート | Comments(0)