猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:再録( 78 )


2005年 07月 20日

05年7月20日(水)ホームページ版

 猫額洞の日々は今日からこちらの頁に引越します。今後とも
よろしくお願い申上げます。(近い将来がまさか今日とは、昨夜は
思いもしなかった。)書式?に慣れるまで、違和感があるけれど、
そのうち落着くだろう。

 ブログ画面トップの、花をもつ少女と物陰から彼女を見つめる
ロボットの絵柄が問題であるが、これは岸辺のフランケンシュタイン
と少女の画像の一種だと、強引に思い込むことにした。Sに変更を
頼んでいる。暗い、暗いイメージのトップにしてもらおう。
 それではブログでお待ちしています。

[2014年11月24日追記:
 という次第で、ホームページ版の日記「猫額洞の日々」が
ブログ版になりました。引越しのごたごたで、2001年1月
1日付け<「悪霊の群」読了>が紛れこんだのか、今では
不明。この日付でないことだけは確実ですが。]





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-07-20 10:51 | 再録 | Comments(0)
2005年 07月 19日

05年7月19日(火)

 HPを軽くしておくために、そして店の宣伝のためにも、日記頁を
ブログに引越させればいいんじゃないかと、やってみた。書き終えて
送信したのに、何にも画面が変わらない。何がいけないの? 何を
してないから駄目なの? PCは果てしなく苦手だ。

 という訳で、近い将来、ブログに引っ越す予定ではあります。その
折は、どうぞよろしくお願い申上げます。

 ディッシュ「アジアの岸辺」、タイトル編は出だしからして良さそうな
気配。いい気なオリエンタリズムではあるまいかと、やや懸念もあるが、
始まったばかりでは解らない。寝床ではメリル編「年刊SF傑作選1」を
少々。スレッサーの短篇のみ読み覚えあり。あとは大昔に読んだきりで、
初読と変わりない。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-07-19 20:45 | 再録 | Comments(0)
2005年 07月 18日

05年7月18日(月)

 梅雨明け宣言と期を一にして日記を軽くした。以前の日記分をPCに
預けて?HPの軽量化を図った。昨日一昨日とPC不調が続いたのは、ただ
重かったから、のようだ。目録頁より日記が重いのは、やはり問題であろう。
[2014年11月24日追記:
 <以前の日記分をPCに預けて>というのは、何を言いたいのだろう? 
外付けハードディスクに保存した、と言いたいのか?]

 ハードカヴァは寝床本にしづらいので、ディッシュ「アジアの岸辺」が
なかなか終らない。一日置きくらいに1ー2編読んでいる。うまいと思う
けれど、何かいまいち大好きになり難い小説家だ。なんなのだろう。
 J.G.バラードにノレない時に感じるような___つまりスタイリッシュと
取るか、気障ったらしいと受け止めてしまうかの、二律背反?に陥り
やすい小説家なのかしら。
[2014年11月24日追記:
 それは二律背反とは言わない。]

 「黒いピエロ」はうっとりしたまま読了。母親が生きていたら読ませ
たかった。記憶の集積が静かに淡いかなしさに包まれて語られる。
美しかった。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-07-18 20:34 | 再録 | Comments(0)
2005年 07月 17日

05年7月17日(日)

 PCの調子が大変悪い。いま書いている分も上がるかどうか。
至急何とかしなくっちゃならないが・・・。いいさ、書き終えたら
保存だけしておこう。それにしても、やっと引取り完了の澁澤龍彦
全集全24巻揃いを新着欄に上げられないのが辛い。文庫本は、
ちびちびと値段付けしてからです。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-07-17 20:30 | 再録 | Comments(0)
2005年 07月 16日

05年7月16日(土)

山崎阿弥さんが立ち寄り、9月半ばに10日間ほどシュツットガルトに
行く、と。8月の「青い部屋」個展に向けて描いている絵も見せて
もらう。彼女は言葉のセンスもvoiceも魅力的だが、神経にじかに
触れるような絵画も素敵だ。

 近くに事務所のある「かめ設計室」のブログとリンクして頂ける
ことになった。(沖縄の名護市庁舎を製作した)象設計集団出身・
建築家のブログだ。TVで象設計集団の仕事の様子を見たが、公の
建築が(建築と限らない、あらゆる公の行為が)こんな風な感受性
に基づいて為されたならばと思った記憶がある。「公」という言葉は
いくらでも権力維持に使われる可能性があるが、「私たち」という場
を成立させる言葉でもある。後者でなくっちゃ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-07-16 20:21 | 再録 | Comments(0)
2005年 07月 15日

05年7月15日(金)

 もちろん資力体力ともに余裕なぞ出るわけもなく、新刊書店寄り道
計画は挫折している。二手に別れて本の買出し。戻ってから、それぞれ
買った物を見せ会う。
[2014年11月24日追記:
 S とわたしとが別々に五反田と神保町の古書会館に行き、本を探した。
どっちがどっちを担当したか忘れたが、たぶんわたしが「五反田!」と
がんばったのではないかしら? S に聞いても覚えてないだろう。]

 Sが小学生雑誌付録の「宿題事典」(昆虫や植物採集のための)、わたしも
同じく付録の「動物ずかん」。他はやはり今回も図録や画集が多い。外国文学
では、山田稔訳! ロジェ・グルニエ「黒いピエロ」を見つけた。帰りの地下鉄で、
うっとり読んでいた。膝に軽い石抱きの刑並の本を抱えながら。

 ときどき、自分が鬼のように丈夫なんじゃないかと錯覚するが、整骨院に
週に2度通 ってるのを思い出して、自戒する。あれが効かなくなったら、
どうする積もり?





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-07-15 20:03 | 再録 | Comments(0)
2005年 07月 14日

05年7月14日(木)

 フランスならば革命記念日、中野区の古本屋は? 何もない。
近くに大きめの新刊書店があればなあと、新聞の切抜きを眺めて
いる(7月10日の日曜版 書評欄)。

 「ダブリンの緑」(建畠哲 五柳書院)、「私、今めまいしたわ」
なんて素敵な回文が出ている。山田稔の「八十二歳のガール
フレンド」(編集工房ノア)、例によって気持ちよさそうだ。
 まだウッドハウスを買っていないし、新刊屋に用があるのに
明日はそのルートを取れない。体力と資力の問題である。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-07-14 19:58 | 再録 | Comments(0)
2005年 07月 13日

05年7月13日(水)

[2014年11月24日追記:
 トップ2段ずつ、計4点の小笠原伯爵邸・写真、削除。]

 二日続けて河田町、小笠原伯爵邸写真である。左上がレスト
ラン部分だが、左奥のアーチ真ん前にお隣の建物が鎮座している。
それでも庭園美術館や神戸の異人館みたような静止画状態に在る
より、いきいきと使われていて、良い。
 元住宅の公開保存はむずかしい。大抵が保存に重点を置きすぎて
かつてはそこに漂っていた筈の雰囲気が消え、「展示物にお手を触れ
ないで下さい」の注意書きのみ存在主張しがちである。

 もし相続税がなかったら、どれだけ多くの建物が残り、美しい街並
が保たれたことか。相変わらずの土地本位制で、三信ビルは壊されて
何十階建ての退屈なビルになるそうだが、日本の大企業は社会的責任
なんて考えたこともないのだろう。おおらかで贅沢な三信ビルの通廊を
殺して、そこに貯えられた時間を抹殺し、ミニバブルで当面の企業利益
だけ上がればいいなんぞとタカを括っていると、いまに因果応報。それなり
の覚悟はしてらっしゃるのかしら? 税制の保護があれば解決する問題なのに。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-07-13 18:21 | 再録 | Comments(0)
2005年 07月 12日

05年7月12日(火)

[2014年11月24日追記: 
 トップの小笠原伯爵邸・横並び写真3点、削除。]

 早めに起きて近くの病院で誕生月検診。10年以上行ってない。
心電図を取る部屋が素敵だ。白い天井に白い壁_天井近くまで
白いタイル貼り。聞こえるのは空調の音と心電図の機械が作動
する音だけ。至福のときであった。

 タイル貼りの空間で思い出す。むかし行った内科・産婦人科医院
の板張りの診察室から見えたタイル貼りの手術室 。木造の医院で、
掃除は行き届いているが全体に照明が暗く、北向きの窓明りに少し
覗いている手術室のやや陰惨な甘美さを覚えている。病院建築には
フェティッシュな味付けが欠かせないと、わたしは思う。





..... Ads by Excite ........


 
[PR]

by byogakudo | 2005-07-12 18:15 | 再録 | Comments(0)
2005年 07月 11日

05年7月11日(月)

 結局、読みかけの「シネマの快楽」を読了。あまり感激的じゃなかった。
蓮見重彦+武満徹より、やはり町山智浩+柳下毅一郎「映画欠席裁判」
(洋泉社 02初 当店価格¥700)の やけくそパワーだ。好き好きですけれど。

 湿気と熱気とで息も絶え絶えな一日。レジに坐っているだけで体力を使い
果たした。まだ 夏にもなっていないのだろうか? 7月と8月、2度に分けて
夏休みを取るべきではないかとさえ考えている。そろそろと、暑中お見舞い
申上げます。





..... Ads by Excite ........


 
[PR]

by byogakudo | 2005-07-11 18:11 | 再録 | Comments(0)