猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 11日

「メリー・ウィドウの航海」読了

e0030187_152199.jpg









 (写真はクリックすると拡大します。)

 原書は59年、翻訳が60年である。探偵小説も時代とともに変遷する。
28年刊のノックス「kou門の足跡」には、第一次大戦後の幻滅の時代に
育ったデカダンきどりの青年が出てくるが、59年のニコラス・ブレイク
作品では第二次大戦後のなまいきな十代、パブリックスクールの少年や
当時の流行、若き精神分析学の徒である少女等が描かれる。
 
 ノックスの時代のようにヒューマーを持って探偵小説を書き続けることが
困難になってしまったのか、あるいはニコラス・ブレイクの性格なのか、大変
シリアスなトーンが基調である。

 暗い話もきらいではないが、登場人物ほとんどが感じが良くないのには
閉口する。好感の持てない連中がギリシャの島巡りクルーズに集い、小説の
半分まで何も起らずに、感じの悪いまま紙面をうろうろしてサスペンスを
高めてくれる。誰が被害者で誰が加害者になろうと、もういいよと思いながら
読み終えた。

 最後の謎解き場面でもカタルシスは起きないし。トリックに無理があるのは
まだいい(よくないと、本格推理ファンは言うだろう。わたしは気にしない
方ではあるが、それにしても無理なトリックだ。)としても、試練を経て
少年少女たちも少し大人になったということらしいが、納得しがたい。
 ミステリって後味が大切なんじゃなかろうか。
      (ニコラス・ブレイク HPB 60初)
[PR]

by byogakudo | 2007-03-11 14:57 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 03月 10日

「kou門の足跡」読了

e0030187_14124759.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 本格推理は、やっぱりノートしながら読むべきかと思わないでもない。
一つの事柄に対する解釈が二転三転、その度に前の解釈を忘れてしまう。

 まあ、探偵小説の愉しみ方は、それだけではないのだけれど。専ら無駄話や
ヨタな会話を愉しむ方なので、本格ものの作者に悪いような気もする。
 好みからいえば「陸橋殺人事件」。チェスタトンが長篇を書いたら、こんな
感じになりそうなスゥイング感覚が好きだ。
   (ロナルド・A・ノックス 新樹社 04初帯)
 門構えに甲の「こう」が出ないので「kou門の足跡」表記になるのが
いまいましい。

 今週の新着欄にも1点、中島葵を載せたが、他にも映画本をアップしている
途中です。よろしく。
 新着欄
[PR]

by byogakudo | 2007-03-10 14:13 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 03月 09日

ノックス途中

e0030187_1643071.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 12時過ぎに部屋を出て2:30には戻っていた。タリーズを省略。出る前にも
ノックスを読んでいて、早く続きが読みたかったので。

 カーマイケル元教授は、まともに調査場面に出てくるような人でも作者でも
なかった。お忍びで調査しようとオックスフォードの街を歩いていた調査員が
偶然、大学関係者の叔父さんに見つかってしまい、談話室での晩餐に出席する
はめになる、そのシーンでカーマイケル氏が例によって怪説を披露する。

 < 「考えたことがあるかね・・・犬が獲物を追いかけるとき吠えるのが
  いかに奇妙であるか? 敵の接近を伝える警告を与えるべきだと自然が
  意図したみたいじゃないか。しかるに、こいつは進化という視点からは
  よろしくない。ダーウィン的な世界では、いちばん吠え声が小さい犬が
  いちばんウサギを捕まえるはずで、かくて吠え声は消えてしかるべきだ・・・
  ところが先日、・・・この問題に関するじつに興味深い論文を読んだ
  という男がいた。彼が言うには・・・、犬の吠え声にはウサギの悲鳴を
  かき消すことで他のウサギが惨事に気づかぬようにする効用があると
  いうのだ。まことに奇抜な考えだ」>(p79)

 また、ノートする時に英米ミステリでは何故か封筒に書くという実例を、
この本でも採取。
 <・・・ブリードン(注: 主人公の調査員)は封筒の裏に、アンジェラ(注: その
  妻、調査旅行に同行)は小さなメモ用紙に書いた。>(p60)

 今日は何を買ったんだっけ? 買えなくても昨日の買取があるから何とか
なるさと、できるだけ集中し過ぎないようにしていた。それでも何やかや買って
しまったのだが。
[PR]

by byogakudo | 2007-03-09 17:09 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 03月 08日

「kou門の足跡」、ようやく動き出す

e0030187_1340263.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 ノックスというとダンサブルな?「陸橋殺人事件」を思い出すが、これは
「まだ死んでいる」と同じ、保険会社・インディスクライバブルものだった。

 でも「陸橋」に出てくる閑談の名手・カーマイケル元大学教授も顔を出す
ようで、愉しみである。いとこ同士の遺産相続人が、ふたりともオックスフォード
の学生だから、いずれ保険会社の調査場面で登場してくれるのだろう。

 昨夜は一番目の遺産相続人がどうも死んだらしい、というところで眠る。
仲の悪いいとこ同士が、なぜ一緒にテムズ川でボートの二人男を試みるのか
というのが第一の謎。
 先日のミルワード・ケネディ「スリープ村の殺人者」も、ボートの一人旅から
始まった。なにやらイギリス・ボートミステリ・シリーズの気配である。
[PR]

by byogakudo | 2007-03-08 13:40 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 03月 07日

今夜はノックス

e0030187_13363571.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 faxする前に、お師匠さんがいらっしゃる。ポケットにロナルド・A・ノックス
をしのばせて。

 堰を切ったかのように3冊分の感想を開陳した(店内にふたりきりです)。
森見登美彦の三階建電車型住宅の件で止まったと申上げると、お師匠さんも同じ
だと仰る。
 言語表現としては、明らかに無理だ。ヴィデオゲームの原作として読むしか
ないと自説を申上げる。

 「死のチェックメイト」冒頭の素晴らしさについては、お師匠さん曰く
 「平面図を添えてもらいたかったな」。全くだ。もっと愉しめるのに。
 むかし朝日文庫から出ていたのだったか、小説に出てくる家屋敷の平面図や
パースを想像して描く上下卷があったけれど、当時このミステリの翻訳があれば
絶対、収録されただろう。
 ロラックはこの後、他の出版社からもう1冊訳されるそうだ。喜ばしい。
クリスティがほとんど全作、日本語で読めるのなら、ロラックやセイヤーズも
そうあるべきではないか。

 ミルワード・ケネディは、せめて簡単な作品解題なり、作者についての説明が
欲しいところだが、
 「この出版社は、いつ何が出るのか、ちっとも解らないんだよ」ということ
なので、本文終了とともに、いきなり奥付になるのも仕方ないようだ。
 もう少し親切な売り方をした方が売行きもよくなりそうなものを。

 昨夜からニコラス・ブレイク「メリー・ウィドウの航海」(HPB 60初)を読んで
いるが、中止してノックス「kou門の足跡」だ。幸いにもまだ殺人は起きてなく、
あちこちトラブルの前兆が描かれているだけなので、中断しても覚えていられる
だろう。たぶん。
[PR]

by byogakudo | 2007-03-07 13:37 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 03月 06日

「死のチェックメイト」読了

e0030187_13171594.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 アトリエ風景から始まりアトリエでの謎解きに終わった「死のチェックメイト」
(E.C.R.ロラック 長崎出版 07初帯)、悪くなかった。他の作品も読んでみたい。

 会話も話の進行もきびきびしていて愉しめた。でも何といっても開幕シーンが
印象的だ。間に薄暗がりをはさんだライティング、真紅の枢機卿の衣装、ときどき
台所から顔を出す姉の黒いスキーウェア姿(防寒用である。頸には紅いスカーフ)。
 
 戦争中のロンドンにも、戦争が終わったら再開発ブームが来ると当込んで、
土地を買いあさる連中がいたり、空襲を避けて田舎に越してはみたものの、やはり
田舎住まいに耐えられなくて戻ってくる等、風俗も面白い。いい小説家だ。

 さて、お師匠さんに又faxしなくては。3冊読んでしまったが、今夜も大丈夫。
先週買っておいたニコラス・ブレイク(だったっけ?)がある。

 新宿にお使いがあってバスで大急ぎ往復したら、なんとなく疲れている。例の
せかせか歩きのせいだ。舗道のすきまに咲く雑草を見ては、「サムの息子」を
思い出す。
[PR]

by byogakudo | 2007-03-06 13:17 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 03月 05日

早引け

e0030187_14573541.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 強風下、冊子小包を出しに行き、ふらふらと風に吹き飛ばされそうな散歩中の
小型犬を目にする。ヒトだって体勢を保つのがやっと。
 このうえ雨まで降り出されると大変なので、今日は早引けします。天気予報が
行き届きすぎて、郵便屋さんしか入店者なしの一日。
[PR]

by byogakudo | 2007-03-05 14:57 | 雑録 | Comments(0)
2007年 03月 04日

「スリープ村の殺人者」読了

e0030187_17423374.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 失礼! 昨日のブログで、美咲歌芽句を美坂と書き間違えていた。
お詫びして訂正いたします。

 また、元friction・ギター、恒松正敏氏の「百物語」を紹介したが、
芽句から
 <奇しくも発売記念LIVEには彼をゲストにお願いしてOKをもらいました。>
というメールをもらった。近頃、不思議な一致が多い。

 「スリープ村の殺人者」(ミルワード・ケネディ 新樹社 06初帯)読了。原書は
32年の刊行だったか、むかし風の本格推理。
 愉しく読めたが、この頃の探偵小説は、身分ある階級間での事件を扱うことが
多いせいだか、名刑事や名探偵は犯人隠匿罪に問われそうな、事件のもみ消しを
よくやる。表立っての発表はどうする気かと、読者としては心配になる。

 昨夜から「死のチェックメイト」(E.C.R.ロラック 長崎出版 07初帯)にかかる。
こちらは44年刊。灯火管制下のロンドン、若い絵描き姉弟のアトリエから始まる。
 この始まり方が、まるで舞台の一場面みたいで、演劇は苦手だが、演劇的
身振りがきらいじゃない当方には嬉しい。

 横長の舞台。たぶん下手に台所へのドア、上手に向かってまずチェスをする
男性二人(舞台奥に対して縦に並ぶ)、いちばん上手が画家とモデル(奥の台には
枢機卿の扮装のモデル、手前が絵描き)__と読み取ったけれど合ってるかしら?

 灯火管制下だから窓はカーテン等で覆われ、室内の灯りは上手がモデルを照らす
照明、下手が天井の電球とストーヴの灯り、舞台中央は影になる。時々姉が台所の
ドアを開けることで、下手から別の灯りが投ぜられる。

 こんな箇所ばかり読んで喜んでいる。一応すぐに殺人事件が発生したが、あとの
展開がどうなろうと、この始まりだけで読んだかいがあるというものだ。
[PR]

by byogakudo | 2007-03-04 12:18 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 03月 03日

「荒涼天使たちの夜」発売日決定

e0030187_1637540.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

Edie Sedgwick Collage

 東京ロッカーズを覚えておいでだろうか。元Mr.kiteのヴォーカル、美咲歌芽句
(みさか・めぐ)の、詩+エッセイ集「荒涼天使たちの夜」がとうとう発売される。

     「荒涼天使たちの夜」 
      詩とエッセイ:美咲歌芽句 写真:廣瀬久也
      思潮社より5月1日発売予定
      定価 ¥2000+税
      四六並製 192頁

 発売に先立ち、4月28日(土)に渋谷「青い部屋」で詩の朗読と歌のライヴが
あり、当日は「荒涼天使たちの夜」の先行販売も行われる。

 3月半ばには「青い部屋」DMが猫額洞にも届き、より詳しい情報をお伝え
できるが、いま解っている限りでは、詩の朗読が15分ほど、イギー・ポップの
カヴァ等、彼女のヴォーカルが30分くらいのライヴになる予定。

 また、東京ロッカーズの映画「ロッカーズ」がDVD化されるらしい。いま20代の
方々、あの当時が知りたかったら、ご覧下さい。
 東京ロッカーズ自体はごく小さな動きで、時代はすぐに金ピカなバブル経済期に
突入するのだが。


 今週の新着欄です。こちらもよろしく。
 新着欄

 新着「百物語」の画家・恒松正敏氏も、東京ロッカーズのひとり、frictionの
ギターであった。
[PR]

by byogakudo | 2007-03-03 13:15 | 美咲歌 芽句 | Comments(0)
2007年 03月 02日

久しぶり__神保町

e0030187_202251.jpg











 (写真はクリックすると拡大します。)

 ずいぶん久しぶりで神保町へ。2週続けて行かなかったせいか、地下鉄で目録に
目を通していても実感が湧かない。会場では、本の選択基準に不安を覚える瞬間も
あった。

 2時頃着。かなり人が多い。絵葉書の箱もある。今日は見ないの。
 図録はないかと、うろうろして空振り。しばらくぶりに人気(ひとけ)のある場に
出てくると、なんだか疲れる。くしゃみや咳の音に怯え、気がついたら自分も
少し咳をしている。

 タリーズで風邪薬を服用。安心する。偽薬でも効くんじゃないだろうか。
アクセスに寄り、5人のサイン入り" spin 01 "を眺めてから戻る。
[PR]

by byogakudo | 2007-03-02 20:15 | 雑録 | Comments(0)