猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 31日

「栄光の土曜日」読了

e0030187_13213391.jpg











 買取の古いHPB4点中から「栄光の土曜日」(デイヴィッド・セラフィン
HPB 82初帯)読了。他の3冊はガードナーはともかく、「二月三十一日」
はS・わたし、二人とも中途脱落。退屈な話がきらいじゃないわたしで
すらメゲた。50年代にそういえばニューロティック・ブームみたいな
ものがあったっけ。前衛志向は古びやすい。近年、文庫で復刊された
ようだが、そんな価値があるだろうか。

 もう1冊、「細い線」。成瀬巳喜男「女の中にいる他人」の原作だが、
これもSによれば話が動かないらしく、途絶。わたしはまだ手にしていない。

 これらに比べて、読者サーヴィス満点なのが「栄光の土曜日」だ。
盛り沢山すぎて、食傷するくらい。作者は、スペインに21年余り住んでいる
イギリス・オランダ系としかわからないそうだが、フランコ独裁体制が
終わったばかりの政情不安定なマドリッド風景を伝えようと、大車輪だ。

 聞き込みに行く夜のにぎやかなマドリッドや、捜査に歩く旧市街の
エキゾティシズム。観光案内さながらである。料理も詳しく記される。
 警官たちの住まいも寂れた界隈から、フランコ政権の恩恵を受けた
階層の住む瀟洒な(であろう)郊外、被害者はおしゃれに屋根裏部屋
住まい(インテリアも凝っている)。
 加害者・被害者・捜査者、それぞれに異なる政治信条。すべてが
混在する70年代マドリッド誌が描きたかったようであるが、詰め込み
すぎてお腹いっぱいになるのが、あまり品がよくない。
 もう少し押さえて書いてあればなあ。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-31 13:14 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 10月 30日

不安と不安感

e0030187_13303712.jpg











 あるパフォーマンスのDVDを見た。
 演劇と舞踏が混じったようなパフォーマンスだったが、堀江敏幸に
抱いた疑問と同質のものを感じた。

 今という時代がとても閉塞していて、幼年期からそれを感じながら
生き延びるしかなかった、というのは理解する。傷つくことを恐れながら
生きていくしかないだろう、とも思う。
 いわば人格の中に抜きがたく怯えが刻印されてしまい、怯え抜きの
「わたし」なぞ、存在しないところにまで至っているのだろう。

 あんたたちは暢気な子ども時代を過ごせたから、ひと事として、今の
若い衆はと勝手なことを言えるのだろう、と批判されるのは仕方ない。
いまさら生まれ直すことはできない。

 舞台に立つことは360度の批判に身をさらすことだと、理解していた。
昔の記憶だが、灰野敬二も白石民夫も、オフはどうであれ一旦ステージ
に立てば、パフォーマーとしての存在しか見せていなかった筈である。

 観客に暗黙の同意を求め、「僕たち、みんな、どうしようもなく
傷ついていますよね」と確認を強要されているような感触のDVDで、
後味に悩まされる。

 少し話題が変わるが、「モダーンアートは愉しくて面白いものですよ」
というキャンペーンや、「障がい者のリハビリとしてのアートの活用」
運動にもやや疑問を感じている。治療行為としての側面はあるけれど、
アートにあまり合目的性を持たせる風潮は、どうだろう。アートの
自立性を損なっていないか。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-30 13:34 | アート | Comments(0)
2007年 10月 29日

「河岸忘日抄」読了 他

e0030187_1326149.jpg











e0030187_13261981.jpg











e0030187_13263583.jpg








e0030187_13265170.jpg








e0030187_13271182.jpg











e0030187_13272927.jpg








 写真はどれも先日の浴風園です。最後をここで迎えたいけれど、杉並
区民でないと入れないだろうか。野村胡堂「胡堂百話」(中公文庫 81初)
で読んで以来、ここだと信じて来たのに、今その「養老院礼賛」を見直して
みると、どこにも「浴風園」の文字は出ていない。じゃあ、わたしはどこで
知ったのか?!

 3日がかりで堀江敏幸「河岸忘日抄」(新潮社 05再帯)読了。もっとゆっくり
読むべきだったかな。

 大声で語られる言葉や、大文字で書かれた言葉に対する密やかで根強い
不信感。決定することの英雄性への疑問。停滞・逡巡に身を置き続けることに
むしろ強さはあるのではないか等々、それは全くそうなんだけど、通奏低音的に
語られ続けるこれらの言葉(生きる姿勢)もあまり繰り返されると、強者の論理に
近づきやしないかという気がしてきた。通奏低音というより執拗低音。量は質を
変貌させる。

 「若年寄で生きよう!」というメッセージまで聞こえるとは言わないけれど、
ややそれに近い「やれやれ」という思いをしたことも事実である。閉塞感の
中で生きるには、このモラリスティックな態度を持ち続けるしかないのだろうが
それにしても、居心地のよさに違和感が消えない。野蛮でごめんね。
 たんに堀江敏幸の若さに対する違和感かもしれない。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-29 13:37 | 読書ノート | Comments(2)
2007年 10月 28日

「旋風喜平次捕物捌き」読了

e0030187_13353461.jpg











 「銀座旋風児」ならぬ「深川旋風児・旋風喜平次(つむじ・きへいじ)」
初登場である。作者は、これまた初登場、1926年生まれの驚異の新人
時代小説作家・小林力(こばやし・りき)。当店のお客さまでもあり、4月
7日付けブログに感想文を記した「守護天使」の作者・上村佑の父上。
なんだかすごい。

 さて、時代小説なるものを、岡本綺堂・久生十蘭・都筑道夫しか
読んだことがない__山田風太郎はSFだと思っている__私が、感想
なぞ述べて信憑性があるものかどうか。ここは江戸ものに強い伊呂波
文庫さんに伺いたいところだが、時代小説にうとい人間が読んでも
愉しかった。門外漢が読んでさえ、資料や古地図がしっかり頭に入って
いると感じられる安定感である。

 一例を挙げれば、せっかちで強情な性格なので本名・辻をもじって
「旋風(つむじ)」とあだ名される若い(28歳!)定町廻り同心・辻喜平次
の捜査方法は、ともかく現場に急行する。そのためにはお金に糸目を
つけず、水の街・江戸の水運を活用して猪牙舟を飛ばす。猪牙舟の船宿も
駕篭屋も、ほぼ専用・専任状態である。
 奉行所のお給料だけで、どうやって賄っているのだろう? よほど
お家が内福なのかと考えていたら、これもすぐ後に答えが書かれていた。
 
 古地図を参照しながら読むと、捜査ルートが解ってもっと面白いだろう。
移動の順序はいつも、道中づけタッチで丁寧に記されている。

 時代小説ファンでなくとも愉しめるのは、連作短篇小説としての
骨子が確実であるからで、これはむしろ江戸を舞台にした警察小説と
言えよう。

 全4章から成るが、第1章でこれからの活躍が見込まれるメンバーは
全員揃い、最終章では若くして定町廻りになった経緯も明らかになる。
しかも、幼馴染の美女との恋が実るエンディングの書きっぷりが
泣かせる。
 男の「少年願望」「少年ナルシシズム」には常に、厳しい眼差しを
投げかけてきたわたくしであるが、これには素直に頷いた。鬼の目にも
急所があったか。

 どれも後味がよくヴァラエティに富む連作なので、ぜひシリーズ化を
お願いしたい。
 「朝日の記者は文章が上手い」という伝説が真実であることが、ここに
証明されている。
     (小林力 学研M文庫 07初帯)
[PR]

by byogakudo | 2007-10-28 13:35 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 10月 27日

新着欄からご紹介

e0030187_13461155.jpg










 今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄

 トップの「文明の趣味 科学知識」をご紹介。あれこれ述べ立てても
愉しさは決して伝わらないと、わかっておりますが。

 1924-1925(大正13-14年)に刊行された4種類、全6冊の雑誌を
合本にしたもの。

 *聚芳閣から出された「趣味と科學」。25年3月号、同4月号(映画号)、
同5月号。
 *技藝社刊の「技藝」、24年第8号(10月1日発行)。
 *アルスが出していた「カメラ」、25年第6巻7月号。
 *日本無線電話普及會の「無線電話」、24年11月号。

 内容は以上。どれも両表紙を外して綴じられています。付箋を
挟んでおきましたが、わかりづらい綴じ方です。総合タイトルをつけ
J(カヴァ)を作り、表紙に絵を張り込んだり、手が込んでいるのに、
この綴じ様が理解しがたい。

 扉にあたる頁はいきなり聚芳閣出版物の広告、次にやっと「趣味と
科學」3月号の目次です。次も見開き広告頁、そして目次という並びです。
「カメラ」を除いて、他の雑誌のグラヴィア頁は前の方にまとめて編集
してあります。(これで混乱する。)

 一体どういう再編集基準だったのか、わたしの想像を超えるものが
ありますが、おかしさ・ヘン度は一級です。
 「現代猟奇先端図鑑」ファンにお薦めです。一度足をお運び下さい。
チャーミングな出来なのですが、伝えようがないのです、ほんとに。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-27 13:46 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 10月 26日

セツ・モードセミナー時代

e0030187_14441017.jpg










 昨夜は愉しい夕食会。ともにセツ・モードセミナー出身の美咲歌芽句
microjournal・鈴木博美さんの初顔合わせ?がメインである。

 お二人が交々に語るセツの思い出話がうらやましい。遅刻が見つかって
セツに首を絞められそうになったと嬉しそうに話す鈴木さん、それを受けて
 「セツに肩をたたかれたり、ちょっとでも触られると、とてもあったかい
ものが感じられて嬉しいのよねえ。だからセツが顔を見せるといつも
触ってもらいたい生徒たちが群がるの」と芽句が引き継ぐ。セツって
キリストだったんだ!
 
 ふたりとも、あれが今まででいちばん幸福な時代だったという。亡くなって
8年も経つのに、長沢節はずっと愛され続けている。うつくしい生涯。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-26 13:32 | 雑録 | Comments(3)
2007年 10月 25日

早く戻ってきてね

e0030187_13193917.jpg











 ほんとは昨日書いておくべきでしたが、今日は6pmで店を閉めます。
モード・セツナー(鈴木いづみ風)、いやさ、セツ・モードセミナー系
会食会に便乗出席しますので。あしからず。

 美咲歌芽句ライヴも終了。東京日記もありますので、ご覧下さい。
美咲歌芽句公式サイト
 前回までは2週間しか滞在できず、ライヴやインタヴューを
こなして、さて反響は?というところでもう身体は九州に戻っていた。
いよいよ本格的に東京復帰の準備にかかるそうなので、そうなればもっと
ライヴの機会もふえる。早い実現を待ち望む。

 昨夜から、若いお客さまにいただいた堀江敏幸を読み出す。冒頭第一行
から語りの中に引き込まれる。吉田健一の第一行みたいな吸引力だ。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-25 13:33 | 美咲歌 芽句 | Comments(0)
2007年 10月 24日

続 昨日のはなし/「事件の核心」読了

e0030187_14581855.jpg








 昨日のラジオの話です。「大竹まことゴールデンラジオ!」
という文化放送の午後の番組で、来週水曜日(10月31日)に古本屋
特集コーナーがあり、その中に当店も含まれるそうです。

 取材依頼の電話を受けて思わず、
 「うちでいいんですか?!」
 お話を伺うと、古書現世さんやオヨヨ書林さん、八木書店のあの方にも
インタヴューということで、ますます、うちなんかで良いのだろうか?
 宣伝活動は必要なので、ありがたくお受けした。

 お師匠さんがいらしたので、久生十蘭をお譲りいただきたいとお願いする。
乱歩の文庫本(エッセイのみ)他も譲って下さるそうで、2週間後くらいに
入手できそうだ。嬉しいです。

 やっと「事件の核心」(グレアム・グリーン 新潮文庫 76年19刷)読了。
骨がらみのカトリック信仰者は、わたしの理解から遠く離れている、という
ことだけわかる。詮無いことだ。

 切実さはわかっても、身体に信仰を持たない人間には完全な理解は
及ばない。
 主人公にとって神とその創造物たる人間との関係が、いちばんの問題に
なる。人間関係や現実社会でのふるまい方はずっと下次元のことである点で、
彼は「ブライヅヘッドふたたび」のセバスチャンと同種のひとである。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-24 14:58 | 読書ノート | Comments(0)
2007年 10月 23日

ご苦労さんな一日

e0030187_18103298.jpg








e0030187_18105715.jpg









 昨夕帰るさ、またPCに不具合発生。Sとわたしは二人揃って今日も
日がな一日PCを前に過ごしましたとさ。
 なんとかなったのでしょうか? 疲れきってしまって何か書きたい
ことがあったとしても、忘却の彼方にあります。
 明日こそ、穏やかに過ごしたいものですが。

 ラジオの文化放送の方がおととい取材に見えて、10月31日に放送
されるという話もあったのですが、詳しくは明日。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-23 18:12 | 雑録 | Comments(0)
2007年 10月 22日

「事件の核心」まだ途中

e0030187_1562840.jpg








 わたくしとしたことが、グレアム・グリーン「事件の核心」(伊藤整訳
新潮文庫 76年19刷)をまだ読んでいる。まあ、速読すべき本では全く
ないのだが。

 第二次大戦中、ドイツが猛攻中だった頃。アフリカの英領植民地が
舞台であるが、風景にふさわしくない、ボンド街やジェイムズ街等と
名付けられた街の描写からして気を重くさせる、グレアム・グリーンな
世界。暗くっていい。

 現地人やアラブ系とは隔絶された狭い白人たちの社会なのに、それぞれ
小さな派閥に分かれ、表立ってはいないが諍いが感じられる。

 主人公はうだつの上がらない警察副署長。十五年の植民地勤めのおかげで
白人たちとの付き合い以外に、他民族と接触交渉せざるを得ない立場にいる。
手を汚さないではすまされない立場というのが、とても人間的である。
 彼の力の及ぶ範囲で、できるだけ公平平等に法を執行しようとすれば
するほど陰口をきかれる。これもありがちだ。そして、かなり清廉潔白な
彼がある日、小さな汚職に手を染める。
 ますます陰々滅々となりそうで、今夜も愉しみ。
[PR]

by byogakudo | 2007-10-22 15:06 | 読書ノート | Comments(0)