猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 31日

若桑みどり「マニエリスム芸術論」読了

e0030187_1736753.jpg











 連夜「蛇状人体」や「螺旋系構成」・「稲妻型深奥構図」に
まみれて読み終える。面白かった!

 論文形式を久しく読んでいなかったので取っつきが悪かった
けれど、パルミジャニーノ(第二章 四「歪んだ鏡」)辺りから
わくわくしながら読んで行ける。

 そうか、マニエリストはみんな「ミケランジェロの子どもたち」
なのか。ダ・ヴィンチに比べてミケランジェロというのは、彫刻が
苦手なのもあってピンと来なかったが、マニエリストたちの描く
痙攣し引きつり、相反する方向に引き裂かれたような人体の動きは、
ミケランジェロ彫刻の二次元化であり、画集でしか見ていないが
つるっとした体温を感じさせない皮膚の描き方など、彫刻がベース
とあれば理解できる。

 ミケランジェロやマニエリストたちが何故、15世紀までの
直立した人体や安定した構図が描けなくなったのかも、歴史状況と
絡めて解説される。ルターの宗教改革が起き、カトリック的な、
神が統べる確固たる世界像に歪みが生じた時代が16世紀であり、
やがて王権と神権とが分離した絶対王政国家に至る、狭間の時代だ。

 近代的自意識が発生する時代でもある。神は存在するけれども
神の下での安住はもはや不可能となったとき、ある者は神に
なり代わって技術をもって自然に働きかけ、世界を変容させようと
願う、錬金術の時代でもある。

 時代の揺れとひとの精神の動揺とを現す、視点がフォーカスしない
絵画や彫刻作品が写真図版で示され、説得力のある説明だが、文庫版は
ここがネック。他の画集で見たことがある作品ならいいが、初めて
見る作品では細部が判らず、苦しい。

 けれども記述の流れにいつしか身を任せ、思いをあちこちに
馳せながら、スリリングな読書を終える。イコノロジーは面白い。
フォンテーヌブロー派のイコノロジー本は、何を読めばいいだろう?

   (ちくま学芸文庫 94初)
[PR]

by byogakudo | 2008-03-31 13:12 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 03月 30日

「ねこ新聞」からのお知らせ+東京新聞の謎

e0030187_12485435.jpg








 おととし頃と先週に遇った件のねこ。もっと歓談したかった。
 ところで「ねこ新聞」からのお知らせがあります。

<NHKのBS-2で朝8時15分から15分間『ペット相談』
 という番組があり、その中の「ペットナビ」というコーナーに
 出演することになり『ねこ新聞』一家総出の撮影はもう
 終りました。
 放映は NHKのBS-2 4月8日(火)朝8時15分からです。>

 じつは当店も読者として、画面に数秒ほど(?)登場します。

 さて、東京新聞の話。
 東京新聞は東京がメインテーマだが同時に、人権問題やエコロジー
関連記事にも熱心である。

 アントニオ・ネグリ__「帝国」、読んでいません。__の来日
ドタンバ拒否事件についても3月26日前後に都合3回、かなり詳しく
報道している。外務省系がサボッていて法務省への連絡をしていなかった
ことと、張り切りもののヒール・入国管理事務所だけが仕事を忠実に
行ったこととがマッチしてこんな事態を引き起こした、と理解した。

 そんな東京新聞であるが、3月29日(土)朝刊国際面の見出しは、
何としよう。クリントン候補とペロシ下院議長とが、特別代議員の
投票行動に関して互いに批判し合っている記事の見出しが、
<特別代議員めぐり 女の戦い>である。

 どうしたんだ。原因を三つ考えてみた。
1) 本音や化けの皮がはがれた。
2) たんに無神経。(しかしこれまでは、オバマ候補とクリントン
 候補とがそれぞれ黒人と女性というマイノリティ代表であると、
 わりと好意的に伝えて来ているのに、なんでここでミスる?)
3) 本のタイトルが念頭に浮かんで、それをもじったつもり。

 正解はあるのかな? 新聞をつくる男たちの深層心理の問題
だろうか。
[PR]

by byogakudo | 2008-03-30 12:49 | 雑録 | Comments(0)
2008年 03月 29日

「ネットvs.リアルの衝突」読了

e0030187_156723.jpg











 マニュアル本でも読んでいればいいものを、何が愉しくて
PCとインターネットの史的考察本を読む? SF代わりに
読んでいるのだろうか?

 初期のPCには、ヒッピー思想の影響が強かったという記事に
驚く。
 天上の神々である政府や軍関連施設だけでなく、人民にも
コンピュータを使わせろ、とまずは技術者たちからプロメテウス的
運動が起り、最初はインテリや技術者だけの小規模使用から
全地球的な使用へと、福音書記述者の情熱で広まったそうである。

 つまり現実の政府や国家の枠組みを超えた個々人同士が
並列的につながることができる道具としての、PC牧歌時代が
あったそうな。(そんなに見知らぬ他者とつながりたい欲望を、
ひとは持つものであろうか。)

 思いもよらなかった。機械が苦手でPCに使われている意識しか
もてない人間にとっては、まさかという話だ。

 端々に黄金時代へのルサンチマンが感じられる記述であるが、
たとえばオフィスOA化に間に合わず、PCに触れる機会を逃した
人々への救済は気にならないだろうか? 福音書記述者の情熱が
あるのなら。
 新書判でそこまで筆を伸ばすスペースがなかったから?
それともPC信者以外は相手にしない、という立場であろうか。
 そこらに疑問を抱く。理想主義者の現実無視の感じも受けるし。

 また、著者がかつて雑誌に書いた、すべてのもの(TVやPCや
冷蔵庫内の食品にまで)にICタグが付き、携帯電話でチェックして
必要な買い物をすませたりする未来像なぞ悪夢としか思えないが、
本気でそれを便利と捉えているようで、つき合いづらい。
 記憶を外注して、それで余った時間を有効に使う? その手間の
方がわずらわしいと考える輩には、PCはやはり無用の長物かしら。

 否応なしに使って(使わされて)いる立場なので、どうも
共感が持ちにくいのに、なんで読んでるの?と話が戻る。
 敵を知りたいのでしょうか。

 わたしとあなたが現実の一空間で相対してしゃべる。この一瞬の
全状況をすべて情報化できる、とまで言いたいのかなあ?
 
     (佐々木俊尚 文春新書 06初帯)

 今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄
[PR]

by byogakudo | 2008-03-29 15:06 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 03月 28日

初めてのお花見(?)

e0030187_1991710.jpg











 新着欄の準備はできているので気楽に出かける。市ヶ谷下車。
靖国通りは桜並木と昼休みのサラリーマンのラッシュ。
 土手道の桜にも、そぞろ歩きの人々。みんな上を見上げて
携帯電話で写真を撮っているか、うつむいてメールしている。

 靖国神社もひとが多い。まるで昭和みたい。千鳥が淵への
遊歩道はといえば、すごい人である。Sもわたしも生まれて初めて
お花見の群衆に(一瞬だけ)参加した。金曜日でこれだから
明日明後日はどうなるだろう。義母を誘わなくて正解だった。
 カメラは2〜3人くらい、あとは全員、携帯電話で撮っている。

 内堀通り沿いのイタリア文化会館。たしか赤い外壁が景観を
壊すとか非難されていたが、赤ではなく紅殻色だ。窓枠の深緑
(ブラインドも同色か? 窓ガラスが光って判別できない)との
組合せもいい。イタリア国旗の色であり、同時に日本的でもある。
いい建物だ。

 タリーズ休憩後、古書会館へ。少し雨の気配。もう3pm過ぎだし
古書会館は軽く流して、ふたたび路地の散歩へ。
 おととし頃、ここで猫を撮ったねと言う先から、また同じ猫を
発見! 前よりもっと太っていたが、まさしくあの猫だ。
[PR]

by byogakudo | 2008-03-28 19:12 | 雑録 | Comments(0)
2008年 03月 27日

夜桜撮り

e0030187_1630658.jpg











 夕食後Sに声をかける。
 「公園の夜桜、見に行かない?」
 「行くっ!」

 あっという間に大きなカメラを肩にするS。ポケットサイズで
ついでに六号商店街までの散歩を考えていたが、まあいい。

 南台交差点近くの公園では、日当りがよいせいか満開である。
 夜風の冷たさにもめげず、ベンチにはアベック(「アヴェック」
表記はさすがに止める。若い方、「アベック」って判ります?)。
 砂場にたむろする若い人々。新たにカップルや小休憩中の
タクシー運転手も現れ、みんなぼんやりと梢を見上げる。
 そんな中、せっせとフラッシュをたいて写して行く。内蔵フラッシュ
では光量不足なのか、ときどきシャッターがおりない。

 公園から東大付属中高校脇へ、さらに六号坂入り口まで。
寒さがこたえて来て、遊歩道を通って戻る。

 今日は住まい裏手の集合住宅ルートで店に向かう。ここにも
大きな桜が二本。女性が後ろ姿を見せて、茫然と眺めている。
遠景には新宿西口の高層ビル。小西真奈の風景だった。
[PR]

by byogakudo | 2008-03-27 16:26 | 雑録 | Comments(0)
2008年 03月 26日

鳥飼否宇をもっと読みたいな・・・

e0030187_1157231.jpg








 web検索してみたら、鳥飼否宇作品がどっと出て来る。こんなに
書いていたんだ! ついでに作者本人についても見てみたら、名前
(本名も姓は同じ)通り、鳥の研究家らしい。

 お師匠さんが今度いらしたら、検索結果を覚えていてお伝え
しよう。ああ、カードがあれば全部、ネットで買ってしまうのにと、
古本屋がそんなことでどうすると叱られるだろうか。古本屋だって
自前で読みたい本もある。

 昨夜、本を捨てたら勢いがついて、今日も少し縛る。といっても
わたしは縛りが下手なので、結び目がはかない。これで古本屋と
称していいんだろうか。

 今夜も「マニエリスム芸術論」(若桑みどり ちくま学芸文庫 94初)
__まだ諦めていない__かなあ? 文庫だと肝心の図や絵が小さくて
指摘箇所がよく見えない。単行本も手に入れる?
[PR]

by byogakudo | 2008-03-26 11:57 | 雑録 | Comments(0)
2008年 03月 25日

鳥飼否宇「官能的 四つの狂気」読了

e0030187_1494130.jpg











 お師匠さんが立寄られる。早速、
「鳥飼否宇、よかったです!」「好きだと思った!」

 以下、師匠と弟子ふたりして鳥飼否宇の美点を挙げ立てる。

 ミステリをたっぷり読んでいるに違いない。でなきゃ、古風な
見立て(デジタル文字の「〒」に1ブロック加えると漢字の「干」に
なる等)や、4篇の連作短篇集の最後の章を、いわば「後始末殺人
事件」に仕立てて、いちばんの謎・物語の語り手は誰かを明かす
という構造は出て来ないだろう。

 ポルノグラフィックで皮肉な文体の巧さも目立つ。ポルノ
グラフィーの書き方で、コミカルに書く方法があるが、リズムが
あって、気持よく読んで行ける。ディクスン・カーをこの手法で
パロディにするのが、すごい。

 結論。「先が楽しみだ!」「もっと読みたい!」
          (原書房 08初帯)

 24日付けのdaily-sumusに紹介されているLIVING WITH BOOKSは
見覚えがあると思ったら、日本語版では「自宅の書棚」
(アラン・パワーズ 産調出版 00初 ハードカヴァ)ですね。
[PR]

by byogakudo | 2008-03-25 14:10 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 03月 24日

鳥飼否宇「官能的 四つの狂気」途中

e0030187_1340834.jpg











 これもお師匠さんからお借りした。
 「軽いよ」の触込みであったが、なかなかどうして、
賢いディクスン・カーへのオマージュだ。ポール・アルテ
なんぞと違い、カーのファルス的側面に注目した、おバカで
トゥイスティな本格(?)ミステリ、ここに登場。

 迷探偵役の助教授が、数学的思考から推理するが、
「安吾捕物帳」における勝海舟みたいな、当らずといえども
遠からず、とも言いがたい、やぶにらみな推理である。
 しかし、これを踏切台として事件が解決に向かうから
不思議である。何事も仮説から出発する、よい例だ。

 「官能的」のタイトル由来は、巻末に「広辞苑」の説明が
引用されているが__
<1 感覚器官の機能。また、一般に生物諸器官のはたらき。 
 2 俗に「感覚」「感官」と同意に用い、特に性的感覚をいう。>
__この2点を同時に押さえたネーミングである。

 助教授は、覗きを観察と解釈して、日夜研究に励むという
キャラクター設定。だから、いろいろ事件にぶつかり、自分が
犯人ではないことを証明するために思考を巡らすのだが、興奮すれば
するほど思考が急回転する。その結果、古風な本格ミステリ風推理が
飛び出し、それを出発点にして(?)警察が動く、という物語構造だ。
 リビドーと数学的推理の華麗なる結合の実例集である・・・?

   (原書房 08初帯)
[PR]

by byogakudo | 2008-03-24 13:40 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 03月 23日

「次世代ウェブ」他読了

e0030187_14184142.jpg











 この数日は買取本の中から漫画と文庫・新書を読んでいた。

 漫画は久しぶりの坂田靖子(坂田靖子コレクション 8・14・
15巻 潮漫画文庫 01・02初帯)。第8巻「伊平次とわらわ 二」
に出てくる化け物好きの平安貴族に、バジル氏の面影を感じる。
 第14・15巻「ビギン・ザ・ビギン 1・2」も懐かしい
ほんわりSF。どれもキュートでよかった。
 ところで、佐藤史生をずっと読んでいない。

 文庫は暮智英「犬儒派だもの」(双葉文庫 06初帯)。もっと
強面のひとかと思っていたが、まあ普通に(?)ブーマーらしい
という印象。

 新書が佐々木俊尚「次世代ウェブ グーグルの次のモデル」
(光文社新書 07初帯)。PCに弱いから、ハードSFでも読んでる
つもりになって読む。
 <B2B(法人間取引)>(p15)とあるのは、たぶん<2>はtoの
意味だろう、<B>はbusinessでいいの? 法人って英語で
何ていうのだろう?__といった塩梅。PCとその関連本では
いつも隔靴掻痒、欲求不満に陥りやすい。漠然と判るだけだ。

 インターネットの普及によって出現したウェブ・ワールドと
生身の人間社会とをくっつけて、さあ、どうやってお金を稼ぐか
の観点から読めば、経済小説とも読める。(冗談です。)
 この中に出てくる<ロングテール>商品とは、なあんだ、
当店の本のことだった。それをも売れ筋にできるのがネット社会
だそうだけれど、ママサンではない、アマゾンに参加したり
しなければ叶わぬことであろうか。

 長生きし過ぎて、ほんとのSF未来世界に生き残ってしまった。
 古本屋を止めたらPCも止めよう。迷惑メール消しに時間を
取られることもなくなり、落ちついて本に浸って余生を過ごそう。
そして、ブログ中毒の件は、どうする?
[PR]

by byogakudo | 2008-03-23 14:19 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 03月 22日

荒涼天使ライヴのお知らせ

e0030187_13544811.jpg









 春です、美咲歌芽句+荒涼天使のライヴのお知らせです。

 4月25日(金)の大久保・EARTHDOMと、5月18日(日)の
東高円寺・U.F.O.CLUBしか決まっていないが、もう少し
やらないかしら? 芽句は4月12日(土)から6月初めまで
こちらにいるということであるし。

 なお、EARTHDOMライヴにはDJとして彼女の娘・mewさんも
登場。U.F.O.CLUBは、クラブに出演したバンドの演奏を集めた
コンピレーションCDの、発売記念ライヴです。

 美咲歌芽句詩集「荒涼天使たちの夜」(思潮社 07初帯
署名入り)はあと1部、当店にも残っていますので、よろしく。

 今週の新着欄です。こちらもよろしく。一部、売切れマークが
ついていますが、アップする前に売れてしまいました。悪しからず。
 新着欄
[PR]

by byogakudo | 2008-03-22 13:55 | 美咲歌 芽句 | Comments(0)