<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

「林芙美子 巴里の恋」を読み始める

e0030187_10541864.jpg












 「不思議なミッキー・フィン」はパリのアメリカ人の物語、
こちら「林芙美子 巴里の恋__巴里の小遣ひ帳 一九三二年の日記
夫への手紙」(今川英子編 中公文庫 04初帯)は、同時代・1932年
頃のパリの日本人の話である。

 「放浪記」の印税でヨーロッパに渡った林芙美子の日記や手紙が
収録されている。1931年11月23日から、帰国後・1932年10月31日
までの記録だ。

 1) 「巴里の小遣ひ帳」は日本から持って行ったらしい黒革の手帳に
支出やメモが書かれている。パリに着いて16日目に地下鉄の回数券
(7フラン)を買い、35日目にバスの回数券<カルネ (オートビース)
6フラン>(p45)を買っている。慣れてきたのだろう。

 ただ、着くなりホームシックなのか、内外の日本人友だち・家族へ
手紙ばかり書いている印象があるが、小説を書く前のウォーミング
アップでもあろうか。

 2) 「一九三二年の日記」は31年12月22日に購入したAu Bon Marche
製の育児日記に書かれている。パリの各百貨店が年末、一斉に売り出す
きれいな家計簿や育児日記を、日記帳として用いている。

 06年3月5日付け当ブログ「Au Printemps PARIS 1937」(及び翌日)に、
土木工学士の男性が(おそらく前年にパリで買った)Au Printemps製
家計簿を日記帳として使っていることを記したが、1930年代のパリに
滞在した日本人はみんな、百貨店特製日記帳を使うのだろうか、博文館
当用日記の代りに?

 パリで林芙美子を知った森本六爾(考古学者)の日記が、芙美子の
日記の補遺として(p60~61 p64~65 p-68~70)紹介されているが、
彼の日記帳はLes Grands Magasins du Louvre製である。
[PR]

by byogakudo | 2008-07-31 11:02 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 07月 30日

「真実の問題」「浅草ミステリー傑作選」読了

e0030187_130328.jpg












 巻末の都筑道夫による解説では、ハーバート・ブリーンは
<アメリカふうな衒学と怪奇味を配した__つまりカーから
 イギリス趣味をぬいたような、不可能犯罪もの>(p275)を
書いてきたが、5作目の「真実の問題」では作風が変わった。

 このようなむしろ実録タイプが、彼の本筋であるらしいが、
お師匠さんに言わせれば、これ以来、翻訳されなくなったという。
 都筑道夫は
<探偵小説が普通の小説に近づき、普通の小説が探偵小説に
 近づいている現在[注: 1958年頃]の傾向を、よくしめして
 いる作品といえるだろう。>(p276)
という理解であるが。

 若い刑事の悩みとミステリとを結びつけて書こうとする意図は、
わからなくもないけれど、でもなんだかモタモタした印象だ。
 ふたつの異なる要素が、ぐいと一点に集中されなければ
ならないのに、フォーカスが甘くて、あまり成功した試みには
見えなかった。
   (ハーバート・ブリーン HPB 58初)

 綺堂と乱歩は結局飛ばしたまま、「浅草ミステリー傑作選」
(都筑道夫他 河出文庫 87初)読了。日影丈吉「吉備津の窯」は
やっぱり傑作だ。大川の濁りがにぶく照り映えているような
不気味さが素敵。
[PR]

by byogakudo | 2008-07-30 13:01 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 07月 29日

夏休みと秋の予定

e0030187_1314910.jpg











 「芸術新潮」8月号で知ったヴィルヘルム・ハンマースホイ
展覧会には、やっぱり行かなくては。といっても9月末からの上野
なので、その前に夏休みの計画を、どうしよう。
 
 昨日「芸術新潮」7月号が横尾忠則特集と書いたのは、6月号の
まちがいです(訂正済み)。暑いとミスがふえる。年齢的なもので
あったら怖いので、暑さのせいと思いたい。
[PR]

by byogakudo | 2008-07-29 13:14 | 雑録 | Comments(0)
2008年 07月 28日

「芸術新潮8月号北京大特集」+「真実の問題」+「浅草ミステリー傑作選」+2冊

e0030187_13122498.jpg











 「芸術新潮」6月号も、カタログレゾネ的な横尾忠則特集号で
面白かったけれど、8月号は北京特集号。但しオリンピック特集では
なく、むしろ北京の秋を懐古する姿勢である。

 表紙のカラーコントロールが、まず秋の気配を感じさせ、「横町の都」と
題する、残された胡同風景等が続く。印字までも古風なタイプが選ばれる。
 文学に描かれた北京風景の頁では、頁端があたかも三方ヤケみたいに
薄黄色に染められている。
 紙媒体での表現方法のありったけで、かつての北京への思いが綴られる
涼風号だ。

 昨夜からのブリーン「真実の問題」は半分ほど。若い警官が心ならずも
証拠のでっち上げに加担し、悩み続けている。

 悩みにつき合うのも少し飽きたので、「浅草ミステリー傑作選」
(河出文庫 87初)を併読。綺堂と乱歩を飛ばして、サトウハチロー
「六さんと俳句」から。なるほど「地下鉄サム」だ。「エンコの六」
シリーズをどこか、文庫で出してくれないかしら。

 「林芙美子随筆集」(岩波文庫 03年3刷)は読了。林芙美子は尾崎翠と
仲良しで、尾崎翠に誘われて杉並の妙法寺から落合へ越してきた。
 エッセイは読んだが、林芙美子の小説まで読んでみようと言う
気分にはなれず。

 途中まで再読したチェスタトン「木曜の男」(創元推理文庫 00年25刷)。
どちらかといえば「竒商クラブ」が読みたかったのか。ペットのイタチを
いつもポケットに入れている妙な不動産屋と樹上の家の辺りを再読したい。
[PR]

by byogakudo | 2008-07-28 13:19 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 07月 27日

「不思議なミッキー・フィン」追加+ブリーン「真実の問題」

e0030187_1412410.jpg











 エリオット・ポール「不思議なミッキー・フィン」のミッキー・
フィンとは、我が探偵小説の教養によれば、泡水クロラール入りの
ウィスキー・ソーダの筈だ。探偵に飲ませて気絶させ、その間に
悪漢どもが仕事する、と決まっていた。

 しかし「不思議な」と名乗る通り、ここではただのノックアウト・
パンチではなく、より精妙な処方による謎の薬物(しかも無害!)扱い
されている。
 (わざわざラテン語名で言われる)蛇から採れる油脂にマリファナを
加えて作る、ということになっているが、秘密めかしたご丁寧な説明から
わかるように、これは勿論ヨタ。

 植物や動物の名の後にラテン語名をつけ加えたり、古典からの引用が
ギャグとして何度も繰り返される。読んでいて何となく探偵小説の
パスティーシュみたいな気になる、ファニー・テイストなミステリだ。
   (河出書房新社新社 08初帯)

 昨日ハーバート・ブリーンを2冊、新着欄を経ずに直接、HP 02aに
入れた中の1冊「真実の問題」(HPB 58初)を読み始める(「出してから
読む!」)。ミステリというよりシリアスな普通小説風。裏表紙に
猫と一緒の著者の写真があるが、このシャム猫の名前は「タイ」。
 考え過ぎてベタな命名をしてしまったのだろうか。
[PR]

by byogakudo | 2008-07-27 14:12 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 07月 26日

E・ポール「不思議なミッキー・フィン」読了

e0030187_149272.jpg








 昨日<ボードレールのお墓参りする斎藤磯雄>と書いたのは、
<リラダンのお墓参り>の間違いです(訂正済み)。

 今週の新着欄をまず、よろしく。
 新着欄

 「不思議なミッキー・フィン」(エリオット・ポール 河出書房新社
08初帯)読了。すてきなドタバタ・風俗ミステリだ。パリのアメリカ人
たちが大騒ぎしながら、大富豪誘拐事件その他の、大小事件や問題を
解決(?)する。

 ところで当時の米国ミステリ作家には、ホイッスラーをからかう
傾向があったのではなかろうか(ヨタですから、信用しないで)。
 クレイグ・ライスのマローンものではたしか、ヘレン・ブランド・
ジャスタスが、侵入してきたギャングと闘おうとして壁のホイッスラー
「母」を振りかざすシーンがあったし、エリオット・ポールでは、
後に主人公の恋人になる西部の娘が「叔母」の額に拳銃を命中させる。

 ホイッスラーがアメリカのマサチューセッツ州生まれであると指摘されて、
 「選んでそこで生まれた訳じゃない」なんて答えるから、からかわれる
のではないかしら。
 クレイグ・ライスはシカゴ、エリオット・ポールはマサチューセッツ
生まれである。

 訳者後書きに<第二作以降の訳出も、目下鋭意準備中なので、
乞うご期待。>(p364)とある。お願い、実現して下さい。
 ミステリではない、"The Last Time I Saw Paris"もぜひ読みたいので、
強引にシリーズに入れてもらえないだろうか。
[PR]

by byogakudo | 2008-07-26 14:15 | 読書ノート | Comments(0)
2008年 07月 25日

熱下の五反田へ

e0030187_17331556.jpg











 太陽が燦々々(sun sun sun__ああ、駄洒落しか言えない)、
それでも五反田へ。いつもより早く、といっても昼前後だ。
 大した量は買わなかったが、暑くて持ち帰る元気がない。
送ってもらう。

 元版の「ピモダン館」を見つけて、これは個人用。だって
可愛いんだもん。リラダンのお墓参りする斎藤磯雄の小さな
カラー写真がある。

 五反田タリーズで涼みながら次の行動を考える。Sは高輪まで
歩いてみよう、なぞと恐ろしい提案をする。2pmの陽盛りに、
桜田通り(?)を行くなんて。断固、却下。おとなしく部屋に戻る。
 エリオット・ポール「不思議なミッキー・フィン」の続きを
読まなくっちゃ。
[PR]

by byogakudo | 2008-07-25 17:39 | 雑録 | Comments(0)
2008年 07月 24日

林芙美子+チェスタトン+スタージョン+E・ポール!

e0030187_12432048.jpg











 「林芙美子随筆集」(岩波文庫 03年3刷)中に「菊池寛氏」という
探訪記が収載されている(新聞に掲載されて後、「文学的断章」に
収められたと、後書きにある)。

<[注:菊池寛に苦手意識を感じながら赴き]
  「さて文学に対する苦心を一ツ」とも切り出せるもんじゃなし、
 文藝春秋社の社長室で、私は相変らず同行の春子氏に助力を乞うて、
 ただ先生の近くを呆(ぼ)んやりと堂々めぐりなのであった。>(p135)

<春子女史は恐れげもなく、先生の似顔を描きながら、「菊池さんは、
 金にも女にも興味がないとしたら退屈じゃありませんか」と妙な
 ことを尋ねている。私はまた自分が間抜けた訪問者であることを
 気兼なくさらけ出しながら、呆んやり春子女史と先生の話に耳を
 かたむけている風をしているのだ。>(p136)

< 競馬の話や、生命保険や美人の話が出たが、それは春子さんとの
 対話だ。>(p139)

 この<春子女史>は長谷川春子? 「菊池寛氏」の前にある
「鏑木清方氏」を見たら(飛び飛びに読んでいる)、

< 門を這入(はい)ると、並んで和洋二つの玄関があり、まず、
 どっちのベルを押してよいのか見当がつかない。そこは同行の
 女画家[長谷川]春子氏にまかせてぼんやり私はつっ立っていた。
 [略]
 出て来られた清方氏はその部屋にぴったり似合っていて、枯淡で
 渋い江戸ッ子型のひと。じっと、春子氏との対話をきいていると、
 清方氏は何もか彼も解りすぎてしまっていて、何も彼(か)も
 莫迦(ばか)々々しく見えやしないかと思えたほどであった。>(p131)

< 弟子思いの方で、春子氏のお話のなかにもそのお弟子の話が出た。>
(p132)

 女性作家と女性画家ふたりによる文化人探訪、という企画だったのか。

 チェスタトンは大昔に読んだ「木曜の男」(創元推理文庫 00年25刷)、
再読中。

 やっと「20世紀SF (2) 1950年代 初めの終わり」(ディック/
ブラッドベリ他 河出文庫 00初)を開いて、スタージョン「たとえ
世界を失っても」だけ読む。
 「奇妙な」と「ゲイの」の二つの意味をもつ言葉・queer、その両方に
当てはまる話。宇宙人と地球人の悩めるホモセクシュアル同士で共感する。

 一昨日お師匠さんがいらしてハートリー他をお返しした折、
 「もしやエリオット・ポールの『不思議なミッキー・フィン』は
お持ちでは?」とお尋ねしたら、今日暑い最中、わざわざ届けに
来て下さる。
 「先に読んでいいよ」

 なんてひどい弟子だろう。恐縮と反省しながら、でも今夜は
エリオット・ポール!
[PR]

by byogakudo | 2008-07-24 12:43 | 読書ノート | Comments(4)
2008年 07月 23日

雀百までポップス忘れず/暑中お見舞い

e0030187_16232739.jpg












Happy Together

Lola
[PR]

by byogakudo | 2008-07-23 14:18 | 雑録 | Comments(0)
2008年 07月 22日

カルヴィーノ「パロマー」読了

e0030187_13241847.jpg











 やっと読み終える。目に見える世界をひたすら見つめ(近視
なので眼鏡の助けを借りて)、世界認識に至ろうと願っては
いつも未遂するパロマー氏の物語。これで要約になっている
だろうか? 思考運動を記述して行くタイプの小説。

 浜辺で海を見ながら、ただひとつの波、プロトタイプとしての
波の形状を目撃しようというような野望を抱くのだから、認識
未遂に終わるのは当然。森羅万象、対象がなんであれ、同じ態度で
向き合い、出発点に戻る。思考の軌跡は書かれた言葉として
残るけれど。

 イタロ・カルヴィーノってSF作家かなあ? たしかに早川書房の
「海外SFノヴェルズ」シリーズに「レ・コスミコミケ」(未読)が
入っているが。

   (イタロ・カルヴィーノ 岩波文庫01初)

 昨夜からドメスティックに「林芙美子随筆集」(岩波文庫 03年3刷)。
1935年前後の落合は、
<町の中に川や丘や畑などの起伏が沢山ある>(p26)のんきな郊外だ。
[PR]

by byogakudo | 2008-07-22 13:24 | 読書ノート | Comments(2)