猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

宮ノ川顕「おとうとの木」読了

e0030187_14472065.jpg









click to enlarge.


 今朝、某氏の某作(大変、飛び跳ねている)を読んだら、その感想
ばかりが脳中を飛び交い、前に読んで何やら書こうとしていた宮ノ川顕
「おとうとの木」の感想が、どこかに行ってしまった。脳のキャパが
小さくって困る。思い出せるかなあ。

 気を取り直して。
 主人公が、両親が死んで以来、放ったらかしている生家の草刈りに
来るシーンから始まる。
< 小さな平屋建ての家は、すっかり古びてしまっていて、外壁に
 塗られた青いペンキが、乾いた魚の鱗(うろこ)のように剥(は)がれ
 掛けていた。向こうの角の雨樋(あまどい)を伝って、屋根にまで
 達しようとしている葛(くず)の葉が、太陽の光をいっぱいに受けて
 揺れている。おそらくこのまま放置しておけば、このちっぽけな家は、
 やがてその旺盛(おうせい)な繁殖力に呑(の)み込まれてしまうだろう。>
(p5)

 冒頭部でイカれた。これは、ゆっくり密やかな速度で読むべき本だ。
と思ったのも束の間、気がつけば一晩で読み終わっていた。

 「化身」で文章の巧さに驚かされた宮ノ川顕だが、こちらも凄い。
 氷山の下部が、海上に見えるより遥かに深く巨大であるように、
宮ノ川顕の筆力のゆとりが、読者を引込んで行くのだろう。
 赤ん坊のときに死んでしまった弟の魂が、生家の庭のクヌギの木に
棲みつき、兄を慕って再びこの世に人として生き直そうと試みる。
 そんな怪談が、何の不自然さも無理もなく、当然の成行きとして、
読者に受入れられる筆力だ。

 怪談好きなら絶対、お薦め。
     (角川書店 2010初 帯 J)





..... Ads by Excite .......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-31 14:39 | 読書ノート | Comments(0)
2010年 08月 30日

宮ノ川顕を読み終えたが

e0030187_13492341.jpg









click to enlarge.


 写真は、27日の散歩で。ここも古そうなお稲荷さん。

 宮ノ川顕を読み終えたが、時間切れでまた明日! すみません。





..... Ads by Excite .......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-30 13:49 | 読書ノート | Comments(0)
2010年 08月 29日

村井弦斎「酒道楽」、やっと読み終える

e0030187_11414129.jpg






click to enlarge


 写真は、一昨日の「清洲寮」。同潤会と同じ時期の建物だと、すぐ解る。
民間のアパートメントが補修しながら使われ続け、公営の同潤会アパート
メントは全滅させられた。

 たとえば、長谷川如是閑の文明批評エッセイなぞは愉しかったのに、なぜ
村井弦斎は愉しくないのだろうと、ずっと思い続け、やっと気がついた。
 ディスカッション小説と思って読んだから退屈だったのだ。いまで言う
「情報エンタテインメント」として読むべきだった。蘊蓄は、うまく小説の中に
組み込まれていないと、あんまり面白がれない質なのを忘れていた。

 手を替え品を替え、飲酒癖からの脱却の難しさが書かれているが、克己心
だけでは、アルコール中毒からの回復は叶わないと、いまの読者としては、
そう思う。

 合理的な判断で生きることが正しい生き方であると信ずる文明開化側と、
理屈では解るが、それでも酒に酔うことの魅力には勝てない野蛮な(と、
開化組から呼ばれる)生き方との対比で、話は進む。
 「スタートレック」の理性のひと=宇宙人スポック氏がアイドルだけれど、
主人公・開化組には、どうも儒教+プロテスタント臭が感じられて、感情移入
できなんだ。

     (岩波文庫 2006初 J)

 さあ、お師匠さんからお借りした宮ノ川顕の新作にかかろう。





..... Ads by Excite .......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-29 11:42 | 読書ノート | Comments(1)
2010年 08月 28日

村井弦斎「酒道楽」がなかなか終らない

e0030187_12435663.jpg






click to enlarge.


 写真は昨日の小名木川。

 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄

 ヒルトン「鎧なき騎士」にしようか、こっちにしようかで「酒道楽」
(村井弦斎 岩波文庫 06初 J)を選んだ。会話体の小説だから、
すぐ終るだろうと思っていたら、どうして、なかなかしぶとい。

 酒の害を説くのが目的の小説らしいが、明治の日本人の鯨飲・野蛮な
お酒の飲み方は、戦後もそうだったなあと、子どもの頃の大酒飲みの
宴会を覚えている九州育ちにしてみれば、身につまされる。

 いまの若い人々は、そもそも飲酒癖がないようだし、飲むにしても大虎に
なるような飲み方はしない、ということであるが、ほんとに昔の男どもは、
何であれほど無茶な飲み方をしたのだろう。マザコンと関係してるんじゃ
ないかと推測しているが。そうすると、今はマザコンが存在しないという
ことになるかしら? そんな訳ない。





..... Ads by Excite ......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-28 12:44 | 読書ノート | Comments(0)
2010年 08月 27日

夏の小石川植物園写真集 part2

e0030187_19562886.jpg










e0030187_19565071.jpg







e0030187_19571082.jpg










e0030187_19572849.jpg




click to enlarge


 暑いのになあ、Sはカメラバッグを用意している。2pm過ぎ、もうろうと
部屋を出て、神保町へ。古書会館の冷房はラッシュ時のまま。効きすぎる。
 神西清に生島遼一。渋く迫るかと思えば、草間弥生も手にしている。古本屋の
選択肢は、細い一本の蜘蛛の糸に漂う、可能性と願望の混じり合いに在る。

 小川町で休憩、森下へ行くそうだ。
 4:30pm頃の森下は、まだ熱気が充分溜まっている。小名木川と来れば、
都筑道夫「べらぼう村正」シリーズの舞台である。川沿いの遊歩道を歩くと、
西深川橋の下は、浮き橋になっている。泳いでいるネズミを見た。溺れている
のではなく、たしかにすいすいと泳いで浮き橋の下に消えた。あんまり暑かった
からだろうか?

 地名を見ると三好になる辺り。きれいな並木道が続く。短いのに、ずっと先の
方まで続いているように見える、すてきな道だ。深川資料館があった。

 日暮れ近い5:30pmの三好界隈は、高い建物がなく、光の加減で、まるで
ミニチュアの町の趣きである。きれいだ。深川って、こういうところだったのだろう。

 大江戸線清澄白河駅B1入口に向っていた時、反対側に同潤会アパートメントの
修復版かと思わせる古いビルを見つけた。「清洲寮」と太く入口に書いてある。
 いま調べたら、現役のアパートメントらしい。次回はここだ。





..... Ads by Excite ......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-27 19:58 | 雑録 | Comments(0)
2010年 08月 26日

夏の小石川植物園写真集 part1

e0030187_14401713.jpg










e0030187_1428421.jpg










e0030187_1428143.jpg










e0030187_1428235.jpg










e0030187_14292750.jpg







click to enlarge.


 ふたりで出ると、散歩という名の、決まって行軍になる或る散歩日の
帰るさ、たぶん疲れて熱に浮かされていたのだろう、Sがつぶやく、
 「隅田川と小石川植物園があれば、他に風景は要らない」とか。

 「三鷹天文台と江戸東京たてもの園が、もう少し近ければ完璧、
じゃない?」

 雄大な景色を前にすると途方に暮れる。広いところに連れ出されるや、
ともかく隅っこを目指す部屋猫みたいに。





..... Ads by Excite ......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-26 14:31 | 雑録 | Comments(0)
2010年 08月 25日

亜湖 一人舞台「××× 咳三つ」を観に行った

e0030187_12552622.jpg









click to enlarge.


 会場の新宿・シアターブラッツに向かって歩いていたら、母と娘風の
ふたりから声をかけられる、
 「あの、これからお時間がおありでしたら、シアターブラッツと
いうところで・・・」
 「あ、今そこに行こうとしてるんです」。
 演劇はすでに街路上で始まっていた!?

 会場は地下にある。老若男女合わせて100人以上入っていたのでは
ないかしら。舞台奥のスクリーンに練習風景が投影されている。
 「上演を始めます」の声とともに、シアターブラッツ近辺らしい
風景に変る。歩いている人々が逆走するのは、過去の風景であることを
示しているのか。観客側を向いて、次々に何かの/どこかの写真を撮る
人々が映される。見ることは見られることだ。

 亜湖さんも同じように、こちらを向いて写真を撮り、次いで会場へ
降りてくる様子が背後から映され、上手入口から入ろうとするシーンで
実際にドアが開き、スクリーンの中の近過去の彼女と、いま現実に現れた
亜湖さんとが、本体とその影の関係を保ちながら重なる。映画と演劇の
重なり合う流れがうつくしい。(ああ、「モレルの発明」!)

 舞台装置も衣装もシンプルだ。下手の椅子に、うすい黒いガウン様を
まとったときは、人形・シメールを拾った老人、上手の小卓側にいる
ときはガウンを脱ぎ、少年のような半ズボン姿の人形・シメールである。
シメールは、生身の亜湖さんの代弁者であるかのように振舞ったりする。
 老人とシメールが、それぞれ同じ本(あるいはアルバム)を読み上げ
ながら、舞台が続く。
 人間になろうとした人形・シメールは、老人を殺すが、何度殺しても
朝5時になると、決まって三度咳をして、老人は生返る。

 舞台と観客席頭上にも一つ、60年代調フォルムの枠型が吊るされて
いる。舞台中央のそれは、まるで鏡の枠のように見え、コクトーの
「オルフェ」でジャン・マレーがくぐり抜けた鏡を思い出す。
 この装置は、シメールにより引っ張られ、壊される。客席側の装置も
同時に落下、破壊される。

 再びスクリーンに、空漠たる原っぱ(?)にいる亜湖さんが映る。
老人/シメールが読んでいた本(アルバム)に火がつけられ、燃え上がる。
 「あなたは一体誰で、どこに行こうとしているの?」という彼女の
台詞が重なって繰返され、映画/演劇が終わる。
 スクリーンは三枚の布地でできていたのだったか、ここでも始まりと
同じく、スクリーンをかき分けて挨拶に出てくる生身の亜湖さんに、
きれいにつながる。

 生涯に数回しか演劇を見たことがない__1968年に「天井桟敷」と
「劇団駒場」、各一回。80年代に「夢の遊民社」一度、というお粗末さ。
__人間が何か言うのは、おこがましいが、演劇の直接的なライヴ性
より、映画のフィルム一皮の距離に心惹かれる質のわたしでも愉しめた
公演だった。

 うすい黒のガウンを、肩をすべらして着る亜湖さんの身ごなしの
うつくしいこと。彼女の骨がとてもいい。痩せた肩の尖った骨、うなじ
から背中への貝殻骨の見え方、あくまでも細長い肢体。それを活かした
バレエの動き。
 うつくしい女優・亜湖さんだ。

 帰りの地下鉄に向かう途中、二丁目を通る。空色の、安い着物を着た
体格のいいゲイバーのオネエサンが、煙草の自販機に行くのとすれ違う。
 オネエサンは胸を張って堂々と歩く。まるで「人生はステージよ」と
主張しているみたいに。
 最後まで演劇的な一夜であった。

     (2010年8月24日 於新宿・シアターブラッツ)





..... Ads by Excite ......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-25 12:50 | アート | Comments(0)
2010年 08月 24日

殿山泰司「三文役者の待ち時間」/吉川潮「突飛な芸人伝」読了

e0030187_13434940.jpg






click to enlarge.


 写真は入舟界隈で。古いコンクリート製なので、水漏れ箇所があり、ずっと
水滴がしたたっていた。

 殿山泰司は先週末に読み終えてたので、何を選んで書こうとして
いたんだったけ? 紙片をはさんだ頁を見ても、眼目が何だか、よく
判らない。1970年代末期に浅草にあった、殿山泰司がときどき行く
古本屋は何という古本屋で、今もあるだろうか?
     (ちくま文庫 03初 J)

 吉川潮が石倉三郎を書いた篇で、
< 東京での仕事はコマ劇場が多かった。コマは新宿歌舞伎(かぶき)
  町のまん真ん中にある。>(p84)
 「まん真ん中」であることにほっとする。「ど真ん中」でなくて。
     (新潮文庫 01初 J)





..... Ads by Excite ......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-24 13:38 | 読書ノート | Comments(0)
2010年 08月 23日

新富町〜八丁堀〜亀島川〜隅田川〜佃・月島

e0030187_14112758.jpg










e0030187_14113782.jpg










e0030187_14114762.jpg










e0030187_14115698.jpg










e0030187_1412812.jpg




click to enlarge.


 Sに合流すべく、急いでmacを眠らせて戻ったら、昨日のブログは
非公開のまま。失礼しました。

 地下鉄大江戸線・月島乗換え、有楽町線・新富町下車。小西真奈展で
行った新富町はニオウので、一度歩いてみたかった。陽盛りを過ぎてる
から大丈夫どころか、そこでは、永遠の正午みたような熱量が我々を
待っていた。

 八丁堀方向、地名で言えば入舟界隈をもっぱら歩く。大きな道はだめ
だけれど、一歩内側に入ると、路地や、かつての町の名残がある。

 ポンプ井戸だ!と叫んだら、通りがかったご夫婦が、
 「水が出ますよ」と教えて下さる。次に、白いウェスト・ハイランド・
ホワイトテリアを散歩させている女性が、
 「植木の水やりに使ってるのよ。と言っても2-3軒だけど」

 彼女は、目の前のディープな路地も教えて下さった。
 「行き止まりじゃないのよ。右に折れて、また右に曲がると通りに
出るの」
 覗いたら、赤茶色の長毛種・猫がお昼寝中。
 「猫さんに悪いから、後で探険します」
 「あら、ほんと。メリーさんは涼しいとこ、知ってるのね」
 
 ぐるっと迂回して路地に入ってみたら、まだお昼寝なので、後戻り
して散歩を続ける。1906年創業のテイラーや、大きな木造二階建て、
コンクリートの防火用水を再利用した、メダカと蓮の水槽等。
 人形町とか築地5-6丁目や、ここらとか、一続きの匂いがする。月島は
ちょっと違う、か。昔からずっと町として在り続けてきた場所の記憶が、
姿形は変わっても感じられる地域だ。

 休憩したら、熱中症気味なのが判る。水分を補給していても、こうで
ある。

 亀島川や南高橋を往復していたら、やっぱり大川に出たくなり、中央
大橋を渡る。つい最近も、義母と三人で渡らなかったっけ。佃経由月島
から地下鉄で戻る。

 佃島の高層ビル群を見ながら、ふたりで怒る。その土地に代々住んで
暮らしてきた人々と町の歴史に対して、敬意を払う気持が少しでもあれば、
コストパフォーマンスしかデータにない机上の計画で、こんな無様なモノを
建てたりはしない。
 これも「キボノ組」のしでかしたことだ。政治屋と役人と民間企業とが
手を組み、法律を変えてしまえば、堂々と、恥ずかしい行為だって、やって
のけられる。死んだら怨霊になって、町を殺す連中に祟ろうっと。





..... Ads by Excite ......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-23 14:15 | 雑録 | Comments(0)
2010年 08月 22日

失礼ッ!

e0030187_14324888.jpg









click to enlarge


 ごそごそ用事を済ませて、書こうとしてたらSから電話、
 「行かないのー?」

 ということで、行って参ります。





..... Ads by Excite ......
[PR]

by byogakudo | 2010-08-22 14:32 | 雑録 | Comments(0)