猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 31日

(2)グレアム・グリーン「ここは戦場だ」読了

e0030187_1443496.jpg






click to enlarge.


 写真は、東武伊勢崎線車内から見た隅田川。


~10月27日より続く

 共通の一点で結びつく多数の人々を描く形式が、アルトマン作品を
思い出させた。

 政治集会の折り、妻を守るつもりで警官を刺殺してしまった男に、
死刑判決が下される。
 元バス運転手の死刑囚、その妻、マッチ工場で働く妻の妹、労働者
階級に生まれたが、肉体労働より頭脳労働にふさわしい知力をもち、
プチブルに近づけそうだが、階級の壁に阻まれている不安定な男は、
死刑囚の弟である。彼らを一塊に見るとしよう。

 元バス運転手を捕まえた警察側に警視副総監、ニュースを伝える
ジャーナリストはスパイでもあるようだが、どこに誰に所属しているか、
二重スパイ性充分な男であり、政治思想はリベラルだが生活はブルジョア
階級そのものである人々も、死刑囚の一家と、それぞれに関わりを持つ。

 たとえばリベラルなブルジョア男は、集会で会ったマッチ工場で働く
娘と関係をもつが、彼女は1960年代だったらクリスティン・キーラー
になっていたかもしれない。

 原作は1934年刊。労働運動の勃興に拮抗するかのように、厳として
存在するイギリスの階級制度。この枠組みの中で、生きることの根源的な
悲惨さが、あざやかにスケッチされる。

 警視副総監は、自家の家政婦を見ながら思う。
<大ざっぱに言えば、愛とか、頑固さとか、孤独とか、あるいは更に
 絶望とかいうもの。人間は孤独になればなるほど、じぶんの仕事に
 熱中する。それだけが、少なくとも間違いではない唯一の行為なの
 だし、政府がどんなに政策を改めようと、他人が心変りしようと、
 絶対確実な人間的価値なのだ。>(p104~105)

 裁判(ジャスティス)は正義(ジャスティス)を保証(ジャスティファイ)
するものではないと、いつも自分に言い聞かせている副総監は、警察の
職分に逃れ、自らの生を全うしようとするが、政治的な圧力からも、自暴
自棄になった死刑囚の弟の狙撃からも、自由ではない。
 狙撃を免れ、他の事件の解決につながる見落とし箇所を見つけて、やっと
生の圧力から一時的に解放されたところで、物語が終る。

 暗くて情熱的ですてきだ。
 
     (書肆パトリア 58初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-31 14:43 | 読書ノート | Comments(0)
2010年 10月 30日

石渡鵞遊 展「十二支をかく」

e0030187_1319728.jpg






click to enlarge


 嵐だ。臨時休業しかないだろうと思って、昨夜は今週の新着欄を
上げて帰ったが、メールチェックという名目で、しょうこりもなく店に
来る。さすがにワゴン出しはしない。もっぱら通信販売関連の雑用を
するだけ。早めに戻らなきゃ・・・。

 新着欄

 告知が遅れてしまいましたが、今日・明日と西荻窪の古い洋館付き
和風住宅・一欅庵にて、石渡鵞遊 展「十二支をかく」が開催されます。

 登録有形文化財 一欅庵
 杉並区 松庵 2-8-22
 10時〜18時(入場無料)

 石渡鵞遊さんとは、杉並たてもの応援団メンバーにしてブログ
「やっぱりモダニズムが好き!」の筆者。古い建物を愛し、深く理解
されている方です。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-30 13:19 | 告知 | Comments(0)
2010年 10月 29日

京島〜押上〜隅田川

e0030187_20131887.jpg






click to enlarge


 數年前から気になっていた京島に、地下鉄大江戸線・西新宿五丁目から
行くには・・・上野御徒町まで行って、銀座線に乗り換え、浅草まで。そこで
東武伊勢崎線に乗り換え、曳舟下車。これがたぶん最短ルートであろうと昨夜
思い、今日、実行。
 大川を電車で渡るってことをしてみたかった。

 だが、東武伊勢崎線・浅草駅に向う途中、浅草地下街に引っかかる。
揚げ油のにおいがしみついた地下街だ。Sに撮ってもらっていたら、
指圧院の年配男性から、「汚くって有名な地下街なんですよ」と。
 「あのー、うっとりします」

 川を渡り、曳舟で降りる。駅周辺は再開発真っ最中。月島と同じく、
超高層ビルがすでに建っている。だから規制緩和は大間違いだって、
言ってるでしょ!

 踏切を越すと京島三丁目。もうちょっと陽射しがあればなあ。なんだか
ノレない。外猫に遇ったりしてるうちに散歩気分が出てくる。
 京島二丁目は、しかし、どこに在るのだろう? 年配男性にお尋ねすると、
 「向う川岸が二丁目ですよ」

 さっき渡った道路(たから通り?)は、むかし川だったのかしら? 三丁目の
方が散歩コースとしては好もしかったが、キラキラ橘商店街にぶつかった。
 かなり長い商店街を半分だけ歩く。神社の脇だったかの公園で休んで
いたら、年配女性から声をかけられた。
 「あのね、年のせいだか、計算が解らなくなっちゃったんだけど・・・」

 八百屋で松茸が4本2000円、沢庵1本900円を買って五千円札を
出し、2100円のおつりをもらったが、松茸は国産ではないと気づいて
沢庵と一緒に返品したら、おつりを返せと言われて2100円を渡した
そうである。
 「そりゃ、『時蕎麦』でしょ?!」(彼女の側から聞く限りでは。)

 歩いていると地名は文花や押上に変る。十間橋通り沿いに古い
昭和戦前のカフェ風窓の、蕎麦屋兼カフェ・天真庵を見つけて
休憩。
 コーヒーもチーズケーキも結構。もうちょいさり気ない演出だったら、
と思う。

 押上から電車に乗るつもりが、北十間川沿いに吾妻橋まで歩き、
夏場は暑くて歩けなかった隅田川テラス・東岸を厩箸まで。
 鳶の鳴き声を聞き、大川に身を乗り出すブルドッグに遇った。
気持ちはわかる。

 蔵前から大江戸線で戻る。4時間は歩いただろう。満足。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-29 20:13 | 雑録 | Comments(0)
2010年 10月 28日

一日中雨降り

e0030187_13572228.jpg









click to enlarge.


 雨なのに、お客さまが来てくださる。4時間、独演会をして
帰られた。お互い、お疲れさまです。

 店内は寒くて暖房しているが、Sは蚊にくわれた!





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-28 13:57 | 雑録 | Comments(0)
2010年 10月 27日

(1)グレアム・グリーン「ここは戦場だ」1/3

e0030187_13232285.jpg






click to enlarge.


 20世紀の小説と映画の呼応関係がここでも見られる。
 オフィスより現場を好むヤードの警視副総監が、実労働と縁のない
大臣秘書を刑務所に案内する車内の描写は、そのまま映画の一シーン
である。

 車窓をよぎる風景__閉店時刻のおしゃれな服飾店、夕靄、テムズの
船やはしけと舞い上がる鴎、街並がだんだんうらぶれて来て古着屋・
公衆便所・夜学校が続く__の合間に、大臣秘書の空疎でエレガントな
おしゃべりが差し挟まれる。(p15)

 映画であれば、車内のふたりに続き、車外を流れる風景や人びとを
映しながら時々、オフで秘書の声がインサートされるだろう。

 神経をひりひり・びりびりさせて疾走するタッチだ。読みながら
60年代に録音されたグレン・グールドのベートーヴェンが聴こえて
くるような。

     (書肆パトリア 58初 J)

10月31日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-27 13:23 | 読書ノート | Comments(0)
2010年 10月 26日

矢野誠一「志ん生のいる風景」読了

e0030187_12205757.jpg









click to enlarge.



 『第6章 父と子』に惹かれた。長男・金原亭馬生との関係は、
エディプス物語と言えよう。

 落語家としての志ん生の偉大さは十二分に認めるが、家庭を守る
責任者としては全く失格している父親に対する、不遇な長男の屈託が、
よくよく理解できる。

 父は史実や実際よりも、嘘であっても落語としての面白さを採る。
息子は、それを解った上で、詩的真実よりも厳密さをやはり選んでしまう。
そこが哀しい。特に長男という立場にあれば、異なるパーソナリティを
打立てなければ、私が私であることを証明し辛い。次男になると気楽
であるが。

 今はほとんど皆、ひとりっこの長男あるいは長女ばかりだから、
こういう難しさは解りにくいかもしれないが、親が神のように公平な
眼差しで子どもたちを見つめるかといったら大間違いで、親もまた
弱点や欠点の多い人間なので、好きな子ども、あまりそうじゃない
子どもに分かれる。
 子どもを殺してしまう最近の若い親とは、また違う、近代の日本の
家族の問題でもある。
     (文春文庫 87初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-26 12:08 | 読書ノート | Comments(0)
2010年 10月 25日

カーター・ブラウン「墓を掘れ!」読了/矢野誠一「志ん生のいる風景」半分弱

e0030187_14332884.jpg









click to enlarge.


 予想通り愉しく読み飛ばせた「墓を掘れ!」(カーター・ブラウン
HPB 67年3版)だが、奥付の書込みは知ってたけれど、ボールペンの
赤線引きに気づいていなかった。手抜かり。11箇所あった。

 最初の方は、秀逸とかつての所有者が考えるフレーズに赤線が引いて
あるが__たとえば<とたんにイレイン・カーズンの冷たさがおれの
脳ミソのなかへしみこんで、おれの赤血球は、そのまま血液銀行へ
もっていけるくらい、急速に冷たくなっちまった。>(p15下段)__、
だんだん話の面白さに引きずられてだと思う、後半、線引きがなくなる。

 「志ん生のいる風景」(矢野誠一 文春文庫 87初 J)、こちらは
ジャケット袖が本体に添付されていた。おまけに袖口に、何の跡だか
くっついている。帯も糊付したが破れて糊面だけ残ったのだろうか?

 むかし読んだような気もするけれど、だとしても、しっかり忘れて
いるからかまわない。円生と志ん生との肌合いの悪さなぞが、明確に
書かれている。印象批評ではなく、落語と演劇に於ける「間」の違いを
検討したり、具体的な描写で、志ん生の肖像を描こうとしているようだ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-25 14:29 | 読書ノート | Comments(0)
2010年 10月 24日

2011年度版 microjournal カレンダー!

e0030187_17425855.jpg









e0030187_1743949.jpg



click to enlarge.


 当店にも2011年度版 microjournal カレンダーが入荷いたしました。
かっこいいコラージュが毎月楽しめます。ぜひ!







..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-24 17:44 | 告知 | Comments(0)
2010年 10月 24日

クリストファ・ブッシュ「チューダー女王の事件」やっと読み終える

e0030187_16331162.jpg









click to enlarge.


 やれやれ。本があと五分の一で終わる辺りで、警察的には未解決・
棚上げした事件とされ、世間的には、
<[略]戴冠式のはなばなしさや、それにともなう行事の数日があった
 ので、急速に忘れられてしまった。>(p227)
 1938年刊行の本だから戴冠式というと、長谷川如是閑が行った
ジョージ6世のときか。

 そこから、ようやく解決への道筋が動き出す。ここまでは推理の
ためのデータだったらしい。私立探偵が名探偵だったことが今頃に
なって明らかになる・・・。

 被害者以外のどの登場人物も、公平中立、思い入れのない書きっ
ぷりで、だから読んでいて、ちっとも面白がれなかったのであるが、
一見さり気なく挟まれた一行に引っかかり、たぶん彼が犯人でしょと
思って読んで行ったら、まさにその通りで、これにもがっかりした。

 いちおう読んだので、読んだことだけ覚えて、あとは忘れよう。
     (創元推理文庫 60再 帯)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-24 16:30 | 読書ノート | Comments(0)
2010年 10月 23日

クリストファ・ブッシュ「チューダー女王の事件」半分強

e0030187_156443.jpg






click to enlarge.


 まず今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄
 先週はアップした後、図録と画集を各一冊、追加しましたので、よかったら
ご確認ください。

 おととい辺りから読んでいるクリストファ・ブッシュ「チューダー女王の事件」
(創元推理文庫 60再 帯)__値下げしてから慌てて読み出した__、半分は
過ぎたのに、ちっとも面白く感じられないのは、本格ミステリファンでは
ないことの動かぬ証拠だろう。

 警部と私立探偵とがそれぞれ腹を割らずに推理を進めている様子だが、
話は進行しているのだろうか? そこからして心もとない。最後まで読めば
女優と侍僕の死体が自殺か他殺か解るから、読んで行くしかないけれど、
どう面白いのかはピンと来ないまま終りそうで、やや不安にも思う。
 昔の探偵小説とつき合うのは、ときどき持久戦になる。仕方ない。今夜中に
読み終えて、昨日買ったカーター・ブラウンでも読み飛ばそう。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2010-10-23 15:06 | 読書ノート | Comments(0)