<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 29日

J・A・ジャンス「復讐の女神の裁き」を読み始める

e0030187_12173248.jpg









click to enlarge


 昨日の「東京自転車日記」は、2000初の新潮文庫だった。
 ちょっと引用したい箇所(ただの空き地を放ったらかしておいて
くれないで、すぐ緑地化・公園化しようとする動きに対する、ため息を
つきながらの静かな抗議)があったのに、今日も持って来なかった。

 「復讐の女神の裁き」は名前がアルファベットだけなので、たぶん
女性ミステリ作家だろうと後書きを読んだら、その通りだったが、
ミステリ作家になる経緯がサスペンス小説みたいだ。

< ある夜、車が故障して、夫がヒッチハイクで帰宅した。乗せて
 くれた車の男はジャンスと子供のことをあれこれと聞き出そうとした
 という。翌日、道の向いの家の若い主婦がレイプされて殺されている
 のが見つかった。生き残った二人の子供の証言と夫のスケッチから、
 前夜の車の男が犯人らしいとわかった。数日のうちに、さらに二人の
 女性が殺された。そしてジャンスの家の回りには毎朝あやしいブーツの
 足跡が残されるようになった。犯人がやっと捕えられるまで、ジャンスは
 腰にピストルをくくりつけて家事をした。>(p380)

     (教養文庫 91初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-09-29 12:17 | 読書ノート | Comments(0)
2011年 09月 28日

泉麻人「東京自転車日記」読了

e0030187_13265080.jpg






click to enlarge


 中落合に生まれ育ち、成田西に引っ越した泉麻人が、住まいのある場所を
阿佐ヶ谷近くと言わず、浜田山近くと言ってしまうのが、山の手の東京に
育ったひとらしく、いじらしい。たしかに中央線沿線は地方出身者に占拠
された、と言ってもよい地帯なので、小さな違いを求める気持ちは、地方
出身者にもわかる。東京っ子の秘かな意地であろう。
 (田舎町から亡命してきて、ごめんなさいね。)

 まだ東京がコンクリートやアスファルトに覆い尽くされない頃に
子ども時代を過ごした昆虫採集家だったり、幼いときから放浪傾向が
あったりする、山の手少年日記だった。

 大阪出身の I 青年が井の頭公園が良かったと言っていた。関西を知ら
ないせいもあるけれど、当り前の景色だと思っていたので不思議な気が
するが、東京はじつは今でも緑が多い土地柄なのだろう。

 文庫本で読んだが部屋に忘れて来たので、データなし。
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-09-28 13:12 | 読書ノート | Comments(0)
2011年 09月 27日

復帰前後

e0030187_162644.jpg









click to enlarge


 9月24日にどうやら店を再開。どたばたしながらも必要な期間
なので、悠然と休んでいたつもりだったが、内心気にしていたようだ。
 23日朝方の夢に、伊呂波文庫さんが出てきた。
 「ねえ、そろそろ始めたら?」と、夢の中で言われる。

 店を開けたら早速、ひさしぶりに、たむらまさきキャメラマンが
いらした。お顔と名前を一致させるまでに5分かかる。お客さまの顔の
認識に手間取るのは、変っていなかった。それにしてもひどいけれど。
 この日は、もうお一方、なじみのお客さまが来て下さる。

 近所の I 青年が昨日いらして、今日はひさしぶりのK夫人。皆さまに
お目にかかれて嬉しい。

 慌ただしくて、あまり本が読めなかった約2週間だ。
 日影丈吉「夜は楽しむもの」、ベロック・ローンズ「下宿人」、
ドロシイ・ヒューズ「デリケイト・エイプ」などを読了。感想は
覚えていないという、ていたらく。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-09-27 16:26 | 雑録 | Comments(0)
2011年 09月 25日

échelle、続く

e0030187_15454149.jpg









click to enlarge


 échelle・小冊子にテクストを寄せて下さった鈴木創士氏が
彼の9月20日付けツィッターに、余波のような文章を書かれて
いたので引用する。

<Echelleという香水のためのテキストを書いたら、誰も昇らない
 梯子の辺りに漂うなんともいえない仄かな香りが、時間の底に
 落ちていく稲妻に貫かれた震えのように前頭葉をしゅわしゅわ
 させた。昨日山に行くと深い霧が出ていて、二次元と三次元が
 微かに振動していた。曖昧な時間というやつだった。>





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2011-09-25 15:46 | 告知 | Comments(0)
2011年 09月 24日

échelle を販売いたします

e0030187_1204597.jpg















 échelle という名の香水を販売いたします。

 香り・小冊子制作 : l-ange cie.+l-esplanade inc.
 小冊子・テクスト:  so-si suzuki
 小冊子・フォト :  nao sugita
 販売:        古書 猫額洞
 価格:        ¥7000(+送料¥700)

 7ml.eの香水壜はスモークグリーン彩の昭和製、技法は
半人工五面研磨、いまはもう製造不可能な、目薬タイプの
ガラス壜です。
 
 レジで香りのテイスティングができます。お申しつけ下さい。
男女どちらにもふさわしい香りです。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-09-24 11:49 | 告知 | Comments(0)
2011年 09月 20日

長引きます

e0030187_1712648.jpg









click to enlarge


 すみません、やはり臨時休業が長引きます。
 9月23日(金曜日)まで、お休みさせていただきます。
よろしくお願い申上げます。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2011-09-20 17:14 | 告知 | Comments(0)
2011年 09月 14日

長引くかも

e0030187_15395287.jpg









click to enlarge


 用事が片づかない。片づくのだろうか。不安と焦りに襲われる。
わたしは、パニックなら任せて!体質だ。

 臨時休業を延長する可能性を感じる。いやはや、やれやれ。古本屋に
復帰できるのだろうか。今からそんなことを想像したって無意味なのだ
けれど、我と我が身にストレスを覆いかぶせるのも得意技。しょうがない
なあ。

 早く日常に戻りたい。人気(ひとけ)のない店内で、Sとふたり、ぼやきながら
一日を終え、夜は、うだうだと寝床で本を読む。そんな退屈な毎日に焦れる。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-09-14 15:40 | 雑録 | Comments(0)
2011年 09月 10日

9月11日(日)〜20日(火)お休みいたします

e0030187_1543790.jpg









click to enlarge


 ホームページにも大きな文字で記しておりますが、
明日9月11日(日)〜20日(火)まで、私用につき臨時休業
申上げます(古本屋に公用はありませんが)。

 店売り・通信販売、ともにお休みです。ご連絡を頂きましても
ご返事は21日(水)以降になります。あしからずご了承下さい。

 ブログもお休みですが、こちらは耐えかねて店に書きにくる
かもしれません(中毒ですので)。

 それでは、どうぞよろしくお願い申上げます。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-09-10 15:13 | 告知 | Comments(0)
2011年 09月 08日

望月典子嬢

e0030187_18375359.jpg









click to enlarge


 2010年2月2日に92歳で亡くなられた、松竹少女歌劇の望月典子嬢
のお話を、彼女のお嫁さんに当る方がわざわざ来て下さって伺うことが
できた。

 日本舞踊や邦楽の家庭に育った望月典子嬢は、小学校を卒業した13歳
くらいで松竹少女歌劇入団、洋楽・洋舞を習い、ラインダンスもやられた
ようだが、少女歌劇のストライキ後、大部屋よりちょっと上の待遇で松竹
映画に入る。17歳頃である。

 大船撮影所で時代劇に何本か出演。そこで鼓の音入れに来た美声年と
知り合い、結婚された。美少女・19歳、美声年(むき卵のようなツルッ
とした色白の青年)・25歳のときである。

 結婚後の望月典子嬢はすべての芸事を止め、家庭の主婦として生きて
来られた。
 「女の子には自立できるよう、それぞれ習わせましたよ、洋裁・
和裁・編み物ってね」と仰っていたが、ご自身も洋裁を習いに行き、
和裁や編み物はテキスト片手に独習されたそうである。

 浴衣の縫い方は本を見ながらほどいて縫い方を覚え、ご主人のお仕事に
使う浴衣も、反物で来た浴衣地を断ち、1-2日で縫い上げる。4人の
子どもを育てながらだ。

 最後まで基本は自炊だった。ご自分の歯が20本以上残っていたそうで、
朝食メニューを教えていただいた。
 トマト1/2(毎日) チーズ(これはないときもある) レモンと
蜂蜜を入れた紅茶 ゆで卵(これも毎日) そしてバゲット!

 お寿司屋さんでも大好きなアワビや赤貝を頼んで、板前氏から大丈夫
だろうかと心配されていたそうだが、じつは20本。平気に決まってる。

 お昼は軽く、夜は晩酌をなさる(少量のイイチコのお湯割り)ので、
ぬたや煮物、酒の肴を作って召し上がる。さすがに揚げ物は怖いので
お二階からお嫁さんが作って持って来られたそうだが、料理も入浴も
亡くなられる前日まで、ひとりでされていた。

 深川不動尊を信心していらした。毎月28日にお参りされていたが、
10年ほど前お不動さんで倒れ、救急車で運ばれて以来、月参りはお嫁さん
の代参になった。

 昭和59(1984)年3月1日に最愛のご主人を亡くされる。2010年3月の
27回忌を目前に望月典子嬢も亡くなり、彼女のお葬式と彼の27回忌は、
一緒に3月に執り行われた。
 彼女の死後、数日して、居間の壁にかかっていたご主人のモノクローム
写真(鏡獅子で鼓を打っている)がバーンと落ちてガラスが割れたのは、
彼女と彼が再会したことを伝えたのではないかと、お嫁さんとお話しした。

 二階に住われるお嫁さんのご主人も鼓をやられる。その息子さんは跡を
継がれなかったが、娘さんが今、鼓をやっていらっしゃる。芸事の血が
こうやって繋がって行くのを伺うのは、とてもすてきだ。

 望月典子嬢がご主人やご家族と住んでいらしたお家は昭和26(1951)
年に建てた築60年の木造家屋である。彼女の遺言は、できるだけこの
ままで持ち続けて欲しいということだ。

 古い木造を維持するだけでも大変だが、ここでも、すてきなことに
本物の職人が見つかった。代を重ねた大工さんたちである。
 お庭の藤棚もそのまま、土台からやり直し、天井のあくを洗い、左官屋
さんが壁を塗り直し、できるだけの現状保存を心がけて補修改築をされて
いるから手間ひまがかかる。7ヶ月がかりで少しずつ、お家の手直しが進む。

 芸事の歴史と職人技の歴史とが、いまの東京でも続いているのだ。
すばらしいとしか言いようがない。お話をして下さったお嫁さんに感謝です!





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-09-08 18:29 | 望月典子・松竹少女歌劇団員 | Comments(0)
2011年 09月 07日

パット・マガー「被害者を探せ」読了/ベロック・ローンズ「下宿人」1/3

e0030187_15585659.jpg






click to enlarge


 ええと、パット・マガー「被害者を探せ」(HPB 55年)は無事、読了。

 暇な海兵隊員たちは被害者当てにお金を賭けているので、真剣に
推理する。団体内部の犯罪なので、人間関係のもつれが原因だろうと、
心理学的にアプローチしたり、知恵を絞って正解に達する。
 構成の面白さ、一癖ある団体員の描かれ方などを楽しむミステリだろう。

 ヒレア・ベロック(相変わらず名前だけ知ってる。いまチェックしたら、
翻訳が出ていた。)の姉、マリー・ベロック・ローンズの「下宿人」は、
ジャック・ザ・リッパーもの。ゆるやかな展開が感じいい。
 ヒッチコックが監督した、ガラスの天井/床のシーンのある映画の原作
だと、これも『ヒッチコック映画術」で読み覚えがあるだけ。見ていない。
     (HPB 54年)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-09-07 15:59 | 読書ノート | Comments(0)