猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 29日

サラ・コードウェル「黄泉(よみ)の国へまっしぐら」読了

e0030187_13131584.jpg









click to enlarge


 今年も古本屋であり続けられました。皆さまのおかげです。
どうもありがとうございます。
 来年もよろしくお願い申上げます。

 なお冬休みは、明日・12月30日(金)から1月3日(火)までです。


 分量的にそろそろ謎解き解決が始まりそうなころになっても、
読者を焦らすかのように、或いは謎解きはさらっとやるのが美的
ではないかという作者の姿勢であるのか、テイマー教授による、
ギリシャはコルフ島での美術家チーム対作家チームのクリケット
観戦記がかなり詳しく綴られる。

 読んでいて、大昔、女学校のころ一度だけやった、ソフトボール・
ゲームを思い出した。

 なにしろ運動神経に問題のある人が多い。ひとクラスを半分に分け、
普通程度の運動神経の持ち主をピッチャーとキャッチャーに配分したら、
残りは悲惨なものである。

 一回表、打者は一球もバットが振れずアウトになるか、少しでもボールに
当り、ピッチャーとキャッチャーの守備範囲をちょっとでも外れたら、もう誰も
捕れない。のろのろした走りでもセーフになる。なかなか攻撃が終わらない。
 裏も同じ展開。やってる方もうんざりだが、もし見ている人がいたら、あきれて
物も言えなかっただろう。

 (それから數年、山口冨士夫さんたちとゲームコーナーみたようなところで、
女ふたりがクレー射撃をやってみると、二人とも見事に当たらない。軌道を
大きく外れた空間に発砲する。
 「君らには運動神経ってものがないのか!」と、山口氏はあきれ果てたが、
ないんだもの。しかたない。)

 ソフトボールはそれでも六回までやったのか。バスケットボールの点数と
しか思えない乱打戦が終わった。

 コルフ島のクリケットもそんなゲーム展開で、その後やっと事件が解決する。
大変イギリス的なミステリ。

     (HPB 1986初 帯)


 今年はあまり本が読めなかった。逃げようのない、わたしという個体の死後も
続く悲惨な現実に取り巻かれていると、「ズラカル」を基本姿勢とする奴でも、
本に没入できない時間が多かった。

 原子力発電所だらけのフランスで、知識人たちはどんなロジックでそれを
肯定しているのだろう? 知識人は反対者ばかりだが、少数派なのだろうか。
 地震国で原発を止めようと望むのが、まともな神経だが、権力は、いつか
我が身に降りかかる災いをものともせず、原子力偏愛を病的に貫こうとして
いる。巻き添えは御免である。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-12-29 13:13 | 読書ノート | Comments(0)
2011年 12月 28日

むかしむかし

e0030187_17181325.jpg









click to enlarge


 「S君、いますか? むかし一緒にバンドをやっていたBと言います」
 「もうすぐ来ます。あたし、『リゾート』の頃会っているCです。
覚えてます?」
 「えっ!」

 Sも来て、70年代・若い衆の再会場面である。時空が混乱する。
みんな、記憶に脱落・乱丁が多いので。
 よくぞ皆さん生き延びてる。死者も多いけれど、ヨレてなおかつ
生存中である。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-12-28 17:18 | 雑録 | Comments(0)
2011年 12月 27日

サラ・コードウェル「黄泉(よみ)の国へまっしぐら」もう少し

e0030187_13332849.jpg






click to enlarge


 写真は大銀杏の家。銀杏は葉が全部落ち、箒になって
そびえ立ち、黄色い葉っぱが屋根に降り積もっている。

 チェスタトン編の短篇ミステリ集も一緒に読み出したので、
サラ・コードウェルがなかなか終わらない。

 歴史学者・テイマー教授と仲の良い、若い弁護士たちとの
会話がペダンティックでおかしい。

 休暇前に仕事を片づけようと焦る女性弁護士が、臨時雇いの
タイピストのミスに悩まされる。
 口述筆記ではなく、原稿をコピーするだけのことなのに、
アール五世が、アール四世のSUN(SON)でAIR(HEIR)であると
いうタイプミスが出てくる。これに対してテイマー教授は、

< それは本文批評(種々の本文を考証して、正しい原典を見出そう
 とする研究)の学生には、口述内在として知られている現象の一例
 なのだと私は説明した。コピーしている人間は、原文の言葉を頭の
 中で繰り返しながら、目にしたとおりにというより、耳で聞いている
 つもりでコピーしていくものであり、それが多くの誤りを生みだす原因
 なのである。>(p111)

 また、肝心な一節が抜かされてしまったのは、
<[略]とばした節の最初の六語ほどが、そのあとに続く節と同じ
 言葉で始まっている[略]>ので、
<初めてそれをコピーするタイピストは、草稿に目を戻す時、つい
 あとに続くほうを見てしまったのだろう。数行あとに再びでてくる 
 同じ語句が彼女の目を捉えたに違いない。そしてあいだにある
 部分は抜かして、その箇所から続けてしまったものと思われる。
  「これはね」と私は言った。「重字脱落として知られる誤りの一例
 だよ__古代や中世のものの写本のさいに、多くの誤りを生みだす
 原因なんだ。[略]」>(p114)

 この発言のせいで、当然、女性弁護士は更にヒステリックになり、
タイピストも怒って出て行ってしまう。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-12-27 13:27 | 読書ノート | Comments(0)
2011年 12月 25日

聖夜・・・

e0030187_1345449.jpg










e0030187_135519.jpg










e0030187_1351847.jpg







e0030187_1353953.jpg










e0030187_13394412.jpg







e0030187_1355939.jpg







click to enlarge


 人のしでかしたことは人が能う限りの始末をするしかない。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2011-12-25 13:09 | 雑録 | Comments(0)
2011年 12月 24日

サラ・コードウェル「黄泉(よみ)の国へまっしぐら」1/4

e0030187_1240292.jpg









click to enlarge


 写真は、高円寺カトリック教会の岩窟の聖母。

 下宿屋文学の大家・宇野浩二__女クリスチャンの経営する
下宿にいる友人を訪ねると、正午に教会の鐘の代りに半鐘が鳴る
なんてところ、滑稽小説の面目躍如たるものがある。__の興奮も
覚めやらぬまま突入したサラ・コードウェル「黄泉(よみ)の国へ
まっしぐら」、いきなりイギリスの遺産相続法のあれこれが出てきて、
目を白黒させる。
 日本の法律だって訳が解らないのに、イギリスのそれでは、困惑する。
読み飛ばせばいいのに、ついつき合って読んで消化不良している。


 今年最後の新着欄です、よろしく。
 新着欄 
 新年の新着欄は、たぶん1月7日になります。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-12-24 12:40 | 読書ノート | Comments(0)
2011年 12月 22日

(2)宇野浩二「苦の世界」読了

e0030187_12593213.jpg






click to enlarge


~12月21日より続く

 面白かった! けらけら笑いながら読み終える。
 2007年2月25~27日にも書いているが、『日本下宿屋文学
選集』を編むなら、絶対落とせない作家が宇野浩二だ。
 どこかで「夢みる部屋」も文庫で出してくれないかなあ。あれも
名作だった。

 宇野浩二は「ボートの三人男」を読んでいただろうか?
 津田沼の知合いを訪ねて道に迷い、火薬庫の番人と会話する
場面で「ボートの三人男」を思い出したのだが。

 「トリストラム・シャンディ」も読んだ方がいいかしら?

     (岩波文庫 2001年 18刷 J)


(1)宇野浩二「苦の世界」
(2)宇野浩二「苦の世界」





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-12-22 13:00 | 読書ノート | Comments(0)
2011年 12月 21日

(1)宇野浩二「苦の世界」1/2

e0030187_1316532.jpg






click to enlarge


 松井今朝子・短編集を半分読んだところで、宇野浩二「苦の世界」を
買ってしまったものだから、ついこっちを読みふける。どちらもタイプは
違うが名人芸。

 先日眺めた「別冊太陽」木村伊兵衛の写真に、赤門にもたれた(門の陰
から覗き見してるようにも見える)ハットにインヴァネス、ケイン姿の宇野
浩二の肖像があり、そのいかがわしさ・うさんくささに、いたく感激したが、
むかしの小説家はヤバそうでいい。最近の作家たちは、よくも悪くも真っ当に
社会人顔してる。某Sによれば、「ユニクロみたい」。
 宇野浩二はファストファッションからもテイラーメイドからも遠い、セルフ
メイド(或いはストリートボーン)顔だ、インテリであっても。

 森茉莉「贅沢貧乏」には、宇野浩二のかすかな木霊もあるのか? 
 「苦の世界」を読み始めてすぐ、漱石の「猫」はもちろん思い出したけれど、
滑稽小説としてすばらしい。

 三人の冴えない男たちが浅草・花屋敷に遊ぶ、「苦の世界 その二 
二 花屋敷にて」の冒頭を引用。

< 檻(おり)のなかに、一ぴきの、膃肭臍(おっとせい)に似て膃肭臍では
 ない、犬に似て犬でもむろんない、狸(たぬき)でも、狐(きつね)でも、狼
 (おおかみ)でも、ない、すなわち、獺(かわうそ)は、ほかの何物でもない
 獺なのだ、(なにをいうのだ、)その獺のすわっている前に、私たち三人は
 たちどまったのであった。>(p112)

 森茉莉の独特な読み点の入れ方は、もしやここらの影響はないでしょうか。
無責任な感想だけれど。

     (岩波文庫 2001年18刷 J)

12月22日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-12-21 13:17 | 読書ノート | Comments(0)
2011年 12月 20日

小林恭二「俳句という遊び_ 句会という空間_」読了

e0030187_1245453.jpg









click to enlarge


 著名俳句作家が集った句会であるらしい。俳句にも無知なので、三橋敏雄、
安井浩司、高橋睦郎、坪内稔典、田中裕明、岸本尚毅、小澤實たちが飯田
龍太邸に集まったと言われても、名前だけでも知ってるのは何名でしょう?

 普通の句会との違いは、プラス一点だけでなくマイナス一点もあり、という
ハードルール。

 2日に渡って行なわれた句会の2日目、最高点を得たのが、
<春の炉のそばより電話くどくどと> (作者・岸本尚毅)

 電話しているのは男か女かの問題で、
<三橋「『くどくどと』の主人公は女性でしょうね」
 飯田「女性だね」
 高橋「わたしはこの『くどくどと』は男性だと思います」
 三橋「あそう」
 高橋「女性だったら当り前で、男性がくどくどやってるから面白い」
 飯田「僕はまたね、聞いておるのが男性でしゃべってるのが女性
    だと思ってたね」
 高橋「どっちも男性だと思いますね。男のくせにくどくどしやがって
    という」>(p209)

 わたしはゲイ同士のしつこい、果てしないやりとりを思い浮かべたが、
読み終わってもいまだ俳句熱には侵されず。根がどうしようもなく散文的
なのだろう。

     (岩波新書 96年12刷 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-12-20 12:43 | 読書ノート | Comments(0)
2011年 12月 18日

松井今朝子「似せ者(にせもん)」/小林恭二「俳句という遊び」併読

e0030187_16112911.jpg









click to enlarge


 買取り本の中に松井今朝子「似せ者(にせもん)」があった。
「吉原手引草」が良かったので、たぶんSも好きになると思い
薦めてみたら、当り。

 わたしたちでも読める、べたつかない、すっきりした人情話を
集めた短編集だ。それに何よりも、安定感。作者が見せてくれる
世界に安心して入って行ける。当たり前じゃないかと言われそう
だが、しょうもない現代ミステリや近過去ミステリも読んだ覚え
があるので、うまくて魅力的な小説家は貴重だ。
     (講談社文庫 2005初 J)

 現実に殺人事件が起きたのが俳句界だ。門外漢には、おっとりして
そうな世界なのに何故と、結社の主宰者が殺された事件の記事を読んで
不思議に思ったのだが、Sの祖母の俳句熱も猛烈であったらしい。
 血を見てもおかしくない極道ワールドだそうな。(道を極めようと
するのは、極道でしょ?)

 句会というのも、どうもバトルフィールドであるようだ。そんな戦場
からのライヴ感覚あふれたレポートが、小林恭二「俳句という遊び_
句会という空間_」。
     (岩波新書 96年12刷 J)

 昨日出した新着欄から1冊売れたので、アラン・グリーン「道化者の死」
を追加しました。よろしく。
 新着欄 
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-12-18 16:12 | 読書ノート | Comments(0)
2011年 12月 17日

アラン・グリーン「道化者の死」読了

e0030187_13437100.jpg









click to enlarge


 写真は、佐竹商店街近くで。在じゃない、大川筋のほんとの下町に
住んでみたかった。場違いな奴なのに。

 まず、今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄 

 一週間がかりかで読んだアラン・グリーン「道化者の死」、大昔に
「くたばれ健康法」を読んだきりで、もちろん覚えていやしないが、
あれより面白かったような気がする。

 1950年代初め、戦前から続くスラップスティック一座のTVショーを
冬のリゾートホテルで撮ることになるが、主役が殺され(密室殺人!)、
次いで相手役も死に、雪で交通も通信も途絶えた中、ホテル支配人が
名推理を展開する。

 一座とTVクルー・スポンサーの中にしか犯人はいない。支配人が故人に
ついて尋ねても、みんな口が堅い。堅気と芸人たちの気風の違いをこじ開け、
支配人は少しずつ推理を進める。

 各章毎に文体を変えたり、芸が細かい。最初の方で、アメリカ演芸史のおさらい
もできる。ドタバタ喜劇が嫌いな支配人であるが、彼の全世界であるホテルの安寧
秩序を取り戻すために、粘り強く聞き込みし、成功する。

 まったく関係ないことだが、HPBの扉裏にある原作タイトルや翻訳権を記した頁に
印刷ミスがあるのが、なんだかうれしい。
 SIMON & SCHUSTER, Inc.のTが一文字落ちていた。活字をひとつひとつ拾って
いた時代である。

 新着欄を作ってからブログを書いたので、これは、いつ新着に出すのだろう。

     (HPB 55初)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-12-17 13:39 | 読書ノート | Comments(0)