猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

舟橋聖一「風流抄」もう少し

e0030187_13254676.jpg






click to enlarge


 昭和27年(1952年)暮れから29年(1954年)秋にかけての
風俗レポートだ。

 なんとなく似た感じがあって、名のみ知る舟橋聖一・丹羽文雄デュオ
(?)の、少なくとも片方は1冊だけではあるが読んだことになる。
 どちらが長生きした作家だったかしら? 

 上記デュオにつられて、川口松太郎や北条誠なぞという、ほぼ名前
だけ知ってる作家を思い出していると、日本文学痴の我が身(別に
日本文学に限ったことではない)がよくわかる。これでも古本屋・・・。

 売春禁止法が制定される前夜に書かれているが、舟橋聖一の禁止法
反対論がまっとうだ。

< 売春法の趣旨は別としても、この法案が立法された場合、過去の
 歴史から云っても、取締りが置屋に甘く、個々の娼婦に辛いのは、
 我が官憲のいつに変らぬ伝統であろう。ある意味では、この法案の
 後押しをしているのは、コチコチの道徳者流より、彼ら置屋営業の
 連中の逆コースでもありうる。彼らは、今では娼婦たちから頒け前を
 貰っている形で、相変らずの搾取ではあっても、名目は食料とか間代
 とか云っているので肩身がせまい。売春法が出来れば、然るべき筋に
 附け届さえしておけば、いじめられるのは娼婦たちだと多寡を括り、
 昔の夢をもういちど見るつもりでいる不埒者もあるに違いない。>
(p48 原文の漢字・仮名遣いを新漢字・新仮名遣いに変更)

 善意で(?)始められたことが、意図を外れた結果しかもたらさない
のは、売春禁止法や原子力平和利用のように、日本のお家芸だろうか。
 それとも制度はすべて、いつの間にか進路変更する種子を宿している
のだろうか。

     (文藝春秋新社 1954初 函)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-05-31 13:26 | 読書ノート | Comments(0)
2012年 05月 30日

エリザベス・ボウエン他「猫は跳ぶ イギリス怪奇傑作集」読了

e0030187_1764258.jpg









click to enlarge


 福武文庫の怪奇小説はセレクトがよかった。レ・ファニュも
スティーヴンスンも本棚に収まっているが、これは持ってなかった。
 読んでびっくり。表題作「猫は跳ぶ」(エリザベス・ボウエン)が
すばらしい!

 夫が妻を惨殺する事件の起きた、いわば呪われた家を、合理主義者の
夫婦が買取って、平然と住み始める。
 友人たちを招いて週末のパーティを催したところ、合理は、じつは
狂気の母体である、としか言えない事態に落ち込んでいく。
 知的なブルジョア夫婦たちが理性で押し包んでいた互いへの殺意が、
惨劇の家の記憶をなぞるように解き放たれる。

 軽快で皮肉なタッチで書かれた怪奇小説だ。ケルト系作家は、ヘン、
なのか。エリザベス・ボウエンが、もっと読みたい。
     (福武文庫 90初 J)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-05-30 17:07 | 読書ノート | Comments(0)
2012年 05月 29日

疲れた・・・

e0030187_1744317.jpg









click to enlarge


 5・21以来、人に会い続けているような気がする。
 ふたりで静かな店内に立てこもっているのが日常なので、
やや人疲れ気味だ。店を閉めている間にも、通信販売の本の
注文が入っているのは、ありがたいことだが、半日で7点・全10冊の
梱包と発送を仕上げたので、ヨレた。

 今度の金曜日は、本業以外で人に会う用事があり、来週・月曜日も
懸案事項に励まなくてはならないだろう。
 大川に行きたい。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-05-29 17:45 | 雑録 | Comments(0)
2012年 05月 26日

明日、臨時休業いたします

e0030187_13121426.jpg






click to enlarge


 直前で申訳ありませんが、明日・5月27日(日)臨時休業いたします。

 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄  





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-05-26 13:13 | 告知 | Comments(0)
2012年 05月 24日

Série NICHe 香水と写真二人展 

e0030187_15195825.jpg









click to enlarge


 5・21も無事終り__観客として行くだけであっても、それなりの
準備ないし体調管理が必要だ__、次は6月19日ー24日に行なわ
れる、Sの写真とLの香水の展覧会の準備だ。

 Série NICHe 香水と写真二人展
 Représentation Stue
 Muet l-esplanade inc. kizashino
 於 ギャラリーまぁる





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-05-24 15:20 | 告知 | Comments(0)
2012年 05月 23日

5・21__EP-4ライヴ に追加

e0030187_16165564.jpg









click to enlarge


 webにあった佐藤薫氏と伊東篤宏氏との対談がとてもよかった。
5・21ライヴ前の対談である。

 EP-4、楽しかったなあ。ほぼ5時間のスタンディングだったので、
身体のダメージはひどい。もし打ち上げにまでお邪魔していたら、
たぶん今週いっぱい、店を閉めることになってたんじゃないかしら。
 それでも、あの時間が過せて、長生きしてよかった!





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-05-23 16:17 | アート | Comments(0)
2012年 05月 22日

EP-4/5・21ライヴ@代官山UNIT

e0030187_1583724.jpg






click to enlarge


 行った。聴いた/見た。すばらしかった。EP-4は偉大なライヴバンドである。
これ以上つけ加えるべき言葉はないが、感動的な一夜だった。

 クラブやライヴに行くことがないので、<DJ : 菊池成孔/MOODMAN>の
意味がよく解らず、音を流して、いにしえのジャズ喫茶風景をスタンディングで
再現させる、観客参加型パフォーマンス__フロアに立錐の余地なく立っている
若い男たちが、あるいはうなだれ、あるいは身体を揺すっていた。当節なので
携帯を見ているひとも多い。__かと思って眺めていたが、一時間近く立って
いると酸欠気味になり、久しぶりに会った昌子さんとSと三人、バーに行って、
Sとわたしは煙草を吸う。

 EP-4の出(で)の瞬間を見逃す。フロアに戻り、三人ともばらばらになったが、
わたしは上手が主に見える隙間にもぐり込む。BANANA UGさんはよく見え、
佐藤薫氏まではなんとか見える立ち位置だ。下手は柱に阻まれ、首を延ばして
ようやく見られる。

 佐藤氏の動きは昔からダンサブルだったが、BANANAさんって、あんなに踊る
キーボーディストだったかしら? 
 あとで伺ったら、最近、よく踊るようになられたとか。スーフィーの小坊主みたいで
__小坊主は蔑称にあらず。彼は大僧正のキャラクターではないし、BANANA UG
さんの軽みを伝えたいと思って、出てきた言葉である。__、彼の出す音と相俟って
ステージの魅力を増す。

 佐藤薫氏が三曲目くらいに(?)坐った途端、「大丈夫かッ!」と、かけ声がかかる。
初めてEP-4を見て、あれから二十数年経った。亡くなったメンバーあり、病を得たひと
あり、新たに参加した恒松正敏氏やジム・オルーク氏など固有の音を作っている人々が
加わっているのに、全きEP-4の世界である。
 佐藤薫氏の力量を思い知らされる。偉いんだ、佐藤氏。

 「今さら、何を言う、失礼な奴だな。もう口をきいてやらないぞ」とか叱られそうなので、
あらかじめ、お詫びしておこう。いいライヴだろうと予想はしていたが、こんなにすてきだ
とは。

 爆音とスプラッタホラーを解せない質だが、ぎりぎりの大音量のシャワーに浸され、
身も心も一新され、うれしかった。感激した。

 二曲だけ参加された鈴木創士氏が、「アルトー24時」のときより、ずっとお元気そうで、
これもうれしかった。すばらしい文学者だけれど、ときにはミュージシャン・鈴木創士の
姿が見られると、鈴木創士ファンクラブ東京支部支部長(非公認)としては、言うことが
ない。

 ライヴの後、楽屋にお邪魔して皆さんにお礼を言う。お礼を伝えきれなかった方々にも、
どうもありがとう!

     (EP-4 5・21ライヴ 2012年5月21日 於・代官山UNIT)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-05-22 15:09 | アート | Comments(0)
2012年 05月 20日

明日は5・21、EP-4の日

e0030187_13152466.jpg









click to enlarge


 いよいよである。体力は保つだろうか。昔はねえ、ライヴには椅子が
ついていた。今は踊るための空間確保なのだろうか、経費削減なのか、
スタンディングのみである。ぶつぶつ・・・。

 ライヴといえばリリラ(©鈴木創士「中島らも烈伝」)が多かった。
ステージ上も下も。

 関西からうんざりするほど長時間、車に乗ってやって来る。耐えられ
ないので車中で増えたリリラの素が、一気に醒めてしまう客席の魑魅魍魎
ぶりだったろうなと、ひとごとのように回想する。

 月日は流れ、時間に取り残されて生き延び、明日、EP-4ライヴに行く。
リリラ臭はなくとも、穏やかならぬライヴでありますよう!(そうに
決まってる!)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-05-20 13:15 | アート | Comments(0)
2012年 05月 19日

コリン・デクスター「ニコラス・クインの静かな世界」読了

e0030187_13314487.jpg









click to enlarge


 もちろん風俗小説への興味で読む。

 オックスフォードの海外学力検定試験委員会メンバーに、ハンディ
キャップ枠で選ばれた難聴のニコラス・クインが殺された事件であるが、
委員会事務局長・バートレット氏の車がすてき。

<彼はまもなくご自慢のダーク・ブラウンのバンデン・プラスに乗り、
 時速六十マイルで二十数マイル離れたオックスフォードへ向っていた。>
(p42下段)

 わたしが惹かれたただひとつの車、プリンセス・カーズのヴァンデン
プラが現役で出てきた!(原作は1977年刊)

 1980年代後半から90年代前半ころだったろうか、環七沿いに輸入車の
お店があった。
 ある日目にした、横に山吹色のラインが入った、端正でクラシックな
デザインの車がうつくしくて、通る度に気になっていた。
 「オースチンに似てるけど」と、Sは言う。

 立ち止まって見ていたあるとき、尋ねてみると、上記の答えである。
 「よかったら乗ってみませんか?」と言われる。600万円の車だから
Sがためらっていると、さらに勧められる。
 わたしは外から眺めたが、運転席の周りも繊細でうつくしい。ステア
リングが細くって、かつての車はほんとにきれいだ。

 600万円が60万円であったとしても、維持費その他がかかるので車は
持てないけれど、ヴァンデンプラだけは欲しくなった。あのデザイン、
黄色い線が効いているグレイやえび茶色、グリーン系の落ちついた
カラーリング、いま思い出しても、あれは完璧な車だった。
     (HPB 1979初 帯 VJ無)


 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄 





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-05-19 13:31 | 読書ノート | Comments(0)
2012年 05月 17日

コリン・デクスター「ウッドストック行最終バス」読了

e0030187_13574033.jpg






click to enlarge


 もっぱら風俗小説への興味で読んだ。

 モース主任警部は、唐突に自宅の壁穴を修理しようと思い立ったが
因果で、脚立から落ち、足指を捻ってしまう。捜査中なのに。
 病院で診てくれたのは中国人の医師だ。たぶん健康保険の利く病院に、
外国人医師が増えた状況を表しているのだろう。(p95-96)

 モース氏の相棒であるルイス巡査部長は、
<黒っぽいスラックスに長い、厚いコートを着た背の高い>
<自然のものらしい長いブロンドの髪を背中の中ほどまでたらして>
いる女を見かけるが、
<美しいブロンドは美しいあごひげと、長い頬ひげをはやしていた。>
(p132下段)

 ミニスカートの女の子に長髪の若い男の70年代である。

     (HPB 76初)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-05-17 13:57 | 読書ノート | Comments(0)