<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

ロバート・L・フィッシュ「亡命者」読了

e0030187_1785875.jpg








 持ち帰ったハロルド・Q・マスル「ビッグ・マネー」は今夜中に
読み終わるだろうが、間にロバート・L・フィッシュ「亡命者」も
読んだ。

 ロバート・L・フィッシュないしパイクは、大昔、ホームズものの
パスティーシュ短篇集を読んだ筈で、内容は無論覚えてないけれど、
短篇作家だとばかり思っていた。
 ところが長篇もうまいのを、ようやく知った。

 ナチの残党が集まり、ブラジルで第三帝国を復活させようとする
動きがあり、という例のパターンだ。

 淡々と描かれる強制収容所勤務のナチ役人の姿、恐怖に悩まされ
ながら、ナチの残党をあぶりだそうとするユダヤ人元収容者の静かな
執念、彼に共感を寄せるブラジル人の国際警察員、ダ・シルヴァ。
 ユダヤ人は、ナチをおびき寄せるために真反対の人格を作り、
アメリカで反ユダヤ人運動の指導者として名を売ってみせる。
スパイはすべてダブル・スパイであることを思い出す、抑えた
タッチが効果的なミステリだ。
 リオデジャネイロの街の描写がすてきで、行ってみたくなるし、
脇役だが、ダ・シルヴァの相棒、ウィルスンの英国的なヒューマーの
案配もいい。

 他にもダ・シルヴァものがないかと探したら、翻訳されていないようで
残念。

     (HPB 1963初 VJ無)

 エンタテインメントにおいてナチは永遠の悪役であるが、麻生太郎の
永遠の政治痴呆ぶりは、矯正しようがないのか。

< ドイツのヒトラーは、ワイマル憲法という当時ヨーロッパで最も進んだ
 憲法(の下)で出てきた。[中略]
  「静かにやろうや」ということで、ワイマル憲法はいつの間にか変わっていた。
 誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか。[以下略]>
(東京新聞2013年7月31日朝刊より、「ワイマール」を「ワイマル」に変えて
引用)

 橋下徹や石原慎太郎や猪瀬直樹あたりなら、部分的に引用するな、文脈を
読めと、遠吠えするだろうが__自分たちがいつもやっていることをされると
怒るのね__、麻生太郎の頭では、どう反論するだろう?

 麻生太郎に論理を求めるのが無理なのかもしれないが、国内での発言も
翻訳されて世界中に知られる、という可能性を考えたことはないのか。
 「みぞうゆう」で馬鹿にされたけれど、ヒトラーとワイマル憲法のこと
だって知ってるんだぜと、威張ってみせたかったのだろうか。
 馬鹿につける薬はない。国辱ものの政治家のおかげで、善良な市民たる
__彼らに比べれば、自信を持ってそう言える__あたしが迷惑する。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-07-31 13:58 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 07月 30日

ハロルド・Q・マスル「霊柩車をもう一台」読了

e0030187_15325584.jpg












 すでに何冊かホームページには出しているけれど、読むのはこれが
初めてのハロルド・Q・マスルだ。

 ニューヨークの弁護士、スカット・ジョーダンに秘書のクラリス・
キャシディ、私立探偵、マックス・ターナーの三人で事件の解決に
当たる、というと、ペリイ・メイスンもののニューヨーク版みたいだが、
趣きはまったく異なる。
 秘書のキャシディがデラ・ストリートとはかけ離れたタイプなので。

 スカット・ジョーダンがかつて雇われ後を引き継いだ弁護士事務所に、
先代のときから勤めていた、有能な秘書である。
< もっと事務所の飾りになる美人を探すことは、わけなかったろう。しかし
 能率とか忠実とかいう点では、彼女以上のものはあるまい。彼女は経験を
 積み、聡明で、しかも企画力のある秘書という、実に稀に見る便利な存在だ。>
(p32上下段)
 雇い主であるジョーダンに対しても遠慮のない口をきく。
<時々ぼくの敗北を思い出させることは、ぼくの不滅の精神のために多分
 よかろうということを、知っているわけだ。>(p32下段)

 女の魅力ではなく性差のない能力で生きていく、なかなかの女丈夫で、
主人公の頼りになる片腕だ。理想の女性像のひとり、ではないだろうか?

     (HPB 1961初 VJ無)

 彼女がいかすので、「ビッグ・マネー」(HPB 1963初 VJ無)を持ち帰った。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-07-30 15:35 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 07月 28日

DVDで「血を吸うカメラ」を見た

e0030187_1349389.jpg












 今日こそは見ようと、DVDプレイヤーをセットしたら電源からして
反応しない。こわれちゃったの?
 しかたなくノートパソコンの小さな画面で、ひとり見る。13インチ
だったかしら、これを二人で覗きこむのは疲れるので。

 見たいと思って数十年。期待を押さえて見てみたら、とても好みの
映画だった。

 色がいい。昔のカラー映画の発色だ。ヌード写真撮影スタジオの
ぎらぎらしたカラーリング、まともな映画撮影所の少し控えめの、
でも鮮やかな色彩設計、住いや通りのいちばん押さえたトーンにも
カラー映画の喜びがある。

 見ることは知ることであり、映画を見ることは窃視症の快楽である。
映画館はかつては窃視症たちに埋め尽くされた場所だったが、ヴィデオや
DVDでひとり窃視症の映画(「血を吸うカメラ」の原題はPEEPING TOMだ)
を見ているのも妙なものだ。

 ヌードの撮影シーンや映画の撮影シーン、主人公の青年が撮る
ドキュメンタリ撮影シーン(彼はどこでもカメラを持ち歩き、盗み撮り
する)。これは映画についての映画であり、それを見ている自分自身を
意識すると、この映像の無限とも思える連鎖のどこに、わたしは位置する
のか、めまいが起きる。
 見ることは攻撃的行為に属する。無垢な観客など、ありえない。
 
 幼い頃、恐怖の実態を考察するために父親の実験台にされた主人公は、 
殺される瞬間の女たちの表情を撮ることで、父をなぞり、成り代わり、彼の
ための世界を再構築しようと願ったのか。
 彼は彼女たちを殺したのと同じやり方で自殺し、死の瞬間の恐怖の表情を
フィルムに残して、「血を吸うカメラ」という映画も終わる。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-07-28 13:51 | 映画 | Comments(0)
2013年 07月 27日

フレドリック・ブラウン/エド・ハンター ミステリ第7作「パパが殺される!」読了

e0030187_13474575.jpg










e0030187_1372288.jpg







 写真は昨日、阿佐ヶ谷で。昨日も暑かった。

 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄  

~07月25日より続く

 1959年の第6作「消された男」から4年後の第7作「パパが殺される!」
だが、地球の自転が遅くなったのかしら、エド・ハンターもアムおじも前作
から年を取っていない。エドは何度か結婚しそうになりながら、結局、二人
とも気楽な独身のままである。

 おじと甥は長年カード(ジン・ラミー。どんなゲームか知らない。)を
やっているが、それに加えて最近ふたりで闘わせるゲームは、
<"マーフィー夫人"を中心とした簡単な文句、たとえば「マーフィー夫人の
 オヴァルティンにベンジドリン(薬の名前)をいれたのは誰だ?」といった
 ような原型をもとにした押韻形式(ライムスキーム)を考え出して、お互いに
 いい合っていくという、いうなれば貧乏人向きの簡単な遊びなのだ。>
(p31~32)

 ベンジドリンって、ベニーと略される、クェイルード以前のあれ、でしょう?
ブラック・ヒューマー度の高い方が勝ちのゲームだ。

 マーフィー夫人・ゲームは何度か出てくるが、ここだけは脚注的に原文も
載せてもらいたかった。
< 「マーフィー夫人のレーヤケークに小毒へび(コラル・スネーク)を入れた
 のはだあれ?」>(p29)
 韻を踏んでるのはわかるけれど、英文も付いていれば、もっと楽しめる、
と思った次第。面倒なら飛ばせばいいのだし。

 伝染性のあるゲームらしく、事件関係者の若い女性まで、
< 「マーフィー夫人のとこのプール(スウィミング・プール)に、死にかけて
 いるラバ(ダイイング・ミュール)を投げこんだのだあれ?」>(p53)と、
口を挟む。

 幼い息子を精神分析医に診せようかと悩む父親が、ハンター&ハンター
探偵事務所に仕事を依頼するのが、60年代風だ。

     (創元推理文庫 1987年14版 J)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2013-07-27 13:10 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 07月 25日

フレドリック・ブラウン「エド・ハンター ミステリ」3・5・6巻

e0030187_18101914.jpg












~07月24日より続く

 近刊と記されているだけの「Compliments of a Fiend」が第4作
なので、3巻「月夜の狼」、5巻「死にいたる火星人の扉」、6巻
「消された男」、となる。

 教養小説の匂いは第3巻「月夜の狼」でも感じられる。母を早く亡くし、
父親も十代の終わりに亡くした主人公、エド・ハンターは、父方のアム
おじを父親代わりに大人になって行く。

 ここで、第2作「三人のこびと」を読み直すと、説得力(?)が増し
そうなのだが、ハンサムな青年になったエドは巻毎に様々な恋愛をする。
 彼が惹かれる女性ひとりひとりが、彼の成長を促す存在であるように
読める。

 「月夜の狼」で私立探偵見習い中のエドの依頼人である女性は、
彼より年上だがまだ若く、やり手で夫もいるが、エドを誘惑する。
 調査地で知り合った若い女性も、じつは人妻で、彼はどちらの
女性とも深みにはまらないよう努めなければならない。
     (創元推理文庫 1985年10版 J)

 「死にいたる火星人の扉」では、若くて美人の姉妹が依頼者になる。
エドはもう探偵見習いではなく、アムおじさんとふたりで探偵事務所を
営んでいる。タイプが下手なので臨時に雇った速記のできる女性タイピ
ストは、
<中肉中背のブロンドで、いい女だ。濃い色のべっ甲ぶちの眼鏡を
 はずしたら、もっときれいに見えるだろう。>(p88)
 ステノグラファとして優秀なだけでなく、エドとアムおじに頼まれて、
被害者が勤めていた会社に就職し、事情を探る女探偵の役目も果たす。
 このまま私立探偵トリオになる展開もありだが、基本は青年が父親
代わりのおじの助言やからかいを受けながら成長する物語だ。彼女は
もう登場しないようである。
     (創元推理文庫 1975年10版 J)

 「消された男」ではエドも20代半ばになっている。女性にもてる質
なので、横領犯の若い娘を調べる役割を受け持つ。
 彼はトロンボーン、彼女はピアノをやるので、一緒にプレイしよう、
ということになる。
      (創元推理文庫 1991年9版 J)

 1963年刊の第7作にして最終巻「パパが殺される!」では、結婚して
家庭人になってるのかしら?

07月27日に続く~





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2013-07-25 18:10 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 07月 24日

フレドリック・ブラウン「エド・ハンター ミステリ」を何冊か読む

e0030187_14314622.jpg








 いつだったか、最初に読んだ「三人のこびと」(創元推理文庫)
が感じがよかった。
 最近読んだ「わが街、シカゴ」(HPB)も感動的だった。ならば、
創元推理文庫に入っている「エド・ハンター ミステリ」をこの際、
全部読んでみよう。

 原作の刊行は、「わが街、シカゴ」(創元推理文庫版は「シカゴ・
ブルース」。1947年)、「三人のこびと」(1948年)、「月夜の狼」
(1949年)、「Compliments of a Fiend」(1950年。 「月夜の
狼」巻末の作品リストでは近刊、とあるけれど未訳なのか?)、
「死にいたる火星人の扉」(1951年)、「消された男」(1959年)、
「パパが殺される」(1963年)の順番だ。

 Sは順序よく読んでいるが、待ちきれなかったので「死にいたる
火星人の扉」から「消された男」に進み、いまは第三作に戻って、
「月夜の狼」を半分ほど。合間に「スペクタクルの社会」を読んで
いるので、かなり頭がごちゃごちゃする。

 全部読んでから言うべきだろうが、いまのところ、最初の二作が
すてきで、他はミステリとしてはいい出来かもしれないが、あまり
感激しない。筋違いなものをミステリに求めている、と言われそう
だけれど、なんというか、誰彼の伝記を読んだりしてると、成功する
までの青春時代・悪戦苦闘編が面白くて、その後の成功潭は前半と
比較して、どうしても退屈になるのと似たような感触だ。
 エド・ハンターが出会う女性毎に恋する、このパターンを面白がれ
れば、或いはSF風な趣向をミステリに取り入れる試みを面白がれれば
いいのだろうけれど、なまじ教養小説風の第一作に感激してしまった
もので、つい、それを求めてしまう。
 じゃあ、ストレート・ノヴェルを読めばいいのか。でも、どんな?

07月25日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-07-24 14:32 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 07月 23日

ギー・ドゥボール「スペクタクルの社会」を3章まで読む

e0030187_12325251.jpg












 『3 外観における統一性と分割』までは何となくわかる
フレーズが多い。もっとも、ヨタロー読みなので、たとえば
『1 完成した分離 17』など、ブランドもので全身武装した
若い女の姿を思い浮かべて読むことになるのだが。

<社会生活に対する経済の支配の第一段階は、あらゆる
 人間的現実の定義を存在(etre)から所有(avoir)へと
 明らかに堕落させてしまった。蓄積された経済的成果が社会
 生活を完全に占有してしまった現在の段階は、所有(avoir)
 から外観(paraitre)への全面的地すべりが行われている段階だ。
 そこでは、あらゆる実質的「所有」が、己の即時的威光と最終的
 機能を「外観」から汲み取らねばならない。同時に、あらゆる
 個人的現実は社会的なものとなり、社会権力に直接依存し、それに
 よって作り上げられることになる。個人的現実は、存在しない
 という限りにおいてのみ姿を現すことが許される。>(p020)

 現代思想用語の基礎知識がなく、女に形而上学はないと言われ続け
__これは、そうだなあと自覚しているが__ほとんど小説だけ読んで
きた奴が連想を働かせながら読んで行く。

 ヤマカン屋としては悪くないと思っているけれど、カンを働かせるだけの
蓄積(?)のない項目を目にすると、ヤマカン機能も一時停止する。
 『4 主体と表象としてのプロレタリアート』に至って、マルクスを読んで
ない弱みに足を引っ張られた。
 わからないところは飛ばして行けばいいんだけれど。後から読み直したら
わかるかもしれないし。

     (ちくま学芸文庫 2013年5刷 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-07-23 12:33 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 07月 21日

ギー・ドゥボール「スペクタクルの社会」を読むのかしら?

e0030187_14281284.jpg












 この数日、フレドリック・ブラウンの「エド・ハンター・
シリーズ」を読んでいるが、ギー・ドゥボール「スペクタクルの
社会」(ちくま学芸文庫 2013年5刷 J)も買った。

 ちらりと開いてみると、

<スペクタクルは、現実の社会の非現実性の核心なのだ。
 スペクタクルは、情報やプロパガンダ、広告や娯楽の直接消費と
 いった個々の形式のどれもの下で、この社会に支配的な生の現前的
 モデルとなる。それは、生産と、その必然的帰結としての消費に
 おいて、既になされてしまっている選択を、あらゆる場所で肯定
 する。スペクタクルとは、その形式も内容も、完全に同じように、
 ともに現システムの諸条件と目的とを完全に正当化するのである。
 それと同時に、スペクタクルはこの正当化を常に現前させ、近代的
 生産の外で生きられた時間の主要な部分を占拠するのである。>
 (1 完成した分離-6 p016)

 ディックとかバラードと、大して変わらないじゃないか、とは言え。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-07-21 14:29 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 07月 20日

映画であること

e0030187_14581079.jpg












 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄  

 以下、川本三郎「大正幻影」(ちくま文庫 97初 帯 J)p104より、
岩崎昶「映画が若かったとき」(平凡社 80初)の孫引きです。

< 映画の最初の記憶は闇の中の一条の光である。幼い私の小さな
 頭の上を越してずうっと前の方にある白い幕まで届いているひと筋の
 光の帯である。それは映写機の胴体の中に仕込んであるアーク燈の
 電極の火花が反射鏡とレンズを透して拡散されるのだと後になって
 知るわけであるが、末広がりに太くなっていくその光の輪は、周囲
 一帯の暗闇の中で、そこだけがまぶしく、その内側がまるで金粉か
 ダイヤの細粒を隙間なく撒いた梨子地のようにキラキラと輝いて、
 世にこんな美しいものがほかにあろうかと思えるほどに崇高で
 夢幻的な恍惚感であった。>

 図書館への献本制度がまだあるのか知らないが、すべての日本映画を
フィルムセンターへ少なくともDVD形式で納めさせる制度を作ったら
どうだろう? 名作至上主義を排して玉石混淆、すべての映画を、である。

 できるのかどうか解らないがフィルムセンター側でそれらを可能なものは、
フィルムに起こす。(ヴィデオでしか撮れない映像もあるだろうし、結局、
ヴィデオとフィルムの二回撮りになりそうで、無茶を言ってる、と自分でも
思うが。)

 全国各地の過疎地を選んでフィルムセンター別館をいくつか建て、
そこにおおまかなジャンル別に保存する。それぞれの別館で映画祭を
定期的に行ない、所蔵フィルムの交換でプログラムを組むこともできる。
 公立図書館での本の流通と同じように、映写機のある、町の映画館に
貸出しもする。
 別館建設と維持で雇用を生み、映画を通じて日本中で交流できる、と
思うのだが、それらを支える映画ファン人口は、どれくらいいるか?

 まるきり荒唐無稽なプランとは思わないが、国レヴェルでやる気を
出さないとできない。目先の経済だけ見ている自民党政権や財界では
無理だろう。
 映画はうつくしいメディアなのに。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2013-07-20 14:58 | 映画 | Comments(0)
2013年 07月 18日

本や映画は情報ではない

e0030187_13533167.jpg












 映画館で映画を見る行為が少なくなった。借りてきたヴィデオを
自宅で見ることに始まり、ヴィデオはDVDへ、そして配信映像を
パソコンで見る時代だ。

 かなりの便利を得て、大きな不便に取りまかれている。
 映画館で映画が見たいとき、週に一度の新聞の映画欄を眺めても
様子がわからない。パソコンで見たい映画を検索し、上映スケジュールを
確認、映画館のどのフロアで上映してるかを、きちんとチェックする。
 ふらりと入って、途中から見て、また最初から全部見るなんて、牧歌的
映画鑑賞は許されない。めんどくさい時代だ。こちらが古臭いからか。

 映画にせよ本にせよ、一作・一作、一冊・一冊が厳密に分別された
情報の中から選ばなければならない。選択の自由はある、それしかない。
 映画同士、本同士の関連までネット通販の情報欄で、「おすすめ情報」
として選択肢が与えられる。ご親切に、大きなお世話だ。

 探すのに便利だろうと意図して作られたインターネットの情報網が、
使い手の首を絞める。便利で貧しい世界で、途方に暮れる。
 ブツは、情報ではカヴァしきれない豊かさを持つ。具体がなければ
抽象はありえない。でもヒトは便利さに負け、道具に使われる。堂々巡り。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-07-18 13:54 | 雑録 | Comments(0)