<   2013年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 30日

ニコラス・ブレイク「旅人の首」読了 他

e0030187_14333685.jpg












 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄

(~11月21日の続き)

 ニコラス・ブレイクと言っても「野獣死すべし」も読んでないし、
まず真っ先にダニエル・デイ・ルイスのお父さんと思ってしまう、
非文学的な頭で申訳ない。

 そう、とても文学的なミステリだと思う。謎の解明が不自然でなく
進行する本格派というのは、なかなかできないことだ。登場人物
たちもエキセントリックではあっても、本格ミステリにありがちな
記号的人物ではないし、名探偵が真相を公表するのをためらう
エンディングも結構である。うつくしい館が首なし死体事件の捜査に
つれて、不穏な存在感を増していくのも通奏低音的に響く。
 なのに、どうも楽しく読めなかったのは、こちらの非文学性にあるの
だろうか。

 いや、ひとつ聞き捨てならない箇所があったっけ。文学的に見て
どうかと思うシーンがあった。若い女性画家が子どものとき、身近な
男に性的関係を強要された記憶をよみがえらせる場面だが、あくどく
書くべきでないと判断したのだろうが、彼女のトラウマを俗流フロイディズム
でもって簡単に処理してしまうのは、引っかかる。あっさり片をつけないと
物語の流れが滞るのはわかるけれど、これまでの文学的な基調を裏切る
ことにならないか。

     (HPB 2003再 帯 VJ無)

 ギャビン・ライアル「本番台本」を読み始めていながら、森本哲郎
「懐かしい『東京』を歩く」(PHP文庫 2005初 J)に手を出した。
 森本哲郎は豊島区巣鴨に生れ、生後すぐに豊多摩郡中野町雑色
(ぞうしき)430番地、現在の中野区南台に移ったという。ご近所が
たくさん出てくるので、つい読み出した。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-30 14:31 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 11月 28日

鈴木創士「文楽かんげき日誌 第5回 素人は入門などしない」/エド・マクベイン「警官嫌い」読了

e0030187_20585870.jpg












 「彼女たちにはわからない」し、「俺たちに明日はない」ので、
「素人は入門などしない」。いいタイトルだ。本文も、もちろん
すてきです。

 ジュリアン・シモンズ「犯罪の進行」の合間にエド・マクベイン
「警官嫌い」を読んだ。カート・キャノン・シリーズは読んだ
ことがあるが、いや、あれは都筑道夫のパスティーシュだった
かもしれない、あまり馴染みのないエド・マクベインだ。

 発表時には斬新なプロローグだったであろう、映画的な始まり方
をする。カメラが大都会を上から見下ろし、急速にパンして室内に
入り、起き上がろうとしている男を捉える、そんなオープニングだ。
 映画「ウェストサイド物語」も同じような始まり方をしていたが、
1950年代から60年代に流行ったドキュメンタリ・タッチだ。小さな
物語の背後には、大きな物語が存在している。

 そこだけ興味がもてたけれど、あとは...いくらシリーズ化を見据えた
第一作だからって、87分署のメンバーを三人も殺しちゃうのは乱暴だし、
主人公の恋人を唖者に設定してあるのも、読者をびっくりさせようという
効果にしか思えないのは、原作発表(1956年)から歳月が経ち、こちらが
悪くスレてる時代に生きてるからかしら。
 もっと時間が経って古雅な(?)趣きが出てくる日まで、読むのを待てば
よかったのかな。

     (HPB 1959初 VJ無)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-28 14:08 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 11月 27日

鈴木博美・山本一語「Ms.cried(ミズクライド)」

e0030187_14301611.jpg












 イラストレーター・詩人の鈴木博美さんの詩77編+山本一語氏の写真に
よる詩集「Ms.cried(ミズクライド)」が2013年11月22日、如月出版より
刊行された(ISBN978-4-901850-42-1)。

 工業製品に於けるデザインは、外観から機能を指し示すものでなければ
意味がない。本に於ける装幀は、手に取るひとを書かれた言葉へと導く
ガイドだ。

 いちばん外側は光ったモノクロームのジャケット、次に、つやを抑えた同じ
モノクロームの表紙。(小店に届いた途端、本はグラシン紙のジャケットを
着せられ、表面の輝きをミュートされるのだが。)
 サイズもA4変形と大きめなので、平台に置かれると、一瞬、写真集かと
思われる装幀だ。詩と写真が、歌声と的確な伴奏のように流れる、横書きの
詩集である。

 音楽を聴くように、映画の流れに身をまかせるように、色彩豊かな
モノクロームの紙面を読んでいこう。語られるのは日常の物語、でも
映画なので、それは地表を離れ、頭の中のスクリーンに投射される
another world。そこでは奇妙なヒューマーが論理である。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-27 14:29 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 11月 26日

Lewis Furey 他

e0030187_13443931.jpg













 こういう世界に耽溺していたい。ヘンタイもここまで極めれば立派な
ものと、げらげら笑いながら。

 Louise- Lewis Furey ( et Carole Laure)

 Lewis Furey "Lullaby"

 Lewis Furey "Desire machine"


 わたしはやくざな奴だが、特定秘密保護法案に反対する。思想表現の
自由こそ、ひとに新たな地平を指し示す可能性をもつと信じているので。

 大風呂敷な不特定秘密保護法案__個人情報保護法のときもそうだが、
どうしてこんな、実際と真反対の白々しい嘘がつけるのだろう?__は、
新治安維持法に他ならない。北朝鮮や中国を揶揄する人々は、これでも
批判したり馬鹿にしたりする資格があると、いうのかしら。法案に賛成した
議員の全リストを、新聞やTVで公表すべきだ。

 法案を作った役人や賛成した議員は、政敵を追い落とすときにも使えるし、
気に入らない上司に向っても使える道具であることを、よく理解した上で
無理押ししたのか。ある日、自分に向って刃が向けられることもあると覚悟
して、のことだろうか。

 ある日、自由の敵として、カダフィやフセインのように、アメリカから征伐
されることだって、あり得ると覚悟してるのでしょうね。空爆のどさくさで
わたしたち、その他大勢が巻きこまれ、無駄に殺されることなど、構わない
ということでしょうね。

 結婚より離婚のほうが大変であるように、廃案に追い込むのは重労働だが、
やるしかない。
 首相が第三者的立場でチェックする? そんな器用な使い分けができるのは、
自我が分裂している病的な人格だろう。御用学者やお友だちを集めて第三者
機関もどきを設置する手間さえ省き、大手を振って、自作自演を見せつける。
 この手の退廃はわたしの好まない不誠実なジャンルである。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2013-11-26 13:45 | アート | Comments(0)
2013年 11月 24日

ジュリアン・シモンズ「犯罪の進行」読了

e0030187_14212945.jpg












(~11月23日の続き)

 とてもイギリスっぽい小説。ミステリというより風俗小説に近い。
主人公を田舎の鼠に例えたが、都会の鼠に一時、よろめいたけれど、
彼の頑固な倫理性が憧れを吹き飛ばす。

 ヒュー・ベネットは逮捕された少年の姉に惹かれて、少年を救う
道を考える。大手の新聞記者はマスコミの力を借りて、息子を
釈放させられる、と労働党の州会議員である父親を説得する。
広報やイメージの大切さは60年代以後、以前よりもっと重要性を
増している。

 検察側も弁護側も、陪審員裁判というゲームに勝つための戦術に
頭と反射神経を動員する。少年が殺したか、手は下していないのか、
という事実の問題ではなく、陪審員にどちらの主張が正しいと感じ
させられるか(考えさせるのではない)、その技術の問題である。

 少年の無実あるいは有罪性に関心を持つのは、家族とヒュー・ベネット
くらいなものだ。少年に有利な事実を探し出したり、裁判の進行に読みを
働かせたりする世知にたけた大手紙の新聞記者も、倫理には遠い。

 ヒュー・ベネットは大手紙の誘いを断り、今の仕事も辞め、<「きみは
むずかしい女だなあ。」>(p109下段)と男から言われる、同じく頑固な
娘と結婚しようとするところで物語が終わる。

 逮捕された少年は、同時に逮捕された仲間内のボス格である少年に憧れ
続ける、無自覚なゲイだ。そうは書いてないけれど。
 家の中でも、集会で演説するような内容と口調で話す父親に反撥しながら
はね除けられず、非行グループに参加し、ストレートな力を見せつけるボスに
理想の自画像を投影する彼の哀れさは、いい。

     (HPB 1993再 帯 VJ無)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-24 14:22 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 11月 23日

ジュリアン・シモンズ「犯罪の進行」半分強

e0030187_134642.jpg









 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄 

 
 ニコラス・ブレイク「旅人の首」を放ったらかして、「二月三十一日」に
挫折したジュリアン・シモンズを読んでいる。新着欄には上げていても、
それらのミステリを全部読んでるはずはなく、たまたま手に取ったら、
こちらは面白そうだったので。
 (それに、こちらの方が登場人物が多いので、読み出したら進めるしか
ない。途中でまた「旅人の首」に戻ったりしたら、誰が誰だったか判らなく
なること必定。)

 「犯罪の進行」は、イギリスの田舎町の地方紙に勤める若い記者が
主人公だ。1960年刊行なので、地方都市にあっても、非行青少年問題が
生じる。

 大地主をきどる酒場の主人がガイ・フォークス祭の折、以前、酒場から
たたき出した非行青少年たちに襲われ、殺される。主人公ヒュー・ベネットは
たまたま居合せ、記事を書き、ロンドンの大手新聞にも配信する。
 大手からも記者が派遣され、主人公とともに取材に当たる。ロンドンからは
記者だけでなく、スコットランド・ヤードの警視や部長刑事も出動する。
 (ところで、警視と部長刑事とでは、どっちが偉いのだろう? 非常識ものは
ときどき困る。)

 ヒュー・ベネットの夢はもちろん、ロンドンの大手新聞の記者になることだ。
先輩記者からは、ニュース配信でお金が入るだけのことで、引き抜かれるとか
期待しちゃいけないよ、と注意されるけれど、やっぱり、中央への第一歩になれば
いいなと、空想の翼が羽ばたく。

 憧れの中央紙の記者が現れる。酒飲みだ。
<人間の偉大な残骸といおうか、美しい廃墟といおうか。美しさはもはや
 過去のものとなり、鼻は酒やけに赤く、角縁の眼鏡のうしろの目は赤く
 血走っているのである。みすぼらしい服は大きな骨格にはためき、レイン
 コートのボタンはとれ、大きな褐色の靴は壊滅寸前といった有様。>
(p59下段~p60上段)

 彼は若い二人の地方紙記者に尋ねる。
<「きみたちは、どうしてこんなところにくすぶってるの」>
 先輩の方は受け流すが、ヒューは反論する。
< 「地方にいちゃいけないんですか」
  「それは多分にことばの問題だね。地方にいると、新聞社で働くことは
 できるが、新聞記者にはなれない」>(p61下段~p62上段)

 スコットランド・ヤードの二人も、警視の方はニヒルな美男だ。
<年齢(とし)はもう五十がらみ、しかし外見はたいした美男子である。
 鉄灰色の波打つ髪は、まだすこしも薄くなっていない。彫りの深い顔、
 美しい鼻、ひきしまったくちびる。>(p44下段)
 ある事件を手がけて以来、昇進の道が閉ざされた男で、同僚と酒を
飲んだりはしても、けして狎れることのない人物。

 田舎の鼠と街の鼠の物語になるのかしら、という気もちょっとするけれど、
まだわからない。

 ヒュー・ベネットは最初、自分と同姓のアーノルド・ベネット「五つの町の
アンナ」を読んでいる。
<こせつかない率直さ、小気味のいいヒューマニズム、それに溢れんばかりの
 生命力など、どれもこれもうらやましい限りだった。これこそ、小説家としての
 長所が、同時にジャーナリストとしての長所でもあり得るという生きた証拠
 ではあるまいか。>(p13下段~p14上段)

 ヤードの警視が夜勤のベネットを訪ねてきたときは、モーム「人間の絆」を
読みながらうたたねしていた。(p73下段)

     (HPB 1993再 帯 VJ無)

(11月24日に続く~)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-23 13:46 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 11月 21日

ニコラス・ブレイク「旅人の首」1/3

e0030187_1435362.jpg












 イギリスの田園地帯にあるうつくしい館の描写に現実逃避する。
アン王朝風って、どんな建築様式だろう? webで見ると、アメリカに
あるアン王朝風の建物が出ていたが、仰々しくないスタイルのようだ。

<細ながくて棟が低く、やわらかな古色蒼然たるバラ色の煉瓦づくり。
 窓が不規則についているが、なかなか味のある配置だ、主屋(おもや)と、
 道路を区切る低い塀との間にひろがる五十ヤード四方ほどの芝生は、
 青草のようになだらかでつやつやしている。いたるところ__この塀の上
 にも、主屋(おもや)の上にも、その左手の花壇にも、そして裏手の農場の
 建物をかこむ塀の上にも__バラが植わっている。>(p11下段~p12上段)

 主屋から二、三百ヤード先にテムズ河が流れ、河岸には薔薇のあずまや、
半マイル上流にある堰(せき)の音は、
<ちょうど貝殻を耳に当てたときのような音だが、それよりも太くて低い。
 消えそうで消えない滝__いつまでも消えない溜息のような音だった。>
(p12下段)

 詩人が住む、そんなうつくしい館を素人探偵、ナイジェル・ストレンジ
ウェイズが訪れる。名探偵現れるところ、事件あり。河で首なし死体が
発見されたことから、ロンドン警視庁に協力を依頼されたナイジェルは、
館を再訪する。

     (HPB 2003再 帯 VJ無)

(11月30日へ続く)





..... Ads by Excite .....
[PR]

by byogakudo | 2013-11-21 14:36 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 11月 20日

ハロルド・Q・マスル「にがみばしった殺人者」読了

e0030187_13471242.jpg












 ガードナーのペリイ・メイスンものと同じように、ハロルド・Q・
マスルの弁護士スカット・ジョーダンものでも敵役は固定している。
地方検事ローマンと、強烈度は劣るが殺人課のウィーニック部長
刑事だ。ことある毎にジョーダンを目の敵視する。

 今回は(今回も)ジョーダンが殺人者だと目される。その前に、
馴れ合いの離婚訴訟で証拠をねつ造したと糾弾されるし、その後
では偽札事件の犯人にもされる。

 全部言いがかりで不運極まりないジョーダン弁護士だが、でも大丈夫。
 警察には最初からウマが合った殺人課のノーラ警部、地検事務所には
法学部の友だちのポスティリー次席主任、自宅を担保にしてジョーダン
弁護士の保釈金を払ってくれた恩師のオリヴァ・ウェンデル・ロジャーズ、
有能な私立探偵、マックス・ターナー。以上、男性側の援助者。
 ジョーダン弁護士の事務所には恩師から引き継いだ有能な秘書の
キャシディ。そして事件に関わる美女たちは、みな、ジョーダンに恋する。
 これだけ協力者があれば、難局から脱出もできよう。

 今回の美女は仕事を持ち、料理も上手だ。論理的にジョーダンに結婚を
迫る。
 ジョーダンに言わせれば結婚は<男の知性を鈍らせ、判断力を曇らせ、
自由を奪う>(p173下段)行為だが、彼女は論破する。
 結婚によって男性は、
< 「人生に絶対必要な三つのもの。性的欲望、生涯の伴侶、それから
 子孫」>が得られると、諭す。

 二番目の生涯の伴侶については、
< 「[略]あなたは今は若いわよ、スカットさん。まだ魅力があって、
 そこいらじゅう女を漁って廻れるわよ。今から三十年たったら、どう
 なると思うの? 年をとって、皺がよって、よぼよぼになって、孤独で、
 淋しく、人に相手にされず、愛されずに暮して、誰も__」>
(p174上下段)と脅しをかける。

 女たちが生き生きしている点が、ペリイ・メイスンとスカット・ジョーダン
弁護士の違いのひとつだ。もっとも、ジョーダンは法廷シーンは、あまり
やらない。

     (HPB 1962初 VJ無)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2013-11-20 13:47 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 11月 19日

ロバート・バーナード「芝居がかった死」読了

e0030187_13563211.jpg












(~一部、11月17日の続き)

 忘れないうちに書いておこう。おとといの角川文庫版「グレイト・
ギャツビー」は、「夢淡き青春__グレート・ギャツビイ」でした。
 「日本の古本屋」サイトで<フィッツジェラルド 角川文庫>と
打ち込んだら出てきた。

 コレット「シェリ」は「黄昏の薔薇」だし、アラン・フルニエ
「ル・グラン・モーヌ」は「さすらいの青春」が頭についている。
 ある時期の角川文庫の翻訳タイトルと、外国映画、というより
洋画(先進的で学ぶべき、かつ憧れの対象であった欧米映画、
のニュアンスがある)と呼ばれていた時代の映画タイトル・センス
には似たものがある。
 「七月十四日」を「巴里祭」にするような、憧れをかきたて、
情感に訴える手法だ。この方が伝わりやすい時代だった。

 日本は遅れている(何に?)から、追いつき追い越そうと明治期の
鹿鳴館精神がずっと続く。そしてバブル経済とその崩壊後の、長い
抑圧と幻滅の今に至り、新治安維持法で国家再建するつもりらしい。
 その手はもうとっくに無効とわかっているのに。後でもう一度、
「過ちは繰り返しません」とか言いたいのか。
 まあ、ナチのやり口はよく学習したようで、2・26と異なりメディア
管理も同時に粛々と行い、かなり万全の体勢ではある。総選挙で
ひっくり返すしか対抗手段はないかしら。

 床屋政談はさておき、ハロルド・Q・マスル「にがみばしった殺人者」の
途中で、ロバート・バーナード「芝居がかった死」を読んだ。
 原作は1988年だそうだが、イギリスでは80年代末期になってもクリスティ・
タイプのミステリが成立できるのがすごい。

 海を臨む旧司祭館に住む作家とその息子一家の元に、作家が認知して
いない娘が訪ねてくる。作家と女優の間に生まれた娘で、女優の母から
虐待を受けて育ち、いまだ見ぬ父に愛と尊敬を抱いている。実際、優れた
作家らしい。女優もいまやデイムの称号を持つ大女優である。彼の方は
認知症で寝ついてしまったが、かつて若い女優の卵だった彼女は堂々たる
存在だ。

 私生活はめちゃくちゃな偉大な作家や女優の子どもによくあるが、親を
反面教師にして、子どもたちは地道なミドルクラス・タイプである。
 60年代に生まれた娘は、結婚していない男友だちと一緒にやってくる
ような、さばけ方だが、彼女もいずれ落ち着いた生活に入るだろうと
思わせる。

 母の評伝を書きたいから父の手紙を読みたいという娘の本当の狙いは、
母への復讐だ。女優としては認めているけれど、私生活の無茶苦茶さに
苦しめられてきたことに一矢報いたい。
 それを知った母が阻止しようと現われるが、宿屋で殺される。娘が殺したと
疑われ...。

 地味に話が進むが退屈しない。女優と娘の両方に関わるはめになった作家の
息子夫婦の、どちらにも加担せず、なんとか穏便にすませたいと願う、ミドル
クラス的感情の動きなど、無理がない。
 読み終わって、穏やかで堅実なミドルクラスの食器戸棚には骸骨がいっぱい
隠されていて、それは読者であるあなたにも当てはまるのじゃないですか、と
暗に作者から言われてる気になるのが、なかなかなところだ。

     (HPB 1990初 帯 VJ無)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-19 10:27 | 読書ノート | Comments(0)
2013年 11月 17日

ハロルド・Q・マスル「わたしを深く埋めて」読了

e0030187_16453517.jpg












 これが長篇第一作だそうで、前に読んだ作品で好きになった
女丈夫秘書、キャシディはただ秘書の仕事をするだけ。あまり
見せ場がない。

 スカット・ジョーダン弁護士は、お金持ちで性格がよく、機転が
きき、家庭的__冷凍食品や缶詰ですてきなディナーが作れる__
な若い女性と結婚するかと思わせる展開だが、他の小説では未婚の
ままなので、毎回、恋愛するというパターン設定なのだろう。

 遺産がらみの事件で、ブロンド殺しに続き、ジョーダン弁護士が
狙われる。彼の友人がまちがえられて殺されと、事態は輻湊する。
 粗筋でも紹介すればいいのだろうが、どうでもいいことに引っかかる
質だ。今回は久しぶりの「特許擬革(パテント・レザー)」が目に入る。

 初めて目にしたのは角川文庫版「グレイト・ギャツビー」。まだ
「華麗なるギャツビー」になる前の翻訳で、タイトルも「グレイト・
ギャツビー」だったかどうか。何か叙情的な題名だったかもしれない。
 それはともかく、ギャツビーではない他の男の履く靴が、<製法特許の
革靴>で、原文を読まないでも、エナメルの靴ね、とわかった。

 「わたしを深く埋めて」が訳されたのが1962年だから、50年代から
60年代にかけては、パテント・レザーに即、特許皮革と反応した、という
ことであろう。
 「わたしを深く埋めて」では、
<ペッタリとなでつけた髪を特許擬革(パテント・レザー)のように
 光らせた。[注: ママ]あごのない、退屈そうな帳場の係員は、ぼくに
 顔をあげもしなかった。>(p228下段)

 誤訳をあげつらおうというのではない。愛嬌があっていいではないか。
時代背景のある楽しい誤訳だ。以前にも書いたけれど、70年初めころ
まではアメリカ文明の産物がそれほど入っていなかったので、「薄様紙」
に「ティッシュ・ペイパー」とルビされていたと、遠い記憶が言う。

     (HPB 1962初 VJ無)

(一部、11月19日に続く~)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2013-11-17 16:46 | 読書ノート | Comments(0)