<   2015年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 31日

山口由美「クラシックホテルが語る昭和史」を読み始める

e0030187_17273816.jpg












 写真は近所の若い猫。界隈では近頃、モノクローム・タイプが増えてる
ように見える。

 建物や室内が好きだ。いや、室内好きから建物好きに進行したのか。
住宅から始まり、大きなビルへ。倉庫も工場もすてき。最近の超高層
ビルは、ごめんだが。
 建物の機能でいえば、ホテルという施設は閉じられた生態系として
好ましい。佇まいのうつくしいクラシックホテルなら、なおさら。

 文庫本のジャケット袖の著者紹介には、
<曾祖父は富士屋ホテルの創業者、山口仙之助>とある。いいなあ。
 ホテルの今は、大衆化された商業施設だけれど、始まりは閉鎖的・
特権的な、いわば私設・鹿鳴館だった。

 ホテルに関する本を読んだこともあったのに、日光・金谷ホテルの
経営者・金谷眞一(しんいち)の弟が、富士屋ホテル創業者の長女の
婿になった山口正造であることは覚えていなかった。富士屋ホテル
創業者の次女の婿が著者・山口由美の祖父だから、山口正造は大伯父、
という関係である。(p30)

 金谷眞一の私家版「ホテルと共に七拾伍年」の中に、
< 昭和十六年の夏の事であったと記憶する。箱根の弟[注:山口正造]
 から連絡があった。「私の仙石原(せんごくはら)の別荘に近衛公が来て
 居られる。そしてアメリカからルーズヴェルト大統領の密使が潜入して、
 今富士屋ホテルに居る。そして日米の感情の打開と、何んとか平和を
 確保しようと、最期の努力が傾けられて居る。大統領の密使は、カソリック
 の宣教師の様子をして居る。然(しか)しこれは、絶対秘密であって、軍部は
 全然知らない。軍部に知れたら、大変なことになる。[以下略]」。こうして
 近衛公と、この密使の間には真剣な交渉が開始された。その結果は大統領に、
 刻々と電報されたのだ。>(p32~33)

 著者はこの記述が気になりながらも手がかりがなく保留していたが、1940年
11月末に、
<ウォルシュとドラウトという二人の米国人神父が来日>(p35)したことを知る。
 金谷眞一の手記では1941年夏で、半年以上違うが、富士屋ホテルのレジスター
ブックの40年、41年度を調べれば、何か分かるだろうとホテルを訪れたら、この
二年分だけ別の場所に保管されていて、しかも
<一ページ目に記録があるだけで、あとはすべて白紙なのだ。>(p38)

 著者と同じようにクラシックホテルについて調べる、秋山剛康(たかやす)・
前金谷ホテル社長に訊いてみると、金谷ホテルも同年からレジスターブックが
欠番している。

 ホテルの滞在客の歴史をたどるに欠かせない記録が、意図的としか思えない
欠如を示す。この謎を探ろうとするミステリ・タッチのノンフィクションだ。

     (山口由美「クラシックホテルが語る昭和史」 新潮文庫 2009初 J)

2月2日に続く~

______________________________

 なんですって、「売国奴」にして「人間のくず」、百田尚樹が任期満了で
NHK経営委員を辞めるですって?! どうして罷免できないのか分からない。
日本の恥ではないか。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-31 17:54 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 01月 30日

本気に冬ごもり

e0030187_1393234.jpg












 とうとう雪が積もった。窓から千本格子のフェンスを見ると、細い柵の
上部の雪は消えたが、大きな柱の上の積雪は凍って残っている。
 雪かきは? どうしよう。これ以上降らないのなら、たぶん明日には消え
そうだから、放っておくが。(それに雪かきする体力に自信がない。S の
腰がだめなので、体力部門はわたしが担ってきたが、この先どうなるの
だろう?)

 ひたすら静かな日だ、ふだんでも部屋の近所は静かなのだが。
 寒いけれど、二日に一度の浴室掃除日だ。浴室は北向きなので更に寒い。
掃除しながら「北の縁側」を思い出す。

 南九州の田舎町の家は、家族が増えると南向きに部屋を増築してきた結果、
だらだらと南の縁側の長い家になって行った。
 元からあった北向きのお風呂場を潰して納戸にしたが、旧浴室に続く「北の
縁側」(と家族は呼んでいた)は残し、夏場は風の通り道になった。
 夏の暑さやムレを考慮した縁の下のある木造で、もう築50年以上だろうか? 
兄たちが改築しながら住んでいるが、すきま風で寒いと言う。

 この先、住宅を建てるには、まず、新建材しか使えなくなるだろう。ローンと
税制と建設会社が、がっちりトリオを組んでいるので、昔はどこにでもあった
和風の木造住宅が、今では「まだ残っている」と、目を驚かせる建物になった。

 いまの部屋は新建材のアパートメントで、たしかに気密性が高くて暖かい。
前の鉄筋コンクリート造の部屋の、冬場の痛いような冷え方を思い出すと、
差は歴然としている。
 けれども、アルミサッシの無骨さや新建材の二流、三流のルックスが続く
住宅地の貧しさは、どうすればいいのだろう? 住まいの機能は満たすが、
住宅地を歩いて寂しくさせる貧乏くささは、なんとかならないものか。

 デザインするとは機能を表現するかたちを作り出すこと、というのが近代
デザインの考え方だろうが、素材の表現力のなさ(木や石の表面を真似る
しかできない、新建材という素材の貧しさ)は、どう解決すればよいのか。

 部屋から一歩も出られず、あれこれぼんやりと考える。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-30 17:33 | 雑録 | Comments(0)
2015年 01月 29日

l'aigle noir/barbara

e0030187_1918357.jpg












 このところ頭の中で聴いている、l'aigle noir/barbara





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-29 22:08 | アート | Comments(0)
2015年 01月 28日

Mer-de-cure の後で(4?) 

e0030187_16322378.jpg












 通勤をしたことがないので午前中の Mer-de-cure 行きが
苦手だ。8時に部屋を出て地下鉄に乗るために、6時起きする
のはヘンかもしれないが、起きて1時間で出かけるのが難しい
のだから仕方ない。慣れていれば起床1時間での起動も可能
だろうが。

 別状なし。予想より早く終わった。
 新宿に寄ってS の煙草を買う。今日はB・Oには寄らない、近所で
買ったばかりなので。けれども煙草屋は紀伊国屋ビルにある。
 今朝の東京新聞に角川文庫の広告が出ていたが、ボンフィリオリは
載っていない。でも2階に上がってみれば「チャーリー・モルデカイ」
の3、4巻刊行かどうか、すぐ分かる。
 大手は出すといったら予告した日に出す。買ってきた。
 地下鉄内では近所 B・O の一冊、川本三郎「ちょっとそこまで」。

2月25日に続く~
______________________________

 拘束されているのを知りながら、外遊してイスラエルで(!)演説する
安倍晋三を、首相の座から引きずり落としたいが、安倍晋三を退けて続く
のが麻生太郎に石破茂...すさまじい馬鹿で気狂い揃いである。

 世論調査したら、安倍晋三・政権の対応を60%が支持してるそうで、
馬鹿で気狂いが馬鹿で気狂いに共感する、おぞましい絵柄だ。
 地道に交渉していれば、ひとりが殺されることも起きなかった可能性が
あるのに、時と場をわきまえない馬鹿で気狂いな安倍晋三が余計なことを
するのでこうなったのが、ほんとに分からないのだろうか、馬鹿で気狂いで
あるせいで。

 ワタミの男と同じ、非論理であろうが何か適当に言っとけば、その場は
すむと心得る、滑舌の悪いピーヒャラ口調。非難されると「可哀想な
おじいちゃま」を思い出して、「ボクががんばらなくっちゃ」とでも
決意を新たにするのだろう。

 国家は国民を保護する責任がある。だから国家は国民から税金を徴収
することができる。そういう契約関係であろう。
 「自己責任」のひとことで、やらずぶったくりが可能だと振舞うのは、
日本がすでに独裁国家であるからだ。






..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-01-28 16:24 | 雑録 | Comments(2)
2015年 01月 27日

冬ごもり

e0030187_1637549.jpg












 明後日29日(木)で、わたしは治療終了後13週目を迎える。
終了後3ヶ月も過ぎ、元気に動けてるのはいいが、右肩の痛み
がなかなか引かない。

 同じ日に S はギックリ腰発症3週目を迎える。今日みたいに
暖かい日はかなり楽だが、明日からまた寒くなる。辛い。
 接骨院に通うのが毎日の仕事になった。行った直後は軽くなっても、
夜寝るころには痛む。それを繰り返しながら、かすかに少しずつ治って
行くのだろうが、ギックリ腰完治には最低3週間、長いと3ヶ月かかる
そうで、この調子では長期コースになるのではないか。

 冬の陽射しは透明でうつくしい。それなのに、写真を撮りに出るどころか、
外を歩くのが大変である。まず寒さがいけないし、たんに道を歩くだけの
ことでも、アスファルト鋪装のちょっとした凹凸が覿面、腰に響く。バスの
ステップは乗り降りの際、お腹に力を入れないときつかったのが、今は前より
は楽になった。カメラを肩に下げる? できない。写真を撮るためにカメラを
支える? 腰が拒否する...。

 注意しながらそうっと起きて顔を洗い、整骨院に行く以外は、部屋で本を
読むかmacを見るしかない冬ごもり生活だ。

 写真はまさかこんな事態が発生するとは夢にも思わない昨年末の、凍える
山中湖畔風景。プティカの室内から出て寒風に身をさらしながら写真が撮れた
日もあったのだ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-27 20:50 | 雑録 | Comments(0)
2015年 01月 26日

佐藤春夫「小説永井荷風伝 他三篇」全部読了+P・G・ウッドハウス「ジーヴズの事件簿 才智縦横」も

e0030187_9222863.jpg












~1月25日より続く

 佐藤春夫を読んでいる途中に、P・G・ウッドハウス「ジーヴズの事件簿
才智縦横」も読んでいた。単行本で読んでいたから再読だけれど、いい塩梅
に忘れていて、今回も楽しかった。やっぱりジーヴズがポジ版、ピンター+
ロージー+ダーク・ボガード「召使」がネガ版に思える。(ああ、「できごと」
がまた観たい!)

 「小説永井荷風伝 他三篇」の「他三篇」の二篇目、「永井荷風__その
境涯と芸術__」の『十二』にある「雨瀟瀟」の分析がすてき!
 「雨瀟瀟」がそもそもすばらしいが、一見、淡彩な書簡体小説が、いかに
複雑巧妙な仕組みをもつかが丁寧に語られる。

<何事も云わず語らず、[中略]あとは万事想像せよと突放している。
 全文はこの想像を誘うだけの材料を何不足なく順序よく排列している
 に過ぎない。掬するに余りある余情を組み合わせて好きなようにこの
 小説を組み立てたがよいと読者に求めている。言は短く意は長い所以
 である。>(p285)

 描写を抑えて効果を上げる例として、彩戔堂(さいせんどう[戔の字が
出ない])の建物の描写について__
<最初から話題にのぼって来るこの重要な建物は、堂号の説明の
 ついでにほんのあらましの想像のつく程度に手紙のなかで判る外は
 遂に一度も描かれる事もない。そうして今に一度は必ずこの物数奇
 を凝した建物がもっと作の焦点となって大写しにされるであろうという
 予想をものの見事に外して、いよいよその段取になって来たと思うと
 読者はやっと彩戔堂の門前に導かれるだけで
 [中略]
 読者の好奇心はせいぜい昂められさんざんじらされた末にも堂のなか
 へはどうしても一歩も入れられないばかりか[以下略]>(p283~284)
__さすが建築ファンタシー作家、佐藤春夫である。
 
 「小説永井荷風伝」の『第八章 近世艶隠者(やさいんじゃ)』の偏奇館
描写の細かいことも嬉しかった。

     (佐藤春夫「小説永井荷風伝 他三篇」 岩波文庫 2009初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-26 21:08 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 01月 25日

まだ佐藤春夫「小説永井荷風伝」中の「他三篇」を読んでいる/やりきれない

e0030187_22225530.jpg












~1月24日より続く

 なぜ荷風は下宿先のスキャンダルを材料にしなかったかの、
いちばん簡単な説明は、それを知らなかったから、だ。
 タコマでは友人がいなかったようで、毎日、寄宿先の山本一郎邸
から古屋商店タコマ支店に、日本から輸入された本や雑誌を読みに
行っている。
 山本一郎邸の女中でもからかっていれば、古屋商店についての噂
なりを聞いたかもしれないし、タコマ支店の店員たちと口をきいて
いれば、教えてもらったかもしれないが、荷風は超然とお坊ちゃんを
通していたようだから、彼らの口から古屋商店前史を聞いたとは思え
ない。
 まあ、もし耳にする機会があったとしても、まだ父親の権威の下に
あるので、書けなかっただろうが。

 「他三篇」のひとつ、「最近の永井荷風」では「踊子」についての、
佐藤春夫の実作者らしい、執筆時の荷風の身体に寄り添ったかのような
解釈が生き生きとスリリングだ。

 次の「永井荷風__その境涯と芸術__」に、「歓楽」からの引用
がある。

< 「私は父母親族兄弟の私に対する最初の憤怒、中途の擯斥、
 遂には憐憫また恐怖の情をも今では全く念頭に置いていない。
 私は詩人だ。彼等は普通の人間である。
 [中略]
 私は父母と争い教師に反抗し、猶且つ国家が要求せず、寧ろ
 暴圧せんとする詩人たるべく自ら望んで今日に至ったのである。
 其れだけの覚悟なしに居られようか。過去封建時代の遺物たる
 博徒顔役の輩は已に現代に於ては無用の遊民であろうとは云え、
 猶お犯罪者捜索の一便宜として国家行政の機関がその存在の意義
 を認めている。詩人は其れにも劣った無用の徒である無頼漢である。
 迫害されるのは当然の理ではないか。然し何たる不思議ぞ、私は
 其程の屈辱にも係らず、鳥歌い花開き、女笑い男走るを見れば、
 忽(たちま)ち詩の熱情を感じて止まない。詩人は実に、国家が法則の
 鎌をもって刈り尽くそうとしても刈り尽くし得ず、雨と共に延び生ずる
 悪草である。毒草である。雑草である。
 [中略]
 博徒にも劣る非国民、無頼の放浪者、これが永久吾々の甘受すべき
 名誉の称号である。」>(p232~233)

     (佐藤春夫「小説永井荷風伝 他三篇」 岩波文庫 2009初 J)

1月26日に続く~

______________________________

 裁判の被告席に着いても、馬鹿で気狂いだったら責任を問われない。
免責事項があるから、安倍晋三・類は大きな顔をし続けられるのか。
 「世に倦む日々」1月21日付け1月22日付けは、読み過ぎにも思えるが、
実際に起きる事件は、小説の論理性・合理性を欠くことが多い。オウム真理教
のバッジが弁護士宅に落ちていたと新聞で読んで、まさか襲撃するのにわざわざ
身元を明らかにするようなものを着けていくだろうかと、合理で解釈したわたしが
間違っていたことを思い出す。

 ヒトは合理的に判断して行動するものだと、つい思いこむ癖が直らない。
だから、安倍晋三や一味徒党の言動に呆れ果てるのだ。
 わたしは人類に対して甘すぎる。

 2004年10月に香田証生氏が殺されたが、あのときの政府やマスメディアの
対応はどうだったか。検証し直すべきではないか。わたしの感じ方も同じく。

 先週行った整骨院でもクリニックでも、今回のできごとをネタ扱いして喋る人々に
出くわした。わたしがブログにあれこれ書くことだって、結果的にはネタ扱いへと
回収される行為かもしれない。やりきれない。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-25 20:05 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 01月 24日

佐藤春夫「小説永井荷風伝」だけ読了

e0030187_2134182.jpg












 文庫本収録のメイン、「小説永井荷風伝」だけ読み終えた。

< 荷風自身が記述するところ、巷間に流伝するところ、そうして
 わたくしが直接に見聞したところ、これを三脚としてわたくしは
 その上に一つの荷風伝を組み立ててみようとする>(p10)
「小説永井荷風伝」である。「小説」と「評伝」はどう異なる? 
という疑問も読後に残るが、佐藤春夫の荷風への敬愛の思いが
あるので後味は悪くない。

 ウォホールのファクトリーとそこに吸い寄せられた人々、ラリーズ
(水谷孝)とラリーズ・メイト、...スターとその周辺に集まる人々の
間に起きるできごとは、ときと場所こそ違え、同じ宮廷的性格を持つ。
 永井荷風というスター文学者と周囲の人々、取り巻きたちにも同じ
できごとが起きる。すなわち、誰がスターのお気に入りであるか。
__トラブルのもとである。

 ウォホールはいわゆる"確信犯"的に、取り巻きたちの嫉妬や対立を
眺めていたと思うけれど、荷風の人格や時代では、そこまでの外化
認識はできなかっただろう。佐藤春夫にしても「来訪者」問題の余波、
何某の讒言のせいで荷風から遠ざけられた、という理解である。引力と
斥力の問題とは考えない。

 「あめりか物語」に関して、太田三郎「荷風の知られざる在米時代」
に依拠して書かれた『第五章 アメリカに在りて』が面白かった。
 荷風が部屋を借りたのは、古屋商店のタコマ支店支配人・山本一郎の
居宅だが、古屋商店は、日本人売春婦のための地下銀行から始まった、
という。

 仕立職人・古屋政治郎は、売春婦たちの
<金を人知れず預かってやることを案出した。必要に応じてはいつでも
 直ぐ返還するし、彼女たちの買い物は引受けて調達する。親許への
 送金も確実にする。女どもにとって、これはまことに便利、重宝に安全
 であった。
 [中略]
 女どもが死んだり、殺されたり、さては奥地へ売り飛ばされたりした場合
 [中略]
 古屋の預かった金は返還を要求する人がいないままに古屋のものとして
 自由に利用される。>(p75)

 これを元手に発展したのが古屋商店である。明治23年(1890)年に
シアトルに移民としてやって来て、3年後のことだ。6年目にはタコマ支店、
数年後には信託部を銀行にし、等々、
<終に太平洋岸の日本人社会の金融、実業の中心的存在となって、支店長
 の山本までが財界の名士として内地にまでその名をひびかせるに到った。>
(p75~76)

 これもよくある話だ。敗戦後の闇屋から大企業へ、オレオレ詐欺で得た資金で
堅気の仕事にシフトとか。__資本主義は、人と欲望の関係に深くコミットした
システムだ。

< 荷風はこういう人物の片腕ともなった山本一郎の家に客分としていたの
 だから、当時の荷風は最もゾラ的小説の空気を呼吸していたはず、何故か
 それを書かずに、もしくは書けずに、片々たる「あめりか物語」を書いた。>
(p77)
と佐藤春夫はいうが、社会派小説の題材である。荷風の資質と文体(当時の)では
書き切れないから、書かなかった、もしくは書けなかった、ということだろう。

     (佐藤春夫「小説永井荷風伝 他三篇」 岩波文庫 2009初 J)

1月25日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-24 22:12 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 01月 23日

鈴木創士「文楽かんげき日誌」第10弾「阿呆鳥」/Pierre Barouh/佐藤春夫「小説永井荷風伝 他三篇」

e0030187_21341868.jpg












 写真は、昨年末に行った"Pizzeria b"の一階。
 "Pizzeria b"は一日一組だけの営業形態に変わった。あの空間が続く
ことになって、うれしい。


 鈴木創士氏、今年初めての「文楽かんげき日誌」は「第10弾 阿呆鳥」

 近松の辞世文を語った後、
<なんとも言いようがありません。かっこいいでは済みません。
 これが畢生の作家が書いた第一級の辞世であるとしなければ、
 なんなのでしょう。そういうわけで、私は近松門左衛門のファン
 であることを認めないわけにはいかないのです。>
と結ばれるが、<歴史=物語は破綻する>近松について書き記す
氏の文体が、なんとも<かっこいいでは>済まされない。必読!

 雨の日に、頼んでいたピエール・バルーのCD「VIVRE~生きる」が届き、
数十年ぶりに聴いた。昔は彼の歌声ばかり専ら聴いていたので、アレンジに
驚く。60年代後半から70年にかけてのフランシス・レイ、タッチで、オルガン
の使い方や軽くジャズっぽい切り替えなど、あの時代が立ち上がる。
 "MONSIEUR DE FURSTEMBERG"の"STEMBERG""の辺り、半音ちがえて
覚えていたし、曲と曲の合間の無音は、こんなに短かった?

 ピエール・バルーを聴きながら佐藤春夫「小説永井荷風伝 他三篇」を読む。
なかなか似合う。

 関東大震災の翌年か翌々年、散文作家・佐藤春夫になって10年くらい
経った頃、佐藤春夫は「山形屋ホテル」(正しくは「山形ホテル」)に
缶詰になる。そこで慶応義塾の恩師、荷風と再会し、ホテルに近い偏奇館を
そっと見に行く。
 
< 家は目測二十五坪前後、長方形の総二階で、もとは水浅黄か何かの
 ペンキらしいのが色褪せて今は灰白色のところどころが、少しく剥落
 した南京じたみの横板を重ねたもので、その全体の感じや二階の
 窓わくのつくりなど、すべて明治初期の木造洋風建築の様式に則った
 もののようである。>(p27)
 <目測二十五坪前後>が建築小説作家(と、わたしは思う)佐藤春夫の
面目躍如だ。

     (佐藤春夫「小説永井荷風伝 他三篇」 岩波文庫 2009初 J)

 山形勲に生家である「山形ホテル」について、もっと詳しく訊ねた人は
いないかしら? 役者に本業以外のことをしつこく訊ねるのも失礼だが。
 「東京さまよい記 山形ホテル」という文学散歩記事がある。浜田研吾
「脇役本―ふるほんに読むバイプレーヤーたち 」には、山形ホテルの
思い出話などは出ているだろうか?





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-01-23 15:32 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 01月 22日

無事でありますよう

e0030187_20392354.jpg












 具体的に何をやってるのか今後とも分かりゃしないだろうが__
人質保護の観点から今は何も言えないというのだろうし、不特定
秘密保護法があるから、将来も解放に向けてどんなことを実行した
か明らかにされないだろうが__、「人質解放に向けて精一杯の
努力をしています」くらい、わたしにだって言える。努力の証拠を
示さないですむのだもの。

 わたしにできないのは、去年から家族が脅迫されていると知って
いながら(知らされていなかったと安倍晋三が言うのなら、それは
自分が役人の傀儡に過ぎないと認めることだ)、わざわざアラブ
世界に売込みに出かけ(大企業が進出するための地ならしに行った
と理解するが)、余計な刺激を与えて拘束された二人を危機に陥ら
せることだ。

 小泉純一郎・政権のとき、イラクで拘束された人々に投げつけられた
「自己責任」という言葉の石つぶてを反省したのだろうか(?)、新聞や
TVでは今のところ、非難の口調をあまり聞かないが、マスコミが大人に
なったというより、どんな結果になっても、安倍晋三・一味への風当たり
が強まらないようにとの深謀遠慮、安倍晋三輩のマスコミ操作でないか
とも疑える。

 イスラム国への攻撃について、ドヴィルパンは反対意見を述べた。
イラク戦争反対の闘士・ドヴィルパン元首相がイスラム国との戦争を非難
「火に油を注ぐだけ」「合理性を欠く」

 ドヴィルパンは右側だろうが、フランスの右側は論理的、合理的だ。
全員がそうではないだろうが。
 感情と論理の区別がつかない、幼児性だけの日本の右翼とはちがう。

 国民を保護するのは、国家の仕事ではないのか。国家は国家のため
にのみ存在し、この場合の「国家」に属する「国民」はごく限られた層
でしかない、というのか。国民全員が揺籠から墓場まで消費税を支払う
納税負担者なのに、保護される人が限られるのは間違っている。

 二人が無事でありますよう。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-01-22 21:20 | 雑録 | Comments(0)