<   2015年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 31日

モーリス・ブランショ/粟津則雄 訳「来るべき書物」もちびちび読んでいる

e0030187_20534098.jpg












~5月24日より続く

 忘れた訳じゃない、ブランショ/粟津則雄 訳「来るべき書物」を
ちびちびと読む。今日は『第二章 文学的な問い』の『4 ジュー
ベールと空間』の『2 最初のマラルメ的場合(ヴェルシヨン)』まで
来た。

 ノートはするし手紙も大量に書くが本を出さなかった、ジョゼフ・
ジューベール、19世紀のひと。ブランショによれば、ジューベール
の書こうとする作品は、

< かくてそれは、その主題が、明らかに示されている主題とは
 まったく別であるような作品、完成されるはずもなく、始まる
 ことも出来ぬような作品だ。おのれが表現しているものからの
 へだたり。おのれが表現するものがこのへだたりのなかで花開き、
 散りしき、保存され、ついにはそこに姿を消すように、言わば
 おのれ自身に対して欠如状態にあるような作品だ>(p121)

 (昔々の記憶だが、こういったブランショ・タッチに弱かった。
いま読んでみてもやはり気持いい。)

 面白そうなひとなのでwebを探していたら、この箇所の英訳サイト
があって、タイトルが
 An excerpt from "Joubert and Space,"
in The Book to Come by Maurice Blanchot。

 たしかに Le livre à venir を英語にすれば The Book to Come
になるだろうが、日本語しか理解しないわたしだが、なんだか妙な
感じだ。日本語と英語や仏語との距離に比べれば、英語ー仏語間の
距離は近そうに見えて、肝心のところで遥かな距離がある、のでは
ないかしら。(もちろん例によってヤマカンだけれど。)

     (モーリス・ブランショ/粟津則雄 訳「来るべき書物」
     ちくま学芸文庫 2013初 J)     





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-05-31 21:46 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 05月 30日

警告を聞かないの?

e0030187_18443140.jpg












 一週間内に2度も大きな地震があり、火山が爆発した。日本列島
周辺が活動期にあるのだろう。

 安倍晋三・原理教は、国民の少数の支持票しかないのに形式上、
民意を反映していることになって、好き勝手している。一時期(今も?)
北朝鮮を笑いものにする風潮があったが、独裁政権下にあることでは、
日本も北朝鮮もプーチンのロシアも、なんら変わらない。

 オウム真理教の(ものとされる)犯罪が明らかになったとき、彼らの悪い
冗談のようなミニ政権ごっこも明らかになり、マスメディアは喜んで彼らを
馬鹿にし、大いばりで非難を浴びせたが、もはやそれは己に唾することで
ある。安倍晋三・原理教は、反対票を投じた者でさえ信者であると宣告し、
囲い込み、列外を許さない。(スェーデンはまだ政治亡命を認めてくれる
だろうか? 大使館に駆けこみたい衝動に襲われる。)
 呪われよ、安倍晋三・原理教。

 地震の報道で放送時刻を遅らせても、自画自賛史観に基づいた__
始まって30分現在、自画自賛史観臭ぷんぷん__『NHKスペシャル 
戦後70年・日本の肖像「高度成長の真実」』をオンエアしなきゃなら
ないの? 最終的には自画自賛史観を離れて、着地できるだろうか?

 教師を医師と同じように国家資格制度下に置く、というのは、安倍晋三・
原理教に背く者には教師資格を与えないことである。そうやって安倍晋三・
原理教に従順な子どもを育て、国民を安倍晋三・原理教徒だけにする壮大な
プランである。
 くたばれ、安倍晋三とその類い。呪われよ、安倍晋三・原理教。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-30 22:10 | 雑録 | Comments(0)
2015年 05月 29日

武田泰淳「ニセ札つかいの手記 武田泰淳異色短篇集」読了

e0030187_21453216.jpg












 それぞれタッチのちがう観念的な短篇小説やエッセイ集。大島渚
「白昼の通り魔」の原作が武田泰淳だって、初めて知った。ほんと
に何も知らないで古本屋をやっていたもので...。

 収められた『女の部屋』や『白昼の通り魔』を読んでいると、大昔に
読んだきりでかすかにしか覚えていないのだが、坂口安吾「青鬼の褌を
洗う女」だったかのヒロインを思い出した。あれもたしか、大地母神と
いうか、たくましくて土着的なタフさに満ちた描かれ方だったと思うの
だが(もし勘違いだったら安吾の件は外してください)、近代の男は
土着性にヨワいのだか、マザコンだからなのか、ときどき、大地にどっしり
腰を据えた、皮膚の厚い、丈夫そうなヒロインを描く傾向があるのでは
ないかと、近代文学痴が怖れる気配もなく言ってしまうのだが、いかが
でしょうか。

 観念性の毒にヤラれかけている近代の男を救うのが、白馬の騎士ならぬ、
大地母神。女はどんなに外見が楚々としていても、大体、男よりも丈夫に
できているから、すがりたくもなるだろうし、観念の対極にある存在として、
野生の力をもつ大地母神的女を想定するのは、小説の結構として理解できる
のだけれど、女も同じように近代を過ごしてしまうと、大地母神・設定に至る
男の作家のロマンティシズムやセンティメンタリズム(とまで言ってしまって
いいのか、やや疑問だが)の暢気さが気にかかる。

 表題作『ニセ札つかいの手記』は、東京オリンピック直前の一大普請中の
東京を舞台に(聖徳太子の千円札)偽札事件を取り入れ、本物・ニセモノ論を
展開させて、パワフルだ。登場人物の口を借りて、三島の短篇「月」批判まで
入っていた。あれは別に<意味くっつける>なんてしてない、抒情短篇だった
と記憶しているけれど。

     (武田泰淳「ニセ札つかいの手記 武田泰淳異色短篇集」
     中公文庫 2012初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-29 20:10 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 05月 28日

中野区と杉並区が接触する辺り(南台四丁目・方南一丁目)

e0030187_11191810.jpg












 ちょっと義母宅に行ってまた部屋に戻り、やはり歩きに出る。笹塚方向を
目指して、その手前のうねった細い道をうろつくらしい。

 方南通りを越え、神田川に沿って少し歩き、左に曲がってみる。なぜ笹塚
方向なのかと聞くと、中野区南台四丁目と杉並区方南一丁目が隣接するこの
辺り、水道道路なり甲州街道なり環七なり中野通りなり、バスが通る道を
念頭に置いていないと、疲れたときに行き倒れるからだ、と。

 以前、「路散人(ろさんじん)」という腕章を作って散歩しよう、と冗談を交わ
したことがあるが、いよいよ実現しかねない状況である。ウォーキングシューズ
のおかげで足の疲れは減っているが、蓄積疲労で、踵が痛い。こんな体たらくで
歩き続けていて、大丈夫だろうか?


 昼前にTVで国会中継を見たが、子どもに害を与える番組だ。昔ならPTA
が黙っちゃいなかっただろう。

 権力を握れば、どんなに不誠実でいい加減な返答をしようと構わないし、
討議しましたという形だけ見せれば、あとは数の論理で勝てるから、それ
まで時間稼ぎをしてればいいという態度満々の安倍晋三や中谷元の姿を
見たら、子どもは討議の内容は理解できなくとも、どう立ち回れば有利に
なるか、だけを学習する。

 戦争を知らないガキ=親父の、はなはだ非教育的な姿を見せつけることで、
子どもは未来が閉じられているとしか思えなくなる。一見、閉じられていても、
それはこじ開けることもできるのだと、子どもが自分の力を信じるには、世の中
には安倍晋三・類以外のまともな大人もいることを実感させなくてはならない。
 なんで、あたしみたようなやくざものが、真っ当な台詞を吐いているのか__
安倍晋三・類よりは、はるかにましだとは自認しているけれど。

 この事態を解決するには安倍晋三が死ぬのが、まず一等、さらに次々にあれら
の破廉恥漢(bitchを含む)が死ぬことだろうが、夜毎、呪殺の思いに耽るしか、
方法を思いつかない。
 兵器産業のシステムが動き出してるのだから、ひとりや数人、数十人、呪殺
したところでシステムは止まらないだろうが、一時停止をかけることはできる。
まず一時停止、そして「戦争法案」の全面停止(廃棄)である。
 さあ、みんなで、今夜も呪おう。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-28 21:15 | 雑録 | Comments(0)
2015年 05月 27日

武田泰淳「ニセ札つかいの手記 武田泰淳異色短篇集」を読み始める

e0030187_13361811.jpg












 武田泰淳が目を細めて仔猫を抱え上げる、文庫版のジャケット写真
にも惹かれて買ったが、ヘンでいい短篇集みたいだ。
 武田泰淳を、他には「目まいのする散歩」「新・東海道五十三次」と
「政治家の文章」しか読んでいなくて、つまり代表作と呼ばれそうな
大作・問題作(?)を何も読んでいないのが、わたしらしいと言えば
わたしらしい。体質的に大きなもの、立派そうなものが苦手だから
しょうがないのだが、そのせいで読み落としてきた本は、きっと何十冊
も何百冊もあるだろう。晩年を「世界名作全集」に費やすやり方もある
が、やらないのでしょうね、たぶん。後悔をいっぱい抱えて死に臨む。

 午後のTVショーは、今日やっと中継を始めたNHKだけでなく__
籾井が罷めなきゃ受信料の不払い方法を考えなくっちゃ__、全局
どこでも、「戦争法案」を討議する国会中継ないしこの問題が中心
テーマだろうが、夏日の話じゃなくて。

 昨日の衆議院本会議質疑で稲田朋美は、
< 高野山で安倍晋三首相の祖父である故岸信介元首相が写経して
 奉納した般若心経を見たと聞いた。どういう思いが込められていると
 考えるか。法案成立への決意は。[以下略]>だって。
 馬鹿女(ビッチ)はどこまでも突き進む。

 今日の国会中継を少し見たら、民主党の男(大串だったかしら?)が、
自衛隊員の妻子の話でお涙頂戴物語を"論"として(?!)展開しようと
していた。これで自民・公明政権に反対意見を述べたつもり?

 具体的にどうすれば、この「戦争法案」を廃案に持っていけるのか。
 創価学会会員の女たち、公明党議員を突き上げよう。自衛隊員、
「戦争法案」に反対しよう。殺されようとしているのはあなたたち
なのだから。そして、わたしたち、できる手段で「戦争法案」に
反対の声をあげ続けよう。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-27 15:16 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 05月 26日

ちょいと荻窪へ

e0030187_19154081.jpg












 昨日の衣替えで少し腰を痛め、昼前に接骨院へ。戻ってきて部屋にいたが、
3:30pm、まだ暑いけれど、Sが用事を思い出して荻窪へ。

 用事をすませ、今日は「ささま」はお休みなのでB・Oへ。108円の棚には
欲しい本がない。仕方なく半額棚で2冊。
 教会通りを歩く。以前、写真を撮ったことがある古い木造のクリーニング
屋さんで、ご主人がアイロンをかけている、窓を閉めたままで。中ではエア
コンをつけているのかしら? 外を歩いていると、熱中症になりそうな気温
と湿度である。

 よろよろと衛生病院付近を歩き、八丁の交差点から駅に戻る。「象のあし」
で文庫本1冊。ドトールで休む。エアコンに救われる。

 部屋に帰りつき、買ってきた本を手に取る。武田泰淳「ニセ札つかいの
手記」(中公文庫)を開いたら、下の一行が目に飛び込んできた。

< キルドルムは、覚醒薬と睡眠薬、ことにトランキライザーの安静作用を
 兼ねそなえる、最新式の輸入薬だった。>
(p70 『「ゴジラ」の来る夜』より) 

 killdorm と綴るのか。あまりに率直なネーミングで、どうにも如何物くさい
が(作者はその効果を狙ったのだろうけれど)、実在したらぜひ試しでみたい、
ファンタスティックな薬ではないか。


 あぁあ、夏が来る。あと10年は歩き倒したいというのがSの願望らしいが、
暑くても寒くても外をうろつきまわることである。歩きやすい季節のほうが
断然少ない。ガンバらなくっちゃ?!





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-26 20:22 | 雑録 | Comments(0)
2015年 05月 25日

衣替え・地震・夕方の散歩(猫たち)

e0030187_1935533.jpg












 やっと決心して、2年ぶりの衣替えに手をつける。普通それは1年に一回
やることだろうが、去年の初夏は動きがとれなかった。わたしの着方は、
基本的に木綿にウール(と不本意ながらキルティング)を重ねるか減らすか
だから、ほとんど部屋で過ごした去年は真夏でさえ、やや薄手のスェット
で行けた。毎日出歩いている今年は、そうは行かない。

 何を持っていたのか、かなり忘れている。夏のワンピースが何枚も出てくる。
もう肉体労働者じゃないから、スカートでもいいんだ! 6・6@高円寺HIGH
用の服も思いつく。

 引越しで処分したのに、さらに不要の服が出てきた。ゴミ袋に入れる。
 ベッドの上に入れ替える服が積み重なる。クリーニングに出すものは、
むかし週に一度のコインランドリー用だった、大きなバッグに詰める。
 そんな狼藉状態のさなか、部屋が大きく揺れた。3・11の余震だ。

 これでもまだ原発を動かしたい? 川内(せんだい)原発は東日本大震災
とは地震域がちがうから、規制委員会の新たな基準は満たしてるから、
(桜島の噴火? Forget about it!)、放射性廃棄物の捨て場は、悪徳
産業廃棄物業者を表に立たせて、いつかどこかの過疎地の山中に捨てよう
なぞと、考えかねない連中だ。そのためにも不特定秘密保護法を作ったの
だろうし、貧富の差を拡大させて過疎地を創り出すのが、地方創世っていう
のだろう。ネオリベラリズムはファシズムの別名だ。

 クリーニング店に行き、また部屋に戻ってから夕方の散歩に出る。昼間は
蒸していたのに、涼しい風が吹いている。猫が出てくる時間だ。あちこちの
路地で涼んでいる猫に会う。
 全部知ってる道ばかりと決めこんでいたが、ふと角を曲がると、かつての
住宅地の名残を見せる、ひっそりした横道が、またいつもの道に通じていた。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-05-25 21:16 | 雑録 | Comments(0)
2015年 05月 24日

モーリス・ブランショ/粟津則雄 訳「来るべき書物」を読んでいる

e0030187_2125745.jpg








 写真は昨日の水神社から見た坂の反対側、つまり椿山荘の森・
関口芭蕉庵の辺り。今日は3:15pm現在、部屋から出ていない。
(4:05pmに部屋を出てしまい、5:25に戻ってきた。)

 先だって阿佐ヶ谷「コンコ堂」店内で買った文庫版のブランショを、
寝床でぽつぽつ読んでいる。気持よく眠れる。(が、当然のことながら
肉体に蓄積した疲労までは取ってくれない。)

 なぜだか分からないけれどブランショは好きだ。

<物語は、おのれ自身しか「報告」しない、そしてこの報告は、それが
 なされると同時に、おのれが語っているものを産出するのであり、それは
 この報告のなかで起っているものを現実化する場合のみ、報告として可能
 なものとなるのである。なぜなら、そのとき、報告は、物語が「記述して
 いる」現実性が、物語としてのおのれの現実性と絶えず一体化し、それを
 保証し、またそこにおのれの保証を見出しうるような、地点乃至(ないし)
 面を保有するからである。
  だがこれは、素朴な愚行ではないであろうか? 或る意味ではそうである。
 それゆえに、物語は存在しないのであり、またそれゆえに、物語に欠ける
 ことはないのである。
 [中略]
  これは、創造されるために、人の眼を開ける力をそなえたあの「光りあれ」
 という神の言葉を、みずから、まったく人間的な言いかたで発言しなければ
 ならなかった場合の、最初の人間の当惑を思い起させる。
  事態をこんなふうに言いあらわすと、実際は、ことをひどく単純化すること
 になる。そのために、人工的乃至理論的な一種の複雑化が生じてくるわけで
 ある。エイハブがモビー・ディックと出会うのは、メルヴィルの本のなかでの
 ことにすぎぬというのは、確かに本当だ。だが、この出会いだけがメルヴィル
 にあの本を書くことを許したというのも、確かに本当なのである。この出会いは、
 それが起るあらゆる面を越え、人々がそれを位置づけようとするあらゆるときを
 越えた出会い、この書物が始まるよりはるか以前に起ったと思われるほど、
 圧倒的で、法外な、独特の出会いであるが、それはまた、作品の未来のなかで、
 それに相応じた一個の大海原と化した作品が体現することとなるあの海のなかで、
 ただ一度だけ起りうるような出会いである。>(p022~023)

__どこまで引用し続けるつもりなんだ! と反省するけれど、ぶつ切りだと意味を
成さないし、カルヴィーノのパロマー氏は打ち寄せる波の数を数えることを試みるが、
ブランショの文章は波としてうねり続け、打ち寄せるので、いったん引用を始めると、
こんなことになってしまう。たんに、わたしの消化能力が低いだけだが。

     (モーリス・ブランショ/粟津則雄 訳「来るべき書物」
     ちくま学芸文庫 2013初 J)

5月31日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-24 18:07 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 05月 23日

永青文庫や水神社

e0030187_19311475.jpg












 とうとう諦めて二人ともウォーキングシューズを買ったからか、
ライフワークに精が出る。さすがに疲れがあるのだが、来週は
暑くなりそうだと、天気予報で言っていたし。
 今日は雑司が谷〜目白台〜永青文庫〜水神社などを歩く。

 日が射して少し湿気があるので、日本女子大を過ぎた頃には
へたばる。ひと休みしたくても、この写真のキャフェ(?)か
何かしか見当たらない。周りをプチブルに包囲されて休憩。

 小金持ちの臭いに悩まされた後は、大金持ちの匂いで気分を変える。
何年ぶりかの永青文庫は、プチブル観客の出入りにも拘らず静かで、
いい庭と建物だ。
 いまだ入館したことがない。「春画展」が始まったら、ちゃんと見に
行ってもいい。大名制度は文化の維持装置として機能していたことが
実感できる。

 今野裕一「ペヨトル興亡(工房)史」(冬弓社 2001初 帯 J)より__

< 大阪に芸術創造館というところがあり[中略]
  梅田から地下鉄で十分ぐらいのところで、谷町線の千林大宮駅から
 歩いていける。この芸術創造館の面白いところは、公共施設でありながら
 (というと失礼だが)、プロの芸術創造のための施設になっていることだ。
 税金を使って建てられた施設は、必ずすべての市民が使えなければならない
 という日本の市民感覚が、この国の芸術活動を大きく妨げているのだが、
 そこに挑戦してプロ対応の組織として運営されている。専門家の創造した
 芸術を観るということも、市民の創造的芸術活動であるとどうして思えない
 のだろうかと不思議だが[以下略]>
(p31 2000年7月30日の『ペヨトル工房解散日記』より)

 水神社。荷風がお歌さんと、荷物を坊主持ちしながら(だったと思うけれど)
歩いてきた江戸川橋から水神社。
 前回来たときは江戸川橋公園経由なので急な階段を上り、今日は目白台の
坂上から、ゆっくりと下りてきた。
 木漏れ日に斜面の白いトキワツユクサが群れる。東京はきれいだ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-23 20:50 | 雑録 | Comments(0)
2015年 05月 22日

シャーロット・パーキンズ・ギルマン/西崎憲 訳「黄色い壁紙」!

e0030187_13415042.jpg












 写真は19日の銀座のショーウィンドー。通り過ぎようとして、あんまりすてき
なので、Sに撮ってもらった。ショッキングピンクやシャケ色(サーモンピンク)
を使って、こんなにグレイドを感じさせる。ブランドって、なるほど、存在理由
があるのだと納得した。
 たまたま扉が開いたので見かけた、グッチの女店員は清楚で賢そうな美人
だったし、イッセイ・ミヤケはあの服がよく似合う、派手やかなタイプだった。
TVで見る若い女性タレントがみんな同じ顔に見え、美人だと思うことがない
年齢になったが、あの日見かけた女店員たちは、はっきり、タイプの異なる
美女だった。

 という話からフェミニズム怪談に移るのも変だけれど、シンシア・アスキス 他/
倉阪鬼一郎 南條竹則 西崎憲=編訳「淑やかな悪夢 英米女流怪談集」中の
シャーロット・パーキンズ・ギルマン/西崎憲 訳「黄色い壁紙」が、ほんとに
素晴らしかった! 悪くない佳作集で、他の作品もいいのだけれど、「黄色い
壁紙」の印象が強すぎて、他を忘れてしまいそうだ。

 古風にいえば産後の肥立ちが悪くて神経衰弱(という言い方があった)気味の、
若い女性(妻であり母親)の手記の形で綴られる。
 医師である夫から、毎日何もしないこと、安静に過ごすよう言い渡されている。
彼女自身は、
<性(しょう)にあった仕事や興奮や気晴らしこそが、健康のために必要だと
 信じている>(p82)のに、
夫の指示は逆であり、彼女は妻であり患者でもある立場上、彼に従うしかない。
夫や家人の目を盗んで、彼女は秘かに書き物をする。

 彼女の苛立ち。19世紀末に発表された怪談だけれど、1975年前後にわたしが
感じていた苛立ちと、そっくり同じじゃないか。どうして男は女の言うことが
分からないのだろう、同じ日本語なのになぜ、男と女とでは言葉が通じないの
だろう、わたしの感じている違和感・ニュアンスの違いをなぜ、男たちは理解
しないのだろう、男たちはどうして女は論理的じゃないと言うのか、口に出さなく
ても、自分の論理的優越性を見せびらかしてるとしか見えないのはなぜだろう...。

 思い出せばいくらでも出てくる。ほんとに腹立たしいものがあった。長梅雨
だったある年、わたしは穴居人の時代から女を生き続けていて、赤ん坊を抱えて、
男がマンモス狩りから戻ってくるのを待っている、というヴィジョンに襲われた
ことがある。(当時もその後も子孫を持たなかったのに)ひとりの女は過去の
無数の女たちの記憶を共有するのだ。
 だから、近頃の若い男たちが同世代の女たちから愛されることが少ないと感じても、
彼女たちに怒ってはならない。愛されない原因は、女たちを怒らせてきた男たちの
歴史にあるのだから、自分たちのせいではなくても、前代の男たちのツケを払うこと
から始めなければ、女たちとの関係修復はできない。戦争に於ける加害責任の取り方
と同じである。

[同日追記:理不尽だと思ったら、ドイツの戦争責任の取り方を思い出せばいい。
(わたしの解釈だが)戦後ドイツは悪をすべてナチズムに被けて、ドイツ人の無垢
を保証する、という合理化を図った。今の若い男たちも、男の悪を「日本の近代の
男」に被けて、自らの無垢を担保するやり方で行けばいいのだ。]

 「黄色い壁紙」の始まりの部分は、まさに女の苛立ち、立腹に満たされている。
貞淑なイヴを強要されてきたリリスが、狂気によって力を得、復讐を遂げる物語と
読んでもいいだろうが、フェミニスティックな基調から徐々に狂気やスーパーナチュ
ラルな方向へと移行していくのが、なんとも見事だった。

     (シンシア・アスキス 他/倉阪鬼一郎 南條竹則 西崎憲=編訳
     「淑やかな悪夢 英米女流怪談集」 創元推理文庫 2006初 帯 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-05-22 19:36 | 読書ノート | Comments(0)