<   2015年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 30日

六本木〜麻布十番〜三田一丁目

e0030187_1859435.jpg












e0030187_18592074.jpg












e0030187_1859405.jpg












 用事があってしかたなく六本木に行く。しかもミッドタウン。さらには
用事は半分しか済まなかった。やれやれ。
 六本木ミッドタウンとか初台オペラシティとか、ご大層駅ビルの類いは
大嫌いだ。最近のビルの寿命は短いが、この手の再開発・大規模駅ビルで
だけで、取り壊しと建設を繰り返して行ったらどうだろう、他の地域を侵蝕
するのを止めて?

 六本木交差点辺りは、以前来たときと同じように場末感が漂い、四方に
ゲス臭をたなびかせる。
 "下品"にはエネルギーがあり、神聖な野蛮ささえ付属するが、"下衆"に
救いはない。

 うんざりしながら芋洗坂を下り、麻布十番界隈。「日本切断研究所」の
ショーウィンドー(写真トップ)がおかしかった。縦半分に切断された
バイクも置いてある。

 麻布十番四丁目-5の古川に面した高速道路下の公園。むかし三田の方向
から歩いてきた。(2010年1月23日

 このときも、再開発されるだろうと惜しんでいた小さな家並みが、まだ
残っていた。細い道がうねり、お風呂屋さんの跡がある崖下(写真・二枚目)
の小さな共同体(写真・三枚目)が継続している。感動的だ。

 さて、ここからどうしよう。
 急ブレーキをかけて自転車が止まる。中高年男性がいきなり歯切れよく
話しかけてくる。
 「この辺を教えてあげようか」

 彼の話術の速度や密度を伝える腕がない。残念。すごい速さで初対面の
よそ者を話に巻きこみ、芝っ子の世界を連れ回す。芝っ子とは仰らなかった
けれど、話の速度と内容から、それと判断できる。

 「近ごろ(手帳を)見ないと思い出せないんだ」と、国民健康保険証や
紙類が詰まった小さいファイルを取り出し、細かい手書き文字を見ながら、
 「電車通りを渡って麻布山善福寺に、ほら、あのシャンソンの」
 「芦野とか蘆原?」(これはわたし)
 「男ですか女ですか?」(こっちはS)
 「女だよ、俺は男に興味ないんだ」
 「越路吹雪?」
 「そう、その石碑があって、誰でも入れるんだ」。
 こんな感じを、高速度で話される。

 お礼を述べて去ろうとすると、引き止められる。大通り沿いの二棟の
タワーマンションを指して、
 「俺、大っ嫌いなんだよ、40階だの50階だのって。ここらも狙われてるん
だけどさ。しょうがないって言えばしょうがないんだけどさ」

 和郎フラットを教えてくださった方(2014年3月28日)も、そうだった
けれど、東京が地元である人々は、いつも無情な変化にさらされ続ける。
 今日の彼にしても、大通りは相変わらず"電車通り"だ。都電が地上を
走らなくなって久しくとも、彼の記憶の中では走り続け、よそ者は彼の
発声の中に、都電のある東京を見る。

2016年11月28日に続く~
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-09-30 21:25 | 雑録 | Comments(2)
2015年 09月 29日

ひとなみにお月見を

e0030187_13174753.jpg












 秘かにゴミ捨てに出る以外、夜は外に出ないが、昨夜はゴミ袋も持たず、
試しに出てみた。昼間あんなに暑かったのに、薄ものを吹き抜ける風が
冷たいほど。
 月や、いずこ? まだ上って間もない満月が街灯の上に見える。なるほど
大きい。

 部屋に戻りSを誘う。望遠をセットして、表に出る。部屋はこの辺では低地
にあるので、坂を上ってみる。
 建物の上に、電線越しに、赤茶色の光輪(ハロー)を伴った月が白く輝く。
さながら井上探景の世界。

 坂の途中で何匹もの猫たちに逢う。お月見なのか、夜毎の寄り合いの時間
なのか。近所の猫は、この頃モノクロームが増えたようだ。夕べも坂を上って
下りてくるときに、数匹いた。

 猫に挨拶し、月を堪能して部屋に戻る。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-09-29 15:23 | 雑録 | Comments(0)
2015年 09月 28日

「Me キャサリン・ヘプバーン自伝 上」から下巻へ

e0030187_18545453.jpg












 3ヶ月、ほうっておいた(!)「Me キャサリン・ヘプバーン自伝 上」
が突然再開されピッチが上がり、昨夜から下巻に入っている。
 これは、ちゃちゃっと読むべき(スピードアップして読むべき)本
だったのかと反省するけれど、ときどき、読み続けられなくなる本
ってある。

 現代思想の類いで、訳が分からないから、ひと息に読めないとか、
そういうのではなく、なんとなく本の中に入りそびれたり、読んでる
途中で他のことを考え出してしまって読み続けられなくなったとか、
そういう本である。頭がその本の方向ではなかったことが分かって、
読めなくなるのかしら。枕元に何冊か中断した文庫本が重なり、ときに
自責の念に襲われる。いつか読み直すから待っててね。

 上巻の最後の章は『スペンサー』、スペンサー・トレイシーについて。

 スペンサー・トレイシーは主演作『ジェキル博士とハイド氏』を失敗作と
認めているが、映画会社を説得できなかったけれど、あるアイディアを
持っていた。
 ひとりの男優がジキルとハイドの二役を演じるだけでなく、ジキル博士
の婚約者である、いいお家のお嬢さんと、ハイド氏の愛人である娼婦も、
ひとりの女優によって演じられるべきで、ジキル/ハイドはもちろん彼が
演じ、女優は、まだ出会っていなかったキャサリン・ヘプバーンを考えて
いたという。

 男優も女優もそれぞれの分身を演じる。これは、とても面白いアイディア
だが、いま作るとして、誰と誰をキャスティングすればいいのか。ハリウッド
(は、まだ在るのか?)ではないところで、たぶん作られそうだ。

     (キャサリン・ヘプバーン/芝山幹郎 訳
     「Me キャサリン・ヘプバーン自伝 上」 文春文庫 1998初 J)

10月1日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-09-28 21:22 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 09月 27日

地下鉄南北線/文京区向丘二丁目界隈

e0030187_23321836.jpg












 地下鉄・南北線は便利だ。8月18日の初・南北線に続き、昨日も
丸ノ内線を四谷で乗り換え、南北線・東大前下車。まず東大農学部
を歩いた。

 病院や多数の学部がある本郷三丁目の方と違って、コンパクトな
ところがいい。入って左に、木造・アールデコと言いたくなるような
「弥生講堂アネックス」。「農学部2号館」は、裏側の配管がスチーム・
パンクにうつくしい。(農学部キャンパス(弥生キャンパス)概要地図
を見ながら書いている。)

 おとといは雨、曇りだがときに晴れる日は歩かなきゃ。だが、雨上がりの
夏や秋は、蚊やブヨの書き入れ時でもある。
 Sは出かける前に虫除けスプレイを噴霧し、Sよりは刺されにくいわたしは
何も準備せず、ただかゆみ止めを持って出た。Sに代わって刺されることに
なり、せっせと持参薬を塗る。

 キャンパスは緑豊か、新建材なんてケチくさい材料を使ってない、本物の
スクラッチ・タイルの建物が並び、間然するところがないが、虫類にとっても
いい環境なのである。立ち止まって写真を撮る度に、いや、歩きながらも、手で
蚊柱やブヨ柱をかき回し、追い払わなくてはならない。いそがしい。

 いちおう撮りたいところは撮れたようなので本郷通りに戻る。ひと休みしたい
が喫茶店が見当たらない。足はすでに本駒込方向である。
 コンヴィニエンス・ストアのカフェラテを飲んで、もう少し歩く。表通りは
つまらないので内側に入ると、ここもまた、新建材・住宅に覆われつつある。

 けれども、戦火を免れたような古い住宅が、ときに目に飛び込む。写真の曇り
ガラスの窓(廊下に沿って直角に続く)の木造二階建て住宅など。

 向丘二丁目24辺りの路地はうねっていて見通せない。右に行こうか左を取る
べきか迷っていたら、自転車で通りかかった男性が右方向を示し、
 「こっちは大通りに行けますよ」と教えながら過ぎ去って行かれた。
 雑司が谷も複雑な路地だが、向丘は初めて歩くこともあり、迷宮感覚が強い。

 南北線・本駒込駅にたどり着き、順路を逆に戻る。つい歩き過ぎる...。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-09-27 21:08 | 雑録 | Comments(2)
2015年 09月 26日

2015年に思想犯は存在しない

e0030187_15424254.jpg












 2015年9月26日付け「梟通信〜ホンの戯言」からリブログ
させていただく。
 上記でご覧いただけばいいのだが、広げたいので、当ブログ
にも引用記事を孫引きしておく。

 田中龍作ジャーナル思想犯」の復活 国会前、大量逮捕からの引用だが__

< 久松署に留置されていた男性は、耳を疑いたくなるようなことを
 刑事に言われた。

  「ここには殺人(犯)もいる。強姦(犯)もいる。思想犯ばかり
 じゃないからね」と。

  男性は「思想犯と言いましたね?」と刑事に質した。刑事は
 「暴力につながる思想が問題だ」と突っぱねた。まるで戦前の
 特高警察ではないか。

  検察が勾留請求できなかったために男性は逮捕から2日目で釈放
 された。にもかかわらず警察は彼を思想犯扱いにしたのである。>

 戦後の民主化以来70年、2015年現在の日本で、"思想犯"がどのように
存在し得るのか、させられ得るのか。法的根拠が聞きたい。
 不特定秘密保護法下にあるので、久松署の刑事名は明かされないのか。

<警察庁出身の杉田和博官房副長官が、警視庁に規制の徹底を指示した>
そうだが、警察は安倍晋三・独裁政権が永遠に続くと信じているのだろうか。
ただのテンポラリな政権のご機嫌取りをして、権力を行使する喜びに浸りたい
のだろうか。

 警備に当たる若い警官たちに、暴力を振るうことは権力行使の喜びであると
教えたいとでも思っているなら、それは戦場の論理であり、ヤクザが市民に
ゴロをまくことに等しい。怯えさせて、そこから利益を得ようとすることだ。

 流行らない、都合よく忘れ去られた言葉だが、"公僕"という名詞がある。
警察官もまた"公僕"の一員であろうし、私的には一市民である。理不尽な
命令には、良心的に従わないことを選ぶ権利がある、基本的人権として。
 不特定秘密保護法は、警察を辞めることまでは禁止しない。辞めたあとで
知り得たできごとを語ろうとするとき、彼を縛ろうとする法律だから、これも
次の政権で、廃止あるいは厳格な歯止めをかけ、実際的に使用不可能な法律
に変えよう。

 日刊ゲンダイでも、反安保の学生に警察が…土足でズカズカ“横暴捜査”
実況中継
と報じられた。

 これら、不当に逮捕され、心身ともに傷めつけられ、人権を蹂躙された
人々を孤立させてはならない。法的には、どこにどういう訴えとして届け
出たらよいのか分からないが、弁護士たちは訴訟の準備をしているだろうか。

 もう一本、日刊ゲンダイから__野党共闘に難色 煮え切らない岡田民主党に
国民のいら立ち


 民主党は勘違いしてはいけない。市民が求めるのは、"安倍晋三じゃない
民主的で公平な政府"なので、それが民主党だろうが共産党だろうが、ブランド
名には全くこだわっていない。

 たかだか自民党の少々、気弱派みたような民主党なら要らない。岡田代表の
やるべきは、保守指向の細野や前原を追い出し、すっきりしたリベラル政党に
なることではないか。せっかく共産党が選挙協力を言い出して、市民が望む
野党共闘ができるかもしれないときに、何をちまちまと勘違いしているのか。
 ここで共産党と決裂したら、民主党は裏切り者である。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-09-26 23:23 | 雑録 | Comments(0)
2015年 09月 25日

由良君美「みみずく偏書記」読了

e0030187_15413127.jpg












~9月24日より続く

 窮すれば通ず。"血圧の高そうな文体"というフレーズを思いついた。

 近頃では、あまり熱した風を見せず少し斜にかまえて、言いたいこと・
訴えたいことからも身をかわす姿勢を見せる芸風こそ、おしゃれ心ある
知性とされるようだから、その面では昔のひとの文体であろう。
 でも臭みに対する熱狂的なファン層というのも底流にあって、これは
これで長く続く。"近代"の枠組みに対する抵抗自体、近代の産物なので、
まだ落とし前は着いてないのさ。

 本についての本は、読者自身の本の記憶も立ち上げる。
 『わたしの読書遍歴』中の『翻訳の読み方__回想風に』によれば、
由良君美は菊池寛他編集の「小学生全集」から翻訳書を読みはじめた。
中でも『アラビアン・ナイト』が気に入り、

<児童用の再話や抄話でないものが欲しくなった。幸い日夏耿之介たちの
 全訳が当時あって、小学生には難しかったが、背のびをすれば読むことが
 できた。この全訳(バートン版)が与えてくれた充実感と満足は忘れられない。
 以後、児童用再話本や抄話本は駄目だと根深く信ずるようになった。その
 信念は、『ロビンソン・クルーソー』を児童用再話本から全訳へと進んで
 読んでみたときに、ますます強められたからである。
 [中略]
 翻訳書からスタイルの味を教えられたのは、小学四年の頃読んだ鶴見祐輔
 訳『プルターク英雄伝』だった。そのリズム感にあふれる訳しぶりに引き
 ずられて、ぐいぐい読み、以後文体の際立っていないものに不満をもつように
 なった。>(p203)

 恐るべき小学生。しかし「プルターク英雄伝」で思い出したが、宇能鴻一郎
こと嵯峨島昭「軽井沢夫人」で、主人公の愛読書として、たしかこの本が挙げ
られていたのではなかったかしら。
 宇能鴻一郎は1934年生れ、由良君美、1929年。5歳ちがいだ。

 「軽井沢夫人」の1979年頃の若い衆である主人公の、これが愛読書?
あの頃の若い男が読む本だろうか、という謎があった。
 仕方ないから、自分でサイドストーリーを作って合理化しながら読んだ。
きっとこの貧しい青年の生家にただ一冊だけあった、おそらくは戦死した
伯父の形見か何かで、彼はきっとこれしか本を読んでいないんじゃないか、
ということで自分を納得させた。

 『書物についての書物』の『外山滋比古『異本論』__読者なくして作品
なし』には、

<通信が、送り手と受け手があって成りたち、受け手によって完成される
 ものであるように、作品も読者によって読まれることで、情報行為が完成
 する。その際の、読む読者は、作者の存在や意図などはおかまいなしに、
 自分に引きつけて読むのであって、そうでなければ、作品は生き生きと
 読まれることはできない。
 [略]
  読まれることで作品は新しく生まれ変るのだから、読むという行為は
 一種の<異本づくり>になる。>(p329~331)

 わたしは小学生のころ、何が好きだったかしら? 「秘密の花園」が中学生
時分の「恐るべき子供たち」につながったのだろうか。

     (由良君美「みみずく偏書記」 ちくま文庫 2012初 帯 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-09-25 17:12 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 09月 24日

由良君美「みみずく偏書記」3/4

e0030187_1511185.jpg












~9月23日より続く

 「みみずく偏書記」中の『わたしの読書遍歴』中の『ニュー・スクール、
バーク、スロチャワー』のスロチャワーについて知りたいと検索していたら、
あまぞんのブックレヴューに行き当たった。

 日本にかつて存在したところの英文学界にまで目配りが及ぶレヴューで、
これ以上、わたしが何か感想を述べることもなさそうだが、明日読み終わっ
たら、また何やら書ける、かなあ? でっち上げるとも言うけれど。

     (由良君美「みみずく偏書記」 ちくま文庫 2012初 帯 J)     

9月25日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-09-24 23:13 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 09月 23日

由良君美「みみずく偏書記」1/4

e0030187_149586.jpg












 「聖パウロ」から洩れ聴こえる声が第五章『主体の分割』に至って、
いよいよ聴こえなくなった。
<主体をこの未聞のリアルなこととの関係において構成するものは、
 その統一ではなく、その分割である__かかる啓示によって、この
 形象はみずからを配備するだろう。>(p101)

 うーん、無視して読み進めていけば、いつかそのうち耳に入ってくる
言葉も出てくるかもしれない、これまでと同じように。ただ、メゲて
しまった。
 由良君美「みみずく偏書記」にシフトして英気を養う(?)。

 由良君美といえば2006年7月20日に抜き書きした箇所は、まさに今の
状況...、いや、9年前より状況悪化が甚だしい。webはますます汚染された
ルサンチマンの海。

 7月20日付けブログの後、2ヶ月で第1次安倍晋三政権発足。9年後の今、
クーデタによる独裁政権進行中だ。つぶさなくっちゃ。明治維新という
薩長クーデタ政権が、第二次大戦の敗戦を経ても続いた、劣化の果てだ。
倒さなくっちゃ。

     (由良君美「みみずく偏書記」 ちくま文庫 2012初 帯 J)

9月24日に続く~





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-09-23 20:40 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 09月 22日

吉田健一「三文紳士」再読・読了+戦争法案は議決されていない

e0030187_2221448.jpg








 写真は、新富町辺りで見かけたトヨペット・クラウン・デラックス
(たぶん初代)。工業製品の美、モダーン・デザインの美が広く存在
できたのは、1970年代までではないかと思う。"進歩"する、"進化
する"ことが善と見なされ、人々の憧れや夢が像を結ぶ場として存在
したころまでで、ジウジアーロで終る。

 その余はCADというのかしら、どこの製品も同じ形になって、いま、
市場で披露される工業製品から、欲望を喚起する形象は、ほぼ消えた。
あれより、これのほうが、まだましか、という消極的選択肢から選ば
される。

 かといって、たとえば、今出来の60年代調デザインの車に惹かれるか、
といえば惹かれない。本の復刻版が、紙質や印刷技術、活字インクの違い
など歴然としていて、それなら欲しくない、と思うように。
 これは復刻の試みを否定するものではない。本に書かれたデータだけが
コンピュータ保存されるのでは、"本"という三次元オブジェ全体の保存には
ならない。

 細川護貞「細川護貞座談―文と美と政治と」(中公文庫)で、たった一カ所
覚えているのが、博物館や美術館から代々伝わる兜なりを貸してくれと頼ま
れるとき、オリジナルばかり所望されるが、心得違いだと細川護貞が述べて
いる箇所。
 正確な記憶ではないが、代々の兜であろうと傷んでくるから後年、"写し"を
作って伝えてきた。"写し"は"写し"として、それが写された時代の技術を伝える
から、オリジナルだけ尊重する態度はおかしい。そんな話だったと思う。

 なるほどと思ったが、本の場合、なぜ復刻版は魅力がうすいのか? どんなに
ぼろぼろになっていても、印刷物は元版のほうがうつくしい。アウラがある。
 情報的に正確に写し取られていても、復刻版からは蒸発するみたいにアウラが
消える。たぶん、60年代調デザインの車と同じように、今じゃないものを無理に
今、存在させようとするから、ということがあるのだろうか。

 なかなか吉田健一に入らないが、むかしむかし読んでいて、さすがに覚えて
いる話の多い「三文紳士」だ。

 戦後、編集者との仕事絡みで酒席を共にすることが多くなったので、
<文壇臭い文士になることに対する[中略]最後のレジスタンス>として、
鉢の木会という、小説家・批評家の友だち同士で毎月一回、酒を飲んで
集まる会を始めた。七人の文士が集まったが、月々の主人役はゲストを
呼ぶことができる。

< 今月の会は筆者の家でやって、丁度、アメリカの日本文学者のドナルド・
 キイン氏が近く帰国されるということであり、日本の一流の文士に会って
 置かれるのも他日の参考になるかと思い、招待した。氏の連歌の手並は
 堂に入ったものである。>(p231)

     (吉田健一「三文紳士」 講談社文芸文庫 1991初 J)


 国会会期中に間に合わせるために9月25日10am締切だが、
安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れへの賛同のお願い
にweb署名できる。

 ここで申し入れ文が読め、こちらが署名フォーム
 そもそもあれが採決と認められるか。

 安保関連法「廃止法案」を直ちに国会に――憲法違反を唱え続けよもある。

 「息の長い民主化運動のために/バーンアウトを回避するためのヒント集」というのも。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-09-22 21:33 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 09月 21日

malgre moi/「言いたい事と言わねばならない事と」/No Pasarán

e0030187_20572978.jpg












 "malgre moi"という言葉を知ったのは、「法案可決しても運動はさらに続く」
~憲法学者らが国会前でリレートーク
の石川健治氏のスピーチで。

 政治的な事柄への抗議運動に立ったりすることについて__

<出来事に対して、距離を置いて冷笑的に見ていくシニシズムがある。
 [中略]
 しかし、私のような(非政治的で学問至上主義でやってきた)者で
 あっても、やはり立ち向かわなければならない時があるんじゃないか、
 と思う。
  「私のような者でも」という言い方として、"malgre moi"(マルグレ・
 モア)というフランス語がある。「私のような者であるにもかかわらず」
 とか「意に反して」とかいう意味だが、[中略]
 「私のような者であっても」という気持ちが、非常に大事だと思い、
 私はここに立っている。立憲の旗を高く掲げて立っているわけです。 >

 ニンじゃないしガラじゃなくても、ときには、やるべきこと・言うべき事が
出てくる。今朝の「東京新聞」には桐生悠々の「言いたい事と言わねばならない
事と」全文が掲載されている。青空文庫でも言いたい事と言わねばならない事と
が読める。

 澤藤統一郎の憲法日記 奴らを通すな。奴らを落とせ。で知った言葉が
"No Pasarán"。

<スペイン内戦で、反ファシズム陣営の合い言葉となったのが、
 「No Pasarán(奴らを通すな!)」。国会前の集会でも、たびたび
 演説者の決意として引用もされ、コールもされた。>

 そして来年夏の参議院議員選挙、落選運動対象者リストが続く。__

 北海道 長谷川岳
 青森  山崎力
 宮城  熊谷太
 秋田  石井浩郎
 山形  岸宏一
 福島  岩城光英
 茨城  岡田弘
 栃木  上野通子
 群馬  中曽根弘文
 埼玉  関口昌一 西田実仁(公明)
 千葉  猪口邦子 
 東京  竹谷とし子(公明)中川雅治 松田公太(元気)
 神奈川 小泉昭男 
 新潟  中原八一
 富山  野上浩太郎
 石川  岡田直樹
 長野  若林健太
 岐阜  渡辺猛之
 静岡  岩井茂樹
 愛知  藤川政人
 京都  二の湯智
 大阪  北川イッセイ 石川博宗
 兵庫  末松信介
 和歌山 鶴保康介
 鳥取  浜田和幸(次世代)
 島根  青木一彦
 広島  宮澤洋一
 山口  江島潔
 徳島  中西祐介
 香川  磯崎任彦
 愛媛  山本順三
 福岡  大家敏志
 佐賀  福岡資麿
 長崎  金子原二郎
 熊本  松村佑史
 宮崎  松下新平
 鹿児島 野村哲郎
 沖縄  島尻安伊子

__党名が記されていないのは自民党員だ。

 採決のときだか、民主党の男性議員が自民党の女性議員に暴力を
振るったそうだが(TVニュースで自民党キャンペーンみたいに取り
上げられていた)、じゃあ、産経(!)ニュースの“ふくよかな”議員が
外側ブロック、自民の「鴻池委員長防衛シフト」 参考にしたのは
防衛大学校名物の…
で対抗しようか。これを自慢話として報道(?)
するセンスが不思議だが。
 ネガティヴ・キャンペーンにはそっくり同じ手法で返す。大人げない
とか、末梢的とか言ってないで、火の粉はさっさと払ったほうが、
よくなくって? 
 それとも産経ニュースがネガティヴに使われることにやっと気が
ついた自公側が、急ぎ、カウンターとして、暴力云々をTVで取り
上げるよう、要請したのか?





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-09-21 19:19 | 雑録 | Comments(0)