<   2015年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

鈴木創士氏のTwitter 2015/11/26

e0030187_10172756.jpg












 鈴木創士氏の2015年11月26日付けTwitter__

<神戸の震災で大量の本を失ったが、たまさかの僥倖か
 定められていた事なのか、かつて読んだのに消失して
 いた言葉がずっとそこにあったかのように、新しい本が
 机の上に置かれていたりすると、それが静物画のように
 見えるばかりか、頁を捲ると言葉が突然過去の中で起こり
 得た予兆のように私を震撼させる。>
(https://twitter.com/sosodesumus/status/670106137962917888)

__一文の中にどれだけの時制が含まれているか。

 阪神・淡路大震災のあった1995年1月17日(火)という過去に
定められたかのような未来。過去に読んだ言葉が水泡のように
新しい本として出現する(半過去形で続いてきた)現在。本と
いうオブジェに記された言葉が、死んだ自然が生き返るかのように
本の頁の中で、過去に見られた未来形を繰り返す現在。

 一文の中で、時間が循環する滝のように存在し、めまいを起こし
そうだ。
 これをフランス語訳すると、どんな時制が出現するのだろう。
日本語だから可能だった離れ技なのか。

 そしてもちろん、この一文の外には、これが書かれた現在と、
それを読む他者との、異なる現在がある。この現在は、書き手で
あれ読者であれ、それが読まれる度に現れる。

 時間が垂直にループする。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-11-30 20:38 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 11月 29日

麻布台一丁目へ

e0030187_12534520.jpg












e0030187_20323875.jpg












e0030187_20325319.jpg












 スローガンの熊谷氏のツイッターに、危うし、麻布台一丁目!と記されている。
去年の春、3月28日(金)に行ったときも、かなり危うい様子だったが、さらに進行
しているのか。行かなくっちゃ。

 写真トップ奥に見えるのが、和郎フラットへの行き方を丁寧に教えてくださった
妖精(グノーム)みたような方のお家。一度お礼に伺いたいと思っていたが、もう引越
されていた。申訳ない...。

 前回は、地下鉄大江戸線・麻布十番から歩いてきて道に迷ったおかげで、妖精
(グノーム)みたような方にもお会いできたのだが。

 昨日は大江戸線・六本木から飯倉片町方向へ、大通りのひとつ裏道を進んでいった。
すると、またしても急坂。今回は丹波谷坂である。坂は風景にすてきなアクセントを
つけるけれど、年々歳々つらくなる。
 美には持久力が要るし、風流は寒いものと決まっているけれど、ため息。

 霊友会の怪しい建物を右に見ながら進むと、地番が虎ノ門五丁目に替わる。すがれて
うつくしい界隈。初めて来てもなつかしく感じる、最後の東京を見届けようとしている
のだろうか。(静かに滅びさせてくれない、貧しい日本だ。)

 帰りは地下鉄日比谷線・神谷町を使う。歩くための脚力だけでなく、地下鉄の階段用
の体力も重要である。乗り継ぎだけでも、かなり歩く。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-11-29 20:46 | 雑録 | Comments(0)
2015年 11月 28日

小林信彦『おかしな男 渥美清』中に土屋伍一の?記事あり

e0030187_12214988.jpg












 小林信彦は1961年にTVの仕事で渥美清と知り合っている。
寅さんシリーズ以前、名前は売り出したが、スターになれるか
どうか分からない時期である。

 1962年2月、森繁劇団の旗揚げ公演が宝塚劇場であり、渥美清
も二つの芝居に出演した。森繁久彌の回想によれば、

<万座を圧倒したのは渥美清である。恐らく浅草から丸ノ内の
 劇場へ来て、これが初めての芝居だろう。/ともかくウケる
 ので渥美は毎日シャカリキで>演じていたそうだ。

< ぼく[注:小林信彦]が楽屋に顔を出したのはこの芝居の途中
 から次の幕が上る間だった。
 <シャカリキ>のあとのせいか、彼[注:渥美清]は疲れた表情で
 いた。楽屋は東宝の脇役(わきやく)の田武(たぶ)謙三(けんぞう)
 (一九一四~一九九三)と同室で、田武は白衣の男にマッサージを
 してもらっていた。
  渥美清は小声で、
 「あのマッサージの人ね。高見順の『如何(いか)なる星の下に』
 のモデルになった人だよ」
  と説明した。
 「如何なる星の下に」のどの人物かは忘れたが、おそらく戦前の
 浅草の芸人であろう。
  かつては華やかだったであろう芸人が、昭和三十七年[注:'62年]
 になって、上り坂の芸人を丸の内の劇場でマッサージする。さながら、
 モーパッサンか永井荷風の短篇のような光景であった。>(p29~31)

 誰とは明示されていないが、これは土屋伍一の目撃談ではないだろうか。
(まだ『如何なる星の下に』を読んでいなかった!)

     (小林信彦『おかしな男 渥美清』
     新潮文庫 2003初 J)

12月1日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-11-28 21:19 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 11月 27日

(1)ヒラリー・ウォー/法村里絵 訳『この町の誰かが』読了

e0030187_21492114.jpg












 1990年か、そのちょっと前、人口18.000人のコネティカット州
クロックフォードで殺人事件が起きる。20年くらい前までは人口
3.000人の農民と漁民の町が、今ではアッパーミドル・クラスの町
になっている。

 少数派の黒人も小学校の校長として招かれるような、リベラルな
町で、ハイスクールの16歳の少女が強姦され惨殺される。親も友人も
それほど美人じゃないと証言するのに、殺された途端、マスメディア
で"美少女"扱いされるのは、いずこも変わらない。

 関係者の証言を編集するルポルタージュ・タッチで、物語が進む。
 犯人が町の住人でしかあり得ないことが決定的になると、それまでの
静かで良識的な町(だったはず)の空気が一変する。人々の隠された
私生活も露わになり、誰もが自分以外の他人(ひと)が犯人ではないかと、
疑いの眼差しを交わすようになる。

 ここらまでは、よくできてると思った。証言者の、自己保身に駆られた
が故の俗物根性発露にしても、倫理性追究のプロパガンダ的強調が抑えて
あって、悪くなかったが、犯人の設定が、どうも安直に感じる。
 ここまで丁寧に書いてきて、これはないんじゃないか。アメリカの作家は、
体力芸から逃れられないのかという気にさせる、なにか大味な犯人像だ。

     (ヒラリー・ウォー/法村里絵 訳『この町の誰かが』
     創元推理文庫 1999初 J)

2017年4月17日に続く~





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-11-27 20:42 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 11月 26日

闘う/闘ってきた/闘うであろう、しぶしぶと。

e0030187_22355588.jpg












 何と闘うか。近代の男的なるものと。近代のマザコン男の、
拗くれた権力意思の顕示と。

 何なんだろう、女にある種の意思表示、意見表明されるだけで、
男である自分の立場を拒否・否定されたように感じるらしい、近代・
マザコン男が、未だ剪滅されていない。マザコン男は意思表示する女
を見かけると、頭ごなしに、押さえつけとかなきゃ、と思うようだ。

 彼が一人称で攻撃してくるなら、まだいい。他人の意見を前面に
出して、その陰に隠れて、批判・非難・攻撃しようとする。
 女々しい。ママのスカートの後ろに隠れて虚勢を張っていた頃
から、ちっとも成長してない。彼にしてみれば、"ほのめかし"と
いう抑制された、あるいはもしや"洗練"された手法と思ってるかも
しれないけれど、真正面からぶつかるのが怖いのね。

 近代の問題を解決しない限り、近代・マザコン男の再生産は続く。
わたしが死ぬ頃にも再生産は終わっていないだろう。それでも諦め
悪く、わたしは抗い闘うだろう。しょうがないなあと言いながら、
しつこく、しぶとく。(マザコン男剪滅がライフワークだったり
したら、目も当てられない悲惨な人生だけど。)

 女もまた言語を使用して生きているのであり、言語活動自体が権力
発現行為だから、それを認めるしかないと思うのだが、なぜか、近代・
マザコン男の癇に障るらしい領域があって、わたしはそれを遠慮なく
侵犯する。何か悪かったの?って。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-11-26 21:03 | 雑録 | Comments(0)
2015年 11月 25日

森茉莉付近 (35)/吉田暁子『父 吉田健一』の『鎌倉と私、そして父』より

e0030187_2327427.jpg












~11月24日より続く

 章立てはされていないが第三章に当たる『鎌倉と私、そして父』は、
鎌倉の山田珠樹家に間借りしていた頃の話である。

 (森茉莉街道をゆく__2004年9月16日 鎌倉の山田珠樹邸における吉田健一 と、
2004年9月19日 吉田健一が、森茉莉の元夫・山田珠樹の家に 参照)

 父・吉田健一の『貧乏物語』(『三文紳士』講談社文芸文庫)では、
コミカルに記述されている。

<終戦の年に家が焼けて。仕方なしに引越した鎌倉の家がいけなかった。
 家主の名誉を尊重して、どことははっきり書かずに置くが、
 [略]
 そこは母屋とその裏の山との間に挟まれた、二間続きの長屋だった。 
 [略]
 日当りが悪い上に裏がそういう風にじめじめしているのだから、畳が
 腐らないのが不思議な位で、
 [略]
  従ってそこは、口にするだに寒気がする各種の多足類の住処になって
 いた。
 [中略]
 子供はそういう生物を上手に摑まえて壜に入れて飼っていた。家の子供が
 昆虫に興味を持ち出したのは、この頃からだったと記憶する。>
(p122~123)

 そういう、身体にあまりよくなさそうな住まいだが、子ども(吉田暁子)
の目には、自然が豊かで楽しい思い出の家だ。44年振りに鎌倉を再訪して、

< 雪ノ下の家というのは、山だか丘陵だかの始まりの所に建った大きな
 日本家屋で、我々はその一部を借りて住んでいたのだ。
 [中略]
 いよいよかつての山田家(当時の大家さん)の所有地内に入るという所に、
 昔ながらのずんぐりした石の門が立っていた。
 [略]
  庭の南と東の端は記憶通りで、どちらも木が茂っていて、
 [中略]
 木の茂る中を歩く時は腐りかけの落葉の積った上を歩くのだが、私はそれが
 嫌いだった。ところがある時、庭の東端の登り道を私は一人で登り始めた。
 どの位登ったのか、そのうち私の後ろの方で視界が開け、遥か地平線に海が、
 海のかけらというようにほんの少し見えた。
 [中略]
 目の前に海が広がるのではなく、そのほんの一部が遥か遠くに覗いて、青い
 広がりを約束し、想像させるという、当時は知らなかった言葉だが「詩的な」
 風景は今でも私の脳裏に残っている。
 [略]
 私が小学校に入る頃は戦後の復興が大分進んだようで、
 
 [注:吉田暁子は1945年10月生まれなので、1952年、小学校入学。
 翌1953年の正月に吉田家の人々は東京に戻ったので、44年振りの
 鎌倉再訪は1997年のことになるか?]
 
 私がぴかぴかのランドセルを大喜びで背負っていると、大家さんや
 他の間借りの方達が集ってきて、「こんなものが出来るようになった
 んですね」と話していたのは憶えている。>(p29~33)

 <海のかけら>の件りはきれいな箇所なのと、吉行淳之介のエッセイ
にも吉田暁子と同じように、路地の先に、海の断片を見る話があった
のを思い出したので、まんざら、森茉莉と無関係でもないと思って書き
抜いた。

     (吉田暁子『父 吉田健一』 河出書房新社 2013初 帯 J)


 今日は三島忌だ。45年前だった。
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-11-25 18:00 | 森茉莉 | Comments(0)
2015年 11月 24日

吉田暁子『父 吉田健一』を読み始める

e0030187_224394.jpg












 タイトルの『父 吉田健一』は、ジャケットでは"父"と"吉田健一"の
間が少し開いている印象だが、目次と奥付では『父吉田健一』と、くっ
ついている。どっちにしようか迷ったが、読みやすいように、半角開け
にした。

 第一章『まっすぐな線__父のこと』に、娘が大人になって、一緒に
お酒を飲んだ夜のことが書いてある。

 ヴェルレーヌの詩を、
<父は何度も繰り返して、響きの稀な美しさに浸り、問いかけていた。
 その晩は父も私も静かな心持で、何も言わなくても時間は流れていた。
 二人がそれぞれ二階に上って、私は父が寝に行ったものと思っていたが、
 やがて父が書斎から出てくる音がして、私の部屋のドアの下に何かが
 差しこまれた。見ると紙切れで、ヴェルレーヌの詩の十四行が書かれて
 いた。この紙切れは私には宝で、パリに勉強しに行った時も持っていった
 はずで、どこかに紛れてしまったのはパリでだったろうか。>(p17~18)


     (吉田暁子『父 吉田健一』 河出書房新社 2013初 帯 J)

11月25日に続く~





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2015-11-24 20:36 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 11月 23日

ロバート・バーナード/浅羽英子 訳『暗い夜の記憶』読了

e0030187_11144412.jpg












 いつだったかブログのレポート欄を見たら、小林信彦「小説探険」読了
を読んでくださった方がある。
 書いた本人はすっかり忘れているけれど、

<ロバート・バーナード「暗い夜の記憶」(現代教養文庫)が、
 読んでみたくなった。植草甚一好みであるそうな。
< 植草さんが「暗い夜の記憶」を読んだとすれば、
  「出だしで唸ったものだ」
  と書いたのではないかと思う。>(p144)>と書き抜いている。

 興味を惹かれた本のタイトルは手帳に(手書きで!)メモしておけば
覚えていられるかもしれないが、それでも怪しいな...、書いただけで
安心して、古本屋の店頭に立ってもメモの存在を思い出さない可能性が
ある。

 ともかく、そういうきっかけで、入手して読むことにした。2008年に
読みたいと思ってから7年目である。
 そして、面白かったのだ。

 学童疎開ミステリ(?)である。第二次大戦中、ロンドンはドイツ軍の
空爆に襲われる。田舎に疎開した、ショックで記憶を失った5歳くらいの
男の子が主人公で、彼の成長の物語が10年毎に語られ、同時に10年刻みの
イギリス社会・風俗の変遷物語にもなっている。

 風俗小説として読んで興味深く、このまま彼の出生の謎など、どうでも
いいかと思っている頃、記憶を失った訳が分かり、さらに捻りがきいた
エンディングへ続く。ミステリとしても、ちゃんとしている。

 移民排斥の歴史はユダヤ人差別から始まっているが、主人公が実の親を
探し始める1960年代では、右翼の集会の様子が描かれている。

<演説のスタイルはヒットラーよりムッソリーニをモデルにしていたので、
 いやな記憶を喚起することもそのぶん少なかった。イギリス人は昔から
 あのイタリアの気取り屋に甘く、国を任すことは考えられなくても、
 国鉄の責任者にはしてやってもいいぐらいの気持を抱いていたもの。
 <指導者>の演説の内容は前座とそう変わらなかったが、露骨な人種差別
 表現は洗練され、歴史や哲学の引用によってふくらみを持たされ、前より
 微妙なだけにじわじわ浸透する効果があった。私同様、みなさんも知性と
 教養あるかたがたであり、信ずるところには立派な知的根拠があるのだ、
 と言っているように感じられた。>(p140)

 主人公がロンドンで就職して住む部屋は、

<ベッドシッター(一間で寝室と居間を兼ねる住居)は小さく、思ったとおり
 陰気だった。一方の壁にソファ・ベッドがつけられ、暖炉にはガス・ストーヴ
 が置かれ、古い肘掛け椅子の張り地だけ替えたものが寄せてある。炉棚のそばの
 合板の棚には、この部屋の呼び物の一つとされているらしいガスコンロ。汚れた
 レースのカーテンが下がった窓の下には、安定の悪そうな木のテーブルがあり、
 アルミとビニールの椅子が一脚配されている。>(p64)

 楽しく読んだが、2008年8月12日に興味を惹かれていながら、その後
『暗い夜の記憶』のタイトルは忘れ去られ、ロバート・バーナードの
他のミステリを面白がって読んでいるのが、我ながら解せない。

 2013年11月19日『芝居がかった死』、同年12月25日『作家の妻の死』、
2014年2月26日『雪どけの死体』と、読んでいる。
 おーい、わたしの記憶、やーい!

     (ロバート・バーナード/浅羽英子 訳『暗い夜の記憶』
     現代教養文庫 1991初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-11-23 23:28 | 読書ノート | Comments(0)
2015年 11月 22日

映画館で『アレノ』を観る

e0030187_11135253.jpg












 昨日は新宿K's cinemaでの映画『アレノ』初日。越川道夫・監督
たちの舞台挨拶もある。楠森總一郎氏、Ms.JUNXを誘って観にいく。

 越川氏のプロデュース、鈴木卓爾・監督の『私は猫ストーカー』
撮影用の古本屋に店をお貸ししたのが、もう7年前だ。(2008年
12月15日


 わたしたちが行ったのは2回目の上映。初日なのでこのときも、
上映前に役者陣・監督による、和やかな挨拶があった。

 暗くなり、スクリーンが輝き、映画が始まる。出演者はほぼ3人、
夫と妻とその愛人のトリオだ。
 小さな街の幼なじみが再会する。病弱な男(だが、小金はありそう)
と結婚して地方都市に住み続けるヒロインが、東京に出て行った男に
心が傾く。
 3人で湖に行く。心の傾斜に合わせるかのように、乗ったボートが
揺れて転覆事故を起こし、彼女と愛人だけ助かる。夫の遺体が上がる
のを、二人は近くのラブホテルで待つ。

 ラブホテルはセックスが期待される場所なので、ヒロインは愛人と
セックスする。男に挑みかかるように、ひたすらセックスする。
 夫の死を願わなくはなかったか、あれは事故だったのか、意図的な
転覆だったのか。彼女の目にだけ夫の幽霊が見える。恐怖を忘れるため
に、罪の意識を忘れるために、彼女はセックスに没頭する。

 ヒロインがうつくしく描かれるのが映画の役割だと思ってきた。当節の
映画は、そこだけにかまける訳に行かないのか、どうもヒロインが大事に
されない憾みがあったが、『アレノ』が満足させてくれた。
 越川監督、ありがとう!

 愛なんかなくってもセックスはできる(だから強姦が存在する)。
 セックスはコミュニケーションの手段でもあるが、どんなにセックス
してもコミュニケートできない、悲しいセックスもある。愛がないので。
 自閉したヒロインの猛々しいエロティシズムが、la diabolique振りが、
femme fatal振りが、ざらついた画面で描かれる。(彼女の吸血鬼性は、
愛人の首を噛み、傷跡をさらに噛もうとすることで明示される。)

 フランスで公開されればなあ、と思う。ヌーヴェル・ヌーヴェルヴァーグの
ヒロインとして、彼女は大スターになるだろう。エンディングのシーンなど
『勝手にしやがれ』を思い出させるではないか。

 生きてる実感の乏しい時代なので、ヒロインたちの台詞は上滑りして、
スクリーンから浮き上がる。カメラが見せる湖の風景は荒涼と凍てつき、
ヒロインや愛人がたまにホテルから出れば、外は冷たい豪雨の夜か、
みぞれ降る午後だ。

 疎外感だけのヒロイン(たち)をいたわるかのように、音楽がやさしく
映画を包む。けれど、荒れ野の果てにあるのは栄光ではなく、どこまでも
続く荒れ野である。

     (『アレノ』@新宿K's cinema 2015年11月21日)


[追記:
 幽霊の出てくるシーンは日常的でちっとも怖くないのに、遺体の
確認に行ったあと、湖のカットがある。カヴァに覆われ舫ってある
2隻のボートがふっと角度を変える。このシーンがいちばん怖い。
日本の怪談映画の伝統だろう。]
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-11-22 21:28 | 映画 | Comments(0)
2015年 11月 21日

鈴木創士氏の 文楽かんげき日誌 第13回「怪異と政治」

e0030187_22392221.jpg












 鈴木創士氏の 文楽かんげき日誌 も13回目を数える、
怪異と政治」。


 自由・平等・友愛を謳うフランス革命であるが、それらの
モットーが語られたと時を同じくして、恐怖政治(la Terreur)
という言葉ができた、と鈴木氏はいう。

<いや、恐怖政治、つまりテロリズムという言葉、理念、実践を
 発明したのは、イスラム過激派ではなく、フランス革命、つまり
 フランス人ですよ。>
(https://twitter.com/sosodesumus/status/554624111516090369
2015年1月12日)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2015-11-21 13:28 | 読書ノート | Comments(0)