猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 29日

田中美穂『亀のひみつ』読了

e0030187_17184558.jpg












 写真は27日(土)の散歩時に。むかし、東の東京を歩き始めたころ、
ぶつかったお家に再会。
 東京はやっぱり東側だ。西にしか住めなかったけれど。地下鉄に乗る
体力が維持できれば、いつでも蔵前や人形町に行ける...。


 わたしは、亀・認知度が低い。飼ったことがないし、見かけた記憶も
少ない。公園の池では鯉とともに亀が泳ぐし、明治神宮の、井戸近く
の池の亀たちが4時か5時のチャイムとともに、一斉にどこかへ消えて
しまったのを目撃したり、お堀を悠々と泳ぐ大きな亀かスッポンを見た
こともあるが、触ったことはない、と思う。

 TVで、老夫婦と飼い亀の様子を見た記憶がある。飼い犬や飼い猫と
同じような、ヒトとカメのつき合い方だった。ご主人を玄関までトコ
トコと送り迎えし、夜は木の椅子に置いてある、小さな毛布に包んで
もらって寝む亀だった。亀って、なつくんだと驚いた。
 もう一つの亀ライフの映像が、著者、蟲文庫店主・田中美穂さんが
ホームページに上げていらした動画だ。いま、どのページだったか
見つけられないが、猫を追いかけて廊下を、かなりな速度と音を立てて
進む、亀の勇姿だった。亀は走る! 知らなかった。

 そんな貧しい亀知らずが、全編・亀の本を読んで理解できるのか。
小説でも映画でもドキュメンタリが苦手で、もっぱら人事を描いたフィク
ションにしか反応しない(動物文学も苦手)たちで、ついて行けるのか。

 ところが、みごとに楽しかったのである。ひとえに作品のもつ力である。
ほんのりしたヒューマー、静かな観察、亀を廻るできごと全般を見渡す
視界。いつの間にか一冊の本が終わる。

 本であること、つまり装釘・造本もすてきだ。ジャケットA面(表側)
は薄緑色に白抜きで『亀のひみつ』とシンプルだが、B面(裏側)が
凝っている。草の上のクサガメ・サヨイチ氏が見開きで現れ、左下には
萩原朔太郎の詩『龜』。グラシン紙で覆ったが、糊付けせず、いつでも
B面が見られるようにした。

 ほぼ全ページにカラーで写真や挿絵があるが、『第2章 亀のひみつ』
『甲羅のふしぎ』では、いろいろな人の描いた亀画が紹介されている。

 3月19日(土)から新宿 K's cinema で新作『ジョギング渡り鳥』が
公開される、鈴木卓爾・監督も亀画を寄せられ、さすが映画監督と
思わせる絵のうまさ(絵コンテを描くからだろうか、映画監督はみんな
絵がうまい)だけれど、キャプションは、
<飼ったことがない人代表>。
講評は、
<ガメラ好きということで意外にも細部までよく描けているのですが、
 やはり甲羅の枚数が多すぎます。>(p080)

 p081には甲羅の規則性を示す挿絵がある。これを見て、子どもの頃
よく食べていた亀の甲せんべいを思い出してしまうのが、亀痴である。

 フルカラーの中に一枚だけ、モノクローム写真がある。
<庭の水道付近で遊ぶ1歳半くらいの著者。
 いまもこの場所で亀水槽の掃除をしています。>
(『第1章 うちの亀』『亀とわたし』p023)
 大人になった田中美穂さんの顔がすでに在る。

 その右側にはカラーで、いまの姿(1歳半から約20年後に作った
亀リュックを、制作後20年経って背負った姿)。種としての亀は
2億年変わらなかったそうだが、ヒト・個体として(失礼!)変わら
ない著者も、すごい。

 ひとは、ごく早いうちに決定される。決定的なものを確実に生きる
のが、生物として正しい生き方かもしれない。亀や猫や苔に学び
ながら。

     (著者・田中美穂/監修・矢部隆『亀のひみつ』
     WAVE出版 2013年3刷 帯 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-29 21:29 | 読書ノート | Comments(0)
2016年 02月 28日

新御徒町〜浅草橋(台東区小島2丁目〜浅草橋2丁目)

e0030187_2159773.jpg













e0030187_21592117.jpg












 鳥越おかず横丁の「入舟」は中毒性がある。ふりかけとつぼ漬け
他の魅力に引きずられて、昨日は新御徒町まで地下鉄を乗り継ぐ。
土日は乗物が混むから原則、歩いて行けるところ、あるいはバスを
使う近場に向かうことが多いが、あの魅力に勝てない。

 今回は佐竹商店街をパスして、駅から斜めにジグザグ、おかず横丁
を目指す。

 小島2丁目から1丁目、鳥越1丁目「入舟」で買ってから、さらに南進。
浅草橋3丁目には「左衛門橋通り」という表記がある。その脇、浅草橋
5丁目になるのか、お休みだったが「鶴の湯」を発見。
 ここも、梟通信〜ホンの戯言氏の足跡のひとつかしら?

 さらに歩く。浅草橋2丁目10の角にある二階屋に惹かれた。
横壁のトタン板は錆び、ドアの真ん中、透明ガラスから覗いた
感じ(上の写真)では、もう使われていないようだ。拝見したい。

 風が冷たくなった。革とビーズのお店が目立つ、JR浅草橋駅前の
Vに避難。ともかく身体は温まった。

 地下鉄・浅草橋から一駅乗って、蔵前。御蔵前書房はお休み。
大川が近いけれど踏みとどまって地下鉄で戻る。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-28 12:43 | 雑録 | Comments(4)
2016年 02月 27日

ドナルド・キーン/大庭みな子 訳『古典の愉しみ』もう少し

e0030187_20274045.jpg












 写真は近所で。ゴジラみたいな影だったので。

~2月26日より続く

 またしても『第二章 日本の詩』より__
<和歌の三十一の音節ではどんな技巧をこらしても表現できない事柄も
 たくさんある。物語は(『万葉集』にも物語風な詩はいくつかあるが)、
 そんなに簡潔な形では語れない。心情のみならず知性のかかわる事柄
 は充分述べるわけにはゆかない。金鉱山の発見だの、辺境の不穏な
 分子を抑えるための出兵などという国家的な重要な出来事とか、詩人の
 社会的な、あるいは宗教的な問題に対する反応などを和歌というものの
 中に織り込むことは、ほとんど不可能である。
  日本の詩人はほとんど例外なく詩的な形態として和歌を選ぶことに
 よって、詩の有用性の多くを犠牲にした。しかし、西欧の詩人が十九
 世紀までは時にはラテン語で書いたように、日本の詩人は、和歌に適さ
 ないものは漢詩という形に頼った。
 [略]
  九世紀には漢文の知識は非常に誇りの高いものとされていた。その頃、
 日本語などは日用品を買ったり召使いに指図をするための言葉だと思わ
 れていたに違いない。
 [略]
 和歌が__というより日本文学というものが__永く生き残ったのは、
 女性たちが漢文ではなく大和言葉を使ったからだ。
 [略]
 男性が女性に詩を贈ろうとすれば、漢詩ではなく日本語で歌を詠ま
 なければならなかったからである。
 [略]
 求愛のための歌の利用は、素晴らしく美しい書道を発展させもした。
 歌の内容にふさわしい紙、ふさわしい墨の色もまた重要なものである。
 書かれた歌が(たいていは一首だけだが)贈られるときには四季それぞれの
 花が添えられ、そして、言うまでもなくそれにふさわしい優雅な使いの者
 を送ることが必要になる。この時代から詩と他の芸術が密接な関係を持つ
 ようになった。絵にふさわしい歌が描き込まれるし、豪華な着物には歌が
 織り込まれる。和歌の各行はあちこちに広くちりばめられ、漆の工芸品にも
 歌が描き込まれる。長歌が短歌にとって代わられたのは、一つには長いもの
 はこのような使い方には不適当だったのだろうか、結果として和歌の発展の
 ためには幸運なことであった。
 [略]
 日本人は自らの選択によって、詩の表現内用を制約してしまったが、自身の
 悲劇や、国家の悲劇について大声を挙げて叫ぶ代わりに、過ぎた愛のことや
 激しい恋のせつなさを数少ない言葉で表現する道を選んだ。>(p59~63)

 教科書で背景の説明もなしに(あったのかもしれないが記憶にない)、ただ
一首ずつ取り出して解釈・説明された和歌とは、ファッション雑誌風に言うなら、
平安朝貴族の、知的でおしゃれなライフスタイルを彩るマスト・アイテム=和歌、
だったのだ。掛詞とか歌枕、文法は習ったようであるが、和歌がやりとりされた
現場なんて、考えてもみなかった。我ながら、お粗末...。

     (ドナルド・キーン/大庭みな子 訳『古典の愉しみ』 宝島社文庫 2000初 J)

3月2日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-27 21:01 | 読書ノート | Comments(0)
2016年 02月 26日

ドナルド・キーン/大庭みな子 訳『古典の愉しみ』半分

e0030187_2231414.jpg












 日本文学にヨワい日本人には、外国人のために書かれた日本文学史の
ほうが解りやすいだろうという読みは大筋では当たっているようだが、
『第二章 日本の詩』で、比較文学的に西洋の詩の技法の話が出てきて、
ここらは全くの無知識なので困る。

< 和歌は特定のパターンに並べられた三十一[注:五、七、五、七、七]
 のシラブルから成ると述べた。音節の韻というものは過去の西欧の詩の
 中には存在しない。現代詩では音節韻が強勢(stress accent)による韻律
 より普通になっているかもしれないが、単なる音節の数というものが充分
 なリズムを与えるということは、少なくとも英語においては考えられない。
 英語に組み込まれている強勢は、弱強格(iambs)や強弱弱格(dactyls)の
 ような定まったパターンを詩人が尊重するしないに拘らず、英語には現れて
 くるものである。現代英語での詩作ではこれらの強勢を利用し、シンタッ
 クス(主語、述語、修飾語などの位置関係)で音節をさらに強調する。初期
 の英語の詩ではその韻律効果を強勢のパターンか韻に頼っていた。ギリシャ
 語やラテン語では母音の長短を用いることによって同じようなパターンを
 つくり出していた。
  日本語には強勢がない。この点ではそれぞれの単語の最後の音節の強勢が
 均一になっているフランス語に似ていて、ギリシャ時代から好まれていた
 パターンに近い詩を作るのは不可能である。それでもフランスの詩人たちは
 二十世紀まで常に韻を用いてきたが、これは日本の詩人にとっては不可能な
 ことである。韻をふむことが難しいというのではなく、逆に韻を揃えるのが
 容易すぎるのである。中国から輸入されたある種の言葉以外は、日本の言葉
 は五つの母音のどれか一つで終わっている。意図するとしないとに拘らず、
 韻の数学的な確率は二十パーセントである。
 [略]
 韻というものは困難が伴うときに初めて関心が持たれるものであって、必然的に
 起こるものであれば、それが散文と詩の違いを示すものとはなり得ない。第三の
 西欧の韻律の方法__音節の長短、強弱によるもの__は日本の古典では不可能
 であった。というのは日本語ではすべての音節のウエイトが同じだからである。
 現代の日本語では長母音、短母音のものがあるから不可能ではないかもしれないが、
 そういう試みをした詩人はいないようだ。
  日本語では音節に頼るしかなく、八世紀から二十世紀に至るまで、あらゆる形の
 詩において、この原則は変わっていない。>(p48~50)

 英米文学の講義に顔を出していれば、なんの話かピンと来たかもしれないのに、
こうやって書き写してみても、隔靴掻痒のままだ。

     (ドナルド・キーン/大庭みな子 訳『古典の愉しみ』 宝島社文庫 2000初 J)

2月27日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-26 22:41 | 読書ノート | Comments(2)
2016年 02月 25日

今週のホイホイ(2)/少女小説的〜秦早穂子『影の部分』から

e0030187_2384589.jpg












 何をもって"少女小説的"というのか漠然としているけれど、たとえば
『小公女』の中で、貧しい屋根裏部屋で思いがけず開かれる、少女たち
の夜の大宴会。

 子どものころ読んで、屋根裏部屋にまず憧れ(今でも憧れる。二階建て
実家の階段の途中にあった狭く天井の低い中二階が、屋根裏部屋イメージ
を作った。"ワンルーム・マンション"の"ロフト"は、あの秘密を隠して
いそうな小部屋
とは、まるで違う。ただの物置!)、そんなお部屋で、
子どもたちだけでごちそうを食べる。憧れるに決まってる。

 そうか。いま思うと、バーネット夫人__子どものころ読んだ本では、
作者名がそう記されていた。若松賤子・訳に倣った表記だったのだろうか?
__の『小公女』と『秘密の花園』という二大(?)孤島・児童小説愛が、
『恐るべき子供たち』への偏愛へと続いたのだろうか? 外に対して閉ざ
された室内、秘められた庭園、どちらも孤島である。
 (『甘い蜜の部屋』にも続く。そろそろ読み返そうかしら。)

 そこで秦早穂子『影の部分 La Part de l'Ombre』の感想を書いたとき、
書き残してしまった箇所を思い出す。

 自伝風小説の中の少女・舟子が小学校から中学生になるころ、
『赤いマニキュアの女』から引用したい。

 ヒルデという"あいのこ"の娘が、舟子の母・桐子を訪れる。ヒルデは
ドイツ人の父と日本人の母をもち、20歳を越えたくらい、横浜で生まれ
育つ。父がドイツに去り、母は日本人・貿易商の下で働く。
 ヒルデは次第にその貿易商を愛してしまったと、舟子の母に苦しみを
打ち明ける。

< 大切な打ち明け話を、ヒルデは階段の踊り場に腰掛けて桐子にする
 のである。二つに区分された階段の真ん中は、畳三畳ばかりの広さが
 あり、大きな花瓶と椅子の二、三脚も置け、高い天窓からは夏は風が
 吹き、秋は日差しが落ちてくる。下から上がって、踊り場の後ろの左の
 木の壁をそっと押すと裏階段が現れる。そこは小部屋にもなっていて、
 階段を降りれば裏庭へと通じる。舟子と月子[注:舟子の妹]のお気に
 入りの秘密の遊び場だ。叱られたり、気に入らない気分になると、舟子
 は裏階段の片隅に入り込んでしまう。電灯もあるから本も読める。
 [略]
  桐子とヒルデは、いつの間にか、この踊り場で話すのが習慣になった。
 そのために、子どもたちは自由に裏階段を使えない。ヒルデは裏階段の
 存在を知らず、踊り場の空間を気に入っていた。
  「ここにいると、宙に浮いたみたいで、気持ちがいいわ」
  「私たち女はみんな宙ぶらりん。だから、ふさわしい場所なのかしら」>
(P199~200)

     (秦早穂子『『影の部分 La Part de l'Ombre』
     リトルモア 2012初 帯 J)     





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-25 18:31 | 読書ノート | Comments(0)
2016年 02月 24日

ガリコ/亀山龍樹・遠藤みえ子 訳『ハリスおばさんモスクワへ行く』読了

e0030187_2181517.jpg












~2月22日より続く

 感心しない出来だという感想しかなくて、唯一の救いが、上田とし子
の挿絵とジャケット画。わたしは少女小説好きなのに、バーネット夫人
『小公女』とか、レオノーラ・キャリントン『耳らっぱ』とかの。

 これはエンタテインメント小説の欠点ばかり出ている。読者を飽きさせ
ないようにという配慮から、できごとを詰め込み過ぎ、筋立ての変換に
必要だからという理由だけで人物を配置して、使い捨てる。

 出版当時(1972年)、英米人読者が、70年代のソ連の官僚像として
思い描くのは、この程度だろうと作者が勝手に思いこんで描くところの、
凡庸で頭が固くて英米人より劣った存在である、ステレオタイプな"悪の
帝国"ソ連の役人たち。それがイギリス人の通い女中・ハリスおばさんと
いう観光客の、拡大鏡をかけた目を通して描かれる。
 思いこみの類型を、ワイドスクリーンに拡げてなぞるだけの、反共プロパ
ガンダ・エンタテインメント・少女小説、かしら。俗悪さを愛するわたし
だが、趣味の角度からひどくズレていた。

     (ガリコ(ポール・ギャリコ)/亀山龍樹・遠藤みえ子 訳
     『ハリスおばさんモスクワへ行く』 講談社文庫 1982初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-24 21:44 | 読書ノート | Comments(0)
2016年 02月 23日

江戸川乱歩『黒蜥蜴』読了

e0030187_22491355.jpg












~2月22日より続く

 山前譲の解説に、三島由紀夫と江戸川乱歩の出席した座談会
「狐狗狸の夕べ」が「宝石」誌に掲載されたときの、乱歩の
「まえがき」が引用されている。

< 三島さんは昨年アメリカへ行かれる直前、私の所へ電話をかけて、
 「小牧正英バレエ団にたのまれたから、あなたの旧作「黒トカゲ」
 (女賊を主人公とする通俗もの)をバレエに脚色したい。承諾して
 下さい。アメリカから帰ったら脚色に着手する」と申込みをされた。
 三島さんはああいう私の通俗ものも読んでいるらしく「あれは面白
 かった」といわれる。私は意外に感じたが、旧作を三島さんが脚色
 してくれるというのは楽しいことなので、承諾しておいた。それが
 三島さんの外遊中にバレエ団の事情で中止になったので、そのこと
 についてお話しがあった。>(p218~219)

 <私は意外に感じたが>と乱歩は言うけれど、引力と斥力が同時に
存在し、不可能な合一を目指す二項対立のドラマを、三島が愛さない
はずがない。

 女賊・黒蜥蜴には手下がいるし、名探偵・明智小五郎の背後には官憲
の援助があるので、群舞シーンも作れるからバレエの話が出てくるのは
解るが、どちらかといえば、バレエではなくオペラにしたほうが効果的
ではないかしら。黒蜥蜴・緑川夫人と明智小五郎の対話はアリアだ。

 今からでも遅くない。誰か19世紀末風のフェイク・オペラに仕立て
ないかなあ。物語の骨格を際立たせた脚色、衣装や装置はシンプルに
とどめ、メロディだけは大時代な。

     (江戸川乱歩『黒蜥蜴 江戸川乱歩ベストセレクション5』
     角川ホラー文庫 2009初 J)



R.I.P. 合田佐和子.....2月19日死去。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-23 20:29 | 読書ノート | Comments(0)
2016年 02月 22日

ガリコと乱歩の併読(と Apple と)

e0030187_18362066.jpg












 ガリコ(ポール・ギャリコ)/亀山龍樹・遠藤みえ子 訳『ハリスおばさん
モスクワへ行く』を読み出したが、ひどく退屈。原作は1972年刊だが、
ソ連邦に対する英米人の大衆的な偏見に寄っかかった雑さが目立って、
あまり感心しない。同じ退屈でも、古風な俗悪さと腐臭が漂うほうがいい。
江戸川乱歩『黒蜥蜴』も読み始めた。

 1968年の東横劇場で三島由紀夫版『黒蜥蜴』__美輪(当時は丸山)
明宏の緑川夫人、天知茂の明智小五郎を観ているし、ヴィデオで京マチ子
の映画版、TVドラマで岩下志麻のを観ている。(フェティッシュですてき
な話とは言え、そんなに好きだったのか。)
 岩下志麻は着物姿はとてもきれいだが、男装すると、ふだんパンツルック
になじんでないのが窺われて、様子が決まらなかった。

 『黒蜥蜴』は2月23日に続く~
 『ハリスおばさんモスクワへ行く』は2月24日に続く~
 
 Apple VS. FBIの件は、銃規制反対なら、Apple を支持すべきであろう。
個人が国家からその尊厳を侵されるような事態に立ち至った場合、自分を
守るために銃を持つ自由があるとするなら、一台の iPhone に裏口の鍵を
つけることは、全家屋・全室内に共通するマスターキーを製作することに
等しい。
 どうしてトランプ風情は、この道理を理解しないのか。長年のアメリカン・
ダブルスタンダードで、脳が麻痺しているから理解できないのか。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-22 21:36 | 読書ノート | Comments(0)
2016年 02月 21日

Brigitte FontaineとAunt Sally

e0030187_16533772.jpg












 お風呂に入ってたら、あたまの中でメロディが聴こえる。Brigitte
Fontaineだとは解るが曲名が思い出せない。お風呂上がりにせっせと
検索。

 これだった__Brigitte Fontaine -- Blanche Neige 。こっちも
好きだった__Il Pleut。ああ、レコード3枚とも捨ててしまった。

 検索しながら、Aunt Sallyも思い出す。あの曲が聴きたいと探して
いたら、アルバムで出ている。おお...。
 Aunt Sally - Aunt Sally (full album) 。6:34辺り、口笛から始まる
2曲目がずっと聴きたかった。

 いいバンドだった。キッドアイラックホールで一度聴いたきり、他の
バンドも出ていた筈だが、Aunt Sallyの記憶しかない。
 暗い白熱感。一枚のモノクローム写真のような音の記憶。映って
いるのは、針を振り切って幽体と化したような何か。

 演奏の後、Phewと当時のLapis(今はLapiz)とのフォトセッション
を見ていたが(写真は佐藤ジンが撮っていたのだろうか、地引雄一
だったか、それも思い出せない)、燃焼しつくして熾火のようになった
Phewのパワーに、Lapisが、対峙しきれないだったか、敵わないだったか、
そんなことを言っていた。
 エネルギーの出し方の、男女での違いだろう。






..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-21 23:54 | アート | Comments(0)
2016年 02月 20日

書き忘れないうちに

e0030187_2254443.jpg












 いつか書こうと思って、すぐ忘れてしまう。東京新聞2月16日(金)
付け夕刊・2面の下のほうに小さな記事があった。

 総務相・高市(バカイチ)早苗が12日に、
<マイナンバー制度の個人番号カードを使って各種サービスを提供
 できる民間事業者として、同日付けで三社を認定したと発表した。
 政府は番号カードの普及促進のため、使い道を行政手続きだけで
 なく民間にも拡大することにしており、認定の第一弾となる。
  三社は「日本デジタル配信」(東京)と「スマートテレビ連携・
 地域防災等対応システム普及高度化機構」(同)、「ICTまちづくり
 共通プラットフォーム推進機構」(前橋市)。>

 つまり、
「日本デジタル配信」(東京)
「スマートテレビ連携・地域防災等対応システム普及高度化機構」(東京)
「ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構」(前橋市)
__これら三社が、今のところの官僚の天下り先として準備された、という
了解でいいかしら。

 2月16日付け朝刊・3面のほうには、大見出しで<アベノミクス袋小路>、
その下の小さな囲み記事に、15日の衆議院予算委員会での安倍晋三の発言
が伝えられる。

<国内外の株価下落などで年金積立金管理運用独立行政法人
 (GPIF)の運用が長期にわたって不調だった場合、年金支給額を
 減額する可能性に言及した。
  「想定の利益が出ないことになれば、当然支払いに影響する」
 と述べた。
  一方で「長期的なスパンで見るので、時々の損益が直ちに
 年金額に反映されるわけではない」とも指摘した。>

 断りもなく老齢基礎年金を株式市場につぎ込んで、株価を上げる自作自演
をやっているが、失敗しても安倍晋三は責任を取らない、という決意表明だ。
 マイナス金利に続くアベノミクス(アホノミクス)第二弾は、安倍晋三の
お仲間、日銀総裁・黒田東彦の辞任しかないだろう。

 TV局はトップが全員、安倍晋三のお仲間で占められたのだろうか。経済政策
の失敗を大きく明確に報道すれば、国民も無気力・無関心から目を覚ますと
思うが、いまだ総務相・高市(バカイチ)早苗は、電波法・曲解のゴリ押しを
謝罪も撤回もしない。バカイチ(の地位)になめられっぱなし。なさけない。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2016-02-20 15:50 | 雑録 | Comments(1)