猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 11日

イスレール・ザングウィル/長谷川修二 訳『ボウ町の怪事件』読了

e0030187_2201179.jpg












 店にあったっけ、なかったっけ、と思いながら買って読んで
みたら、これはとても好きだ! え、1891年に刊行された?!
 驚くべきモダーンさだ。密室殺人ものであり、名探偵ふたりの
推理対決であり、かつ風俗描写が楽しめる、イギリス文体のミス
テリ。

 "イギリス文体"と呼ぶのは、たとえば、殺された男の家主である
ドラブダンプ夫人の描写、

< ドラブダンプ夫人は後家であった。後家に生まれついた者はなく、
 誰も中途からなるのだが、これを知らないと、ドラブダンプ夫人は
 生まれつき後家ではなかろうかと想像する人もいよう。お定まりの
 長身、痩躯(そうく)、例の青ざめた、くちびるの薄い、細面(ほそ
 おもて)の、鋭い目つきに、かてて加えて、例のいやにきちょうめん
 に結んだ髪といった、下層の後家の百相ことごとくそなわっている
 のだ。亭主をなくしても依然として巧笑倩(せん)たりなどというのは、
 上流の上にだけ見られる女の定めなのである。>(p7)

 さんざんに言われているが、彼女はなかなか癖があって、すてきなの
である。
 新進・名探偵が雨の日曜日の午後、殺された男が眠る墓地に行って
みると、

<灰色のショールをかけ、とび色の帽子をかぶった女が、区画された
 一基の墓の前に立っている。彼女はかさを持っていない。雨は痛ましく
 彼女の上に落ちかかるが、すでにぬれた女の服には雨の跡さえつかない。>
(p100)__ドラブダンプ夫人であった。

< 「でも、あなたはこんなみじめなところになんのために来たのですか?
 お宅から遠いのに」探偵が質問した。
  「休日ですもの」ドラブダンプ夫人はひどく驚いたような調子で教えた。
 「休日には、私はいつも散策に出るんですのよ」>(p101)

 殺された男、アーサ・コンスタントは、わざわざ下層階級であるドラブ
ダンプ夫人の下宿に住まう。労働者の救済のために情熱を燃やす男だった
が、家主には彼の思いなんぞ伝わらない。

<手は白く、シャツも白く、財力の点でさえ紳士階級に属するくせに__
 なぜ電車の車掌のことに頭をわずらわさなければならないのか、ドラブ
 ダンプ夫人には全くわけがわからなかった。
 [略]
 ことによると、このボウ町から議会に出る抱負をもっているのかもしれない。
 が、それなら亭主持ちの下宿に住めば一票得をするからそのほうが賢明で
 あろうに。>(p9)
__女性参政権以前の物語だ! 男の労働者階級では労働運動の気運が
高まっていて、労働者自身の中からも組合運動専従者が出てきたり、上流
階級からもアーサ・コンスタントのような男が出てくる。

 アーサ・コンスタントは自分で靴を磨く男であるが、

<ボウの労働者は、あんなに水をたっぷり使わない。飲料にも、朝の
 洗面にも、それから洗濯屋(せんたくや)の店でさえも。それから、
 労働者たちはドラブダンプ夫人の出すごちそうを彼のように当然の
 ような顔をして食べない。
 [略]
 アーサ・コンスタントは口をあけて、彼女の与えるものを食べる。
 お定まりのとおりに、わざと目をつむってみたりせずに、かえって
 大きく見開いているのが得意らしい。しかし聖者が自分の光輪の奥
 を見るのは至難のことであろう。実際には、頭の上の光輪はしばしば
 霧と区別しがたい。>(p10)

 下層階級と同じ地域に暮らし、同じ食事をとるアーサ・コンスタント
だが、朝の紅茶はかつてと同じものを喫している。

 
     (イスレール・ザングウィル/長谷川修二 訳『ボウ町の怪事件』
     創元推理文庫 1961年5版 裸本)

 今日の午後は東松原へ行った。古書 瀧堂で4冊。
 マイケル・ペピアット/夏目幸子 訳『フランシス・ベイコン』(新潮社)、
大阪圭吉『とむらい機関車』(創元推理文庫)、小林信彦『回想の江戸川
乱歩』(文春文庫)、「海野十三敗戦日記』(中公文庫BIBLIO)。



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 安倍首相の3・11会見打ち切り=震災6年で「節目越えた」
棄民したい、ということだろう。させるものか。

 森友問題の原点 安倍・松井・籠池を結びつけた団体の正体
ここをTVと新聞で大きく報じれば、右側を止められる。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-11 20:56 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 03月 10日

エルメスの手しごと展"アトリエがやってきた"+WO|OOD+ロイズ・アンティークス 青山

e0030187_1501512.jpg












 昨日から表参道ヒルズで始まったエルメスの手しごと展
"アトリエがやってきた"
を、平日に見に行こうよと、昨日の
疲れが抜けないSを誘う。去年のルイ・ヴィトン展で味をしめ、
ハイ・ブランドだからって敬遠するのは止めたので。

 しかし平日でも原宿表参道はヒトが多い。かつては欅並木が続く、
たんに散歩道だったが、観光地なのに驚く。明治神宮の表参道だから
門前町として繁昌している、と考えればよいのか。

 職人の手技が見たくて行ったのだが、あのスペースだと入場制限して
入替制にするべきではないかしら。8ブースのどれも人だかりして、隙間
から、スカーフの縁かがりや、手袋にする革を手で伸ばす作業などを、
ようやっと覗く。

 入場無料、ポスターになる案内状やシール等も無料。13日(月)は休み、
19日(日)まで。

 大通りを外れて住宅地を歩く。美容院が目につく住宅地だ。静かだ。

 また大通りへ。WO|OODというお店のショーウィンドーに目が行く。
外から見ただけだが、シンプルできれい。

 さらに通りを進み、ロイズ・アンティークス 青山で捕獲された。
 路面店は強い。道路の延長としてのエントランス部分にさりげなく
展示配置された椅子やテーブルに誘われ、ふらふらと、まるで浸透
するみたいに店内に入る。"骨董品"というのも、わたしたちがヨワい
モノのひとつだ。小物雑貨から家具まで、世の中には"饅頭怖い"的、
どうにもヨワいモノが存在する。

 天板の下に格納されたもう一枚の天板を、スライドさせて卓面を拡げ
られるナラ材の食卓。延長板をしまうときは、そっと押すだけでいい。
フェルトが敷いてあるので静かに収まる。
 あるいは、細長い作業台風の食卓。こちらは時間を封じ込めるように、
輪染みや黒い汚れを残してニス掛けしてある。

 店内は幅も奥行きもゆったりしている。いろいろな年代の家具や室内
装飾品が置かれているが、それぞれが十分に味わえる距離、空間である。

 奥の方、ガラス扉付きのキャビネット(元々は本棚)に目と心を奪われる。
ガラス扉は上部の小さい透明な菱形以外、うすい苔色の霜柱みたいな柄に
被われている。
 扉を開けて見せてもらうと、デッサンで影を描くように、ガラスの裏側から
引っ掻いて作られたのだ。うつくしい。欲しい。

 西洋の家具を日本の住宅で用いるとき、問題になるのがサイズだ。
日本の住いのサイズがもう一段大ぶりにならないと。

 11amに部屋を出て、2pm過ぎには戻った。

 

 
呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 「森友学園」の籠池泰典が小学校新設を諦めるTV会見を開く陰に隠れて、
南スーダンからの自衛隊撤退を発表する安倍晋三って、なんだろう?
 両者ともに、このタイミングでマスコミに顔を出し、事件をうやむやに
終息させるよう、日本会議のボスに指示されたのか?
 こうすれば追究が終わるのか、「加計学園」事件が続くのに?





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-10 20:49 | アート | Comments(0)
2017年 03月 09日

ほっとして喫茶[ ε ]へ行く

e0030187_17512247.jpg












 春先の行事/責務を済ませ、数日ぶりに部屋の掃除をする。
用事で昼前に出かけたSが、そろそろ帰ってくる時間なので
ハタキかけ__壁面トップと天井との境からハタキをかける
__を省いた、床だけの掃除で時間を短縮。
 カーテンは表と裏、両面にハタキをかけるべきなのか、とき
どき疑問になる。カーテンの襞をつくる頂上は、立体度が高い
ので気をつけているが。
 あらためて(ハレ)大掃除しないですむので、ふだん(ケ)
掃除が好きだ。それでも、ときには身体が動かない。

 Sがまだなのでメモを残して喫茶[ ε ]へ。

 またレイアウトが少し変わっている。小型プレス機が右手奥
の作業台につながって置かれている。ここで、小品を自分で印刷
するワークショップが開かれるといいな。

 後ろの棚にあった『美術手帖』1982年9月号(特集:シュル
レアリスムの30年代)を見ていたらSが入ってくる。
 お茶の水で調香師Lと会い、印刷のトーンのどちらを選ぶか、
ふたりで話し、Lと別れてから美土代町、内神田と歩き廻って
きたそうだ。

 Molly Drakeのレコードが掛かる。ジャケット、すてき。

 喫茶[ ε ]では、4月からA4版を折った新聞を発行する予定!





呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-09 20:44 | 雑録 | Comments(2)
2017年 03月 08日

阿佐ヶ谷へ行ってきた

e0030187_23261620.jpg












 この写真は東大駒場で。少子化なのに、なぜ大学構内の
建物が増えてるのだろう? 駒場寮はもうない。

 窓を開けたら寒いけれど、真冬の寒さではないので出かける。

 地下鉄・南阿佐ヶ谷駅前の案内では、税務署まで500mとある。
なぜ区役所と離れて在るのだろう? 確定申告の季節になると毎年、
税務署脇にプレファブ小屋を建てるのはなぜだろう? 建ぺい率や
資金や何かの問題で、税務署本館を建て替えられないから、毎年、
小屋を建てては壊ししているのだろうか? 
 「今日はスケソウダラの配給です」というアナウンスが聞こえて
きそうな小屋に入り、右手の相談窓口に並ぶ。

 50分待ちして順番になり、こことここを確認したいと言うと、それは
左側にいる税務署員に尋ねてくれ。
 こちらが答えると越権行為になるからだそうで、左側に行く。

 尋ねてみると、これでいいと言われる。安心して、提出書を立って書く。
椅子に坐って書きたいけれど、近くに喫茶店もないし、開けっ放しの扉脇
カウンターで書いて提出。

 お昼に着いて1:40pm頃、終えた。駅方向へ戻る。途中、ドーモ・
アラベスカ
を確認。健在。

 パール街へ。B・Oの108円棚で須賀敦子『霧のむこうに住みたい』
(河出文庫)を先だっての50円割引券を使って58円で買う。
 疲れているようで、本の背文字を追うパワーが不足。北口まで伸す
のは無理だな。

 お茶を飲み、「書原」の隣の靴屋で靴を買って戻る。去年痛めた
右足が、いまだ治りきっていない。



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-08 16:48 | 雑録 | Comments(0)
2017年 03月 07日

明日、阿佐ヶ谷に行けるだろうか

e0030187_1744452.jpg












 もうインフルエンザの流行も終わったのではないか、ひと頃
より寒さも底上げされ、冷蔵庫内のような大気ではない。
 昨日から税務署行きの準備を始めた。

 足し算後引き算。長年、春先は確定申告に行っているのに、
いつまで経っても、ここはどの数字を入れるのかとか分からない。
毎年、不明の箇所が出てくるような気さえする。覚えたいとも覚え
なきゃとも思わないので、このありさまなのだろう。
 ストレス性肩こりに頭痛を起こし、今日は接骨院へ。

 明日こそ阿佐ヶ谷に行って、帰りは、ああ、もう「書原」がない。
どこかで休憩してから北口の古本屋巡りをして帰る、という計画
だけど、寒そうでためらっている。



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 日本会議が森友学園をネトウヨと排撃

 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!

 FBで暴露 稲田大臣の夫は塚本幼稚園の顧問弁護士だった?

 もう止まらない 森友学園大疑獄が安倍政権を吹っ飛ばす





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-07 21:47 | 雑録 | Comments(0)
2017年 03月 06日

いやな時代...

e0030187_2192956.jpg












 室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」批判

 見苦しいブチ切れ答弁…森友疑惑、主役は安倍晋三である

 共謀罪の一例__スケさん・カクさんという二人の添乗員と
ともに日本各地を旅行するミトコーモンという老人が、旅先で
役人の横暴に悩まされている住民と知り合う。
 なんとかしてあげたいと思って、住民を交えてスケさん・カクさん・
ミトコーモンが会談すると、隠居と添乗員ふたりのツアー団体は、
テロ集団と見なされる。
 困っている住民たちも、彼らに相談したことで、反社会的・非一般人
の団体と見なされる。

 ときの権力に反抗する姿勢を見せると、すぐに一般人ではなく、
テロリストや反社会的集団の一員と見なして監視対象にできる、
権力にとって使いやすい、便利極まりない法律が共謀罪だと、
上記の例で説明するのは、どうでしょう?



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-06 13:21 | 雑録 | Comments(2)
2017年 03月 05日

鈴木創士氏のコラム『第84回 蒼ざめた女』

e0030187_1113963.jpg












 2017年3月、鈴木創士氏のコラムは、『第84回 蒼ざめた女』。

<いずれ小人(nain)はパン(pain)となり、夜(nuit)は井戸(puits)に
 変わるかもしれないのだし、つまりあるとき小人とパン、夜と井戸は同じ
 ものとなり、またあるときデスノスは、デュシャンの口を通して自分自身を
 食べ、デュシャンとともに自分から出て行ったのだということになるのだ。>

__眠り男チェーザレみたいなキリスト...?




呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-05 12:17 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 03月 04日

(2)邦枝完二『瓦斯燈時代』読了

e0030187_16291727.jpg












~3月3日より続く

 これ一冊を読んだだけで何か言うのは不遜ってものだが、
邦枝完二は自意識の甘さが弱点だと思う。自己認識が、
"敗残の江戸っ子の子孫"で終わってしまっていて、それ以上
考えたことがないのではないかしら、と失礼なことを思う。

 荷風を敬愛するのは分かる。荷風に、自分と同じような疎外感や、
それ故に江戸へ傾斜する愛を感じたからだろう。だが、荷風が江戸
や下町を愛したのは、眺めるに十分な焦点距離が持てたから、と考え
たことはなかったのかしら? 明治の成功者の子どもとして生まれ育ち、
経済的余裕があったから距離を保って愛することができるのではないか
などと、邦枝完二は考えたことがあるかしら? 荷風の記す、江戸や下町
への愛を、額面通りに、真正面から受けとめ過ぎではないかしら。

 昭和二(1927)年秋に書かれた『偏奇館去来』で荷風の思い出を語って
いると、

< ゴシップがあつて、始めて文名を保つてゐられる文士。分のいい方の
 味方をすることにのみ汲々たる文士。活動写真の提灯持で暮してゐる
 文士。__ああ文士稼業、やがては天気続きの大道に自動車が捲き
 上げる砂塵と、何等の差別もないことになりはせぬかとわたしは危ぶむ。
 さもあらばあれ、ままよ三度笠横ちよにかぶり、見ずに通れば、それも
 また他所の世界であらうか。>(p117上段)

__"ああ文士稼業"以下の荷風に似た口調なぞ、邦枝完二はどれほど意識
して書いたのだろう? パスティーシュ意識は、たぶんないだろうが。

 昭和十三(1938)年正月『江戸の凧』や、昭和十六(1941)年冬『火事
と纏』は、愛する対象にのめり込む気質がよく作用した例で、前者は
江戸の凧の歴史や種類について、後者は火事が好きなあまり、
<十七の年には遂に刺子半纏を買ひ、鳶口を買つた>(p57上下段)話
などが、情熱的に詳しく記されている。

 邦枝完二は小説や戯曲が、いいのかもしれない。自分のつくり出す世界に
没入できた方が、読者を巻き込む力も強くなるから。

 しかし、なんだか不遜で生意気な感想文だ。

     (邦枝完二『瓦斯燈時代』朝日文化手帖31
     朝日新聞社 1954初)



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-04 21:20 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 03月 03日

(1)邦枝完二『瓦斯燈時代』3/4

e0030187_2057886.jpg












 邦枝完二って、たしか、あのひとのお父さんだけど、"あのひと"
の名前が思い出せない。ええい、検索しちゃうと、そう、木村梢だ。
 固有名詞に不自由なひとになって久しく、必死に思い出そうとする
努力も、めんどくさくなってしまった。もうだめだ。

 木村梢が新聞(「朝日」か「東京」)の日曜版に書いていたエッセイ
で、若いころの邦枝完二と友人たちが牛屋に行った。
 鍋の水はとっくに煮立っているのに、ネギもシラタキもあるのに、
肝心の牛肉がない。そこで、小島政二郎だったか誰かが、その状況に
ぴったりな、ことわざか歌舞伎の台詞だかをもじった地口を即座に
口にした、というのだけれど、それは何というフレーズだったか。
 これは自力で思い出すしかないだろう。

~4月13日、ついに思い出す!

 梢の妹の"クニエダヤスエ"という名前も、母が取っていた婦人雑誌で
よく目にしていた(が、ヤスエは2011年に死去)。

 そして彼女たちの父である邦枝完二を、初めて読む。小村雪岱の
エッセイは読んでいるのに。

 戦争が近づいた頃や戦時中に書かれたエッセイが多いせいなのか、
明治の子ども時代を回顧して今と比較するせいか、むかしはよかった/
いまはよくない、と言ってる感じが目につく。敗残の江戸っ子の子孫と
しての恨みつらみが、ときどきストレートに顔を出すので、こんな作家
だったのかと少し驚く。
 からっと明るい性格だったら、そもそも作家なんぞは志さないが、
屈託や鬱屈の表現のストレートさが、ちょっと不思議だ。不機嫌さを
無防備に表明している、と感じられるので。
 小説だと、また違うのかも。


     (邦枝完二『瓦斯燈時代』朝日文化手帖31
     朝日新聞社 1954初)


3月4日に続く~



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 今日の「東京新聞」『特報欄』は、"『共謀罪』賛成の理由は"
と題して、
<「一般人」はこの法案をどう理解しているか。>のレポートだ。

< 横浜市の会社経営の女性(70)は「もちろん賛成ですよ」と
 話し出した。「むやみに危害を加える人たちを、何とかする法律
 は必要だ」と話す。自分が対象となる心配はないかを尋ねると、
 「私はカッとなって犯罪をすることはない」。
  どうも話がかみ合わない。共謀罪の趣旨を説明すると「知らな
 かった。私は怖い人を取り締まる『凶暴罪』だと思っていた」と
 驚いていた。>

 新聞は読まれず、TVのニュースショーで取り上げられるできごとが
ニュースだと思われてしまってるのだろう。いまの日本は、北朝鮮並み
の報道管制が敷かれていると思うが。

 大新聞も同じ穴のムジナだ “安倍晋三小学校”疑惑の底なし__
<大手新聞の東京本社の用地が軒並み、1960年代から70年代
 にかけて国有地の払い下げを受けた>
から、「森友学園」事件は報道しないって...。

 安倍に第二の森友学園疑惑!__これはTVや新聞で後追い報道されるのか?





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-03 21:39 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 03月 02日

(2)ハーバート・ブリーン/森郁夫 訳『夜の闇のように』読了

e0030187_2222416.jpg












~3月1日より続く

 『夜の闇のように』の発表年が1949年、翻訳が1957年。
 ミッキー・スピレーンなどが流行っていた時代(?)にディク
スン・カー風の怪奇趣味やホームズ張りの推理論証を、風俗小説
まぶしで描いた、のかなあ?
 あか抜けない進行ぶりで困ったものだけれど、そういうときは、
どうでもよさそうな箇所に目を遣ればいい。

 日本語訳での脚注も多いし詳しいが、原註の詳しさは見物(みもの)、
いや、読物だ。

<「それからローマ風スピエディノときたら......」(原註*)>
(p149下段)
 この説明がp159上段の端から下段全部まで、本文の字体の半分
くらいの大きさで記される。

< これはイタリア料理のうちで最も美味なものであるが、欧州大陸の
 料理の書物には、稀にしか記載されていない。作り方が極めて簡単な
 料理であるだけに、残念なことであると思う。次に、ニューヨークの
 レストラン<デル・ベツォ>で調理している方法を述べておこう。>
(p159下段)と、調理方法が書かれている。

 いま"ローマ風スピエディノ"で検索したら、やはり同じ箇所に目を留めた
方がいらっしゃるようだ(ホームズ・ドイル・古本 片々録 by ひろ坊)。

 それでは、日本語訳での原音主義を__
<「私はコンソリデイテッド・ユアラピーアン自動車会社のスレッジです。」>
(p88下段)
 いまなら、"ヨーロピアン自動車会社"にするかしら?

<「あたしはカフマン(George Kaufman,1899__、現代アメリカの劇作家、
 批評家)の新作の初演を見に行くんだから」(p89上段)
 このジョージ・カウフマンって、『ハリウッド・バビロン』にも出てきた
劇作家だろう、たぶん。

 というわけで、今回もあらすじを紹介する気になれなかった。


     (ハーバート・ブリーン/森郁夫 訳『夜の闇のように』
     HPB 1957年5月15日刊)



呪 吐爛腐/呪 心臓亜屁/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 阿倍昭恵は電通ではシゴカれなかったのか? 社会見学気分で
就職したのか?

 「妻は私人です」と安倍晋三は言うけれど、
<十数人のスタッフを抱えていたローラ[注:ジュニア・ブッシュ]夫人に
 ならい、昭恵さんのために官邸内に専用の部屋が用意され、スタッフも
 数人いるらしい。>(今日付け「東京新聞」朝刊『特報欄』)

 ファーストレディごっこが好きでやっていたのなら、それなりに責任を
とるべきだろう。
 わたしは感じたままに行動して来ただけとか何とか思っているようなら、
みんなすぐ忘れちゃうんだから、嵐が過ぎ去るのを待っていればいいと
考えているようなら、大間違いだ。

 梟通信〜ホンの戯言2017年2月26日・追加ブログを再読すると、

<2015年9月4日 午前10時から12時 近畿財務局9階において
 近畿財務局と森友学園による売買・価格交渉を行う(http://dai.ly/x5d48xk)

 同日午後、安倍首相はテレビ出演のために大阪入り。
 安保法制の審議の真っ最中だったため鴻池参院特別委員長も
 「一国の首相としていかがなものか」と不快感を示す。>

 この鴻池・参院特別委員長が、今回の「森友学園」事件で、陳情を
受けたことを認めた、鴻池祥肇。

 2015年9月4日・午後の安倍晋三の行動記録は、どのように記されて
いるのだろう。美しい日本国の恒例によって、破棄されているのか。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-03-02 21:50 | 読書ノート | Comments(0)