猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 31日

「東京新聞」2017年7月30日付けより

e0030187_13352264.jpg













 日曜日の東京新聞・第5面に『時代を読む』という欄がある。
昨日、7月30日は関西学院大学准教授・貴戸理恵による『道徳
教育、大切なことは?』と題された論説だった。
 適宜要約して引用したい。


 来年度から小学校で、「特別の教科 道徳」の授業が始まる。
教科書検定では、いろいろイチャモンがつけられた。

<「高齢者への尊敬と感謝」が不足しているとの検定意見で 
 「おじさん」から「おじいさん」に[略]
 「伝統文化の尊重」の観点から「パン屋」を「和菓子屋」に
 変更>した。

 "和菓子" も"日本画”も、明治維新以後、欧米との比較文明的に
浮上してきた"日本"という自意識を反映した名詞だ。それ以前から
日本は存在していたのだから、伝統を言いたいのなら、わざわざ
"菓子"だの"日本画”だのと、強調する必要はない。__これは、
引用者の意見。

 貴戸理恵に戻る。
<日本の道徳教科書すべてに[注:引用者としてはボールド表示して、
 さらに!をつけたい]採用された「かぼちゃのつる」は、以下の
 ような話だ。
 ぐんぐんつるをのばすかぼちゃはハチや犬に「みんなのとおるみち
 だよ」などと止められるが「こっちへのびたい」と聞かず道路にはみ
 出す。揚げ句、トラックに引かれて泣いてしまう。テーマは「わがまま
 をしない」である。>

 唖然とする。これは道徳ではない、倫理ではない。
 長いものには巻かれろ、泣く子と地頭には勝てない等々の、ただの
処世術だ。"道徳教育"と称して日本会議系"臣民教育"を施そう、"皇民化"
しよう、洗脳しようという、自発的奴隷化推進政策だ。
 義務教育だからって、こんな思想というより無思想を教え込む小学校に
子どもを通わせるなんて...。日本中のすべての小学校を籠池学園化させる
って話だろう。

 また貴戸理恵に戻る。
<アメリカやオーストラリアなどの教育現場で小学校低学年向けの
 哲学系の授業などによく使われる絵本に「たいせつなこと」(内田
 也哉子訳、原題The Important Book)がある。この本では、子ども
 にとって身近なものから、その本質とは何かを考えていく。
  たとえば、スプーンならば
  「てでにぎれて/たいらじゃなくくぼんでいて/いろいろなものを
 すくいとる/でもスプーンにとって/たいせつなのは/それをつかうと/
 じょうずにたべられる/ということ」という具合だ。靴やりんご、空
 などが登場し、ラストは「あなた」について考える。
 「たいせつなのは/あなたが/あなたで/あること」>



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-31 15:47 | 雑録 | Comments(2)
2017年 07月 30日

西荻窪でリハビリを

e0030187_2048444.jpg












 (でも写真は西荻ではありません。)

 Sが不調で8日間出ていなかった。今日は雨は降らないよう
だし、太陽が目いっぱいでもない。少し歩いた後で休むところ
もすぐ見つかる、という条件で関東バスで西荻窪にする。
 
 宮前三丁目だったかで降りて、JR西荻窪駅方向へ。湿気は
あっても陽が射さないので、歩いていられる。こんな天気で
ないと、夏の昼間、1:30pmや2pmに出歩いていられない。

 まずお昼の軽食と思っていたが、untidyの真ん前にいるのに
気がついた。やっぱり見たい。
 久しぶりで嬉しくなって、お行儀悪く、手で触れてしまう。
アルミのビーズとガラス玉を組ませたブレスレットを入手。Sに
よく似合う。
 あの、うつくしい小さな立像がまだあった。

 お昼をすませる。ブレスレットが少し長いので縮めてもらいに
またuntidy(4月30日以来だった)に戻る。調整を待つあいだ、
立像を見つめる。
 Sのミニチュア版みたようなオブジェに溺れることにした。

 盛林堂にも寄る。岡本綺堂『風俗江戸東京物語』(河出文庫)、
岡本綺堂 他『見た人の怪談集』(河出文庫)、大泉黒石『黄(ウォン)
夫人の手』(河出文庫)。
 未練たらしく、フレッド・カサック『日曜日は埋葬しない』(HPB)
を眺めてから立ち去る。大きめ活字で復刊されたし!

 ドトールで休んでから電車とバスで戻る。なんとかリハビリ一日目を
こなした。



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-30 21:00 | 雑録 | Comments(0)
2017年 07月 29日

(2)都筑道夫『哀愁新宿円舞曲』他、読了

e0030187_1935226.jpg












 写真は近所の公園で。通り道ではないのであまり行かないが、
猫溜まりなのは知っている。スーパームーンの夜、月見に出たら
猫があちこちに坐り込んでいた。


~7月28日より続く

 『哀愁新宿円舞曲』全10篇と、『ショートショート』『エッセー』
他を全部読んだ。つまり、表題作『猫の舌に釘をうて』を残したが、
他は読んだ。

 『哀愁新宿円舞曲』では、やはりスロー・テンポのコメディという
離れ技『トルコ・コーヒー』と、新宿・青線風俗が描かれる『娼婦の
町』『歌舞伎町夜景』が好きだ。
 何を書くかではなく、どのように書くかしか問題ではないけれど、
他の技巧的短篇は、巧さはすごいと思っても、それ以上の思いが
浮かばない。

 もう大昔に読んだきりの『猫の舌に釘をうて』も、いずれ読み返して
みよう。たぶん、1950年代・新宿風俗小説としての再読になりそうだが。


     (都筑道夫『都筑道夫コレクション<青春篇> 猫の舌に釘をうて』
     光文社文庫 2003初 J)



<日本国憲法は、アメリカによって押し付けられた恥ずかしい
 ものなどではなく、日本国民が自ら選び取り70年間維持して
 きたものだと、私たちは成蹊大学で学んでいます。

 そして、私たち成蹊大学生は、憲法学を机上の空論などと考え
 学者の意見を軽視することなどはせず、学問が蓄積してきた
 知識を大切にしています。

 あなたは、本当に成蹊大学で学ばれたのでしょうか。>
(AJAA 安倍晋三に反対する成蹊大学後輩による抗議声明)

呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-29 20:13 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 07月 28日

(1)都筑道夫『哀愁新宿円舞曲』を読んでいる

e0030187_18514525.jpg













 『東京夢幻図絵』は戦前の東京風景を描いた連作短篇
ミステリ集だが、『哀愁新宿円舞曲』は昭和30年(1955年)
前後の新宿が舞台の、ミステリというより情話集だ。あのころ
の新宿への郷愁に満ちる。

 『娼婦の町』や『歌舞伎町夜景』は、娼婦群像だ。足を洗って
その後おだやかに過ごしている例も、たまにあるようだが、
大抵は疲れ果てて哀れな末路だ。

 哀れなのは女たちだけではない。いまのソープランド、当時の
トルコ風呂に行った男の話も哀れである。
 『トルコ・コーヒー』の主人公は気弱な中年会社員だ。

< やたらに人見知りをするたちで、[略]ひと前では意見も
 のべられない。[略]いつもよりよけいに酒を飲んでも、安直な
 飲屋のすみで、子どものころの流行歌を、はた迷惑にならない
 ように、口ずさむのがせいぜい>(p298)

__そんな男に、たまたま妻の知り得ないお金が入った。たまたま
電車の窓からトルコ風呂のネオンサインが目に入った。
 勇躍、登楼したが、彼についた若い女が、どうも初手から調子が
おかしい。

 動作が妙におそい。何か言って
<笑顔になるまでに妙に手間がかかった>(p296)りする。
<あまり、まばたきをしないのと、短い言葉に甘ったるい節が
 つくのが、ちょっと気になっただけ>(p302)だが、
彼女の動作はさらに緩慢になる。

 彼の浸かっている湯に入ってきて、そのまま沈みそうになるので、
抱えて浴槽を出る。ますます身体に力が入らなくなり、倒れて頭を
打ちそうになるところを、危うく支えてやる。
 彼女は普通のひとの時間速度ではなく、麻薬時間の速度で生きて
いるらしい。
 何かしてもらうために入湯料を払ったのに、身体を拭いてやり、
ベッドに横たえてやり、何やかやと彼女の世話をする破目になる。

 スラップスティック譚であるが、彼女の緩慢な麻薬時速に合致した
ゆっくりしたタッチで記されているので、却って彼の悲哀に共感できる。
 遅いテンポをキープしながら書けるって、すごい。


     (都筑道夫『都筑道夫コレクション<青春篇> 猫の舌に釘をうて』
     光文社文庫 2003初 J)

7月29日に続く~



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-28 20:59 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 07月 27日

ひとりで阿佐ヶ谷へ(2017/07/27)

e0030187_17334536.jpg













 Sが少し不調なので、ひとりで阿佐ヶ谷へジャムを買いに行く。
近所に輸入食品店がないからだ。わたしはジャムやマーマレード
に関して日本製を信頼しない。甘さ控えめで健康にいいでしょと、
言われているようで不満だ。安い外国製のジャム類は、しっかり
味がする。
 高級輸入食品も困る。カルディが扱う程度が、買える値段で望ま
しいのだが、近くのカルディというと、バスで永福町に行くか、
阿佐ヶ谷・荻窪を目指すかになる。阿佐ヶ谷・荻窪なら、その周囲
に古本屋が存る。

 2pm前にJR阿佐ヶ谷駅着。千章堂に30分強、滞在して、店頭で
安部公房『死に急ぐ鯨たち』(新潮文庫)、里見弴『極楽とんぼ』
(岩波文庫)、中で丹生谷貴志『ドゥルーズ・映画・フーコー』
(青土社)。

 日が照ってないと表を歩くのも気が楽だ。
 あれ、ネオ書房は、お休み? 外の均一棚が青いシートでくるまれて
いる。

 コンコ堂の均一棚から末井昭『素敵なダイナマイトスキャンダル』
(ちくま文庫)、店内で都筑道夫『猫の舌に釘をうて』(光文社文庫)。
 都筑道夫は昔かなり読んでいるので、光文社文庫版の『都筑道夫
コレクション』に興味がなかったが、つい最近、この版に『哀愁新宿
円舞曲』が入っていると知った。
 たぶん、新宿・青線地帯に下宿していたころの物語だろう、『東京
夢幻図絵』の戦後版みたような短篇集らしいが、なかなかぶつから
なかった。
 20分ほど滞在、『フランク・ザッパ自伝』に心を残しながら去る。
コンコ堂では『ジョン・クリーズ自伝』も買いそびれたなあ。

 2:45pmころ、ネオ書房の店内に灯りが見える。3pm開店なのか。

 忘れずにジャムも買って部屋に戻ったら、3pmに蓮舫が民進党・
党首を辞任したというニュースがあったそうな。



<結局、日本の政治はスキャンダルでしか変わらなかった。
 日本ペンクラブは言論・表現の自由を訴え、大変な思いをした
 歴史を抱えながら、政府あるいは権力を批判してきた。だけど、
 日本は理念で変わった例がない。それは権力観がないからなんです。
 こんな社会ってない。フィリピンでは民主化革命が起き、香港では
 雨傘革命が起きた。いずれも理念に基づいたものでしょう。日本には
 権力観がないから、権力の思惑を考えず、共謀罪法のような悪法を
 簡単に通してしまうんです。>
(吉岡忍氏が語る安倍政権と共謀罪 「日本は権力観が欠落」)

呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-27 20:41 | 雑録 | Comments(0)
2017年 07月 26日

(3)岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』今日中に読了

e0030187_22244390.jpg













~7月25日より続く

 明治末から昭和初年にかけて書かれた随筆が収録されて
いるが、岡本綺堂の社会的弱者("弱者"って厭な言葉だが、
差し当たって置き換えるべき名詞を思いつかない)に対する
姿勢は一貫している。
 その当時の世間からは低く見られる人々に対して、注意深く
共感的なまなざしを注ぐ。

 初出不明の『葉桜まで』は、上州の温泉宿の女中たちについて
詳しく書かれる。

 脚気持ちのお鶴さんは、自分の嫁入り衣装代を稼ぐために、
初めての職場にやってきたが、脚気が悪化して実家に戻って
養生することになる。

 長年、宿に勤めているお秋さんは、
<無暗にげらげら笑うのが彼女の癖で、>(p193)
悪気はないとわかっていても、ときどき相手にするのに疲れるが、
何の苦労もなさそうに見える彼女は、じつは夏に療治に来ていた
医学生がまた訪れてくれるのを待ち続けている。

 気の荒いお国さんは、朋輩との折り合いが悪いことに加えて、
湯治客のお金を盗んだ疑いがかかり、辞める破目になる。
 家が貧乏なので、実の母から、女中でなければ、だるま屋で
稼げと言われている。
 実家に戻ってから料理屋(?)勤めをしたが、堪えられず温泉宿
に舞い戻り、また雇ってくれと頼む。無断で料理屋(か達磨屋)を
飛び出してきたので、いずれ連れ戻されるだろう。

 警官と結婚しているお仲さんは、出張中の夫に黙って奉公したが、
すぐに夫に連れ戻された。

 桜が咲き、散って葉桜になるまでの逗留期間に出会った4人の女中の
話が、綴られる。
 湯治客向けの質素な宿の、美人ではない女中たちの動向を、こんなに
丁寧に観察する作家も珍しいのではないかしら。

 大正2年(1913年)初出の『仙台五色筆』では、紅連尼(こうれんに)
の物語について語る。

 親同士が結婚を決めたが、夫になるべき息子が急死してしまう。娘の
ほうは何も知らずに象潟から嫁いでくる。

<わが子の果敢(はか)なくなったことを語って、娘を象潟へ送り還そうと
 したが、娘はどうしても肯(き)かなかった。たとい夫たるべき人に一度も
 対面したことも無く、又その人が已にこの世にあらずとも、一旦親と親と
 が約束したからには、妾(わたし)はこの家の嫁である。
 [略]
 私はこんな話を聞くと、戦栗(みぶるい)するほどに怖しく感じられて
 ならない。私は決してこの娘を非難しようとは思わない。寧ろ世間の
 人並に健気な娘だと褒めてやりたい。而もこの可憐な娘を駆って所謂
 「健気な娘」たらしめた、その時代の教えというものが怖しい。
  子を亡った掃部夫婦も矢はりその時代の人であった。究意(つまり)は
 その願に任せて、夫の無い嫁を我家に止めて置いたが、これに婿を迎える
 という考慮(かんがえ)もなかったらしい。>(p143)

__そうして夫婦の死後、嫁に来た娘は尼になった。

 船旅で知ったイギリス人の老婦人にも、綺堂は同情する。彼女は実家が
破産してインド人男性と結婚したので、同階級の人々から相手にされない。
(p187 初出不明『秋』)

 昭和7年(1932年)から8年(1933年)初出の『苦力と支那兵』では、

<苦力といえば、最も下等な人間で、横着で、狡猾で、吝嗇(りんしょく)で、
 不潔で、殆(ほとん)ど始末の付かない者のように認められているらしいが、
 必ずしもそんな人間ばかりで無いと云うことを、私の実験によって語りたい
 と思うのである。>(p176)

 社会的地位が低い人間に対するこのような細やかな見方は、どこに由来
するのだろう。ところを得られないと分かっている旧幕臣系の男たちが皆、
こんな感受性とは思えない。


     (岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』 河出文庫 2003初 J)



<【生命維持装置】
 「株価高くて気持ちいい」から「株価下がれば内閣崩壊」となったアベの
 ため、クロダ日銀は2日続けて707億円のETF買い。14兆円をこえ、
 もう続かないという日銀内、東証内の悲鳴も無視だ。このツケを一体誰に
 払わせるのか。https://goo.gl/HTpgGa >
(20:40 - 2017年7月25日)

呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-26 16:56 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 07月 25日

(2)岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』半分ほど

e0030187_14201970.jpg












~7月24日より続く

 岡本綺堂は漢文と英語で、彼の日本語をつくってきた/
生きたのだろう。

 『半七捕物帳』や『情話』『怪談』などの小説ではあまり
英語のひととは感じなかったが__例外は『三つの声』と
いうタイトルだったか『半七』に入っていた短篇が、英語の
ミステリの翻案かしらと思うくらい、すっきりした本格推理
だった__、随筆では、かなり英文脈のにおいのするものが
見られる。

 初出不明の『正月の思い出』は、明治28年(1895年)の
お正月のできごとが記されているので、それ以降に書かれた
としか分からないが、綺堂の麹町一番町に住む叔父が、明治
27年(1894年)の末、12月30日に死亡した。

 いまでも年末年始は世の中の動きがスローだが、むかしは
全国的・全面的にオフだ。
 死去の知らせをするにも、大晦日に死亡通知の葉書を印刷して
くれる印刷所なぞない。電話は普通の家庭にはまだ存在しない。
特に親しいひとへ電報を打つしかできなかった。

 迎えて元旦。まだ年賀状も存在しないから、直接、新年の挨拶を
述べにくる客毎に、
<「実は......」と打ち明けなければならない。
 祝儀と悔みがごっちゃに>(p42)
なった会話を繰り返す。

 1月2日午前10時、青山墓地で葬儀がある。
<途中葬列を廃さないのがその当時の習慣であるから、
 私たちは番町から青山まで徒歩で送って行く。>(p43)
 近所の人その他、合わせて50〜60人の葬列になった。

 ときはまさに日清戦争の戦捷気分のさなかである。それで
なくてもお正月は、のどかに晴れやか・賑やかなのに、街は
もはや、ドンチャン騒ぎになっている。
 その喧噪・混雑の中を潜りぬけて進む、黒い暗い葬列。

 明暗対比するありさまが交互に、落着いたタッチで述べられるので、
悲しい話なのに、おかしみがこみ上げる。そのまま英訳しても通じる
文体だろう(落語の演じ方でもあるだろうが)。

     (岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』 河出文庫 2003初 J)

7月26日に続く~



<そもそも、とか、まさに、とか、いわば、とか、わけであります、とか、
 本来の使い方を逸脱しすぎていて、しかも文節でないところで切るので、
 日本語の体をなしていない。忍耐をもってようやく聞き取っても、内容は
 空疎、思想は薄弱。その虚しさに疲れる>
(1:41 - 2017年7月24日)

呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-25 16:26 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 07月 24日

『パノラマニア十蘭』を中断して(1)岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』へ

e0030187_15573499.jpg













 久生十蘭『パノラマニア十蘭』は、あと2篇『重吉漂流紀聞』
『ボニン島物語』を残しているが、夏場に読むには、あまりに
シヴィアでシリアスでヘヴィではないかということで、岡本綺堂
『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』を読み始めた。

 むかし(明治や大正)の小説は、いまの作家と比べて、漢字の
使用が多いので、紙面が黒々としている印象がある。いまなら
平仮名で書くような副詞も、たいてい、漢字が使われる。

 そんな中で例外的なのが綺堂だと思ってきた。『半七捕物帳』
で見たのか、正確な記憶ではないが、たとえば"夕方"を"ゆう方"
と、一部仮名書きにするような、紙面に軽さや優しさを与える
書き方を心がけている作家だと思う。

 随筆でもそういった配慮が見られる。「時事新報」、大正15年
(1926年)8月19日から22日にかけて連載された『薬前薬後』の
『雁と蝙蝠』から引用__

< 夏のゆうぐれ、うす暗い家の奥からは蚊やりの煙がほの白く
 流れ出て、家の前には涼み台が持ち出される頃、どこからとも
 知れず、一匹か二匹の小さい蝙蝠が迷って来て、あるいは町を
 横切り、あるいは軒端を伝って飛ぶ。>(p116)

 "ゆうぐれ"、"うす暗い"、"蚊やり"、"ほの白く"と、はかなくうっすら
としたタッチで舞台を整え、小さな黒い蝙蝠の登場する背景をつくる。
 こういう視覚的配慮だと思うのだけれど。

 「新潮」昭和8年(1933年)3月号に書いた『雪の一日』には、
信州の友人から言われて、戯曲ではなく小説を書こうとする経緯
が記される。

<信州にかぎらず、冬の寒い、雪の深い、交通不便の地方に住む
 人々に取って、かれらが炉辺の友となるのものは、戯曲にあらず
 して文芸作品か大衆小説のたぐいであろう。
 [略]
 戯曲には舞台が伴うものであるから、完全なる劇場をも持たない
 地方の人々の多数が、戯曲をよろこばないのは当然のことで、
 単に読むだけに止まるならば、戯曲よりも小説を読むであろう。
 [略]
 普遍的の読み物のたぐいは、場所をかぎらず、時を限らず、人を
 限らず、全国到るところで何人にも自由に読み得られる。
 [略]
 筆を執るものは眼前の華やかな仕事にのみ心を奪われて、東京
 その他の大都会以外にも多数の人々が住んでいることを忘れては
 ならない。>(p75-77)

 綺堂の"読み物"指向もあって、意図的な平仮名の使用になったの
かしら。もちろん、書くもの全部が全部、白っぽい明るい紙面を
目指すのではなく、どんな話であるかによって漢字を多用せざる
を得ないときもあろうし。

 わたしが語彙が少ないのでびっくりするのかもしれないが、
『雁と蝙蝠』中の、

<相馬の古御所の破れた翠簾の外に大きい蝙蝠が飛んでいたなどは、
 確かに一段の鬼気を添えるもので、昔の画家の働きである。>
(p115-116)

の、"昔の画家の働きである"なんて言葉遣いを見ると、こんなときに
"働き"という名詞が使えるのかと驚く。


     (岡本綺堂『綺堂随筆 江戸っ子の身の上』 河出文庫 2003初 J)

7月25日に続く~




呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

<横浜では4月からこの白い服きた日本会議系の団体が
 マナー教室として学校に介入しはじめました。 挨拶は40度
 と子どもに求め命令口調。すぐにでもやめさせたい( ;∀;)>
(7:36 - 2017年7月23日)

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-24 16:35 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 07月 23日

回線関連異常あり

e0030187_1942240.jpg













 暑さに負けているのは人体だけでなく、電話回線やパソコン周り
も不調である。

 兄のメールボックスでは6月30日以来、mac系から来るメールを
迷惑メールとして、はじいてしまう。兄からのウィンドウズ系メール
は、(mac使用の)うちでは受信できる。
 メンテナンスの人が明日も来るということだが、これで三回目だ。

 バレエのK・K夫人に久しぶりに電話するとお話中だ。7月14日、
17日と曜日と時間帯を変え、かけ方も、局番03なしにダイレクトに
かけるのと、03からかけるのと両方試すが、つねにお話中(わが家
の固定電話から、彼女の固定電話にかけている)。

 ひとり暮らしの方なので気になって18日に訪ねると、お留守の様子。
電話を下さいとメモを残す。

 翌朝、電話がかかってくる。ご無事であったと、ひと安心だが、
K・K夫人の電話は発信はしても、こちらからの受信ができない。
古い家で古い電話機だからかしらと仰るが、固定電話がだめでも
彼女は携帯電話を持っている(うちは持ってない)。携帯の方を、
コンスタントにオンにしていて下さいと、お願いする。

 今朝、彼女から電話をいただく。あれから何人かから、固定電話に
かかってきたそうである。ハワイと麻布かどこかからだったかな? 
 お話中になったりすることなく、一回で通じるそうである。それ
なのに、杉並と中野では、なぜトラブるのか?
 今夜ももう一度かけてみることにした。

 暑すぎるせいか、ノート型パソコンが熱暴走の気配を見せる。ちょっと
使っていると熱くなり、ファンの音がしてくる。10円玉を22個、乗っけて
熱を逃がそうと試みるが、そんなものでは効かない。熱くなる度にスリープ
させて、しばらく放っておくしかない。

 今日も朝から不調だった。自分のブログに接続できない。ログインできない
のではなく、ページへの接続ができない。
 exciteブログ全般が不調かと思って、他の方のブログに行ってみると、
ちゃんと見られる。それなのに、自分のブログを見ようとすると、"応答を
待っています"とか言い続ける。
 しかたなく再起動。やっと接続できた。
 しばらく使った後、メールを見ようとするとメールボックスが上がらない。
朝一ではメール接続していたのに、今度はボックス自体が上がらない。
 ディスクの検証と修復をやるためにFinderを開けようとすると、まず、
Finderとの接続に時間がかかる。なんとか検証と修復をすまして再起動
すると、やっと、メールも自分のブログとの接続も普通にできた。

 あとでバックアップしよう。ひと月に一回ずつバックアップしているが、
暑い季節はもっと頻繁にしておかないと恐怖である。
 確定申告の手引によれば、パソコンの減価償却は4年だったかしら。
このノート型は2012年11月から使っている。そんなに減価償却期間に
忠実になることないのに。




呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-23 20:01 | 雑録 | Comments(0)
2017年 07月 22日

久生十蘭『パノラマニア十蘭』を読んでいる

e0030187_190337.jpg













 『パノラマニア十蘭』収録の『巴里の雨』と『風祭り』とは、
『十蘭万華鏡』収録の『川波』を加えて、3篇から成る連作と
いうより、三つのパートで記される一つの変奏曲を構成する。

 そう書きながら、空間現代・ライヴも思い出す。クラシック
だったら変奏曲という手法があるのに、なぜあの場にいて、
それを思い出さなかったのだろう。ジャンル分けの枠組みに
とらわれていたからか?

 音や音楽の世界では当たり前に在る変奏曲という典型が、
小説ではどうも否定的な扱いを受ける。ワンパターンだとか、
同工異曲と誹られがちだ。小説の中の物語部分が、非難の
根拠になるのだろう。
 落語だったら、またあの咄を一席と頼まれるのに、小説
ではマンネリと言われると、たしか荷風も書いてたっけ。

 話を戻して。
 『巴里の雨』は、『サンデー毎日』'49.5新緑号、初出。
 『風祭り』が、『苦楽』'49.6、初出。
 『川波』、『別冊文藝春秋』'56.4、初出。 

 どれも戦前のブルジョアジーに属する男が主人公だ。
 ブルジョアジーは閉鎖系である。財産の拡散を防ぐため、
ブルジョアジー内部での婚姻しか認められない。
 男は大人になった、昔なじみの女に改めて恋をするが、
女はすでに、同じブルジョア階級の男と結婚している。
 女の夫は嫉妬深い。恋する男女は、女の夫に妨害され
ながらも、秘かにヨーロッパに逃れようとするが、第二次
世界大戦の勃発に行く手を妨げられ、悲恋に倒れる。

 『巴里の雨』『風祭り』『川波』は、このモチーフでの展開だ。
"変奏"曲なので、各短篇の見せる表情、ニュアンスがちがう。

 『巴里の雨』にはスパイ小説めいた味つけが施される。

 『風祭り』は、タイトル通り、
<げにわれは うらぶれて ここかしこ さだめなくとび散らふ
 落葉かな、というなにやらの詩人の詩は、豊川[注:主人公]
 の身の上をうたったのではなかろうかというようないわれの
 ない思いに誘われた。>(p69)
わびしさが溢れるが、語り手は物語の外に位置する。

 『川波』は、最後にヒロインの側の描写があるのが前の2篇と
異なる。

 恋するふたりは、女の夫の目と耳をはばかる。離婚スキャンダル
も(階級的に)避けなければ成らない。
 恋人たちは、彼なら/彼女なら、こう動くはずだと類推しながら、
落ち合おうとする。相手の考えることと自分の思考が一体になった、
オカルティズムや夢の中にも近い状況を生きる。

 恋することで、彼らは世俗の囲いであるブルジョアジーの外に出る。
それは酸素ボンベなしに大気圏外に出るに等しい行為なので、死が
彼らを待つのは当然のことだけれども、彼らはたしかに飛翔し、死者
の視線で世界を見わたす資格を得たのである。


     (久生十蘭『パノラマニア十蘭』 河出文庫 2011初 J)
 



呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐/

<強烈な稲田朋美ブーメラン
「笑わせないでくださいよ。国民目線というのであれば、
 素人を防衛大臣にしないでほしいというのが国民目線
 ですよ。部下に責任を取らせてご自分は保身を図る、
 それが政治主導ですか。政治主導というのは政治家が
 責任を取ることですよ。…」(報道ステーション)>
(6:24 - 2017年7月21日)
__稲田朋美は都合が悪くなると、表情を固めて非力な
女っぷりを見せる。

 「共謀罪」法施行 警察監視の独立機関が必要 法律家ら提言

 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2017-07-22 20:45 | 読書ノート | Comments(0)