猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 29日

(2)山田風太郎『風山房風呂焚き唄』読了+α

e0030187_12534116.jpg












[昨日の記事に追記あります。]

~5月27日より続く

 久しぶりに読んだ風太郎だけれど、文章が気持いい。のべつに
入れずに、ときおり差し挟まれる軽いヒューマー__、思わず
『秀吉はいつ知ったか』(ちくま文庫)を注文してしまった。

 『IV 風山房風呂焚き唄』は、「小説推理」1975年1月号から12月号に
かけて連載された。その『(11)』だから、11月号であろうエッセイより
引用。

< 自分の「規則」だけをふりまわし、強者には弱く、弱者には強いのが、
 お役人風というものである。
  しかし、[略]
  厨川白村(くりやがわはくそん)が、「日本人は民衆までが官僚風だ」
 と喝破したが、たしかに日本人は強者には情けないほど弱く、弱者には
 滑稽なほど強く、その際限がない。
  敗戦直後、[略]向こうが何もいわないのに、先を争って全国の忠霊塔
 をみずからぶち倒したお先っ走りの卑屈さが、強者に弱い好例だ。
 [注:忠霊塔で思い出した。宮崎市では"八紘台"を、名前を"平和の塔"に
 変えてそのまま建っていたが、我が実家では相変わらず(?)"八紘台"
 と呼ばれていた。]

 何か世にたたかれるようなことをやったとき、頭を下げればいっそう
 たたかれる。居直って、そっくり返っていれば、世の中のほうで黙り
 込んでしまう例が多いのを見てもわかる。
 [注:さては、安倍晋三・独裁政権は、風太郎のこの文章を参考にして、
 いま、危機管理に当っているのか?]

  弱者に強いという例は、無数にあるが__[略]戦時中技師として
 フィリピンにいた小松真一という人の「虜人日記」[略]に好例が
 あった。
  この日記は、[略]実に穏当かつ冷静な観察記だが、[略]
 フィリピン方面軍の司令官をやっていた和知中将のところへ挨拶に
 いったら、中将がちょうど軍服を着るのに従兵に手伝わせていた
 ところで、股ボタンまではめさせていたという話が書いてあった。
  マッカーサーだって、自分の軍服ぐらい自分で着たろう。げんに、
 捕虜になってからアメリカ軍を観察していると、食事時には佐官級
 まで、兵士と同様皿を持って行列していたという。日本軍が負ける
 はずである。
  威張り出すと、トメドがないのが日本人である。>(p330-331)

 "役人風"・"官僚風"とは、わたしが"マザコン夜郎自大・症候群"と
呼ぶ症状であろう。


     (山田風太郎『風山房風呂焚き唄』 ちくま文庫 2016初 帯 J)



呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

<ほとんど典型的な独裁「国家」が、まるで戯画のように進行している。
 テレビや新聞の多くは、その戯画をあばいて批判するのではなく、
 戯画の中身になることを選んでいるので、戯画がすでに戯画でない
 「現実」になりかけている。広い意味での抗議行動が必須だろう。★>
(20:32 - 2017年4月9日)

<「強行採決」という醜い暴挙によって、「美しい国」どころではない
 独裁国家が盲進しようしている。市民とメディアのいっそう広汎な抵抗が
 なければ、おそまつな戯画は現実になり、最低のファシズム社会にいたる
 だろう。「自発的隷従」を拒もう。★>
(21:43 - 2017年5月18日)


<国連特別報告者で、「プライバシー権」担当のジョセフ・カナタチ氏
 (マルタ大教授)が、「プライバシーや表現の自由を制約するおそれが
 ある」として懸念を表明する書簡を安倍晋三首相あてに送った>その後、

<菅官房長官は「特別報告者という立場は独立した個人の資格で
 人権状況の調査報告を行う立場であり、国連の立場を反映するもの
 ではない」と強調>した。
[注:ごちゃごちゃ脇から言うなと、菅義偉がゴネた。]

 安倍晋三はG7で国連事務総長・グテレス氏と会って話した、という。
読売新聞では、
<グテレス氏は日本の国会で審議中の組織犯罪処罰法改正案
 (テロ準備罪法案)を巡り、国連人権理事会の特別報告者が懸念を
 伝える書簡を首相に送ったことについて、「必ずしも国連の総意を
 反映するものではない」との見解を明らかにした。>と伝える。
[注:小者が勝手に何か言ってる、と言わんばかりの"報道"だ。]

 しかし、国連のプレスリリースを和訳すると、
<「特別報告者について、事務総長は首相に、特別報告者は国連人権
 理事会に直接報告をする独立した専門家であると説明しました」 >
とだけ書いてある。

 慰安婦問題の件でも、
<日本の報道と、国連事務総長のプレスリリースの内容が明らかに、
 食い違っています。>

< 10分間と言われる会談は、果たしてメディア公開で行われ、
 メディアは内容を全部聞いたうえで、独自の取材により報道した
 のでしょうか。

  もしくは、Japan Timesが引用するように、会議の
 内容を後で伝えた外務大臣からの情報をそのまま、真実として
 報道したのでしょうか。

  後者が事の真相であり、かつメディアが国連事務所に裏取りも
 せず、独自取材もなく、外務大臣の言を鵜呑みにしているのだと
 すると、やはりちょっと怖いですね。

  結局話が食い違うなか、どちらの言っていることが正しいのか
 わかりませんが、もし政府の言うなりに報道してしまった、となると、
 これはそれこそ、大本営発表というものではないのでしょうか。>
(国連事務総長と安倍首相会談に関する報道に疑問 特別報告者・
共謀罪について、食い違うプレスリリース。
)





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-29 21:24 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 05月 28日

人形町は週末でも歩ける(2017/05/27)+α

e0030187_21305121.jpg












 週末の散歩先はいつも困る。都心部は地下鉄が混んでるだろうし、
着いたら着いたで人ばっかり、の怖れが強くて、近くの西の東京__
高円寺・阿佐ヶ谷〜西荻窪まで__を歩くことが多いが、昨日はSの
提案で人形町を目指した。

 晴れたり曇ったりの土曜の午後、地下鉄は、まあ混んでいる。人形町に
着く。平日より人は多いが、銀座みたいに騒々しくない。いいなあ、人形町。
 まだ地理が頭に入ってないので、いったん、甘酒横丁に行かないと、立ち
位置がわからないのだけれど。

 着物のマダム集団が明治座方向から歩いてくる。反対側の歩道に移れば
いい。いつだったか市ヶ谷近辺で(?)、お茶事帰りらしい、プチブル・
マダム・着物・軍団(そういう感じ)とすれ違うハメになったときは具合が
悪くなったが、人形町はその種の鬱陶しいものを停留させない。さらっと
飛ばす。いかすぜ、人形町。

 お腹がすいたが、人形町・藪そばは閉まっている。どこでもいいやと、
立喰そば きうちというスツールの置かれたお店にした。目の前に大観音寺
の幟を眺めながら食べたが、人形町の味の水準ってすごい。
 (えっ、ダイカンノンジではなくて、オオカンノンジと読むんだ! 
こんなに長生きして、日本語にまみれて生きてきたのに、相変わらず
貧弱な、わたしの日本語センス...。)

 大観音寺の横道を進むと、ショー・ウィンドーの細い糸状カーテンが
すてきなよし梅売店があったり、ちょっと広い道には地球儀専門店
あったりする。
 そうか、ここらが芳町と、生野暮はやっと了解した。



呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 特に生活感覚に即したレヴェルの日本語にヨワいわたしが、あれこれ、
政治屋連中の日本語力のなさをあげつらう資格があるかと言われれば
それまでだが、それにしても、あれほど漢字が読めなくて、日本語の
論理が無茶苦茶(柄の無い所に柄をすげる)で、生存しているものだ。

<「国家」と「国/くに」とは違う。「国家」は人為的で可変だが、
 「くに」は自然・風土に根ざす。国家が「国」を自称して支配・搾取
 するとき、「くに」は餌食にされる。「国を守る」といえば「国家を
 守る」ことでしかなく、「くに」は奉仕・盲従を強いられる。それが
 戦争だ。言葉の混同を拒もう。★>
(21:03 - 2017年4月10日)

 <独裁政治は言語崩壊の症候をともなう。デンデン・ガイチテキ・
 ミソーユー・ビンセン・デジ・バクシン・レンメン・ソモソモと
 いった誤読や造語や曲解にはじまり、「テロ」「一般人」「民主主義」
 さらに「国」の本来の意味さえも理解せず、勝手に歪めて用いる。
 支持すれば無法のファシズムにいたる。★>
(5:55 - 2017年5月27日)

 ガイチテキは画一的を「ガイチテキ」と言ったこともある安倍晋三
ビンセン・デジ・バクシン・レンメン・ソモソモは義家弘介文科副大臣が
「便宜」を「ビンセン」と読み大恥! 安倍も菅も…日本語知らないインチキ
保守の安倍政権
に詳しい。

 こんなに日本語を知らなくて、連中、日本の何を保守するつもり?
定めし自分とお仲間の既得権益の保守、だろう。


[5月29日(月)追記:麻生・ミソーユー・太郎については、
 麻生太郎氏の失言まとめや、なぜ麻生太郎は漢字を読めないのかという、
読み間違いに至るアタマの構造を推理するブログあり。

 <麻生太郎 漢字が読めない>でgoogle検索して見つけたが、同じ頁に
あった、なぜ麻生太郎は漢字の読み間違えだけであんなにニュースになった
のでしょうか?
は、ネット右翼的展開をするために、わざわざカマトト質問
をしているヤラセ頁なのだろうか?]
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-28 21:40 | 雑録 | Comments(2)
2017年 05月 27日

東京新聞/「共謀罪」法案の本会議投票行動 衆院(5月23日)+(1)『風山房風呂焚き唄』少々

e0030187_16402592.jpg











呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/


 5月27日付け紙版・東京新聞7面の記事はwebでも
「共謀罪」法案の本会議投票行動 衆院(5月23日)
読める。
 PDFもある。国会議員である限り不逮捕特権を持つ
けれど、落選すれば平等な"一般人"に戻る。
 都議選が近いな。

 反対票を投じた無所属の中村喜四郎に関して、

<「おおっ」。共謀罪法案をめぐる23日の衆院本会議。ゼネコン汚職
 事件で逮捕、起訴された中村喜四郎議員が反対票を投じた際にどよめき
 が起こったが、実刑を食らって収監された“前科者”だけが共謀罪の本質を
 見抜いているなんてブラックジョークだ。治安維持法では、今の最高裁の
 前身とされる大審院が「治安維持法は違憲」との声を無視し、〈たとえ
 悪法でも臣民は従う義務がある〉と判示して拡大適用の片棒を担いだ>
(だから共謀罪はダメなのだ 警察と司法はかくもデタラメ)

 前川喜平さんが文科省の部下約2000人に当てて送ったメールの全文
(『梟通信〜ホンの戯言』2017年05月27日のコメント欄から探した。)


 山田風太郎のエッセイ集『風山房風呂焚き唄』を、『III 読書ノート』
から読み出した。
 前田愛『幻景の明治』のノートから引用、つまり孫引きする。

<「元田永孚と教育勅語」では、一見ただ国民道徳の規範と見える
 「教育勅語」が、その実、当時、民権運動の復活を畏怖した井上毅ら
 内務官僚の発想と、徴兵制度を盤石たらしめるため国民の「淳風美俗」
 を保守したいという山県有朋ら軍部の希望から、みごとに、その政治的
 効用にかなうべく内容や文章が改められてゆくいきさつが示される。
  さらに「『維新』」か『御一新』か」では、明治新政直後、民衆の
 間に世直しの期待をいだかせる「御一新」という名で呼ばれていたものが、
 いつのまにやら、もっともらしい、そらぞらしい「維新」という言葉
 [注:孫引き者によるボールド表示]ペンキを塗り変えられていった経緯が
 述べられる。
 
  以上、このエッセー集は、「権力の謀略」について語られた文章が
 主調となっている。しかも、その権力側の謀略や変心やスリ変えが、
 ただ想像ではなく、いろいろな文書による事実をあげて「ほんのとるに
 足りない歴史の細部を見直すことによって、思いがけない広がりを
 見わたせる」(著者の言葉の要約)結果となっている。
 [略]
  これは権力者側ではなく、逆にアウトサイダーの標本、例の村岡伊平治が、
 誘拐した女たちに向かって、「皆さんが日本国民として顔むけ出来ない
 ありさまを気の毒に思い、あなた方を真人間にして国家百年の大業に
 たずさわらせてあげたい」と、ぬけぬけと演説し、天皇陛下万歳を三唱
 させて「からゆきさん」として売り飛ばした話が「陰画の街々」にも紹介
 されているが、この怪論理こそ、そっくり明治の権力者のほしいままにした
 ものであった。
  しかも、二葉亭四迷が、「お国のために」彼みずからウラジオストクに
 女郎屋を経営したいと本気で考えたように、国民側もまたこのような
 怪論理を疑わず、素朴に熱狂的に「義勇公に奉じ」たところに、明治の
 凄まじさ、いとおしさがある。>(p189-190)
__わたしは、"いとおし"がれない。ヤワな戦後生まれなので、近代の
"おぞましさ"にしか感じない。

 高橋お伝や夜嵐お絹について、

<犯罪に関するかぎりは、現代[注:エッセイ・初出「朝日ジャーナル」
 78年12月8日号]のほうがもっと凄い女がありはしないか。むしろ小金
 欲しさに客を殺した売春婦や、痴情のために旦那を殺した市井の妾が、
 「たった一人」を殺しただけで稀代の毒婦の典型のようにその名を刻印
 されたことのほうに、明治の民衆側の自己規制のきびしさを私は見る。>
(p190)
__風太郎らしい見方だ。
 このエッセイは、ほとんど全文、引用・孫引きした。


     (山田風太郎『風山房風呂焚き唄』 ちくま文庫 2016初 帯 J)

5月29日に続く~





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-27 21:49 | 雑録 | Comments(0)
2017年 05月 26日

キャサリン・エアード/高橋豊 訳『死体は沈黙しない』読了

e0030187_164474.jpg












 5月14日にヤマカンで買ったが、まあ当たり。イギリスの女性
ミステリ作家は優れた人ばっかりみたい。でも、優秀作を選んで
翻訳するのだろうから、確率が上がるってこともある、かしら?

 なんといおう、手堅い本格推理+日常生活の描写、というと
"クリスティの後継者"みたいだけれど、実際うまいなあと思う。

 訳者あとがきによれば、
<ロンドンから百マイルほど離れたケルシャー州という虚構の
 地方を舞台にしています。このケルシャー州は、現代的な工業
 都市もあれば学園都市もあり、古色蒼然たる城や教会の建って
 いる田舎もあり、したがってそこに住む人々も多種多様で、
 いまの[注:原作は1979年刊]イギリス社会の縮図ともいえる
 ような、さまざまな社会的な問題をはらんでいるわけです。>
(p307)

 さらに、捜査して推理する主人公がスローン警部なるプロの警察官
なので、いろいろな背景、事件で物語を展開できる。シリーズ・キャラ
クタが存分に活躍できる舞台設定だ。

 主人公と上司のリーエス署長との会話は、警句の応酬みたいな漫才
タッチになり、状況を語る地の文章は、やや苦みのある穿ったフレーズ
である。

 たとえば、殺人事件の被害者の甥は、ドロップアウトしている。

< いなかの脱落者(ドロップアウト)たちはいなかを歩かなかった。
 彼らは社会のきずなを絶ち切りたいと思ったときは、公有地や空き家
 を無断で占拠する__それはとくに若年層が多かった。そのような
 不法占拠者の数がある程度まとまると、その集団はなんとなく共同体
 になる。>(p106)
__"なんとなく共同体になる"のヒューマー。

< 「社会からはみ出ただけさ、彼のやってることは」と、スローンは
 いった。この国王の君臨する島のほんものの原住民は、半ば隔離
 された家に住んで、毎晩テレビを見ているのだ。>(p213-214)

 どこかで見つけたら(そして安かったら)買って読んでみようと思った
けれど、"キャサリン・エアード"というのはシンプル過ぎて覚えにくい。
Catherine Airdという綴りと一緒に覚えるしかなさそう。


     (キャサリン・エアード/高橋豊 訳『死体は沈黙しない』
     ハヤカワ文庫 1983初 帯 J)




呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 菅義偉は安倍晋三・独裁政権の忠義な番頭であり続ければ、
悪いようには(?)ならないと信じてるのかもしれないが、泥舟に
乗っているとは考えないのか。
 もう何回も何十回も内閣総辞職すべき事態を引き起こしながら、
強弁で居座る安倍晋三とそのお仲間連と、お追従するマスメディア
と、見ようとしない、気がつかない振りして加担する人々と。

 加計文書、前次官が感じた圧力 「黒を白にしろと」





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-26 20:58 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 05月 25日

弥生美術館で『生誕100年 長沢 節 展』を見る(2017/05/24)

e0030187_21113756.jpg












 いきなりの暑さに身体が着いてゆかない。涼しければ涼しいで、
温度差にがっくりくる。情けない。昨日は帰ってきても書く元気が
出なかった、かなしい身体。

 整骨院に行ってから地下鉄・大江戸線で本郷三丁目へ。まず、
ドトールで軽食。お昼を食べても元気は出てこない。

 大学堂書店に寄る。"大学堂書店と本郷三丁目の交差点_店主・
横川泰一さんにきいた思い出ばなし
"というインタヴューがある。
 三島由紀夫『外遊記 三島由紀夫のエッセイ3』(ちくま文庫)と谷崎
潤一郎『潤一郎ラビリンスII マゾヒズム小説集』(中公文庫。むかし
全巻読んで、全部、店で売った。ほとんど覚えていないが、大谷崎
より小谷崎の方が、ずっと感じいい、という記憶が固着した。)をレジ
に出すと、マダム横川が早口で話し出される。

 「ここに、『ベンガク』って書いてあるでしょ」と、レジ前の小額を
示し、
 「ほんとに近頃の東大生って本を読まないんですよ。義父が赤門前に
店を出していたころは、閉店時間が近づいても棚から離れない苦学生が
いたんですよ。本を買っちゃうと夕飯代がなくなっちゃう、ていうから、
あたしたちはしないけど、義父は『持ってっていいよ』って、本を上げ
たりしたんです」
 しかるに、当節の若い東大生と来たらと、本に縁のない、本屋に対して
何の思い入れも持たない、ひどい実例を挙げて、
 「じゃあ、そんなら(東大に)入ってみろって言われたら、それまで
だけど」とオチをつけられた。
 駒場東大前・河野書店のご主人が書かれていた話(河野書店NEWS
2017年4月17日「痩せても枯れても」)も思い出す。

 春日通を横切り、東大前の元・古本屋街を歩く。Sが郁文堂をせっせと
撮る。いわしやもある。何年か前(2012年3月30日)にバラード『殺す』
を買った、上の写真の画廊・古書店が閉まっている。H6で検索したら、
金・土のみ営業だった。

 アゴが上がり気味で、なかなか弥生美術館に着かない。美術館の左隣に
在った、うつくしい木造二階建て・洋館は消え、駐車場になっている。
 やっと着いた。入場。

 『生誕100年 長沢 節 展』、混んでなくて、ゆっくり見られるのがいい。
 楽しく一、二階を見て廻る。ほんとに速いデッサン。お気に入りのモデル、
ポールを描く7分間のヴィデオも見られる。
 しかし、男たちがいない。女たちは老いも若きも見かけるのに、男はSと、
ミュージアム・ショップにいた中年白人男性だけだ。男は何をしている?

     (『生誕100年 長沢 節 展』@弥生美術館 2017/05/25)
 
 集中して見たので、さすがに疲れた。行くときに見かけた「こころ」に
寄って休む。
 帰りは地下鉄・南北線を使う。




呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-25 18:56 | アート | Comments(0)
2017年 05月 23日

(2)川本三郎『東京つれづれ草』読了

e0030187_19391477.jpg












~5月22日より続く

 忘れないうちに『VI町を歩いて美術館の中へ』の『ロバート・
ベイツマン』から引用__

< ベイツマンの絵を見ているとカナダが生んだ名ピアニスト、
 グレン・グールドのエピソードも思い出す(湯川豊「イワナの夏」
 ちくま文庫、に書かれている)。グレン・グールドの父親は釣りが
 大好きだった。しかし、グレン・グールドは無益な殺生が嫌いだった。
 そこで彼は十年がかりで父親を説得して釣りをやめさせたばかりか、
 青年時代、夏を過ごす湖で、モーターボートを繰り出しては釣り人に
 「釣りをやめろ!」と絶叫してまわるのを日課にしたという。カナダの
 ピアニストらしいいいエピソードだ。>(p244)

__"絶叫してまわるのを日課にした"グールド。すてき。

 さて次は、『Vこの町はいつか来た町』の『寅さんの旅』から__

< 寅さんが泊まるのはたいてい商人宿である。[略]ローカル線の
 駅前にあるような小さな商人宿。[略]坊主畳の部屋のなかで、
 こたつにあたってお銚子が二、三本。酒の肴は刺身か焼魚。この
 しがなさ、せつなさがまた男の一人旅の良さである。「夜風が
 こたえるぜ」と背中を丸めてわびしいことを呟いても、男は、案外
 そのわびしさが楽しいのである。落魄(らくはく)の気分に酔いたい
 のである。>(p231)

 また、『エピローグ夕暮れの町』の『場末の映画館が隠れ家だった
ころ』では、
<七〇年代に"映画感傷旅行"の仕事>で<場末のピンク映画館ばかりを>
歩いたが__

< どこもうらぶれた、わびしいションベン・キネマだった。お客は映画を
 見に来るというよりも、暇つぶしや睡眠のために来ている方が多かった。
 それでも、やさぐれた場末の映画館の雰囲気は、私の気分には合った。
 [略]
 荒んだ映画館でひとりスクリーンに見入っていた。
  町歩きは昔から好きだったから、映画館に行くことは、町歩きの楽しみ
 にもなった。映画を見たあと、立石や南千住の赤提灯で安酒を飲むのが
 また落魄(らくはく)の感があってこたえられなかった。>(p290-291)

__わかっちゃいるけどやめられない"落魄"志向、"やつし"である。
自覚してるから、まあいいか。

 小林信彦だったか、コラムは執筆時現在のできごとを取り上げることが
多いので、一冊にまとめる際、初出年月日を添えないと話が通じなくなる、
というようなことを書いていた。
 1980年代以降、できごとの消費速度が烈しい。川本三郎『東京つれづれ草』
には1990年代ころのコラムが収録されているが、1990年とて今から20年前
である。

 『I心地よく秘密めいた町』の『都市のなかの緑』で、荒川が人工の川であり、
明治神宮の森が人工の森であると述べて__

<私たちは現在、大正時代の人間によって作られた川や森の恩恵を受けて
 いるのである。
  だからこんどは私たちの世代が次の世代に緑や自然を作りだしたい。
 新橋駅の東側に広がる旧国鉄の広大な跡地を見るたびにここを緑地に
 したらどんなにいいかと思う。>(p54)

__1993年に秘かにそう願われた跡地が結局、"汐留シオサイト"になる。


     (川本三郎『東京つれづれ草』 ちくま文庫 2000初 J)


呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 15:36 - 2017年5月22日





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-23 21:52 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 05月 22日

(1)川本三郎『東京つれづれ草』半分弱

e0030187_2315355.jpg












 文字の大きさにつられて、川本三郎『東京つれづれ草』を開く。
 
 『IIIひとり遊びぞわれはまされる』の『文士のたしなみ』では、
青木玉『小石川の家』で幸田露伴の「経師(きょうじ)、表装などは
男の嗜(たしな)み」という言葉を読んで、荷風『断腸亭日乗』での
漠然としかわからなかった記述に合点が行く。

< 大正六年九月十七日。「燈下反古紙にて箱を張る」
  大正八年十一月二十八日。「燈下臙脂(えんじ)を煮て原藁用紙
 罫紙を摺る」
 [略]
 露伴の言葉ですべてが理解出来る。不用の紙で箱を作ったり、
 原稿用紙の罫線を版木で摺ったりするのは、「男の嗜み」、
 文人趣味だったのである。
 [略]
  荷風と親交のあった堀口大學の語っているところによると(関容子
 「日本の鶯堀口大學聞書き」)、荷風は女性に封書を出すときは細身
 の封筒を自らこしらえ、それを使ったという。さらに海外にいる
 堀口大學に手紙を書くときは、アドレスの英字をやはり手ずから
 こしらえたインクを使い毛筆で書いた。
  「その赤黒いインクは、くちなしの実をすり潰した汁でつくった
 ものですって。そういうところにまで(荷風先生は)風流をお楽しみに
 なるのだね」
 [略]
 「日乗」大正十三年四月二十三日にある「(略)生薬屋にて偶然梔子
 (くちなし)の實を購得たり」の「梔子」とはこのインクのためだった
 のかと納得する。
  今東光「十二階崩壊」によれば、荷風は書き損なった原稿用紙の
 反古はこまかく切って観世縒(かんぜより)にして貯え、出来あがった
 原稿を綴じるときなどに使ったという。>(p107-108)


     (川本三郎『東京つれづれ草』 ちくま文庫 2000初 J)

5月23日に続く~


 昨日のEP-4、とってもよかったみたい! s.h.i.

 東京でも!
<【決定】EP-4[re:imagined]TOKYO 昨夜大盛況だった
 EP-4 5・21[re:imagined]の東京版が7月8日土曜日に
 開催されることになりました。京都での公演を観に来られ
 なかった方もぜひ足をお運びください! #EP_4>
(17:27 - 2017年5月21日)



呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 【全訳きました!】国連報告者が安倍首相に共謀罪法案を懸念する
緊急書簡を送付
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-22 15:27 | 読書ノート | Comments(2)
2017年 05月 21日

(1)遅々として荒畑寒村『寒村自伝』上巻1/2

e0030187_1725112.jpg












 最新刊の岩波文庫を見ていないけれど、どうして復刊・復刻するとき
に文字サイズを大きくしないんだろう? ジャケット付きの1999年9刷
で読んでいるが、文字は1975年1刷のまま、と思われる小ささだ。
 ややヤケの紙面と相俟って目が辛い。本の形態にしがみつくのは圧倒的
に老人が多いのに...。Kindleは目が楽な電子書籍と聞いたが、直接光は
やはり疲れるだろう。

 というのが表立った言い訳。なかなか進まないのは、もちろん、わたしの
基礎知識不足のせいだ。

 『第2章 週間『平民新聞』』には日露戦争当時の日本とロシアの状況説明
が続く。ロシア革命が起りかけているロシアと、労働運動が芽生えている
日本である。漠然としたイメージしか持ってないので、つっかえながら読む。
やっと菅野須賀子との恋が出てきた。

 矢野誠一『文人たちの寄席』で知り、いつか読みたい本リストに挙って
忘れていたのを、いまやっと読んでいる。リストは長い。いまや、読んだら
すぐ忘れるし、これ以上長生きすると、目が文字を追うだけで何を読んでる
のか分からない身体になりかねない恐怖がある。

 『文人たちの寄席』は、『梟通信〜ホンの戯言』2010年5月15日に簡約
紹介されています。

 で、『寒村自伝』では荒畑寒村の記憶のよさに驚かされる。幼少時に
見聞きした見世物や芸人たちについて、あるいは寺子屋式小学校について、
昨日のことのような鮮やかさで、細かく詳しく書かれている。

< 要するに、私の幼少のころはまだ多分に江戸時代の風俗がのこっていた
 ので、現に母や叔母も唐金(からかね)の鏡を用いて歯を染めたり、芝居の
 髪結新三(かみゆいしんざ)のように鬢(びん)だらいをさげた廻り床屋(どこや)
 に顔を剃らせたりしていた。何しろ憲法発布、国会開設の二年前に生まれた
 [注:1887=明治20年]のだもの、私の住んでいた世界が前資本主義時代の
 古色蒼然(そうぜん)たるのも当然であろう。>
(p34『遊廓という別世界』『第1章空想少年の生い立ち』)


     (荒畑寒村『寒村自伝』上巻 岩波文庫 1999年9刷 J)



 もうすぐ7pmだ。始まりだ。
<【いよいよ本日!!!!! EP-4 5・21 in Kyoto】本日京都快晴なり。
 当日券あります。19時開演。EP-4の代表曲を全く新しいアレンジで
 再構築、仲間アーティストたちを加えた複数名でのシームレス・
 セッション・スタイルの今年のEP-4。間違いなく刺激的になる
 はず! 続>
(18:56 - 2017年5月20日)




呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

 <報道特集。共謀罪について亀石弁護士の指摘。「法案賛成の
 立場の人も他人事ではない。時代が変われば自分が少数者に
 なる可能性もある。自分が排除される側になるかもしれない。
 そういう危機感は今はないのかもしれない」。法律は一度出来ると
 長く存在し続けるのだし、十分考えられる話なんですけどね…>
(2:11 - 2017年5月20日)

 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚
(『松尾貴史のちょっと違和感』)





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-21 18:35 | 読書ノート | Comments(3)
2017年 05月 20日

今週のホイホイ(12)『アトレイデスの血』に追加

e0030187_16591555.jpg












~5月17日より続く

 J=P・シャブラン判事が好きだと言ったが、もう一カ所、ノートして
おきたい数行があった。

 判事は或る女性と一夜をともにした。彼女のかつての愛人たちと
自分とを比較して__

<幻想だ! シャブラン判事は不屈の自尊心の持主だったが、虚栄心
 には無縁だった。恋愛において、彼は自分がほかの男より強いとは
 思っていなかった。むしろほかの男より劣るとさえ思っていた。忘れ
 がたい存在だって? そんなばかな!>(p236-237)

__こういう無私の(?)ナルシシズム、わかるなあ。自己満足している
自分自身は許さないが、自分の欠点や弱点をひとごとのように認め得る
自分自身には、満足する。

     (ピエール・マニャン/三輪秀彦 訳『アトレイデスの血』
     創元推理文庫 1981初 J)



呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/

<昨日の総務委。マイナンバーカードに記載されている氏名、住所、
 顔写真などの個人情報が、マイナンバーを管理する機構から警察に
 提供されていたことが明らかに。警察のもつ顔認証システムや監視
 カメラと組み合わせれば、特定の人の私生活を覗き見ることができる。
 「共謀罪」のでっち上げに使われる。>
(7:37 - 2017年5月17日)





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-20 20:20 | 読書ノート | Comments(0)
2017年 05月 19日

ときの忘れもの で「植田正治写真展_光と陰の世界_Part 1」を見る

e0030187_16103170.jpg












 昨日は驟雨があったので部屋にいた。今日は勤勉に外出。
南青山、ときの忘れもの で「植田正治写真展_光と陰の世界_
Part 1
」をやっている(5月27日・土曜日まで。日・月・祝日 休)。

 お昼休みの青山通りを人々が行き来し、かつランチサーヴィス
の店に列をつくる。表通りから、一歩、二歩入ったギャラリー
ときの忘れものは、ひっそり静かに観客/顧客を待つ。

 入ってすぐ左に、フライヤに使われた蝶の写真が掛けてある。
アクリル額入りだ。
 入口近くは、上にロフトがあるので天井が低い。その先のスペース
で、高い吹き抜け天井になる。
 蝶の写真には低い天井の右上からライトが当たり、写真・左端の
ファイル影(?)をなぞるかのように、アクリル額の影を左側に残す。

 ギャラリーでの展示は、立体的な編集作業だ。展示作品の選択、配置、
額縁の選定などなど、観客/顧客の目に触れる以前に、どれほど細かい
詰めの作業が秘かに行なわれているだろう。案内状やお知らせメールなど
などの雑用も同時にこなしての作業だ。

 観客は見るひとなのだから、作品を味わえばいい。舞台ができあがる
までの苦心を想像する必要はない、といえばないけれど、想像すれば
感謝するのみ。

     (「植田正治写真展_光と陰の世界_Part 1」
     @ときの忘れもの 2017/05/19)

 画廊を出て、つい、ひとけのない方向に足(とアタマ)が向き、ひと休み
したくても断じて何も見つからない、青山墓地に近い住宅地を歩む。町内会
名は麻布上笄町、いまの地番は西麻布2丁目である。
 風が乾いているので、まだいいけれど、容赦ない日射しだ。この何もない
道は、前にも迷い込んだなあ。あのときも途方に暮れた。

 富士フイルムデザインセンターCLAYに出会って、ほっとする。あくまでも
折り目正しく伸び伸びした近代建築は、気持いい。

 木造住宅や、平屋建てさえ残っているが、空地は緑なす草叢、しかし新築は、
車庫付き・新建材・住宅群だ。日本中どこでもおなじみ。

 六本木通りを進む元気がない。バスで青山方向に戻って、何度目だろう、
南青山一丁目広場へ。(2009年10月10日2010年10月2日以来、です。)




呪 吐爛腐/呪 亜屁沈臓/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/
 求む、共謀罪に賛成した議員名表。





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2017-05-19 21:16 | アート | Comments(0)