猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 10日

(2)J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』読了

e0030187_2228616.jpg












~2月8日より続く

 閉鎖系空間に収容されると内圧が高まり、ちょっとしたきっかけで
ヒトは先祖返りし、生存を確保するための殺し会いを始める話、って
要約もできます。例によって少しヨタロー・ピンボケな要約なので、
あまり本気になさらないで。

 ロンドン郊外の40階建て・高層住宅はひとつの閉鎖系の街だ。小学校
や美容院、スーパーマーケット、リカーショップその他が入っているので、
やろうと思えばビルの中だけで生活できる。生活費を得るために、外部
に仕事に出る必要はあるが、消費は内部だけで可能だと錯覚させる空間
構造である。

 住人はみんな、社会的に高い位置にいる。それでもヒエラルキーは
自動的に生じる。自らここを選んで入居したのに、とくに下流(職業的に
低いので住いも低層階)には憤懣が溜まる。中流や上流は自己制御力は
あるが、自己解放への思いを秘める。選別された羨むべき集合住宅は、
いつの間にか自発的な強制収容所に変貌していた。

 各階層が週末のパーティで憂さを晴らすだけでは抑えられないほど内圧
が高まったとき、臨界点を越えてしまったハイ・ライズ内部で暴動が起こり、
人々は暴力による自己解放の喜びを発見する。
 他人の部屋に押入り、部屋を滅茶滅茶に破壊する喜び、エレヴェータを
壊す嬉しさ、他人に襲いかかる楽しさ/襲いかかられるスリル、それらが
自己破壊にしか至らない道であっても、人々は暴力を渇望する。

 解放された暴力の内部レポートが、各階層を代表する三人の男たちの目
から描かれる。映画版では下流のTVプロデューサーを脇に持ってきて、
上流のジェレミー・アイアンズと中流のトム・ヒドルストンとの対立で
描いていたが。

 こんなに丁寧に書かれた小説だったとは。まったく覚えていなかった。
再読してよかった。映画版はお薦めしないが、本はデカダンですてきだ。

 原初を(原理的に)指向するあまり、清潔な肉体が拘束された肉体である
ことに耐えられなくなる。医師であるラング(中流)は不潔さに耽溺する。

<歯垢(しこう)が歯列(しれつ)をくるんでいるように、汗はラングの全身
 を垢(あか)と体臭の皮膜で包んでいたが、その強烈なにおいは、いかにも
 自分の肉体の産物で領土を掌握しているという感じで、彼に自信をあたえた。
 [略]
 外の世界で彼をいちばんおちつかなくさせたのは、このにおいの欠如だった
 __[略]。数日前、ラングは秘書の席のそばで、自分がこの心休まるにおい
 を彼女にも嗅(か)ぎとらせようとしていることに、はっと気づいた。びっくり
 した秘書が顔をあげると、ラングが色気づいたルンペンのように、からだを
 寄せてきているのだった。>(p162『11 討伐(とうばつ)部隊』)


      (J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』
     創元SF文庫 2016初 J)

(1)J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』
(2)J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite .....
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-10 22:11 | 読書ノート | Comments(3)
2018年 02月 09日

昨日も今日も高円寺~阿佐ヶ谷/一昨日は西新宿4丁目

e0030187_21142677.jpg













 100円屋で売ってる小学生用の5mm方眼ノートに線を引き、
見開きで1週間分が記入できる小遣い帳を作って記録している。
4週間に一度、1ヶ月分として各支出合計を出す。
 月初めに予算を立てて月末に決算する家計簿ではなく、何に
いくら使ったかが大まかに分かるだけだが、月に一度は消費行動
を見る機会になるから、やらないよりましではないかしら。これも
ブログと同じで、中毒的に続いている。古本屋時代に毎日の売上げ
や支払いを記録していた、その延長だろう。

 ノートの上端の空白に簡単に、どこへ行った、何をしたと書いて
おく。いつごろ風邪気味だったか、などということも後で思い出せる。

 その余白メモによれば、昨日の午後は桃園川緑道を西へ、高円寺に
至る。写真は別の日に撮ったものだが、昨日も今日も住宅地には黒く
汚れた雪が残る。春になりきらないと、ずっと道端の雪は残るだろう。

 それでも陽が出ていると、猫日和になる。緑道では猫の一族に逢い、
今日は近くのヴェネちゃんに逢った。彼女は賢い。自転車が通りかかると、
そのまま道端に坐り、車だと、さっと引っ込む。車が去ってからまた出て
きて、挨拶してくれた。触られてもいやがらないのをいいことに、盛大に
撫でまくる。"ヴェネ"は、ヴェネツィアに由来だとか。
 一昨日も西新宿4丁目の住宅地で猫たちに逢った。十二社の花街跡で
道幅が狭く、猫もヒトも落着いて過ごせる。

 今日は新高円寺から阿佐ヶ谷まで歩く。西新宿4丁目、いや、南池袋
2-3丁目辺り
もそうだったけれど、ちょっとでも庭木があると、鳥の声
がにぎやかだ。盛んに鳴き交わしている。光の春だけ、もう来ている。

 Sとふたりで毎日のように歩く。猫には逢うが、ひととは滅多に会わない。
外で引きこもり。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-09 21:21 | 雑録 | Comments(0)
2018年 02月 08日

(1)J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』半分弱

e0030187_2161740.jpg













 大昔に読んだ記憶はある。社会派っぽいなという感想だった
ような気がするが、ストーリーは覚えていない。これと『狂風
世界』のイメージが似ているような気もする。

 わりと近年(2016年8月31日)、映画版を見て、その記憶も少し
ある。映画は原作に非常に忠実に作られているようだ、と気づく。
 映画と小説とはちがうジャンルなので、もっと原作から離れて
撮ればよかったのではないかしらと、半分近く読んだ現在、思う。

< マンション生活でワイルダー[注:低層階、二階に住む]がいち
 ばん腹が立つのは、いかにも均質同等の高所得自由業の人々が、
 敵対する三つの画然(かくぜん)たる陣営に分裂していることだった。
  [略]すでに上流、中流、下流という、三つの古典的な社会階層
 に分かれていた。十階のショッピングモールを明瞭な境界として、
 映画技術者やスチュワーデスなど<プロレタリアート>の住む九階
 までと、プール、レストランのある三十五階までのマンション中層部
 とは分かれている。この、建物の三分の二をしめる中層部がミドル
 クラスで、自己本位ながら基本的にはおとなしい専門職の人々から
 なる。医師、弁護士、会計士、税理士などで、自営ではなく、医療
 専門機関や大会社ではたらく人々である。ピューリタンで自己鍛錬
 (たんれん)のできている彼らは、次善のもので満足しようとする人の
 結束力を持っている。
  彼らの上、高層住宅の最上層五階には、上流階級がいる。実業家、
 企業主、テレビ女優、野心家の学者など、[略]。
 [略]
 マンション内の日常生活をそれとなく支配するのは彼らである。なに
 よりも、中間層をおとなしくさせているのは、彼らのそれとない庇護
 (ひご)である。友好と承認のニンジンをたえずぶらさげているのだ。>
(p79-80)

 とても1975年のイギリスから外挿された物語とは思えない。

 公立小「アルマーニデザインの標準服」を導入 校長の独断、全部で9万、
親から批判も

という記事について聞かれた麻生太郎が、「そりゃ高いっちゃ高いけれど」
を繰り返すのみだったのは、"公立"の理念を考えたことがなく、制服を新調
するお金が足りないので、上の子どものお下がりを着せる親がいることを
知らないと、白状しているのだろう。


     (J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』
     創元SF文庫 2016初 J)

2月10日に続く~

 写真は、1月30日のロウ・ライズ。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-08 20:49 | 読書ノート | Comments(0)
2018年 02月 07日

筒井清忠『帝都復興の時代 関東大震災以後』読了

e0030187_22223551.jpg













 写真は昨日のアカトラさん


 『第一章 関東大震災後の政治と後藤新平・復興院の挫折』では、
後藤新平が復興院の有能な役人たちを率いて町を造り直そうとした
のに、政治家連中の紛争に巻きこまれて不十分な結果に終わったと
いう神話、が真っ向から否定される。

 最初に、後藤新平が政治家としてヘマだったことが人事争い史として
記述されるが、ここらは基礎知識がなさ過ぎて、よく理解できなかった。

  『第一章 3、第二次山本権兵衛内閣の成立 (4)世論の動向』に
各新聞での、非・政党出自の山本権兵衛内閣の評価が出ているが、

< 政党に基礎を持たない超然内閣であったのにもかかわらず、山本
 内閣は意外にも期待されたのである。また、日本の新聞はいつも、
 既存の政党の批判と新勢力の台頭への期待ばかりを言いつのっている
 ことがわかろう。議会政治は政党政治たらざるを得ず、従ってその
 発展はいかにして健全な政党を育成するかにかかっている、という
 ことへの認識が不足しているともいえよう。昭和前期に「新勢力」
 =陸軍が台頭しやすい環境を新聞が作っていたといえなくもない
 のである。>(p32-33)

__日本の近代は"より新しい"ことが"正しい"とされてきた歴史なので、
べつにジャーナリズムだけの責任ではないと思うが...ああ、しかしこの
論法では、
<昭和前期に「新勢力」=陸軍が台頭しやすい環境を新聞が作っていた
といえなくもない>
と記すのと同じように、一億総懺悔・論に行っちゃいそうだ。もっと細かに
考えないと...。

 有能な役人たちと信じてきた復興院は、『第一章 6、小括 (2)震災復興
について』の(2)によると、

<復興院は、計画のみに関わったのであり、実施に関わったのは内務省
 の外局となった復興局と東京市(東京に関しては)である。復興院が実施
 に関わったかのごとく言われることがあるが誤解である。>(p60-61)
そうである。

 当時の新聞記事が紹介されるが、寄合所帯の復興院では上から下まで、
汚職が流行る。土地取引で当然のようにマージンを乗せ、差額分は自分
たちで分け、花柳界で騒いだり、妙な新宗教を始める部下がいたり、疑獄
事件を調べていた検察の動きが途中で止ったりとか、戦前~戦中~戦後の
日本のまるで変らない風景が記される。

 しかし、こんな体たらくで、どうやって復興小学校や同潤会アパートが
できたのだろう? 不思議である。ひとえに、復興局と東京市の役人たち
の奮闘努力の成果なのか?

 『第三章 「天譴論」から「享楽化」・「大衆化」へ 関東大震災後の社会
意識の変化』では、小説やルポルタージュ、評論、流行歌の歌詞などから
風俗や意識の変化を見ようとする。

 夢野久作の『東京人の堕落時代』からの引用の後、

<第一次世界大戦後に起きた「自由尊重主義」という意味での「平民化」
 が「放縦」を招き、大震災がそうした傾向を大きく促進した、と夢野は
 指摘し批判するのである。
  [略]日本では、どうして「自由尊重主義」は「放縦」となりがちなのかを
 考えたほうが、夢野の指摘を生産的に生かすことになろう。>
(p172『第三章 4、一・二年後の「享楽化」「退廃化」 (1)「「享楽化」
「退廃化」現象の現実 f.「不良少年少女」)

__という件り、とくに、
<日本では、どうして「自由尊重主義」は「放縦」となりがちなのか>という
認識に引っかかる。この言説は、"公"意識による"私"への制限が前提に在る
のではないか。あるいは、"私"は永遠に"公"によって啓蒙さるべき未熟な
存在である、という認識。
 先日「東京新聞」夕刊で見た篠田桃紅の「あたくしは、あたくし」という
インタヴュー記事を思い出した。

<女学校では、制服に抵抗した。[略]
 「個性という言葉なんて、使われなかった。わがままと言われましたよ。
 けれど、あたくしは、あたくしに似合うものをと思っていただけ」>
(東京新聞 2018年2月3日・夕刊)


     (筒井清忠『帝都復興の時代 関東大震災以後』
     中公文庫 2017初 帯 J)





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-07 22:06 | 読書ノート | Comments(0)
2018年 02月 06日

南池袋2-3丁目辺り/猫日和

e0030187_19284316.jpg












 晴れているが寒風の吹く午後、寒すぎやしない?と言いながら
地下鉄駅に向かう。平日の午後なのに、丸ノ内線はなぜこんなに
混んでいるのだろう?

 副都心線・雑司が谷で降りる。いつもと反対側、南池袋3丁目の
住宅地を歩く。前は古い家が多かったが、少しずつ新建材に置き
換わっている。
 晴れた日は日陰であろうと猫を見かける。塀の上のアカトラさん
が迷惑そうに小さな声で鳴いた。

 3丁目19、鉄板オブジェが放り出してある木造モルタル・2階建て、
健在。オブジェの経年劣化も、前とそれほど変っていない。

 2丁目5には平屋! 2丁目38辺りの2カ所の空地。広い方はフェンス
にサルトリイバラが絡み、狭い方の奥にはシュロの木が2本残っている。
 雑司が谷のお庭にはシュロがよく植わっているように思う。「浮雲」
の家
(4段目と5段目の写真)とか、そこここに。
 まあ、戦前・東京の南洋趣味の表れだがろうが。

 2丁目39では木造モルタル・2階建てアパートの解体中。この脇にも猫。
 今日の写真のようなお家が残っているが、その向かいにはバビロネスクな、
ハイ・ライズの豊島区役所がそびえ立つ。

 1時間くらい歩いてくたびれたので喫茶店を探していると、おお、あれは
梵寿綱・作にちがいない、"平喜屋"と看板のあるビル。
 歩いていると、とくに S は写真を撮っているので、どんなに身体が冷えて
いるのか、分かっていない。ヴェローチェに入って、やっと分かった。

 ひと息ついてから古書 往来座へ。むかし行ったときより、小物雑貨が
増えているみたいだ。
 映画本の充実、文庫棚もしっかり。講談社文芸文庫の小沼丹『珈琲挽き』
『小さな手袋』、山田稔『残光のなかで』、どれにしようかなと思いながら、
SFやミステリの文庫棚脇にあったフェルナンド・ペソア『[新編]不穏の書、
断章』(平凡社ライブラリー)にした。今日の散歩のあとと、店内の空気に
ぴったりなので。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-06 21:27 | 雑録 | Comments(2)
2018年 02月 05日

鈴木創士氏のコラム『第95回 沈まぬ船』

e0030187_19405010.jpg













 もう2月だ。鈴木創士氏の今月のコラムは、『第95回 沈まぬ船』

< 阿呆船は気違い船でもある。ミシェル・フーコーは、狂人が気違い船に
 乗り込んで向かう先はあの世であり、船を降りて帰ってくるのもあの世から
 だと言っていた。>





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-05 20:07 | 読書ノート | Comments(0)
2018年 02月 04日

お祖師さまから阿佐ヶ谷まで歩く

e0030187_22373311.jpg













 ただし、今日の写真は小伝馬町。

 陽が射すと暖かい日みたいに思えて、日曜日であっても、
ともかく出る。
 前に逢ったことのある、猫のヴェネちゃんに再会。

 お祖師さまの辺りを歩こうとすると、その手前の和田帝釈天
商店街が交通規制している。お祭りの最中だった。
 テントを張り、床を拵え、吹きさらしの中、着物姿の落語家が
語っている。観客たちは道路に並べた折り畳み椅子にダウンジャ
ケット姿。
 テーブルはセットされているが、食べ物の屋台はあまり出て
いない。1pm過ぎだったから、この後、出たのだろうか。地面に
シートを敷いた、リサイクル衣料のお店が二、三。

 お祖師さま、といつも書くけれど、わたしはブディストの意識が
ない(シントーイストでもないし、クリスチャンでもない)ので、
妙法寺と書けばいいのだろうか。でも環七を渡るとき、よく綺堂
正雪の絵馬』を思い出して、"お祖師さま"になる。

 松ノ木や成田東を過ぎ、もはや阿佐ヶ谷である。パールセンター
商店街で休憩しようと思うが、どこも混んでいる。中野ほどではない
けれど、かなりな人出だ。上島珈琲でちょっと休んでさっと出る。

 ひと休みしてテンションが変ってしまったのだろうか。さっき見た、
深緑色の小型のスイスアーミーナイフは、好きだけどあまり使い道が
ないのよね、と賢くパスしたのに、開けっ放しリサイクル店の"B級香水"
という手書きポップに、ふらふらと入店。
 箱がなかったり、テスターとして使われていたような香水が無造作に
置かれている。せっせと嗅ぎ分けて、クロエ・オードパルファムに記憶を
刺戟され、衝動買いする。部屋に戻って、もしかしたらと、引出しに放り
込んである、ほとんど空壜のプチゲランを嗅ぐ。この系譜といえばいえる
香りなのか。クロエの方がもっと線が太いが。
 プチゲラン<クロエ、あるいは少し方向転換してイザベラ・ロッセリーニ
「マニフェスト」というマトリックスを思いつく。ただの思いつきだ。

 駅前で用足し。千章堂の非均一棚で徳川夢声『夢声の動物記』(ちくま文庫)。

 JR阿佐ヶ谷から中野、中野からバスで帰宅。寒くなったのと、やや歩き
過ぎで、さっきまで頭痛がしていたが治まった。やれやれ。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-04 20:51 | 雑録 | Comments(2)
2018年 02月 03日

高円寺散歩(古書サンカクヤマ)

e0030187_2261519.jpg













 写真は以前の高円寺散歩の折に。

 3pm、まだ歩けそうな時間帯なので外へ出る。出てから行き先を
考える。東高円寺駅への途中で、ふだんと逆、右側の道を選んだ。
どっちにしようと、いずれは青梅街道に出るのだが、ひとなつこい猫
(2月12日に写真)に逢った。
 目が合ったら自分からやって来て、でも最初はいちおう距離を取りつつ、
撫でろとすり寄る。そういうキジトラ嬢。片耳が桜型に切られた地域猫だ。
 遊んでいると、近くのお家から出てきた人々にも、すりすり。
 「誰にでもなつくんですよ」
と言われた彼女は、出かける彼らと一緒に歩調を揃えて去って行った。

 住宅地を歩き、環七を越え、他に知らないので、JR高円寺駅のBECK'S
で休む。土曜日なので、とても混んでいる。飲み終えて早々、立ち上がる。

 土曜日よ、ふだんよりもっと人出が多いのよ、「十五時の犬」は開いて
ないの? 開いてない。
 早稲田通りまで出て、古書サンカクヤマを目指す。早稲田通りに面した
側が大和町なのに気がついた。大和町は広い。中野寄りの妙生寺川の流れる
辺りだけが大和町ではないのね。

 古書サンカクヤマの広くはない店内に、わたしたちを含めて常時、5人
以上の客の出入りがある。すばらしい。
 前に読んでいるが忘れてるので、J・G・バラード『ハイ・ライズ』
(創元SF文庫)__むかしは、たしか『ハイ-ライズ』だった__、
クリストファー・プリースト『奇術師』(ハヤカワ文庫)、フィリップ・K・
ディック『変種第二号』(ハヤカワ文庫)__一、二篇は読んでいるだろう
__と、小さなメモ帖。
 いま気づいたのだけれど、1000円以上買うと、開店3周年記念で
20%引きだった(明日まで)。

 人が多いので横の住宅地に入ると、さっき通った「十五時の犬」や
「越後屋書店」「中央書籍販売」のある、あづま通りにすぐ出る。
 サンカクヤマのある庚申通りとは隣り同士だった。駅から早稲田通りに
向かう二つの道は尖端が開いているから、早稲田通りに出る前に曲れば、
もっと近かったのか。

 早い夕食をすませて、帰りはひと駅だけ地下鉄を使って戻る。地下鉄に
向かいながら S がいう、
 「高円寺を歩いてる若い連中、ダウンジャケットが少ないね」。

 指摘されると、たしかにそうだ。中高年はいずこも同じ、しっかり
ダウンジャケットを着込んでいるが、若い人々はウールのコートが
多い。
 中は海胆黒で暖めていようと、表層はウールで通す。そうでなきゃと、
4月1日のU.F.O.CLUBのチケットを予約した、若くないわたしは思う。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-03 20:59 | 雑録 | Comments(0)
2018年 02月 02日

(2)エリザベス・ボーエン/篠田綾子 訳『ローマ歴史散歩』読了

e0030187_2135198.jpg













~2月1日より続く

 無知で無教養というのは、こんなとき困る。非常に困る。
読みながら細々と、数少ない、イタリア史の知識を思い出そう
とする。そうしてやっと、古代のローマ帝国と神聖ローマ帝国と、
近代史に登場するイタリアとの流れを、大ざっぱに思い出す
体たらくなので。

 イギリスを含むヨーロッパというのは時間的には、古代ギリシア・
古代ローマから始まる精神史なのだろう。近代の国民国家・幻想
システム以前の歴史(これらも幻想のシステムだろうが)を知らない
と、どうにもならない。

 かっこいいエッセイなのよ。『1 混乱』は、ローマのホテルの
部屋に着いたところから始まり、著者とともにお腹をすかせて、
レストランに入る。
 そこから、廃墟(遺跡)の上や横に、次の建築が乗っかって街が
造られては壊され、その廃墟の上に再び、別の建築が築かれ...と、
混乱を極めるローマの建築史/歴史が、息継ぐ暇もなく語られる。
そのリズムや速度のかっこいいことったら!
 それなのに、わたしは次々に出てくる固有名詞が、いつの時代に
関わる名詞なのか分からない。

 元ネタを知らないから、パロディやパスティーシュを楽しめないか
というと、そんなことはない。知らなくても、たぶん、ここらを
うがっているのだろうと見当をつけて、それなりに面白がることは
できる。
 でも隔靴掻痒。
 それと同じような読書になってしまったことが、とても残念で、
エリザベス・ボーエンのスウィング感やリズム感覚のすてきさだけ、
辛うじて味わった。

 『5 解放』では、奴隷の話から聖パウロの話になる。

<彼はキリキアのタルソスで"自由人として生まれた"、
 元パリサイ人のユダヤ人である。>(p218)

 パウロは逮捕される度に、ローマ帝国の市民であると述べ、
ローマ法に従った裁きを求める。ローマ帝国はEUの先祖なのか。
 半分くらいで長い中断に入った、アラン・バディウ『聖パウロ 
普遍主義の基礎』(河出書房新社)、なんとかしなくちゃ...。


     (エリザベス・ボーエン/篠田綾子 訳『ローマ歴史散歩』
     晶文社 1991年2刷 J)


(1)エリザベス・ボーエン/篠田綾子 訳『ローマ歴史散歩』
(2)エリザベス・ボーエン/篠田綾子 訳『ローマ歴史散歩』

 panem et circenses の日本語訳は、"ごはんとお相撲"かしら?
"ごはん"は近ごろ危ういが、"お相撲"は国会中継の代わりに、いや
というほど供給される。あたしたち、ナメられている。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-02 21:10 | 読書ノート | Comments(0)
2018年 02月 01日

(1)エリザベス・ボーエン/篠田綾子 訳『ローマ歴史散歩』もう少し

e0030187_14481297.jpg













 この子が昨日のモノクローム外猫さん。今日はどうしてるだろう。

 中野に古本案内処ができて早々に買った一冊。ジャック・ロンドン
『ジョン・バーリコーン』もそういえば積ん読のままだ。しかし、
持っていれば、いつか読む。持っていて生きていれば読むであろう。
買い損なう方がストレスではないか、とかなんとか、自分に向かって
言い訳する。
 そんなに希少な本を求めているわけではないので買い逃しても、
またいつか逢えるだろうが、或る日、或るとき、読みたくなって、
その本が手元にあったら、やっぱりうれしいだろう。

 原題"A Time in Rome"を『ローマ歴史散歩』と訳したことに
ついて『訳者あとがき』によれば、

<英文学会では『ローマの時』と呼びならわされている。けれども
 それでは内容が分からないし、小説とまちがえられる恐れもある
 ので、『ローマ歴史散歩』とした。一応各章で大枠は設定されて
 いるものの、時間的にも空間的にも行きつ戻りつ、散策に似て
 いると思うからである。>(p255)

__"時間的にも空間的にも行きつ戻りつ、散策に似ている"エッセイ
であることは、たしかにそうだけれど、『ローマ歴史散歩』では、内容
説明に陥りすぎているように感じられるが。

 散歩しながら、目の前の風景を見ているのに、文学散歩さながら
記述された、かつての風景を重ねて眺めることはあるし、眼前の
風景とはまるでちがったことを思い出すことだってある。
 散歩のときに思い出したり、連想したりする行為そのものが記述
されているような、スウィング感に満ちた本なので、"歴史散歩"と
いう枠が窮屈に感じられるのかもしれない。

 『ローマの時』では何の話だろうと思われ、かといって『ア・タイム・
イン・ローマ』では、ハリウッド超大作アクションみたいになるし。
どう訳せばいいのか。


     (エリザベス・ボーエン/篠田綾子 訳『ローマ歴史散歩』
     晶文社 1991年2刷 J)

 1991年3月29日に初版、同年6月20日に2刷である。20世紀末には、
まだ本を読むひとがいたことの証明だろうか。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

# by byogakudo | 2018-02-01 20:38 | 読書ノート | Comments(0)