猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 12日

「ファスビンダー」がらみで?

e0030187_1421589.jpg








「わがマレーネ・ディートリヒ伝」(鈴木明 小学館ライブラリー 91初帯)を読む。
ドイツについて、まともに考えたことがなかった。

 そもそもドイツ語の響きが苦手で__例外はD・ボウイーがドイツ語で歌う
「ヒーローズ」。これは恰好よかった。英語盤より更に痛切なイメージが聞こえる。
__、一生 自分には縁のない世界と信じて生きてきた挙句、建築関係の洋書には
素敵なドイツ語ものが多いのに気付き、後悔する破目に至ったのだが、さて、ドイツ
の歴史である。
 わたしの頭の中では、神聖ローマ帝国から いきなりビスマルクのプロシアに飛んで
ヒトラー、アデナウアーと続く、ドイツ史です。無茶苦茶だ。

 ずっと、日本の戦後処理に比べてドイツはまともだと考えていたけれど、よく考えて
みれば、かなり五十歩百歩なところがある。両国とも、戦後の冷戦体制をよいことに
経済発展の道を突き進み、ファシズム考察を怠ってきた点では、同罪ではないか。
 勿論ドイツはユダヤ人への補償を誠実に行ってきたし、翻って日本では、という
重大な違いがあるけれども、アデナウアーと岸信介とが同期に存在していた事実が
意味するのは、人々がファシズムへの忘却と責任回避の意志をもって 戦後を
生きてきたということではないか。
 あまり大きな言葉で思考したくはないけれど、でもケリなんて一度もつけて
こなかったじゃあないかと、ディートリヒと共に考えた一晩だった。


クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-12 14:22 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 11日

山田風太郎・明治ものの

仏語訳はないだろうか? あったらポール・アルテに読ませたい。時代背景や
登場人物の説明つきで。

 「赤い霧」(HPB 04再帯)読了。第一章の村での殺人事件が一応 解決して、
第二章 ロンドンでの事件に移るのだが、実際の事件(切り裂きジャック)や
虚構の有名人(ホームズとワトスン)のはめ込み方が拙で辛い。風太郎を一度
読んでごらんなさいと、思ったのだ。事実も虚構も物語の中に流麗に織り込まれて
いますよ、と。
 もう一つ気になったのは、一章で謎の人物とされる かつての殺人事件の遺児
について、その後何にも言及されてないこと。赤い鰊として使われるだけとはいえ、
顛末はどこかに記されるべきではないか。第二章では関係ないから忘れられたのかも
知れないが、エンタテインメントでそれはまずいだろう。

 本の帯に「原書房の『2005年本格ミステリ・ベスト10 第1位』」と大きく
謳われている。本当でしょうか? このゆるさが、いまの時代にフィットしている
とかいうなら、何もいうことはありませんけれど。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-11 15:37 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 10日

新しい項目

e0030187_14155948.jpg








 猫額洞HPに新しい項目ができました。 08m 映画パンフレットです。まだ全部は
上がっていませんが。

 W氏(素人魂〜特濃魚汁主宰者)がいらして、あれこれお喋り。魚本は特殊ジャンル
だけれど、彼のブログは非理系が読んでも興味深く読める。
お魚趣味でない方も、ぜひご一読を。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-10 14:12 | 告知 | Comments(0)
2005年 10月 09日

朝刊の広告によれば/(2)「分解された男」読了

河出文庫から、澁澤龍彦編集「血と薔薇」第一巻が出る。すごいなあ。古書価格は
どうなるだろう? 文庫版だから影響しない? わからない。オリジナル版型で復刻
するより、文庫の方が売れるかしら、やっぱり? 
 
 復刻版はむずかしい。同じ版型、印刷のトーンもそっくり、紙質も近づけて、でも
何かが決定的にちがう。「ひまわり」復刻版はよくできているが欲しいと思えない。
見ても触っても嬉しくない。テイストが違っていて、愉しめないのだ。
 もっとも、復刻版が正解な場合もある。松崎天民「銀座」を文庫で読んだが、
すかすかな印象だった。安藤更生「銀座細見」は文庫でも伝わってくるけれど
(もし今、ちくま文庫あたりで出してくれるなら、きっと写真頁も復活されると
信じるが)、「銀座」は装幀が愉しい復刻本で読むべきだろう。(わたしがお金持ち
だったとして、オリジナルで欲しくなるかなあ?)

~10月8日より続く

 「分解された男」読了。サイキック・アクションSFとでも言えばよいかしら。
ヴォークトを思い出させるけれど、あんなに話が飛ばない。その分、ハリウッド映画
ぽい予定調和という欠点にもなる。でも面白かった。
 2-3日前に常盤新平「グラスの中の街」(文春文庫 87初)、もっと前に東海林さだお
「ショージ君の東奔西走」(文春文庫 82初)も読んでいた。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-09 13:37 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 08日

追加訂正/(1)「分解された男」を読み始める

 昨日の日記に写真を入れた(Sに入れてもらった。相変わらず写真の挿入?貼付?
方法を習おうとしていない。)ついでに書き足しました。お閑でしたら見て下さい。

 昨日見つけた「分解された男」(ベスター 創元推理文庫 72年13刷)を早速読み出す。
「虎よ、虎よ!」より面白いと思うけれど、「虎よ」がどんな話だったか もう記憶が
薄れているのが悲しい。プロレタリアが超能力に目覚める話でしたっけ?

 「分解された男」は「虎よ」よりもっとヴォークトに似た感触の書きっぷりだ。
テレパシストの裏をかくために、一度聞いたら一ヶ月は耳にこびりついて離れない
コマーシャル・ソングをわざわざ聞きに行って、思考が読まれないよう準備する
悪玉のけなげなアイデアに笑う。ちゃんと効いて無事に殺人を果たしたが、彼は毎夜
「顔のない男」の悪夢に悩まされているのに、昼間は執拗なコマーシャル・ソング
責め。無事に最後まで気力が続くだろうか?

10月9日に続く~

新着本

本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-08 14:25 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 07日

大田黒公園

e0030187_139474.jpg   e0030187_1310407.jpg








 明日 買出しに行くことにして、今日は荻窪の大田黒公園へ。むかし散歩の果てに
入り口まで行ったが閉園時間で入れなかった。近くの住宅地もお屋敷町の空気を
残している。近衛という表札のある、長いアプローチ奥が駐車場になっているのは
近衛文麿の屋敷跡だろうか。

 大田黒公園は、音楽評論家・大田黒元雄の自宅跡が杉並区に寄付されてできた、
いじり過ぎない、広過ぎない、気持のよい公園だ。入るとすぐに木と土の匂いに
包まれ、水の気配を感じる。東京が西に広がっていった当時の空気をかぐ気さえする。
 
 大きな赤松、どこからか漂ってくる金木犀の匂い、水は錦鯉の泳ぐ池だけでなく
茶室の周囲も廻っている。「はいから紳士譚」(大田黒元雄 朝日新聞社 70初)の扉頁に
自宅庭園での著者写真があるが、彼が坐っている陶製の腰掛け(たしか「ちん」と
呼ぶはずだが、どんな字を書くのだろう?)こそないけれど、かつての東京の時間を
堪能できる。

 お屋敷町の散歩も愉しい。相続税に痛めつけられながらも、まだお庭が残っていて
赤松と棕櫚が隣り合っていたり、白樺まで加わって大正期を窺わせたりしている。
大きなヒマラヤ杉が風に吹かれて水の流れのような音を立てる時、デ・ラ・メア
「死者の誘い」の幽霊たちの家を思い出したりする。

 写真は左が杉並木のアプローチ、右が池から茶室を見たところ。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-07 20:57 | 雑録 | Comments(0)
2005年 10月 06日

「すまない。僕が悪かった・・・

しかし、弁解する訳じゃないけれど・・・」という台詞を言わせれば日本一の
森雅之が、粟島千景の妻と高峰秀子の愛人との間で不決断・不決定の日々を演じる
成瀬巳喜男「妻として女として」を昨夜見る。
 森雅之の優柔不断ぶりが いつものように素敵。現実にこの種の男を好きになると
大変だから近寄る気はないが、画面で見る限り、いつも愉しい。成瀬映画としても
優柔不断男映画?としても、白眉は「浮雲」に決まっているが、この映画も愉しく
見られた。ストーリー構成は「舞姫」に似て、 虚偽に満ちた家庭生活である。

 「舞姫」で思い出した。終盤の岡田茉莉子の公演シーンは、バレエを知らない者が
見ても上手いとは思えないが、高峰三枝子のタイツ姿はえらい。高峰三枝子が
バレエが得意とは思えないし、年齢的にもぴったりしたタイツ姿で練習場の鏡の前に
立つのは(いくら戦前に期待されていた元バレリーナ・現バレエ教室主宰者 という
役柄であっても)見る者が辛くはないかと危ぶんでいたのに、予想を裏切る立ち姿
であった。正確にいえば ぎりぎりセーフな立ち姿であるが、それにしても何喰わぬ顔で
二本柳寛の恋人とタイツ姿で立っている様子は見事だった。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
 
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-06 19:47 | 映画 | Comments(0)
2005年 10月 05日

夕べは何を読んでたっけ?

 典型的な「雨の日の古本屋」をやっていた。店は床が冷えるし、まず人影も
なかろうと、奥にこもって相談しながら値段付け。半分くらいは終わる。

 日記を書く段になって、はたと思う。夕べは何 読んでたっけ? たしかミステリ
短編集。「ショウほど素敵な犯罪はない」だ。悪くないセレクション。
 先日はミステリのお師匠さんがいらして、「犯罪は詩人の楽しみ」を買って
下さった。お師匠さんは長編がメインだから、あの短編集はお持ちでなかったのかも
知れない。(1点につき2冊所持の原則がおありかも知れないが。)

 結局 丸一日、雨がふる。来週も雨の予報。捨て鉢という文字が空中をよぎる。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-05 19:29 | 読書ノート | Comments(0)
2005年 10月 04日

サア

e0030187_1703177.jpg








 昨夜は久しぶりに眠られぬときの特効薬、ヨーロッパの窓だけ写真集を手にしたが
(その前にプチ・ゲルランも少々)あまり効かなかった。気候のせいなのか年齢の
せいだか、芳しくない寝つきだ。起きてもあんまり すっきりしない。街の空気も
いいヴァイブレイションじゃない。内部にとげとげしいものを隠して表面は停滞して
いるような、いやな感じが続く。
 なんとか気持を立て直さなくっちゃ。

 お借りしたままの成瀬巳喜男を返しに、本の買取もついでに、お客さまのお家へ。
道を歩いていると金木犀の香が漂ってくる。庭にオレンジ色の薔薇が咲くお宅もある。
シンプルに気持が上下動するのね。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-04 13:42 | 雑録 | Comments(0)
2005年 10月 03日

森茉莉付近 (1)

 既にどこかのブログで紹介されているだろうが、「女の表現 富岡多恵子の発言 3」
(岩波書店 95初帯)にある「最後に嫌われた理由」で、富岡多恵子の側から見た
森茉莉との仲違いの顛末が述べられている。
 富岡多恵子自身は、読者が女三人のいい気なおしゃべりと取らないために、
鼎談の座であえて 森茉莉ともうひとりのサイドに立たないよう心がけたのが、
はじめて森茉莉に楯突くことになったから ではないかと考えていたが、後には
鼎談の帰りの車の中で、座談会のために夕方から化粧して出かけるとバー勤め
みたいな気分になると言ったのが、彼女の気に障ったのかもしれないとも
思われるし、結局 わからないと書いている。

 森茉莉側からの発言は以前読んだが(詳しく覚えていない)、なんだか微妙に
気持が食い違って、それが怒りに発展したようなことだったと思う。ふたりの
感情のスタンスが少し違っていて、そこから齟齬を来すことになったのでは
ないだろうか。よくある話といえば そうなのだけれども。

 富岡多恵子のこの文章を初めて読んだとき、何か生々しく怖いものを感じて、
女の小説家は苦手だと思ったが、再読してみると そんなに怖くない。
 最初 怖かった「茶碗の内側には以前の紅茶の跡が何重にも断層のようについて
いた」という表現も、そこだけ突出せずに読めた。倉運荘の 足の踏み場もない
森茉莉の部屋の描写のひとつとして読むことができた。
 前に読んだときは この表現に悪意を感じたのだが、体調でも悪くて そう
読み取ったのかしら? いま読むと冷静な筆致で書いてあるとしか読めないが。


本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

# by byogakudo | 2005-10-03 16:17 | 森茉莉 | Comments(5)