猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 23日

国立大学法人東京大学大学院理学系研究科附属植物園へ

e0030187_18315010.jpg













 つまり、久しぶり(写真集:2010年8月26日2010年8月27日
に、小石川植物園に行った。
 10年近く行ってないのだ。大川にはあんなに足繁く行っているのに、
白山方面は行きにくい。

 たしかに三田線・白山駅からは徒歩10分だろうが、山坂越えて
(実感的には、そう)やっと着くことになるので、大江戸線・春日
から、方向を見失いながら、わりと平地を選んで到達した。
 この時点で、もはや疲れ果てている。
 webで調べていたおそば屋さんを、まず訪ねたら、今日から27日
(日)まで休業の札。バス通りに戻り、7/11でおにぎりとお茶を買い、
ようやく門を入る。正門脇の受付前に入場券の自動販売機ができて
いた。

 にこやかで優しい受付女性の「いってらっしゃいまし」の言葉に
見送られ、さあて、坂を登る。山の手の台地は坂を登り降りする
土地だ。
 植物園本館は相変わらずうつくしい。左にカーヴする坂道の頂上に、
視線を引き受けるかのように階段室を中心に置く。坂の曲線と階段室
の昇降とが、二重螺旋を感じさせる。

 広場のベンチで昼食。むかし来たときは猫がいたなあ。最初に来たとき、
うっとりするようにうつくしかった温室は壊され、新たに建設中だ。どうか、
このシチュエーションを活かす建築でありますよう。

 分類標本園や旧養生所の井戸の辺りを歩き、まだ1月なのにヴェロニカ
が咲いている! 大きな樹に取りまかれているだけでうれしいのに、さらに
うれしさが増す。

 大きな銀杏の先に、Sが好きなプラタナスの大木。あの漂白したような
白い樹皮が剥げかかると薄いグレイを見せ、幹は太く地面に突き刺さり、
枝はティム・バートン風にうねり踊る。

 今日もここらで引返す。いまだ日本庭園に到達できず。
 温室の前の池(2010年8月26日、上から2段目)が無事かを目隠しの
隙間から確かめる。
 目下、無事。しかし、入場時に渡された案内図・裏面の温室の絵では、
たんに楕円の池が左右にふたつ描いてある...。
 あれはちゃんと残さなきゃ! アルマ=タデマが背景に使いそうな、
いい池なのだから。

 もう少し歩きたい気持はあるが、脚腰に来てるので、後ろ髪を引かれつつ
植物園を去る。また、近いうちに!





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-23 20:55 | 雑録 | Comments(2)
2019年 01月 22日

多川精一『戦争のグラフィズム 「FRONT」を創った人々』開始

e0030187_22104761.jpg













 東方社『FRONT』刊行に至るまでを語るには、戦争へと向かう
大正から昭和への日本の歴史を綴らなければならない。
 安倍晋三のせいで、もはや日本はファシズム国家だ。戦争に
まつわる本を読むことが増えた。

 著者、多川精一は東京府立工芸学校製版印刷科・5年生だった
1941年、印刷科の教師、原弘(はら・ひろむ)に誘われ、東方社に
入ることを決めた。1ヶ月後に太平洋戦争が始まる。

 読み出してすぐ、戦争責任、戦争犯罪者のことを思う。ある方に
教えられたが、戦中から活躍していた__つまり、軍部に協力して
いた__建築家たちは、戦後誰ひとりとして戦争責任を問われず、
戦前にまして活躍を続けた、という事実だ。
 戦後復興にすぐ役立つ技術を持つ人々の戦争責任は問われない。
画家や作家など、復興に直接的に役に立たない人々からは、戦犯を
出して、国家的には、戦争を引き起こしたことを反省していますと
いう顔をつくる。
 占領者アメリカにしても、役に立つ技術者、科学者たちの戦争責任
は不問にする(薬害エイズ事件の犯人、ミドリ十字も、原発事故も、
彼らの戦争責任が問われなかったことの延長で起きた)。
 戦中と戦後すぐの物資の窮乏に追われる大衆は、隣組で大きな顔を
していた人もいただろうが、もっぱら被害者意識を抱き続ける。自分が
戦争にどう関わったか、加担していなかったか、などとは考えない。
 そして戦後復興が進み、国家規模の経済では豊かな国といわれ、
やがてバブル経済とその破綻を迎え、もう一度、戦争経済に活路を
見いだそうとする現在ではないかしら?

 連続TVドラマで見て、異彩を放っていたアラン・カミングはLGBTの
活動家でもあるようだが、トランプが大統領になりそうだったとき、
Nov 3, 2016、こう記す。

<This election is not about politics as we know it. It is a battle
 between goodness and decency versus ignorance and fear and
 hatred and the very worst of humanity.

 Shame on any of you who vote for Donald Trump! But shame on
 us all for having allowed him to happen.>

 安倍晋三を指示する人々と、この時代に対しても、同じことが言える。


     (多川精一『戦争のグラフィズム 「FRONT」を創った人々』
     平凡社ライブラリー 2000初 J)


 Tポイントカード事件は、憲法で保護されているはずの内心の自由を侵害
する、由々しき事態だと思うけれど、夕方のTVニュースでインタヴューに
答えた若い男性は、「警察への協力は必要だと思うが」と、述べている。
 共謀罪や特定秘密保護法の導入が、若くして脳軟化症に陥るひとを生み
出したか、あるいはTV局は、安倍政権に反対しない、そういう答をする
ひとを探し求めて、報道番組(!)を作るから、ということか。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-22 19:46 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 01月 21日

新御徒町~東上野~北上野~入谷(2019/01/20)

e0030187_19363170.jpg













 「この世の名殘り 夜も名殘り」というフレーズは、映画(で見た
だけ)『心中天網島』で覚えたが、地下鉄に乗り降りする体力がある
限り、東の東京を歩きたい。地下鉄のエレヴェータやエスカレータを
フルに使って、体力温存を図った上でのことだが。
 しかし、4、5時間、ほぼ歩きっぱなし、休むのは、自販機で温かい
飲み物を買い、立ち止まって飲むときだけ、という芸当ができた時期
もあったなあ...遠い昔、2001年ころ。

 ひとけの少ないところに到達するまでに、ひとけで充満した公共交通
機関に頼らざるを得ないのが残念だけれど、ワープできない。
 昨日、1月20日(日曜日なの!)、新御徒町で安直・昼食後、2:30pm
ころ、東上野1丁目から歩き出す。

 子どもたちが遊んでいる、東上野2丁目、西町公園。
 小さなお稲荷さん、地護稲荷大明神。路地を歩いていると、下谷神社だ。

 下谷神社の鳥居の前の大通りを渡ると、旧北稲荷町の碑がある。今は
東上野5丁目。
 上野学園の脇を通った。店のお客さまだった方が、わりと最近、仕事に
通われたと、おっしゃってなかったかしら?

 北上野1-9の角地、洋館風のモルタル造二階建て。洋風ドアの近くに、
シュロが三本。東京で庭や植込みにシュロを見ると、いつも成瀬巳喜男
『浮雲』を思う。

 北上野1-11辺り、木の扉の隣、明かり採りのガラスブロックが疲れを
見せ、窓の防犯用柵(何と呼ぶのだろう?)の縦棒、上端が高い位置で
丸めてあり、次の鉄棒の先端は少し低い位置で丸まる。交互に並ぶのが
ゼンマイかワラビみたい。かわいい。

 下谷警察署の横を通り、入谷1-16辺り、大同製作所と看板にある二階
建て、グレイ・モルタル造。ここにもシャッター脇、窓の前にシュロが立つ。
金網入りの強化ガラスの窓、うつくしい。いいなあ。

 暖かいし、道幅(路地幅)も猫向きなのに逢わないと思っていたら、発見。
入谷1-24辺り。まずクロトラないしサビネコを見かけて声をかけたら、さっ
と建物の隙間に消え、次にふっくらしたアカトラに呼びかけるも、車の陰に
身を固くする。すまない。

 入谷2-35辺り、2階建てモルタル造、八つ手の葉っぱ模様のガラス戸。

 入谷は浅草界隈、稲荷町や鳥越などと違う磁場だ。根津に近いのかな?
1時間くらい歩いたので、3:30pm、地下鉄・入谷駅からおとなしく帰る。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-21 22:07 | 雑録 | Comments(2)
2019年 01月 20日

(2)内藤誠『シネマと銃口と怪人 映画が駆けぬけた二十世紀』読了

e0030187_1144115.jpg













~1月19日より続く

 近代(二十世紀)は、映画と本に、どのように描かれたか、という
エッセイとして読む。大衆が歴史の前面に登場する時代・20世紀は、
戦争が地球上に絶えることがなかった時代でもあるなあと、いまさら
思い出される。ケリはつけられてなくて、戦争やファシズムの問題は
21世紀の現在、延々と続いている。資本主義経済を続けるために。

 映画は一コマずつはスティルだが、見る側には連続する運動体、
シネマトグラフとして存在する。映画監督である著者の文体は、映画
と同じように流動的だ。映画ファンが好きな映画の一コマをスティル
写真として持ちたがるように、好きな個所を引用したい。

 『第三章 戦時下、パリの早川雪洲』から__
 大島渚が企画したが、流れてしまった『ハリウッド・ゼン』という
映画では、坂本龍一が早川雪洲・役に予定されていた。あの頃だと
(諸般の事情で?)そういうキャスティングになるか。
 
< しかし困ったことに、調べれば調べるほど、セッシュウは魅力ある
 キャラクターとしては浮かび上がって来ないのである。>(p112)
と、大島渚は記す。

 女なら手当り次第の早川雪洲。明治的には快男児でも、いまどき、
その姿だけ描いたら客が拒否する。
 だから早川雪洲のキャラクターは変えようがないが、
<むしろセッシュウより才能があったといわれながら結婚すると女優
 の仕事からは引きさがり、彼の浮気に苦しみながら生涯彼に尽くし
 続けた妻青木ツル子とセッシュウの関係と、
 セッシュウの後から来て結果的に彼にとってかわるルドルフ・バレン
 チノとその妻ナターシャ・ランボウの組合わせとの対比に移っていった
 のだった。>(p112)

 そして、大島渚の考えていたエンディングが、すてきだ。
 1926年、バレンチノがニューヨークで死ぬ。
<何十万の参列者があったといわれるニューヨークのバレンチノの
 葬儀に、一人紋付袴の雪洲が行く......バレンチノの棺の周りは
 ムッソリーニの制服に身を固めたファシストによって固められ...... 
 その前を女たちの涙の葬列が行く......。>(p114)
__このシーン、見たかった。ベルトルッチ『暗殺の森』に匹敵する
映画になっていたかもしれないのに。


     (内藤誠『シネマと銃口と怪人 映画が駆けぬけた二十世紀』
     平凡社ライブラリー 1997初 J)

(1)内藤誠『シネマと銃口と怪人 映画が駆けぬけた二十世紀』
(2)内藤誠『シネマと銃口と怪人 映画が駆けぬけた二十世紀』





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-20 22:00 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 01月 19日

(1)内藤誠『シネマと銃口と怪人 映画が駆けぬけた二十世紀』開始

e0030187_2314831.jpg













 まだ『第一章 「一葉の時代」の画像』。映画『樋口一葉』
(監督:並木鏡太郎/脚本:八住利雄/主演:山田五十鈴)の
ために、時代考証、一葉像の検討をしているところ。

 「映画朝日」昭和14(1939)年3月号掲載の座談会、『樋口
一葉を語る__東宝映画「樋口一葉」製作を前に』(出席者:
馬場孤蝶/戸川秋骨/長谷川時雨/久保田万太郎/鏑木清方/
神崎清/森岩雄/竹井凉/並木鏡太郎/八住利雄/山田五十鈴)
__から抜粋されている。豪華メンバーだ。

 近過去を映画化するのは難しい。実在の人物を描こうとすると、
生前の彼や彼女を知っているひと、その時代に生きていたひとに
注視されるので、いくら気をつけても気をつけ過ぎることはない。

 樋口一葉の笑い方は、
戸川 冷笑が多かった。そのかわり話は魅力がある。[略]
 ときどき人の弱いところを突っこんできまして、そうして嘲笑
 するというところがあります。>(p24)

 近年のHBO製作、連続TVドラマ、スティーヴ・ブシェミ主演『ボード
ウォーク・エンパイア』を去年、Sの背後から、時々見ていたが、何か
もう、これでもかの時代考証に圧倒された。お金のかけ方はこういう風
でないと。
 出演者全員、手抜きなしの衣裳、完璧なインテリア。細部がしっかり
抑えられて、脚本は映画に結実する。


     (内藤誠『シネマと銃口と怪人 映画が駆けぬけた二十世紀』
     平凡社ライブラリー 1997初 J)

1月20日に続く~





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-19 20:43 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 01月 18日

(2)F・W・クロフツ/井上勇 訳『山師タラント』読了

e0030187_13264553.jpg













~1月15日より続く

 最初の方は、梶山季之張りに“経済小説”だ。薬九層倍の仕組みに
気づいた連中が、毒にはならないが気休めでしかない薬を、派手な
宣伝で売り出し、大衆薬として成功している。
 それに気がついた男、タラントは、同じような薬を宣伝費をかけず
に製造販売して儲ける方法を考える。
 独立自営の薬屋をターゲットにする。似たり寄ったりのうちの薬を
客に勧めて売ってくれたら、先発の会社よりマージンを高くしますよ、
というコバンザメ商法である。

 初期資本は自分の手持ちと、タラントに惹かれる女性の貯金だ。
 彼女は、このやり方は法的にはグレイゾーンかもしれないが、倫理的
に問題があるんじゃないかと躊躇う。タラントは結婚をちらつかせる。
結婚カードを出したり引っ込めたりしながら、彼女を仕事に引きこむ。
 看護婦資格のある彼女に製造を任せ、タラントは営業と宣伝活動だ。

 彼はネーミングやコピーライト、デザインの才能はある。本名は
使わず、ジョン・ティンスリー製造するところの"コールドキュア"を
流通させようとする。

<用箋のヘッディングはよくできていた。最初に、小さな、おとなしい、
 頭(かしら)文字書体で、"コールドキュア"と印刷され、そのあとに、
 ジョン・ティンスリーとその事業について、看板に書いてあったのより
 はるかに苦心のあとの見える説明がついていた。>(p51)
 この事務用箋と小包発送ラベルは銅板印刷らしく、
<全部高級品で、タラント自身がデザインした飾り文字入りになって
 いた。>(p47)

 先行する会社の重役たちも、タラントの同類だ。違いは、何代か続く
名声あるお金持ちをボスに招き、金と信用を世間に見せつける点だけ。
重役会議は、製品の品質向上ではなく、売上高と、宣伝方法や謳い文句
を検討することに費やされる。
 もっと、はるかに低い価格で売っても儲かる薬だが、安くつけると誰も
効能を信じないから、宣伝費にお金をかけ、高い値段で売るのである。
 ここらは"企業小説"のノリだ。

 と金紳士、タラントが殺され、裁判になるときにも、クロフツは裁判長、
フロビッシャーの目を借りて検事、サー・レジナルドの陪審員あしらいを
描く。

<彼らは、フロビッシャーとちがって、当人たちの感情が、サー・レジナルド
 の話の内容よりもむしろ、その表現の技術に由来することがいかに多いか
 を知らなかった。彼らは論証に重みを与えるのは事実であると信じていた。
 素人(しろうと)はすべてそうである。しかも、長年を、この問題の研究に
 費やしてきたフロビッシャーは、批評精神を欠くふつう一般人にとっては、
 事実はたいして重要性がないのを知っていた。じっさいに彼らを左右する
 のは、事実ではなくて、その表現のしかただった。サー・レジナルドの声は
 よどみなくつづけられた。>(p335)

 なかなか、モダーンなミステリ。

     (F・W・クロフツ/井上勇 訳『山師タラント』
     創元推理文庫 1976年9版 J)

(1)F・W・クロフツ/井上勇 訳『山師タラント』
(2)F・W・クロフツ/井上勇 訳『山師タラント』





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-18 20:55 | 読書ノート | Comments(2)
2019年 01月 17日

西荻窪へ(初・盛林堂)

e0030187_21175486.jpg













 写真は2018年12月20日の雑司が谷で。

 今日はわりと暖かい。地下鉄に乗りたくなければバスしかない。
青梅街道・東高円寺駅前から吉祥寺駅行きに乗って、宮前四丁目
で降りる。
 撮るに足る風景に逢えない、新建材住宅地。

 袋小路の奥、左手に、西荻南 イエス・キリストの教会が見えた。
実物は、内側の屋根(?)の赤錆がきれいなのに、この写真だか
イラストレーションだかでは修正してある。

 西荻南3-21の廃墟、健在。陽のあたる廃園に生い茂る雑草は枯れ、
ひなたぼっこしようとクロトラが入ってきた折しも、わたしたちに
見つかる。
 気の毒に。しばらく門扉の内と外で対峙していたが、日陰に引っ
込んでしまう。
 その近くの住宅の、陽あたりのいい窓辺にもクロトラ。こちらも、
発見されて心外だという顔をする。

 安直・昼食後、やっぱり盛林堂へ。外で坂口安吾『安吾史譚』
(河出文庫)、中で松本哉『すみだ川気まま絵図』(ちくま文庫)
と内藤誠『シネマと銃口と怪人 映画が駆けぬけた二十世紀』
(平凡社ライブラリー)。
 安直・喫茶後、このまま帰ることにする。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-17 20:25 | 雑録 | Comments(0)
2019年 01月 16日

日本の色感

e0030187_22351899.jpg













 写真は1月6日に小島2-7で逢った白猫。
 見知らぬ猫に逢っては声をかけ、たいていの場合、迷惑そうな
顔をされる。まれに、「ひっさしぶりー!」と、初対面なのに
駆け寄ってくる猫もいるが。


 タイトルが大上段に構えているけれど、たとえば着物の色彩感覚は、
たいてい、作られた時代に関係なく、繊細だ。
 ところが、大量に作られ、大量に消費される工業製品の色彩感覚は、
なぜこんなに安っぽく、やかましいのか? 
 理想とまでは行かないが、いやじゃない色柄の箱入りティシューを
求めて、webと路上を彷徨わねばならない。

 杉並区に越してから見つけて愛用してきたナクレの箱入りティシュー
を売っていた店が閉店してしまった。紙質は普通だが、部屋に出しっ
ぱなしにして邪魔にならない、希有な色と柄の箱だったので、これが
なくなるのは辛い。
 もう一カ所、売ってるところを知っていた(最近は通ってないので
確信がない)が、5箱一組で307円(8%税込み)のティシューを買いに
地下鉄でひと駅、新高円寺まで行くのはあんまりだ。
 歩いて買いに行ける範囲で手に入る、うっとうしくないデザインの
箱入りティシューを、急いで探さなければ。

 webをさまよう。シンプルまっしろコープのティッシュが、ほんとに
底面以外は白無地らしいが、残念ながら"コープさっぽろ"でしか売って
いないようだ。
 この方のサイトを参考に、さらにさまよう。
 セブンプレミアム ライフスタイル ふんわりなめらかティシューは、
まずイトーヨーカドーの会員になって注文し、セブンイレブンから到着
の連絡を受けて買いに行くシステムではないかしら? セブンイレブンは
近くに一店あるが、その前段階がめんどくさいかな。
 スコッティ ティシュー、むかしはティシューといえばスコッティか
クリーネックス、どこにでもどっちかが置いてあったが、近ごろスコッティ
を見かけない。それに銀鼠に白い細い線の入り様が、スタイリッシュでしょ
と、頑張って見えて、ちょっと好みからずれる。

 箱入りティシューが日本人の日常生活に入り込んだのは、1960年代後半
からだろうか?
 その前は、食卓にソースをこぼしたら布巾で拭き、布巾は洗ってまた使う、
暮らし方をしていた。鼻をかむときは、引出しからちり紙を出す。
 いつの間にか、薄い紙の束が入った箱を室内の目のつくところに置き、
薄葉紙を使い捨てるのが日常になった。
 アメリカから来た生活習慣のひとつだろうが、ハリウッド映画を見ても、
box tissuesは、部屋のどこに置かれているのか分らない。ヒロインが涙を
見せると、どこからともなく箱と紙が出てきて、涙を拭うシーンになる。

 "無印良品"はシンプルだが、わたしの場合、いちいち中野に行って紙束を
補充しなければならない。

 箱入りティシューを箱ぐるみ覆い隠す手法は、理解できない。日本文化の
ある一面に、包装文化があるのは知っているが。
 TVが茶の間に入ってきたころ、見ないときは、受像機は布で覆われていた。
モニターの前に扉がついた家具調TV受像機もあった。固定電話機にはダイアル
部分を覗いて覆いつくすカヴァがあった。
 同じ精神構造の産物だと思うが、冷蔵庫や魔法瓶に花柄がついていた時代が
あった。
 日本文化では直接的な表現や在りようを避けるのが美徳とされるらしいが、
よく分からない、不思議な代物も出現させる。

 要らないところに装飾を持ち込むのが、この包み込む精神文化構造の発現
だろうか? 花柄・魔法瓶と同じ現象が、工事現場に出現する。
 近所で水道管の取り替え工事が続いている。マンホールの前に柵が置かれ、
さらに横長のフラワーボックスが置かれ、そこには、けばけばしい色彩の造花
が植わっている。
 造花は、ねえ、キッチュに使われないと、かなしいものなのに。

 柄物や色のあるものが、いやなのではない。大昔、銀座ソニープラザで(!)
買った、菫の花柄の箱入りクリーネックスは、薄青い紙の色もきれいで大好き
だった。あの、やさしいブルーには、その後逢っていない。

 webでの彷徨いはアメリカあまぞんに行き着き、そうなんだ、どうして日本
で売ってる箱入りティシューは、寒色系の同系色でまとめたり、白い箱に薄い
グレイで描いたりしないんだ、きつい色合いの花柄ではなく抑えた色調の幾何
学模様にしないのはなぜなんだと、怒りがこみ上がる。
 なんというタイトルだったか、どんな話だったかも覚えていないが、たしか
1990年代に借りて見たVHSで、クビを言い渡され、大きめの蓋付き箱に私物
を放り込んで、会社を去るシーンがある映画だ。
 この箱がよかった。おそらく再生紙で作られた段ボール箱だが、白地に薄灰色
の文字が入っているだけ。手軽に買える大きめ段ボール箱というと、郵便局で
売っていた、ピンクとブルーの文字が派手に入った箱しかなくて、羨ましかった
のである。
 大量生産品をうつくしくしようという思想はないのか。引き算の美学はエリー
ティズムだから、排除さるべきなのか?

 結局、ローソンセレクト やわらかティッシュにしたけれど、補充には小さな
丘をふたつばかり越えなければならない。
 好みのクリーニング屋さんに行くには小丘ひとつ越え、好みのティシューを
買うには小丘、もうひとつ越えである。まだ体力はある。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-16 21:47 | 雑録 | Comments(0)
2019年 01月 15日

(1)F・W・クロフツ/井上勇 訳『山師タラント』開始

e0030187_20523164.jpg













 主人公はジェームズ・ペチグルー・タラントなる野心的な若い男、
若いといっても原作刊行が1941年だから、その当時の30歳なら、
もはや若くもないか。野心の成就に焦りを覚える年頃なのだろう。

 タラントは、お金持ちになることこそ、人生の目的と信じている。

<子供のときですら、どうにかして、切られたケーキの大きいほう
 や、遠足のときのいちばんいい座席が自分に転(ころ)がりこむよう
 にした。学校では、その性癖が評判になり警戒された。>(p11)
__打算的に生まれついている。

 成功するためには熱心だし、
<スマートなみかけを持ち、態度もよかったので>(p11)
薬剤店の若手販売員として昇進するが、転職したのが失敗だった。
 このままでは、小さな町の小さな(だが堅実な)薬局の跡継ぎに
なるくらいで終りそうだが、
<タラントは金が__金と贅沢(ぜいたく)と、なににもまして、金の
 もたらす権力がほしかったのである。>(p10)

 そういう男の、彼の考える成功への道程を、じわりじわりと記述する
のが、いかにもイギリスの小説らしい、クロフツらしい書きっぷりだ。

 主人公の言動やできごとを、レポーターがムーヴィカメラを廻しながら
報告するように記述するのが、イギリス流リアリズムなのかしら? 
 大人用の『ロビンソン・クルーソー漂流記』を読んだとき、ひとつでも
書き漏らさないよう、細かいことまで逐一書くのかと驚いたのを思い出す。
 『ロビンソン・クルーソー』の場合、綿密な記述で塗り込められ過ぎて、
却って何も起きていないかのような平板さも感じたように覚えているが、
あれは一種の幽閉譚だから、日々の単調さを伝えるための技術でもある
のかしら(考え過ぎ?)。

 各章のタイトルが記述内用を要約している。
 まだ『1 ジェームズ・タラント スタートを切る』を読んでいるところだが、
日本語訳の"ジェームズ・ペチグルー・タラント"表記は、今だと"ペティグルー"
になり、『12 ジョジフ・フレンチ 呼び出しを受ける』の"ジョジフ"は、
"ジョゼフ"になるだろうか。


     (F・W・クロフツ/井上勇 訳『山師タラント』
     創元推理文庫 1976年9版 J)

1月18日に続く~





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-15 15:23 | 読書ノート | Comments(0)
2019年 01月 14日

(2)小沼丹『珈琲挽き』読了

e0030187_19223093.jpg













~1月12日より続く

 小沼丹が面白く読んだ徳田秋声『町の踊り場』が、分らなくはない
けれど楽しめず、小沼丹が師と仰ぐ井伏鱒二は、『珍品堂主人』しか
読んでないが、よく分らなくて楽しめなかった。
 そんな奴でも小沼丹のエッセイは楽しく読める。どうなってるのか。

 終りの方に収録された『アテネの時計』では、記憶の連鎖が記されて
いて面白い。

 友人たちと酒を飲みながら喋っていたとき、誰かが別の誰かから
ライターを借りて煙草に火を点け、うっかり返すのを忘れる小事件が
あった。小沼丹は、
<ひょっこり、昔読んだ西鶴の短篇を思い出した。>(p294)

 その翌日、庭の桃の花を見ているとき、昨日は、西鶴の短篇の題
を思い出せなかったのを思い出して探すと、『諸国はなし』の中の
『大晦日はあはぬ算用』だと分った。
 そこから、太宰治がこれを下敷きにして、何か書いているのも思い
出すが題名が思い出せない。探してみると、『新釈諸国噺』中の
『貧の意地』だった。

 他にもどこかで、『大晦日はあはぬ算用』に似た話を読んだ記憶が
あるのに、思い出せない。
 そこへ将棋好きの知り合いが訪ねてきたので、将棋を始める。
 相手が長考しているので、手持ち無沙汰で室内を見廻していたとき、
飾皿が目につく。
<昔、信州の湖畔の古道具屋で買った安物のギリシャの皿で、
 裏にはアテネの店の名前が焼附けてある。
  その皿を見たら、途端に記憶が甦ったから嬉しかった。>(p295)

 将棋の相手が帰る。飾皿から思い出した、フランク・ハリスの『自伝』
を引っ張り出す。
<アテネに滞在していた頃の所を見ていたら直ぐに判った。或る頁に
 ちゃんと鉛筆で印が附けてあって、御叮嚀に「西鶴」と余白に書入れて
 あったから、おやおやと思った。そんな書込をしたことは自分でも悉皆
 忘れていたが、昔読んだときも西鶴の「大晦日はあはぬ算用」を聯想
 したのだろう。>(p296)

 以下、ハリスの語るエピソード(金時計が見失われる)と、西鶴の話
(一両小判が消える)との比較文化的検証(?)である。
 記憶のマトリョーシカ構造が記された短篇で、楽しい。


     (小沼丹『珈琲挽き』 講談社文芸文庫 2014初 帯 J)

(1)小沼丹『珈琲挽き』
(2)小沼丹『珈琲挽き』 


 1月11日(金)に、自由が丘、西村文生堂で、「平凡パンチ」
1979年4月2日号。表紙に、『ゴミの中で生き...叫び...歌う...
東京ロッカーズの全貌」って、書いてあったので。
 老眼に厳しい細かい活字を読んでみると、風俗レポートの面が強い。
囲み枠内の各バンドへの寸評は、ロック好きでライヴに行ってる人が
書いていると分るが。
 音楽系の若手ライターと長年の(?)風俗系ライターの共同執筆で、
後者がアンカーとして一本の記事にまとめたか、と推理。

 今日は、高円寺、古書サンカクヤマで、「STUDIOVOICE」Vol.224、
1994年8月号、『特集★Hello! Andy 僕らはウォーホルの作品世界に
生きている』と、F・W・クロフツ/井上勇 訳『山師タラント』(創元
推理文庫)。
 4:30pm現在、"十五時の犬"は開いていなかった。





サイコパスども__
滅亡 亜屁沈臓/滅亡 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/滅亡 吐爛腐・
夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........

# by byogakudo | 2019-01-14 20:43 | 読書ノート | Comments(0)