人気ブログランキング |

猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 16日

「サロン・キティ」

e0030187_1412664.jpg






click to enlarge


 昨夜ブログを書き終えて部屋に戻ると、Sがなつエロを見ていた。
"salon kitty"「サロン・キティ」)だ。後半を一緒に見る。

 こんなにうつくしいティナ・オーモンという奥さんがありながら、
なんでヘルムート・バーガーの上昇志向・陰謀男は、ブスいちんぴら娘に
惹かれるのか。
 たぶん娘が彼の出自より上のブルジョア出身なので、引きずりおろして
やりたいという、性的事情があるんでしょう。

 しかし余談だが、「ブスかわいい」なるジャンルがわからない。醜女と
美女の二分類で充分だろう。美女だからって万人に魅力的とは限らないし、
心惹かれる醜女もあるってだけだ。
 「ブスかわいい」は、自信喪失気味の男の創り出した枝葉の幻想だ。

 ティナ・オーモン、2006年に死亡。知らなかった。新聞の死亡欄は
毎日見ているのに、大女優じゃないからって無視されたのかしら。

 カヴァーニの「愛の嵐」がナチズムへの態度を保留したまま、美学的背景と
してしか使っていない、という批判があったようだが、それに応えて(?)、
反ナチの態度を貫いたのが、ティント・ブラスの本作である。(ヨタです。)

 真正面から断固たる反ナチズム意識を打ち出した(これは嘘じゃない)、
堂々たるエロ映画が、「サロン・キティ」。
 でもイングリット・テューリンやヘルムート・バーガーは、どんな映画に
出演してると思っていたのだろう?


 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄





..... Ads by Excite ........

by byogakudo | 2010-10-16 13:00 | 映画 | Comments(2)
Commented by innerwood at 2010-10-16 18:47 x
「「ブスかわいい」は、自信喪失気味の男の創り出した枝葉の幻想だ。」

僕も「若者」ですが、知りませんでした。


その命名した集団の絶望的なナンセンス加減はさておき、その言い方は、だいたい似た感覚をもった「チャラい」男女集団内で「自然発生」した新しい撞着語法くずれ、じゃないですか。

それか、とくに最近気味が悪いほどに増殖している「キャラクター」についてとか?
Commented by byogakudo at 2010-10-17 16:19
ジェレミー・アイアンズの方の「ロリータ」評で「ブスかわいい」という表現を見かけたのですが、昔のスー・リオンを覚えているので、どうにも共感できない、ちびでした。

取りあえず分類して安心する根性が問題かなあと、老人としては思う、今日この頃です。


<< スタージョン「時間のかかる彫刻...      久しぶりに東大駒場へ >>