猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 18日

「フランシス・ベーコン展」に行った

e0030187_1341844.jpg












 忘れないうちに、今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄 

 昨日やっと竹橋に行った。
 会期も終わり近いせいか、思ったより年配者が多い。わたし
たちと同じ、冥土の土産組さ。
 若い人たちと半々か、あるいは中高年層が多い。

 いい。絵画はいい。身体にくる。色彩が、なんて、いいんだ。
フランシス・ベーコンこそカラリストだ。
 深い黒みを帯びた青、小型の三幅対の背景を彩る枢機卿の紅、
不吉な鮮やかさを見せる緑、色の層がすばらしい。

 絵から漂う、あの妙な静けさは何なのだろう。描かれた人々は
動きの過程にあるのに、しんと静かだ。時間の構造体の檻に捉え
られたかのように。

 後効きのする展覧会になりそうだ。ある日、まるで関係ないときに、
絵の感触を思い出すような効き方で。

 思い出す補助として図録を買おうかと思ったが、色彩が違いすぎる
ので止める。見てきたばかりの、あの色じゃない。薄く、浅い。
 筆の跡を明確にするためであろうか、トーンを上げた印刷になっている。
筆が描いた痕跡は明らかになったけれども、あの複雑な色合いが失われ、
あさはかな色になっている。線の解読のお手伝いとは、今の時代らしい、
やり口だ。身体で反応する前に分析したいのか。

     (於 東京国立近代美術館)





..... Ads by Excite ........
 

by byogakudo | 2013-05-18 13:42 | アート | Comments(0)


<< (2)コレット「シェリの最後」...      2013・5・21 EP-4 @京都 >>