猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 18日

(1)クリストファー・プリースト/古沢嘉通 訳『双生児』上巻を読み出したばかり

e0030187_14273332.jpg













 写真は1月2日の"中央卸売市場淀橋市場"脇。


 上巻は『第一部 1999年』、『第二部 1936年-1945年』、
『第三部 1999年』、『第四部 1940年-1941年』に分けられ、
下巻は『第五部 1940年-1941年』に当てられる。

 本では『第一部 一九九九年』と、漢数字が使われているが、この
ブログでは横書きで読みやすいよう、大抵、洋数字に変換している。
さすがに『第1部』とは書きにくい。

 "1999年"は小説の外枠の時間。第二次世界大戦に参加した兵士たち
の歴史を書くライター/語り手の属する時間だ。

 英軍のソウヤー空軍大尉が、
<良心的兵役拒否者でありながら、現役の英空軍爆撃機操縦士である>
(p24)という記録が気になって調べている、という設定。

 実在あるいは虚構の人物が、小説に登場する。実在の人物でもたとえば、

< 国家啓蒙宣伝相ドクトール・ヨーゼフ・ゲッベルスは、
 [略]
 (1943年まで現職にとどまった。1944年に『日記』第一巻を刊行し、
 その後、一年おきに続刊を出版した。のちに、彼は著名なドキュメン
 タリー監督にして新聞コラムニストになった。1972年に公職を退いて
 いる)>(p34)

と、変えてある。歴史変換ものだ。このところ読む小説は、こういう手法の
ものが多い。作家がみんな、山田風太郎化してるのだろうか?

 原題が"THE SEPARATION"、日本語題名が『双生児」だから、分身の
物語であろうと、見当をつける。
 プリーストは、やや低体温・低血圧気味に語る。昨日までのミシェル・
ウエルベックやデイヴィッド・ベニオフの圧の高さに疲れていた身には
心良い。


     (クリストファー・プリースト/古沢嘉通 訳『双生児』上巻
     ハヤカワ文庫 2015初 J)

1月19日に続く~





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-01-18 20:35 | 読書ノート | Comments(0)


<< (2)クリストファー・プリース...      ミシェル・ウエルベック/野崎歓... >>