猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 08日

(1)J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』半分弱

e0030187_2161740.jpg













 大昔に読んだ記憶はある。社会派っぽいなという感想だった
ような気がするが、ストーリーは覚えていない。これと『狂風
世界』のイメージが似ているような気もする。

 わりと近年(2016年8月31日)、映画版を見て、その記憶も少し
ある。映画は原作に非常に忠実に作られているようだ、と気づく。
 映画と小説とはちがうジャンルなので、もっと原作から離れて
撮ればよかったのではないかしらと、半分近く読んだ現在、思う。

< マンション生活でワイルダー[注:低層階、二階に住む]がいち
 ばん腹が立つのは、いかにも均質同等の高所得自由業の人々が、
 敵対する三つの画然(かくぜん)たる陣営に分裂していることだった。
  [略]すでに上流、中流、下流という、三つの古典的な社会階層
 に分かれていた。十階のショッピングモールを明瞭な境界として、
 映画技術者やスチュワーデスなど<プロレタリアート>の住む九階
 までと、プール、レストランのある三十五階までのマンション中層部
 とは分かれている。この、建物の三分の二をしめる中層部がミドル
 クラスで、自己本位ながら基本的にはおとなしい専門職の人々から
 なる。医師、弁護士、会計士、税理士などで、自営ではなく、医療
 専門機関や大会社ではたらく人々である。ピューリタンで自己鍛錬
 (たんれん)のできている彼らは、次善のもので満足しようとする人の
 結束力を持っている。
  彼らの上、高層住宅の最上層五階には、上流階級がいる。実業家、
 企業主、テレビ女優、野心家の学者など、[略]。
 [略]
 マンション内の日常生活をそれとなく支配するのは彼らである。なに
 よりも、中間層をおとなしくさせているのは、彼らのそれとない庇護
 (ひご)である。友好と承認のニンジンをたえずぶらさげているのだ。>
(p79-80)

 とても1975年のイギリスから外挿された物語とは思えない。

 公立小「アルマーニデザインの標準服」を導入 校長の独断、全部で9万、
親から批判も

という記事について聞かれた麻生太郎が、「そりゃ高いっちゃ高いけれど」
を繰り返すのみだったのは、"公立"の理念を考えたことがなく、制服を新調
するお金が足りないので、上の子どものお下がりを着せる親がいることを
知らないと、白状しているのだろう。


     (J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』
     創元SF文庫 2016初 J)

2月10日に続く~

 写真は、1月30日のロウ・ライズ。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-02-08 20:49 | 読書ノート | Comments(0)


<< 昨日も今日も高円寺~阿佐ヶ谷/...      筒井清忠『帝都復興の時代 関東... >>