猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 10日

入谷~竜泉~千束

e0030187_1936291.jpg













 曇ったままだけれど待ちきれなくて12:30pmころ外へ。
そんなに暖かくない。ひところの寒さは、ないが。

 途中の乗換も入れて長く地下鉄に乗り1:40pm、日比谷線・
入谷駅4番口から地上に出て、道を渡ってみる。台東区下谷2丁目
8番辺りから、内側のせまい通りに入ると、古い建物を活かした
キャフェ、iriya plus cafe というのがあったり。
 4番口を出てそのまま右に進み、根岸3丁目の交差点も越えて
最初の左角に、古書ドリスの引越し先がある筈なのだが、今回は
逆方向を目指す。S は吉原神社の方へというのだが、方角がうまく
取れない。

 寿々喜(すずき)屋というおそば屋さん(新御徒町の大村庵に
空気が似ている)でお昼。吉原への道を尋ねる。
 店を出て右に進み、すぐの信号を右折、そのままずっとかなり
歩くと鷲神社に出て、吉原神社はその裏手、らしい。

 見当がついたので、うろうろ寄道しながら、その方向に向かう。
 入谷1丁目28番地辺り、元々はお寺のお堂か何かだったような
木造家屋。
 竜泉1丁目9番地辺りを過ぎ、下谷七福神のひとつ、朝日弁財天
に出会う。弁天池の名残を見せる、小さな池がある。
 竜泉1丁目18番地の工場(?)、青い鉄扉がかっこいい。
 大きな通りに出て、あれが鷲神社だ。入ってみる。S は早速、錆びた
ドラム缶を撮る。置き場所から見て、お札を焼いたりするのに使われる
のだろう。

 千束4丁目44番地辺り、屋上に丸い給水塔のあるコンクリート三階建て、
近代建築。見まわすと給水塔がある小ビルが目につく。
 横道に入り広い通りに出ると、「将軍」とか「東京夢物語」という看板
のついた、あまり手入れされてないビルが続く。それでも入口に黒いコート
の男が立っている。
 吉原と牛太郎の現在だ。ひと気がなく、風が吹き抜けるだけの西部劇の
ゴーストタウンみたいな町。

 千束4丁目24番地辺りや28番地辺りの古い住宅地がうつくしい。古い
建物が次々に新建材で上書きされて行き、吉原は建売や集合住宅ビルに
呑み込まれそうだが、この辺りは、まだ"かつて"の東京が残っている。

 吉原神社に出た。浅草七福神のひとつ、だそうだ。また横道を歩いて
いたら、吉原弁財天奥宮。関東大震災のとき弁天池に逃れようとして
溺死した遊女たちを悼む。

 休憩したい。3:20pm、汀(なぎさ)というスナック兼喫茶店を見つける。
しっかり淹れたコーヒー。帰りに入口上の掲示を見たら、営業時間が7:30
amから9pmと書いてある。祝日のみ休み、とも。
 店は高年齢の男性がひとりで切り盛りしていられるようだが。

 あまり寄道せずに入谷駅から帰る。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-03-10 20:52 | 雑録 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2018-03-11 10:53
だいぶ前にさまよいこんだときに、空き地に「検診車」が留まっていて、そこからネグリジェみたいなハデ派手の女性が出てきたのが妙にリアルでした。
Commented by byogakudo at 2018-03-11 20:02
大門の方にまで行ったら、もう少し活気があるのかも
しれませんが、ヤバさも感じられない過疎地でした。


<< 合田佐和子展「銀幕」 最終日に...      (1)ミシェル・ウエルベック/... >>