猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 15日

森茉莉付近(50)/(2)森茉莉『幸福はただ私の部屋の中だけに』読了

e0030187_2223969.jpg













~3月1日より続く

 これも何日か前に読み終わっていた。

 『第一章 楽しさのある生活』の『好きな場所』(「風景」
1968年9月号 初出)は、かっこいい。

< 現在(いま)、私のいちばん好きな場所は本、新聞の山、
 ポスター、暦の巻いたの等々の下にだか、中にだか湮滅して
 いて、(悪事の証拠ならいいが)その内、どの位先(さ)きの内
 だか不明であるが、今はどれより好きな一つの小説が終ったら、
 手伝うという人もいるから片附けて、>(P18)

__以下、bla bla bla、とその好きな場所の説明が6行ばかり、
読み点だけで続き、

<私を取り囲む曾ての<わが夢を見る部屋>を再現しようとたくらんで
 いる。>

__そして最後の2行で締める。

<この全部繋がったセンテンスの長い文章を見よ。私の心臓は大変に
 丈夫らしいのである。>(p18-19)

 書かれたのは『甘い蜜の部屋』が中断していた頃。<わが夢を見る部屋>
は、宇野浩二『夢みる部屋』から来ているのだろう。

 わたしが宇野浩二を読んだ直接のきっかけは磯田光一だが、そのずっと
以前、森茉莉を読んでいたときに名前を知り、それを忘れて、という流れ
だったようだ。

 『第二章 書くことの不思議な幸福』の表題作『書くことの不思議な幸福!』
(「主婦と生活」1965年11月号 初出)や、『第四章 人生の素晴らしい贈物』
の『真直ぐの道』(『森茉莉全集』第8巻所収、筑摩書房)が、心に残る。
 とくに後者の、ナマナマしさを圧縮・浄化してエッセンスに至らせた表現は、
直接的な言及で、いやな澱のようなものが再浮上しないようにとの思いから
選ばれた書き方だろうが、作家・森茉莉の核心を感じさせる。


     (早川茉莉 編/森茉莉『幸福はただ私の部屋の中だけに』
     ちくま文庫 2017初 帯 J)

(1)森茉莉『幸福はただ私の部屋の中だけに』
(2)森茉莉『幸福はただ私の部屋の中だけに』





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-03-15 21:24 | 森茉莉 | Comments(0)


<< 昨日は新代田+α      (2)ミシェル・ウエルベック/... >>