猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 16日

(3)スタージョン,デイヴィッドスン他/中村融 編『千の脚を持つ男』読了

e0030187_2143262.jpg













 昨夜ブログを覗いてくださった方、失礼いたしました。このmacbookに
残るi photo写真を削除するのに数時間かかり、終ったのが夜中近く。
 レインボーカーソルは廻りっぱなし、キーボード廻りが熱くなり、ファン
の作動音が聞こえだす。
 この時とばかり、溜置きの10円玉を積み重ね、いや、キーボード全面を
覆う方が効果があるかしらと、1枚ずつ縁を接して(!)並べてみたりで、
ブログを書く時間がなかったのです。
 写真を空にした結果、動作が軽々とスムーズになったかしら? あまり
実感できないけれど、ブックマークツールバーやブックマークメニュー欄
の出方が速くなったような気がする。どうか、昨夜の作業がパソコン本体
を傷めていませんように!と祈る。


 夕べ書かなかった分、前置が長い。やっと感想文。

~4月13日より続く

 スタージョン,デイヴィッドスン他/中村融 編『千の脚を持つ男』からは、
やっぱりジョン・ウィンダム/中村融/原田孝之 訳『お人好し』だろう。
 下世話な幻想譚、という"はなれわざ"が書けるのはウィンダムだから。
 だって、ヒロインは中年の主婦、リディア。ミドルクラスで、まあまあな
生活をしているけれど、彼女は地味な夫の地味な趣味__クモを採集して
観察する__が気に入らない。

< 子供の趣味は害のないものだが、大人の趣味は困りものだ。だから
 女性は趣味を持たないように気を配り、あれやこれやに興味を持つだけ
 にしているのだ。>(p278)

<夫の趣味が社会的に価値の認められたもの__例えば古い印刷物や、
 初版本や[略]であったなら、[略]その手のものであれば、展示して羨望
 (せんぼう)を集めるのみならず、収集品自体に価値がある。そして収集家
 本人には箔(はく)がつく。>(p279)

__これが(これで)ヒロイン。実用向き、実際的なことに主関心を向ける
イギリス人の自画像かも知れない(?)。

 それでも彼女は週に一度、夫のクモ部屋の掃除をする。
 ある朝、大きな鐘(かね)形ガラス器に巣くう、うつくしいグリーンノート
の蜘蛛を見た。

<襞(ひだ)になって垂れた巣はまるでカーテンのようで、[略]その巧妙な
 造りに感心させられた。巣はノッティンガム製のレースの組みカーテンに
 __[略]__驚くほどよく似ていた。>(p282)

 そしてクモから<かすかな外国訛り>(p283)で話しかけられる。
 クモはじつは自分は、ギリシャ神話に出てくるアラクネであると言う。
二人(?)は初対面の女同士でよく起こる、昔からの友人口調のお喋りを
交わす。近所に越してきた主婦と、前から界隈にいる主婦とが初めて出会っ
ても、こういう調子になるだろうというような。

 アラクネはギリシャ神話の時代から生きてきた、甲羅を経て(?)いる
スレッカラシだ。ヒトの女として中年を迎えようとしているリディアは、
あっさりノセられて、24時間だけアラクネと入れ替わることを承認して
しまう。

 変身を自発的に承知させる間もアラクネは、
<また即興で織りはじめた。てきぱきと、[略]また一ついかにも低所得層
 向けの小さなレースの敷物を仕上げ>(p288)ている。

 翌朝、クモに戻るためにアラクネが部屋に入ってくる。
<アラクネが自分で整えた髪型は、リディアの顔立ちとよく似合うとは
 言いがたかった。>(p294)
__細かい描写が、ほんとに巧くって、ジョン・ウィンダム、すばらしい!


     (シオドア・スタージョン,アヴラム・デイヴィッドスン他/
     中村融 編『千の脚を持つ男』 創元推理文庫 2007初 帯 J)


(1)スタージョン,デイヴィッドスン他/中村融 編『千の脚を持つ男』
(2)スタージョン,デイヴィッドスン他/中村融 編『千の脚を持つ男』
(3)スタージョン,デイヴィッドスン他/中村融 編『千の脚を持つ男』





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-04-16 16:50 | 読書ノート | Comments(0)


<< しばしiPhone SEに触れる      阿佐ヶ谷~高円寺間を歩く >>