猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 17日

昨日は仙川で阿弥さんたちのライヴと文紀堂書店

e0030187_21194556.jpg













 昨日は失礼しました。

 山崎阿弥さんからライヴのご招待をいただいて、昨日は仙川へ
行った。
 サイトを見たら、「調布市せんがわ劇場」と書いてある。仙川は
「せんがわ」と読むのだ。知らなかった。ずっと「せんかわ」だと
思っていた。
 K か G か。S か Z か。山崎阿弥さんは「やまさき」であって
「やまざき」ではない。日本語はむずかしい。

 初めて行くところなので早めに(開演1時間前に)行った。劇場の
位置を確認してから、近くを歩いてみる。

 駅前は、ユニクロや無印良品、スターバックスなどが目に入る、
いわゆる郊外の街の作り。少し離れると、田園地帯だった時間の
長さを感じさせる、郊外住宅地だ。

 住宅地帯に入ってすぐ、文紀堂書店を見つけたときの驚きと喜び!
 おしゃれな内装に変っているが、店頭・均一棚のラインナップの
雑本性は、道玄坂時代から続く味わいである。"雑本"は悪口では
ない、その正反対。町/街の古本屋の魅力の根幹である。
 店頭で井伏鱒二『珍品堂主人』(中公文庫)、店内で久生十蘭
『内地へよろしく』(河出文庫)。道玄坂のころのご主人(でしょう?)
がレジに坐っていらして、うれしかった。

 1:10pm。開演時刻、1:30pmが近づく。開演を待っていると、
ステージに向かう通路を小走りに進むのは、阿弥さんだ。戻って
来られたときに挨拶。ステージ用の黒いジョーゼットのワンピース
__アールデコ+レカミエ夫人タッチ__姿がすてきだ。

 1:35pmから3pmまで、[坂本弘道ディレクション]ライヴ
 阿弥さんの声を聴くのは久しぶりだが、ライヴを重ねて得た自信
を感じた。
 ライヴ全般に関しては、わたしはインプロヴィゼイションについて
ちゃんと考えたことがなかった(!)ので、もの知らずが何をいうか
と言われそうだが、即興やフリー・フォームという概念は実行可能な
ことだろうかと、素人らしく思う。
 ある文学的傾向が制度になり、同じく絵画が制度になり、音楽が制度に
なり...、ひとが作り出す行為はすべて、自らのクリシェに陥りやすいが、
フリー・フォームはその解決策として機能するだろうか? むしろ枠組み
の中に、自由の天地が広がることが多いのではないか...。
 大雑把な言い方だけれど。


     ([坂本弘道ディレクション]ライヴ@調布市せんがわ劇場
     13:30-15:00 Sunday 16/09/2018)





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-09-17 20:22 | 山崎阿弥 | Comments(0)


<< 新御徒町~蔵前~鳥越~佐竹~上...      多木浩二『「もの」の 詩学』読了 >>