猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 06日

森茉莉付近?/「spin 02」到着

e0030187_1873996.jpg










 (写真はクリックすると拡大します。
__「一つの時代の始まり [五月革命の権力]」(木下誠・監訳 インパクト
出版会 oo初帯)p245より。" Sous les paves,la plage "の訳が「石畳の
下は砂浜だ」になっている。やはり「舗石の下は浜辺」の方が的確では
ないだろうか。)

 5日付けのmicrojournalに森茉莉の記事が引用されています。
雑誌「風景」1974年7月号より。
 (トラックバックすればいいのでしょうが、TB、どうも解りません。)

 待望の「spin 02」が到着。最初の座談会頁を読み終えたところ。神戸に
行きたかったな。鈴木創士氏の小学生時代の話は、初めて知った。丸坊主
あたまの話はよく聞いていたけれど(想像してみるが、うまく映像になら
ない)。神戸の中学生も丸刈りを強制されていたのかしら。

 なお、今号はお預かり部数が少ないので通信販売はできません。
書肆アクセスに問合せたところ、今週末ころ入荷予定だそうです。
[PR]

by byogakudo | 2007-08-06 13:14 | 森茉莉 | Comments(4)
Commented by ES at 2007-08-06 19:05 x
はい、強制されておりました。
Commented by 芽句 at 2007-08-06 23:29 x
私の中学時代も男子生徒は丸刈りを強制されていましたよ。女子生徒のスカート丈も。今の時代では信じられないことですが。
ちなみにその頃、私は三つ編みのお下げの少女でした。アハ。
Commented by hiromi suzuki at 2007-08-07 01:07 x
microjournalの森茉莉 記事を紹介していただいてありがとうございます!トラックバックはスパム対策のためいままで閉鎖したのですが、『風景』エントリのみ公開しました。。。おしつけがましいですね(笑)。

森茉莉の日記にでてくる愛読者はもしかして!?
Commented by byogakudo at 2007-08-07 14:59
ES様> えっ、そこに反応されましたか!

芽句さま>わたしはおかっぱ頭、今とあまり変らない髪型でした。

suzukiさま>トラックバック、できたようです。未だによく
      わかりませんが。
      時期的にチャラチャラの一員であった可能性はありますね。


<< 「蜂の巣にキス」読了      「十二夜殺人事件」読了 >>