猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 06日 ( 1 )


2018年 02月 06日

南池袋2-3丁目辺り/猫日和

e0030187_19284316.jpg












 晴れているが寒風の吹く午後、寒すぎやしない?と言いながら
地下鉄駅に向かう。平日の午後なのに、丸ノ内線はなぜこんなに
混んでいるのだろう?

 副都心線・雑司が谷で降りる。いつもと反対側、南池袋3丁目の
住宅地を歩く。前は古い家が多かったが、少しずつ新建材に置き
換わっている。
 晴れた日は日陰であろうと猫を見かける。塀の上のアカトラさん
が迷惑そうに小さな声で鳴いた。

 3丁目19、鉄板オブジェが放り出してある木造モルタル・2階建て、
健在。オブジェの経年劣化も、前とそれほど変っていない。

 2丁目5には平屋! 2丁目38辺りの2カ所の空地。広い方はフェンス
にサルトリイバラが絡み、狭い方の奥にはシュロの木が2本残っている。
 雑司が谷のお庭にはシュロがよく植わっているように思う。「浮雲」
の家
(4段目と5段目の写真)とか、そこここに。
 まあ、戦前・東京の南洋趣味の表れだがろうが。

 2丁目39では木造モルタル・2階建てアパートの解体中。この脇にも猫。
 今日の写真のようなお家が残っているが、その向かいにはバビロネスクな、
ハイ・ライズの豊島区役所がそびえ立つ。

 1時間くらい歩いてくたびれたので喫茶店を探していると、おお、あれは
梵寿綱・作にちがいない、"平喜屋"と看板のあるビル。
 歩いていると、とくに S は写真を撮っているので、どんなに身体が冷えて
いるのか、分かっていない。ヴェローチェに入って、やっと分かった。

 ひと息ついてから古書 往来座へ。むかし行ったときより、小物雑貨が
増えているみたいだ。
 映画本の充実、文庫棚もしっかり。講談社文芸文庫の小沼丹『珈琲挽き』
『小さな手袋』、山田稔『残光のなかで』、どれにしようかなと思いながら、
SFやミステリの文庫棚脇にあったフェルナンド・ペソア『[新編]不穏の書、
断章』(平凡社ライブラリー)にした。今日の散歩のあとと、店内の空気に
ぴったりなので。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-02-06 21:27 | 雑録 | Comments(2)