猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 10日 ( 1 )


2018年 02月 10日

(2)J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』読了

e0030187_2228616.jpg












~2月8日より続く

 閉鎖系空間に収容されると内圧が高まり、ちょっとしたきっかけで
ヒトは先祖返りし、生存を確保するための殺し会いを始める話、って
要約もできます。例によって少しヨタロー・ピンボケな要約なので、
あまり本気になさらないで。

 ロンドン郊外の40階建て・高層住宅はひとつの閉鎖系の街だ。小学校
や美容院、スーパーマーケット、リカーショップその他が入っているので、
やろうと思えばビルの中だけで生活できる。生活費を得るために、外部
に仕事に出る必要はあるが、消費は内部だけで可能だと錯覚させる空間
構造である。

 住人はみんな、社会的に高い位置にいる。それでもヒエラルキーは
自動的に生じる。自らここを選んで入居したのに、とくに下流(職業的に
低いので住いも低層階)には憤懣が溜まる。中流や上流は自己制御力は
あるが、自己解放への思いを秘める。選別された羨むべき集合住宅は、
いつの間にか自発的な強制収容所に変貌していた。

 各階層が週末のパーティで憂さを晴らすだけでは抑えられないほど内圧
が高まったとき、臨界点を越えてしまったハイ・ライズ内部で暴動が起こり、
人々は暴力による自己解放の喜びを発見する。
 他人の部屋に押入り、部屋を滅茶滅茶に破壊する喜び、エレヴェータを
壊す嬉しさ、他人に襲いかかる楽しさ/襲いかかられるスリル、それらが
自己破壊にしか至らない道であっても、人々は暴力を渇望する。

 解放された暴力の内部レポートが、各階層を代表する三人の男たちの目
から描かれる。映画版では下流のTVプロデューサーを脇に持ってきて、
上流のジェレミー・アイアンズと中流のトム・ヒドルストンとの対立で
描いていたが。

 こんなに丁寧に書かれた小説だったとは。まったく覚えていなかった。
再読してよかった。映画版はお薦めしないが、本はデカダンですてきだ。

 原初を(原理的に)指向するあまり、清潔な肉体が拘束された肉体である
ことに耐えられなくなる。医師であるラング(中流)は不潔さに耽溺する。

<歯垢(しこう)が歯列(しれつ)をくるんでいるように、汗はラングの全身
 を垢(あか)と体臭の皮膜で包んでいたが、その強烈なにおいは、いかにも
 自分の肉体の産物で領土を掌握しているという感じで、彼に自信をあたえた。
 [略]
 外の世界で彼をいちばんおちつかなくさせたのは、このにおいの欠如だった
 __[略]。数日前、ラングは秘書の席のそばで、自分がこの心休まるにおい
 を彼女にも嗅(か)ぎとらせようとしていることに、はっと気づいた。びっくり
 した秘書が顔をあげると、ラングが色気づいたルンペンのように、からだを
 寄せてきているのだった。>(p162『11 討伐(とうばつ)部隊』)


      (J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』
     創元SF文庫 2016初 J)

(1)J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』
(2)J・G・バラード/村上博基 訳『ハイ・ライズ』





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite .....
[PR]

by byogakudo | 2018-02-10 22:11 | 読書ノート | Comments(3)