猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 25日 ( 1 )


2018年 02月 25日

(1)ジョルジュ・シムノン/峯岸久 訳『ベルの死』半分弱

e0030187_20301162.jpg













 メグレ警視は出て来ない。しかも舞台はフランスではなく
アメリカ、登場人物もアメリカ人たち。殺人事件だけ起きる、
心理小説。ただし犯人側の心理を描く、倒叙法的な犯罪心理
小説ではなく、犯人視される主人公の心理が描かれる、普通
小説。
 第二次大戦中、アメリカに住んでいたシムノンが、1951年、
コネティカット州で書いた。

 主人公の男は、夫婦ふたりきりで暮していたが、妻の女友だちの
離婚に当たり一時的に、女友だちの十代の娘を預かることになる。
彼がひとりで家にいた夜、娘が殺される。彼は何も気づかなかったが、
当然、犯人視されてしまう。

 粗筋だけ聞くと大してサスペンスもなさそう。でも、無実であっても
殺人者だと疑われていることに気がつくと、動揺する。そういう心理の
揺れ動きが細かくきっちり述べられている。


     (ジョルジュ・シムノン/峯岸久 訳『ベルの死』 HPB 1957年)

2月28日に続く~


 ようやく感動ポルノ押しつけ期間が終わる。スポーツが好きな人が
スポーツするのも、見るのが好きな人が見るのも、どうぞご自由に。
 だが個人の才能と努力と運の結果である勝利を、国家的に利用する
のは止めさせたい。表彰台に立つ三人の後ろに、国旗をはためかせない
こと、国歌を流さないこと、個人名だけで表彰すること(団体競技なら
全員の名前を呼ぶこと)を希望する。

 橋本聖子が平昌オリンピックを批判して、
<「これほどまでにスポーツが、あるいはオリンピックが政治の影響を
 受けたことがなかったな。政治がこれほどオリンピックを利用したこと
 もなかったなと」>
述べたそうだ。
(13:54 - 2018年2月22日)
 TVのオリンピック中継によって、国会での働かせ方改革問題 他を
糊塗しようとするのは、"政治がこれほどオリンピックを利用したこと"
の一例ではないのか?

 近代オリンピックの歴史はスポーツの政治利用の歴史であろう。戦争する
代わりに、スポーツで(国家を代表させた)個人を競わせる。
 ベルリン・オリンピック、モスクワ・オリンピック(アメリカや、追随する
日本が不参加だった)、ミュンヘン・オリンピックなどの歴史を、橋本聖子
は知らないのかもしれないが、知らないでJOC役員なぞをやっているのか?

 政治利用させないために、上記の提案を実行するのはいかが?

 ついでに夷蛮禍・非難をしておくが、あれは最大限に褒めて、"チンコロ
姐ちゃん"。しかも漫画は愛嬌があるが、夷蛮禍には皆無。
 父も娘も、銃乱射事件の被害者である高校生をクライシスアクター
呼ばわりする息子
<ドナルド・トランプ米大統領の長男ジュニアもそうした投稿に
 「いいね」した。>
(銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?)
も、一家揃って、最低である。

 マルチ商法「ジャパンライフ」の陰にまた昭恵夫人が登場
 安倍晋三は頭も性格も悪く、安部昭恵は脳がゆるい。太平洋を挟んで
政権に就くべきでない連中が公権力を私している。





呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-02-25 21:31 | 読書ノート | Comments(0)