猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2018年 03月 17日 ( 1 )


2018年 03月 17日

今日は駒場東大前

e0030187_22495675.jpg












e0030187_19571681.jpg













 写真・上は、昨日の大きな樹木の根、下は今日の日本
近代文学館。

 今日午後はバスで西永福、井の頭線で駒場東大前まで。
ひさしぶりに前田侯爵邸に行こうかと。

 もう桜も咲き始め、鳥の声は高く、前田侯爵邸の庭園で
子どもたちは遊び、その後ろに建つ洋館は白いフェンスで
覆われている。改修工事中と知らなかった。

 ぐるっと廻って日本近代文学館へ。侯爵邸の和館の方は
開いているが、靴を脱ぐのが面倒でこちらはパス。

 近代文学館は配置を含めて、よくできている。森の面影さえ
残す侯爵邸の裏手の道が、柵や門を介さず、いちめんに敷きつめ
られた石畳(あるいは広いテラス)で区分され、奥に文学館が横長
に落着く。
 左手、館につながる外階段の前の石畳は、周囲より二段下げて、
水のないプール様・空間になっている。青い小型の水槽が置いて
あり、暗い水の中をメダカが泳いでいた。人影が射すと、さっと
隠れる。

 文学館の建物がなんていうか、あんまりイケイケじゃない、控えめな
近代建築で、感じがいい。敷地に余裕が取れる時代に建てられてて、
よかったなと思う。石畳ないしテラス(一部プール)空間みたような
広場性は、今はむずかしいだろう。
 道に近い、石畳の右端に喫茶店の案内が出ていた。前にはなかった
ように思うが、キャフェの名前が、BUNDAN。なかなか楽しい冗談だ。

 裏横手から出て、東大駒場へ。並木道の鋪装改修中のせいだか、小さな
タイル貼り噴水の水が抜かれている。
 とっくに失われた教育大跡地(うつくしい廃墟だった)の、枯葉が
吹き寄せられた水のないプールや、J・G・バラード『ヴァーミリオン・
サンズ』を思い出す。

 構内のキャフェで休み、河野書店経由で戻る。
 河野書店の外で小林信彦『女優はB型 本音を申せば(5)』(文春文庫)、
中で宇野信夫『私の出会った落語家たち 昭和名人奇人伝』(河出文庫)。



 馬鹿な奴が安倍昭恵の店に脅迫状を送ったそうだが、逆の場合のこういう
とき、五毛党は声を揃えて、自作自演だと合唱するのでしょ?
 




呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-03-17 21:13 | 雑録 | Comments(0)