猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2018年 04月 22日 ( 1 )


2018年 04月 22日

瞎驢庵・再訪/午後はリハビリ散歩(2018/04/21)

e0030187_116047.jpg













 昨日の昼前、ひとりで方南通りの接骨院に行った。帰るさ、ふと
思い出して、瞎驢庵に向かう。瞎驢庵は接骨院の裏手、すぐ近くだ。
 2月ころの瞎驢(かつろ)庵・Twitterで本を入れ替えると書いてあった
が、どうなったか、ともかく行ってみようと。

 塀には"本・瞎驢庵"の貼紙。土曜日だし、昼過ぎだし、たぶん開いて
いるだろう。2015年9月15日以来だ。
 ラインナップは基本路線は変らない。新ジャンルとしてコミックス棚
ができたことだろうか。しかし漫画に疎いので、どんな風であるのか
紹介できない。
 カルヴィーノ『アメリカ講義』(岩波文庫)と、多木浩二『「もの」の
詩学』(岩波現代文庫)。

 瞎驢庵には2年半も行ってなかった。もし方南通り沿いの前の部屋に
住み続けていたら、近所の散歩コースのひとつだったろうに。
 木・金が基本的に定休日だそうなので、庵のわりと近くに住まわれる
M夫人を、今度はお誘いしようかと思う。

 部屋に戻り、午後も3時を過ぎた。そろそろ陽射しが弱くなるのでは
ないかと、間違った判断を下し、S とふたりで外に出る。

 いまだ夏日、真っ盛り。桃園川緑道では、散歩中の犬とじゃれるキジトラ
猫。むしろ猫好きの犬、というべきか。彼か彼女は、真っ黒の猫にも接触を
試みて、軽い猫パンチを浴びそうになっていた。
 日陰側の緑道、風通しのいい植込みの中から声をかけられる。見覚えの
ある大きなモノクローム猫だ。「ねえ、ねえ、ちょいと、ちょいと」という
挨拶だろうと解釈する。
 その先でも十分な距離を取った三毛猫。まだ若い。

 猫日和にだまされて(?)熱中症気味に歩いていたことに、JR高円寺駅、
BECK'Sで休んだとき、やっと気がつく。S のリハビリどころか悪化である。
 天候の変動が激しくて、それでなくても辛いのに。
 




 「国民の敵」「気持ち悪いんだよ」と罵倒された小西議員が明かす、
3等空佐との会話

 警察や自衛隊で犯罪行為があったとき、なぜ名前が報道されないのか。
なぜ彼らは保護されるのか。

 
呪 亜屁沈臓/呪 汚池腐裏子/呪 共謀罪=ネオ治安維持法/呪 吐爛腐・夷蛮禍/

 安保関連法(こと戦争法)の本会議投票行動(PDF)東京都の
安保関連法(戦争法)に賛成した議員名


 共謀罪強行成立記念! 安倍政権の暴挙を忘れないために振り返る
「共謀罪トンデモ答弁・暴言録」


 【票を入れるな危険】日本会議所属の都議候補一覧

 小池百合子氏 日本会議“本流”から外れた愛国者

 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動

 上記のPDF





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2018-04-22 21:00 | 雑録 | Comments(0)